園主のフォト日記






検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

培養土販売・用土販売

商品の御案内


商品コード: MD-027

水質浄化に役立つ ビオトープ・メダカ・睡蓮(スイレン)・水草の土 「田土」 約2L+「田土すまし液0.5L」 【荒木田・田んぼの土】【用土・肥料】

販売価格(税込) 715 円

ポイント: 13 pt

発送日目安: 3~4日後

関連カテゴリ: 培養土販売・用土販売 > 花ハス・花蓮・睡蓮の土 田土 メダカ販売 > メダカ飼育の土 培養土販売・用土販売 > 花ハス・花蓮・睡蓮の土 田土 > ビオトープ用

個  数

カゴに入れる

送料は「配送・送料について」でご確認下さい。




「田土のすまし液」
以前より「田土」をお買い上げのお客様より、田土の沈殿が遅く、なかなか透明にならないとのお申し出がありました。
弊園でも色々試作しますと4〜5日で透明になるのですが、やはり中には透明になりにくい田土もあります。
それにて今回「田土すまし液」をお付けいたします。ぜひ御使用下さい。

1)ペットボトルに500cc入りと1.5L入り、2L入り3種類ございます。
2)田土は「ミジンコ休眠卵入り田土」「ビオトープ・メダカ・水草の土」にもれなくお付けいたします。
3)2L、3Lの田土には500cc入りをお付けいたします。
4)6Lの田土には1.5L入りをお付けいたします。
5)18Lの田土には2L入り×2本、計4Lをおつけいたします。

すまし液の使用方法
1)お送りするすまし液は5倍にうすめて使用して下さい。※必ず正確に測って下さい。
 例1)容器を用意し、500ccの場合、2Lの水に溶かすと2.5Lになります。
 例2)1.5Lの場合、6Lの水に溶かすと7.5Lになります。
 例3)4Lの場合、16Lの水に溶かすと20Lになります。

2)うすめた「すまし液」に田土を入れるか、容器に入れた田土にうすめた「すまし液」を入れてください。
3)すまし液に漬かった田土を手で底からよくかき混ぜて下さい。全体を天地返しする要領で何回もかき混ぜて下さい。
4)そのかきまぜている間に効果が出はじめ、田土のにごりが無くなって行くかと思います。
5)そしてよくかき混ぜた後、田土が沈殿することを確認しましたならOKです。
6)「田土すまし液」が少し足りないと感じられた場合には、水道水を不足分だけ入れてください。
濃い目にしてありますので、少しぐらいなら問題はないかと思われます。
後処理としまして「すまし液」を捨て、水道水を入れ、通常の使用をして下さい。
7)※必ず充分な時間浸けて下さい。
このすまし液に田土を浸ける時間は一昼夜約24時間と考えて処理してください。
実は弊園でも試験するのですが2〜3分でも充分かと思っておりましたところ、お客様より1週間程で濁りが出始めたとの御相談を受けました。
それにて処理がまずい場合、濁りが出ますので一昼夜と考えていただければと思います。


メダカ飼育用 「田の土」約2L
内容量は弊園元詰めですので、正味しっかり入っております。
弊園が使用している水生植物用の田土

メダカ、金魚を飼育して下さい。
弊園の田土にはミジンコが自然に湧きます。メダカ、金魚は大好物のミジンコをエサとしまして
自然に大きく育って行きます。そしてボウフラ、浮葉を食害するユスリカ等もいなくなりますので、
飼育をお願いいたします。

水質浄化、老廃物を分解します。
1.田土には微生物がすんでいます。エサの食べ残しは底に沈殿し、腐敗します。そのエサを微生物が分解します。
2.そしてメダカ、金魚の糞を田土に含まれる微生物が分解します。
ぜひ水質浄化に田土をご利用下さい。

今まで水田にて稲を栽培していた田土です。
花ハス、睡蓮、オモダカ、コウホネ、ハナショウブ等ビオトープに最適。
そして大きな特徴は自然のミジンコがわいて、メダカ、金魚の飼育にも最高の用土です。
更には稀にカブトエビ、ホウネンエビ等が自然発生し、ビオトープが楽しめます。



【使用法】
1)メダカを飼育する予定の容器(水槽、睡蓮鉢、発泡スチロール等)を準備する。
2)底面に田土を入れ広げる。厚さは5〜6cmもあれば充分かと思われます。
3)水を必要量注ぎます。そして泥水が沈泥するまで1〜2日間置いておきます。
 適当に透明になったところで、メダカを放してやる。
4)ミジンコが自然に湧いて、メダカがエサとしていることを確認して下さい。
5)特にメダカの稚魚を放してやりますと、目に見えないミジンコの幼生をエサとしていますので、以外に早く大きく育ちます。
6)特に孵化したての稚魚のエサやりは手間が掛かります。エサをやらなくても自然に大きくなります。
 そしてエサをやりましても食べ残しは田土を利用されることをお勧めします。
7)そして直接アサザ、ガガブタ他、水生植物を植えていただいても良いですし、
 鉢またはポットに植えられた水生植物を入れていただいても、メダカの隠れ場として最適になるかと思います。
8)ミジンコのエサとなる植物プランクトンを殖やすために、鶏糞その他を時折少量入れてください。ミジンコがより湧くかと思います。

田土を使って上手に花を咲かせるには。
1. 毎年春咲きの休眠期に植え替えを必ずして下さい。
2. ポットを御使用の場合、花ハス、睡蓮、コウホネ、その他の水生植物、何でも出来るだけ大きい容器を御使用下さい。
根張りがそれだけよくなり、開花数も多くなります。
3. 施肥も生育期間中、定期的に施肥をお願い致します。
4. そして何よりも植え替えた古い土は、再利用しないで下さい。なぜなら植物が分泌する老廃物を吸収しております。
その土を再利用するということは、植物の成長にとって悪い結果となるかと思われます。
5. では古い土の再利用は、庭の片隅に自然に雨うたしにできるところがあれば、少なくとも1年間は放置して置いてください。
微生物等の働きによって老廃物を分解するかと思います。そして石灰も多少使用することで、中和することもできお勧めします。

睡蓮の育て方」、「水生植物の育て方 ビオトープの楽しみ方」、「花ハスの育て方」をご参照下さい。





【送料・発送について】
1.送料について
 全国各地ヤマト宅急便60サイズが適用されます。
2.発送について
 弊園では受注後に田土を箱詰めしております。
 その田土を蓮園より運ぶ関係上、雨天やスタッフの休日、或は蓮根の掘り上げ植付け等の関係上、?盛期になりますと御注文が重なり合います。どうしても遅れがちとなりますので、余裕を持ったお早目の御注文をいただきますようお願い申し上げます。


【お断り】
1.弊園は京都市の外れの自然豊かな場所にございます。当地の地層は沖積層といわれる古い地層かと思われます。
京都の西山といわれる嵐山から連なる山々も間近にあります。従いまして地層の関係上田の土には小石が混入しております。
関東地方のお住まいの関東ローム層を常に見慣れておられるお客様にとって違和感を感じるかもしれません。
ご購入時ご注意願います。

2.過去(平成27年現在)弊園の使用する田土並びにご購入いただいております中で、
(ア)ガラス片が混入とのご連絡いただきましたが事が1件ございます。弊園、長年植え替えしておりましても、そのようなことが無く誠に申し訳ございません。

(イ)「ヒルがいた」とレビューに書かれておりますが、太古の昔より生息しております。
小動物の中にはミジンコ、カブトエビ、ホウネンエビなどが従来見られましたが、最盛期10000ポットの蓮を管理しておりましてもヒルを見ることが無かっただけに「やっぱりいるんやあ」と思いました。
誠に申し訳ございませんが、これも自然の生き物だけに除去してやるより他はないかと存じます。
或いは「ミミズ」も混入していることが稀にありますが同様に御了承願います。


弊園で鶏糞をお買い上げのお客様がブログにて紹介して下さいました。
「小さな庭と、めだかのいる暮らし」(トップページ)
弊園の鶏糞の記事はこちら




■弊園は山野草、水生植物等の日本の自然の宿根草を主体として生産販売するナーセリーショップです。
生花店・園芸店と異なり、基本的に生産し、その苗を一年を通じて販売しております。
開花期以外でも、例えば冬の休眠期には地上部の枯れた苗として販売しておりますのでご注意下さい。
●冬の休眠期は2月~3月の植替え準備期間と考えますと冬の期間(12月~3月)の苗の御購入をおすすめいたします。
●そして何といっても地上部は枯れております。たくさん御購入いただきましても送料は安価にお送りできます。
●休眠期にて地上部は枯れておりますが、到着後当日或いは翌日までには開封し、戸外へ出して下さい。やもすると室内に長時間置かれますと室温によりカビの発生等が見受けられるようになりますので御注意願います。
そしてその販売商品は自園生産品と旧日本山草業者組合である、(有)日本山草社員である
信頼のマークの同業山野草ナーセリーより仕入れました植物を合わせて販売しております。
ご質問等が御座いましたなら遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい。

■発送の古いダンボール使用について
1.使用するダンボールは基本的には使用済ダンボールを使用いたします。
  送料を安価に、商品自体をより安く提供するためにも御理解いただきますようお願い申し上げます。
2.尚、植物等の運送中の転倒防止のため、植物の少数の御注文の場合、小箱に入れ
  更により大きな箱に入れさせていただき、安定性を高めてお送りいたしております。
3.草丈の高い山野草の場合
        
  山野草(和の宿根草)は夏から秋にかけまして大きく成長いたします。
  お送りする苗も草丈が高くなりますので、縦型の段ボールにお入れいたしまして発送いたします。
  もちろん樹木、花木の場合も同様です。


【お送りする苗は】

山野草、水草等は宿根草です。

山草は「山草系日陰の宿根草」と表示しており、山の樹の下に育成し、夏 日陰で涼しい気候を好む性質があります。

野草は「野草系好日性宿根草」と表示しており、原野のようなところに自生が見られ、一般の宿根草と同じく好日性で、夏炎天下でもよく育つ丈夫な種類です。

水草は好日性の植物の中で特に水を好む性質で、湿地性のものから、浮葉性のものまで 多種多様な種類があります。

【お送りする苗の状態について】

1.宿根草は多年草であり、四季を通じて変化いたします。

2.開花期以外は「咲き終わった株」「休眠中の株」或は「株分けの上、植え替えた株」「子株を植え、養生中の株」等、
お送りする株は季節によって変化いたします。

3.日本の多肉植物を含む極東アジアの多肉植物は、冬期地上部は枯れ、休眠いたします。
山野草と呼ばれる由縁ですが、御注文時には御注意願います。

4.上記の理由により、画像にあります「お送りする見本株」はあくまでも撮影した日月ですので、一年を通じて同等の株が
お送りできるとは限りませんので、御注意願います。

5.山野草を育てる。或いは趣味の園芸を楽しむという「育てること」を趣味とされる方に対しまして通信販売を行っております。
それ以外の目的、例えば
 例1.茶道で使用される「茶花を生ける」
 例2.商業用の撮影に花の利用
等育てる以外の目的としてご購入される場合はあらかじめお問い合わせいただきたく存じます。
思わぬミスマッチが生じ、御迷惑をおかけすることになるかもしれません。





このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.