園主のフォト日記
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
山の南側の斜面の観察
_IGP4554 _IGP4561
昔はこの橋を渡ったであろう丸太橋。
そこにはやはりハイゴケが育っているのでした。
ハイゴケはシノブゴケに比べてより明るいところに見られるだけに、陽の光がよくあたる南側に生育している姿がよくわかります。
_IGP4557 _IGP4558
そこに育っている杉の木の株元にはアラハシラガゴケが木の陰になるように育っているのでした。北の斜面ではより明るいところ、南の斜面ではより暗いところと、好む環境がよくわかります。 そして丸太橋の下を覗くと、日陰となるところを選ぶようにホウオウゴケが見られるのでした。
_IGP4559 _IGP4562
そのホウオウゴケです。
小型でトサカホウオウゴケではと思いますが、やはり水分補給が少ないだけに大きなコロニーにはなりにくいのでは。
そしてその辺りにはシッポゴケであろうと思われるコケが見られるのでした。
_IGP4563 _IGP4565
更に奥へ入って行きますと切り株にはフトリュウビゴケがこのように見られるのでした。 杉木立の中を見て回りますと、きれいなシノブゴケが見られました。
より青く、そして大きいのです。
_IGP4567 _IGP4568
拡大してみるとそれはそれはより美しく、レース状に広がって育っている姿が見られました。
_IGP4569 _IGP4573
やはりかなりの多湿であったのか、近くではオオカサゴケが見られるのでした。 そう大きくはないコロニーでしたが、少し暗すぎるのかとも思われました。
_IGP4572 _IGP4574
それでも毎年落ちる杉の葉の間から新芽が育っているオオカサゴケです。 そしてそこには、上流から谷川の水を引いているパイプがあったのです。その上にアラハシラガゴケが育っており、コケには根が無いということがよくわかる場面です。
自然の雨水と空中湿度だけで育つアラハシラガゴケ、何か育てるポイントが見られるのでした。

昨年も訪れた谷筋、苔の育つ環境を改めて再確認いたしました。
_IGP4526 _IGP4527
道路から入って間もない谷筋、山の北側の斜面です。
シノブゴケがあちらこちらに生育しているのですが、岩場には特に苔が生え揃っています。
この岩場にはタマゴケが育っています。
先程訪れましたお宮さんの岩場と同一条件、何かタマゴケの育つ環境があるのか、不思議な思いがいたします。
_IGP4528 _IGP4529
シノブゴケもよく育っておりました。
やはり夏でも日照条件が悪く、シノブゴケにとっては好条件のようです。
奥側から見たタマゴケの岩場です。
_IGP4530 _IGP4532
この岩にはシノブゴケがよく育っています。
岩の組成が違うのか、或いは微妙な環境変化なのか、考えさせられます。
よく見ますと、イトゴケにシノブゴケが着生している姿が、
それにしても長年月を要しているような。
_IGP4533 _IGP4534
木の株なのか、岩なのか、そこにシノブゴケが盛り上がるように育っている姿が見られます。 そしてすぐ近くにはヤマゴケ、アラハシラガゴケが木の株元に育っています。
ホソバオキナゴケよりもより暗く、より湿潤を好むのでしょうか。
_IGP4536 _IGP4538
実は今回、改めまして観察したかったのはこのホウオウゴケの小さな谷筋でした。
ホウオウゴケが理想的に育っている環境なのか、谷筋に沿って上部にまで見られるのでした。
そして2タイプのホウオウゴケが見られるのです。
ホウオウゴケに混じって育っている小型のホウオウゴケ、多分トサカホウオウゴケではと思いながら、少しサンプリングさせていただきました。
_IGP4539 _IGP4540
更なる拡大画像です。 このような混生があちらこちらに見られます。
_IGP4542 _IGP4543
登って行きますと、このような場面も。 やはり2種混生です。
_IGP4544 _IGP4550
実に楽しいホウオウゴケの楽園のような姿が見られるのです。 ホウオウゴケがここに至るまでに何十年と時は経ているのではと思いながら登っていくのでした。
_IGP4551 _IGP4553
ホウオウゴケのアップです。 こちらはトサカホウオウゴケではと見るのですが、詳しくは鑑定に。
_IGP4547 _IGP4548
登っていくにつれ、ヒノキゴケが育っているのでした。 実にきれいに生育しているヒノキゴケ、このような環境を考えますとかなりの水分或いは多湿を好むヒノキゴケの姿があるように思います。

あるお宮さんで、昨年は訪れた12月27日、その日は雪でうまく撮影できなく、再訪することをこの一年待ちに待ってのことでした。
_IGP4491
本年は朝から小雨模様、このお宮さんを訪れた時には小雨も止み、雨の後だけに苔もよく見えてくれました。
_IGP4492 _IGP4493
境内には亀石と思われる石が配置してあるのですが、長年の月日にハイゴケが良く育っているのでした。 そのハイゴケです。
ハイゴケも色々なタイプがあるのですが、どうもその分類は難しそうです。
それはそれとして、このハイゴケ自然の雨と空中湿度だけで育っていることがよくわかるよい見本です。
_IGP4494 _IGP4496
昨年より気になっておりました山際の苔、山に降ったあ雨水が浸みるところ限定で生育しています。 緑の濃い色をした苔はどうもカモジゴケかと。
_IGP4497 _IGP4498
緑の薄いところはシッポゴケと思われるのです。 ビロードの美しさが目に見え、よい環境に育っていることがわかります。
_IGP4501 _IGP4509
摂社の脇にはヒノキゴケが育ち、石垣にはウマスギゴケが育っているのでした。 反対側にはヤマトフデゴケが見られるのでした。
このヤマトフデゴケも雨水が浸みだすところがどうも好みの苔のようです。
ウマスギゴケが見られたりカモジゴケがあったりで、観察には楽しいお社です。
_IGP4512 _IGP4513
そのカモジゴケです。 摂社の足元にはウマスギゴケ、フトリュウビゴケ、それにヤマトフデゴケが見られました。
_IGP4514 _IGP4515
美しさに輝いているヤマトフデゴケ そしてフトリュウビゴケです。
_IGP4517 _IGP4518
遅くなりましたがその摂社の御紹介です。
やはり雪が多い地区だけに雪から守ることが考えられ、大事にされているお社です。
砂利を敷いた境内ですが、ヤマトフデゴケがあちらこちらに見られ、好適の環境なのか。
_IGP4502 _IGP4504
石垣には「苔むす」といわれる通り、ウマスギゴケとフトリュウビゴケでしょうか。
それにシダとびっしり育っています。
ここにはコケシノブが見られました。
_IGP4507 _IGP4508
そして長年育ったシノブゴケもこのように。 これはウマスギゴケがきれいに揃って育っているのではと思うのですが、
_IGP4520 _IGP4521
山の岩にきれいに育っているタマゴケです。
空中湿度の条件が良いのか、理想的に育っているような。
イトゴケです。
境内のツツジに低く着生した状態です。
_IGP4523 _IGP4524
境内のやはり山際にはツヤゴケでしょうか。 ツヤゴケにも色々なタイプがあるようですが、分類までには少し時間がかかりそうです。
_IGP4525
山の壁面の切り立った岩を見上げますと、やはりタマゴケが着生しているのでした。
タマゴケの育った環境を考えさせられる岩場です。
きっと水が染み出すということと、やはり空中湿度でしょうか。
このような神仙ともいうべきところに農耕の神を祭ったのは自然のことだったと思われます。

本日は朝より曇天、紅葉の美しかった高雄を過ぎた頃より雨模様。
その中で昨年2回程訪れました谷を再度訪ねました。
ところが、よく観察しますと代表的な苔が何でも見られるのでした。
ここへ来ればあちらこちらへ行かなくとも簡単に観察できるのでした。
貴重な苔生育地です。
_IGP4393 _IGP4394
昨年はまったく気づくことのなかったコウヤノマンネングサが生育していることでした。
しかも道路脇にです。
早速車から降りまして観察することに。
_IGP4395 _IGP4397
やはり夏の涼しさと水分の豊富さでコウヤノマンネングサと同じような条件のシノブゴケが生育しているのでした。
このシノブゴケは夏の涼しさを求めるアオシノブゴケではと思えます。
_IGP4399 _IGP4402
ところがシノブゴケだけではなく、コツボゴケらしきものが見えるのです。
初めて見ることのできましたコウヤノマンネングサとコツボゴケの共生です。
コツボゴケも夏の涼しさと水分を要求することは同一条件だけにこれはこれで納得です。というよりも新しい発見ですねぇ。
_IGP4403 _IGP4405
そのコツボゴケです。
このコツボゴケも色々な変種がありますので今後勉強しなければなりません。
どうです きれいに育っているコウヤノマンネングサ、もう冬ですから夏の青さはありませんが、意外やそれでも青々としておりました。
やはりミネラル豊富な腐葉土層を通過した雨水がこのコウヤノマンネングサに最適な生育条件を供給していることがわかります。
_IGP4409 _IGP4410
ただ、このコウヤノマンネングサ、少し草丈が低いことが気がかりでしたので、少しサンプリングさせていただきましたところ、下にはアスファルトの地面がでてくるのでした。成程です。
やはり成長期には供給される水量が少なく、それで思うように育っていないことがわかりました。
谷川とは反対の人の斜面に目を移しますと、クジャクゴケが側溝に見られるのでした。
_IGP4412 _IGP4417
その側溝をよく見ますと、クジャクゴケ以外にも少し小型のトサカホウオウゴケらしきホウオウゴケが育っているのでした。
_IGP4418 _IGP4419
そしてその斜面にはコウヤコケシノブが見られるのでした。
_IGP4420 _IGP4423
その反対側の谷川側の地面を見ますと、今度はコウヤノマンネングサとオオカサゴケの共生です。
こんなこと有り?といいたいぐらい珍しいこと初めてです。
_IGP4421 _IGP4422
そんなことで、ここではオオカサゴケも見られるのです。
みなさまには案内したいところNo.1です。
_IGP4430 _IGP4432
そんなことでもう少し変わったコケはないかと探しておりますと、期待は裏切らないものです。
コウヤノマンネングサとは少し趣が変わっているなあとよく見ますと「フロウソウ」です。
コウヤノマンネングサとの陰に隠れて少し人気はないのですが、でも育てますと、よくできましたフロウソウを見ますとまるで別物に見えます。
もっと人気が出ても良いのかもしれません。
_IGP4434 _IGP4435
このフロウソウこの12月頃になりますと新旧入れ替わる季節です。
育てておりますとよくわかるのですが、11月頃より新芽が吹いてくるのです。
自然でもそのようなことが起こっています。
小さな可愛らしい新芽がたくさん顔を覗かしています。
_IGP4437 _IGP4438
そのようなことで反対側の山の斜面の側溝を観察しますと、クジャクゴケ風に広がったコケを見ることができました。何ゴケか知らないことだらけです。 その側溝を見て歩きますとフトリュウビゴケでは。
_IGP4439 _IGP4441
そしてムクムクゴケも見られるのでした。
このムクムクゴケは夏はかなり涼しいところを好みますので、この辺り一度夏の季節に訪れてみたい思いがいたします。
そのムクムクゴケを上から見たところです。
山の斜面からの雨水が伝わっていることがよくわかります。
_IGP4443 _IGP4444
そしてその奥にはミズゴケが、多分オオミズゴケが生育しています。 厳密に言いますとコケ植物の中で唯一の湿生植物であるミズゴケが育っているということは、やはり年間通じてそれだけの水分補給があるということになります。
_IGP4446 _IGP4447
斜面を見上げますと、フトリュウビゴケが目に付くのでした。
このフトリュウビゴケは空中湿度がかなり必要な特徴であることがよくわかります。
その下の水路にはやはりフトリュウビゴケとヒノキゴケが見られるのでした。
_IGP4449 _IGP4450
そしてその奥の斜面にはコウヤノマンネングサが再度見られるのでした。
よく見ると多分アオシノブゴケが見られ、同一の環境を好むことがわかります。
テラリウムにはやはり両者を使用することをおすすめいたします。
_IGP4451 _IGP4453
時間もあまりなく、引き返すことに。
谷川に沿った山道を下りますと「稲荷明神」が祭られていました。
多分この大木に神が宿るとされ、この山を守ってくれる神を稲荷明神に託したものと考えられます。
そんなお稲荷さんを祭ってある台座の石にもシノブゴケが育っているのでした。
_IGP4454 _IGP4455
その反対の苔むした山の斜面を見渡しましたところは、急斜面だけに落葉が積もれず、腐葉土の層にもできず、そのようなところに苔が育っていることがよくわかります。 そこにはシノブゴケとクジャクゴケが見られるのでした。
_IGP4456 _IGP4457
このクジャクゴケを観察することに。 胞子の出ているクジャクゴケ、やはりその胞子から見てクジャクゴケに誤りはなさそうでした。
_IGP4458 _IGP4459
この胞子をきれいに、そして特徴がわかるように撮影するのでしたが、いかがでしょうか。
_IGP4462 _IGP4464
谷川にはムラサキシキブが見られるのでした。
紫の実がなる秋の人気種ですが、自然のものを見る機会も少なく、記念にと思いました。
_IGP4466 _IGP4467
辺りにはイトゴケ、キヨスミイトゴケが見られるのですが、大きく育っている様子もなく、このイトゴケも空中湿度だけでなく、その他の環境があるのかもしれません。
_IGP4469 _IGP4470
倒木には「きのこ」に混じってホソウリゴケのような青い美しいコケが育っているのでした。 そしてシッポゴケと思われるコケも見られるのでした。
_IGP4471 _IGP4472
山の斜面にはタマゴケが、そしてショウジョウバカマがうずもれるように育っているのでした。 シノブゴケも道沿いにたくさん見られるのでした。
_IGP4473 _IGP4476
いろいろな個体があるように思えるので、サンプリングをさせていただきました。
深山に育ったシノブゴケにはどのような種類があるのか楽しみです。
_IGP4480 _IGP4481
里に下りてきますと、山水画の世界が見られるのでした。
普段見られる風景でないだけに恵まれた観察日和です。
_IGP4482 _IGP4485
途中次の谷へ訪ねる合間に道の駅へ。
昔懐かしい京都ならではのしめ縄が販売されていました。
そして道の駅の中には、それこそ今では見られることが無く、「釜戸炊き」と言葉が死語となっている釜戸の写真が飾られていました。
京都では「おくどさん」と親しみを込めて呼んでいました。
この燃料である「薪」を燃やした炭を火鉢に移し、本来の黒炭の種火にしたものです。
そのように実家で行われていたことを思い出しますと、当方も老いたものだと思い知らされる昨今です。

_IGP4363 信楽焼火鉢といえばその昔、代表的な信楽焼でした。
現在の様に近代化されていない時代、石油も無く、電化もされていない時代、冬の暖房といえば炭を使い、その道具といえば火鉢でした。
そしてその釉薬といえば中国より技術が伝わった、海鼠釉でした。
その技術も現代では焼かれなくなりましたが、そのイメージは受け継がれ、海鼠釉火鉢として販売されています。
その海鼠(生子)11号の火鉢を取り上げてみることに。
_IGP4369 昔なら稲わらを燃やしてできるわら灰が一般的であり、全量わら灰を使用しましたが、昨今稲の入手が困難となり、その灰も入手不可能となってきましたので、代わりに弊園では耐熱性に優れ軽量な「ひゅうが土」4Lを底部分に入れます。
_IGP4372 次に灰を6L入れます。
この灰は、炭を燃やした灰とか、木を燃やした灰つまり「木灰」といいますが、これを使用します。
_IGP4374 そして五徳といいまして、やかん等を置く場合に支える鉄製の代を入れます。
そこに火のついた炭を入れるのですが、直接入れるのではなく、昔なら「からげし」といいまして「消し炭」をコンロ等で着火させ、燃えたからげしを火鉢に入れます。
そしてその上に本来の炭、つまり木炭を入れ、着火させます。
昔は手間暇をかけたものです。
というよりそれしかなかった時代でしたから。

そのようなことで、弊園では信楽焼火鉢と灰と炭をセットにしまして販売いたします。

由良川の支流の川沿いと、お宮を訪ねました。
_IGP4332 _IGP4334
堤防にはびっしりとハイゴケの姿が、都会では見られない風景です。
_IGP4345 _IGP4346
近くにお社があり、その石垣にはこのように苔がびっしりと育っています。
_IGP4347 _IGP4352
この付近ではかなり立派な社ではと思われます。
地元の方々の信仰もかなり厚いのでは。
_IGP4354 _IGP4355
辺りを散策しておりますと見慣れたコケ、
ヤマトフデゴケにこんなところで出会いました。
_IGP4357
道路を広げるのに斜面を削ったと思われる崖にヤマトフデゴケがこのように生育しているのでした。
きっと生育に適した条件がここには見られたのではと思われます。
更に国道を日本海側へ進んでいきますと、やはり初めて訪ねるところでした。
_IGP4296 _IGP4297
休憩所がありましたので一休みと思っておりましたところ、目の前にタマゴケが木の幹に着生するかのように育っているのでした。
こんな姿を見るのは初めての事。いかに空中湿度が高く、しかも夏の暑さに弱いタマゴケが育っていることを考えますと、ここはタマゴケにとって最適な環境かと思われます。
_IGP4298 _IGP4299
そこで山道を登り、辺りを散策することに。
するとホウオウゴケが丸太に育っているのでした。少し小型でトサカホウオウゴケかと思われるのですが、はっきりはわかりません。
_IGP4300 _IGP4302
周りを見ますと、大きな岩にやはりホウオウゴケが着生しているのでした。
_IGP4303
さらに山道を行きますとシダ類やヒカゲノカズラ等が見られます。
_IGP4306 _IGP4307
そしてタマゴケも見られるのでした。
かなり明るいところで見るタマゴケは初めての事。
夏はかなり涼しいのではと思われます。
_IGP4308 _IGP4309
奥へ進んでいきますと、今度はシノブゴケがこのように育っています。
多分トヤマシノブゴケではと思われます。
この寒中に咲いている桜の木は十月桜ではと思いながら、誰も訪れることのない山の中で咲いているのは少しさびしさを感じました。
_IGP4311 _IGP4312
見事に育っているタマゴケが太い幹に見られるのでした。
他では谷の日陰でしか見ることのできないタマゴケが、しかも水が豊富にあると思えない環境でこのように育っているのは不思議としかいいようがありません。
何しろ一説には30年はかかるという年月。
その間枯れることは無かったのか、タマゴケに聞いてみたい気がいたしました。
_IGP4315 _IGP4316
木の幹に育っているのはハイゴケでしょうか。
おそらくは「柿の木」地面に育っても良いように思うのですが、コケにすれば少し事情が違うのでしょうか。
_IGP4320 _IGP4322
帰り際の崖にはフトリュウビゴケも見られました。 そしてホウオウゴケも胞子がきれいに育っているところをもう一枚追加です。
_IGP4326 _IGP4327
_IGP4328
国道を少し歩きますと、あまりにも美しくよく育ったシノブゴケに出会いました。
山の斜面だけに常に湿っぽく、しかも空中湿度は高いのでしょうか。あまりにもよく育っているシノブゴケはそう見られるものではないと思われます。
_IGP4257 _IGP4260
ここは初めて訪ねる地区でした。
山間部の空中湿度が高い、苔・シダがよく育つ環境かと思われ、谷筋のコンクリートの壁面にはコタニワタリが着生しているのでした。
_IGP4262 _IGP4266
その谷に迫る山との間にわずかな田畑があり、少し観察してみました。
この農道にはシノブゴケが雑草に混じり生育しているのでした。
恐らくはトヤマシノブゴケではと思いながら観察するのでした。
_IGP4267 _IGP4269
その農道の脇には、山から流れるせせらぎともいえる谷川にセキショウが見られるのでした。
セキショウにも色々あるのですが、このタイプは野生種。
水を好む湿生植物であることがわかります。
_IGP4270 _IGP4271
廃屋になった庭であったのか、池の跡のような、そこには手水鉢のようなたまりの石があったのです。そして空中湿度とたまりの水とにより、シノブゴケがよく育っているのでした。
そしてイワヒバも野生の状態でこの辺りにも生育が見られるのでしょうか。
_IGP4273 _IGP4274
そして野生のカワラナデシコが見られるのでした。
より早い季節であれば次々と咲くカワラナデシコだったのでしょうか。
咲き終わりかけているといえども、この季節に花が咲いているとはラッキーでした。
よく見ると株は大きくなっており、自然でこの状態になるにはかなり年数が必要ではと思われます。
_IGP4276 _IGP4280
探しますと種子ができているだろう鞘も見られ、この種子を播けばカワラナデシコも発芽させるかなあと思い少しいただきました。 その鞘を辿ってみると、近くにやはり大株のカワラナデシコが見られるのでした。
身近に販売しているのですが、野生の状態で見るカワラナデシコは初めての事。貴重な体験です。
_IGP4284 _IGP4288
辺りにはハイゴケがよく育っているのでした。
やはり空中湿度が高いだけによく育っています。
珍しいシダを観察に、思わぬコケとの出会い。赤いクジャクゴケの胞子を初めて見る。
_IGP4128 _IGP4129
_IGP4130 _IGP4131
この谷筋シダが色々と見られるとのことで、ハイキング気分。

一山一山異なった環境だけに、初めて訪れる谷に興味は尽きません。

そうこうしている間に見るも美しいイトゴケとの出会いがありました。

これだけ育っているということは、空中湿度も相当なもの。シダといい、コケといいよく育つわけです。

_IGP4133 _IGP4135
しばらくすると、コケシノブが見られました。

すると、案内いただく方はシダ植物に詳しく、「これはコウヤコケシノブです」との解説。

なるほど、小型でしまっています。

_IGP4137 _IGP4138
初めて見るイクビゴケです。やはりかなり日陰を好むタイプ、つまり「明るい日陰」が育てるポイントかなと思われます。
_IGP4139 _IGP4140
ホウオウゴケにしては少し小型タイプ。トサカホウオウゴケか、それともホウオウゴケか。

なかなか難しい判定です。何しろ種類が多くありますので。

_IGP4142 _IGP4144
川沿いの護岸にヤノネシダが生育しています。
_IGP4145 _IGP4146
それと同じようにへばりついて育っているヒメサジランです。空中湿度を必要とするシダです。 対岸の岩には、コウヤコケシノブがよく育っているのでした。
_IGP4150 _IGP4151
岩場には、マメヅタの極小ともいえるかわいらしいマメヅタが見られました。 自然の木にも、このように着生して育っています。この谷は小型のマメヅタばかりが見られます。
_IGP4153 _IGP4154
ジュウモンジシダも見られました。 タチシノブも見られました。
_IGP4155 _IGP4157
大きな群落のタチシノブです。 生育する谷はこのような環境です。昔は街道であったようですが、今は新しい道もできて、通る車も出会えません、
_IGP4158 _IGP4159
山道を下り始めますと、お茶の木が育っているのです。 鳥が運ぶと見え、さすがお茶の里での出来事です。
_IGP4164 _IGP4165
初めて見る赤い胞子のクジャクゴケ。この季節にしか見ることのできない胞子だけが頼りです。
_IGP4166 _IGP4167
_IGP4169 _IGP4170
当日は小雨混じりの曇空、たまたま晴れまして直射光線がクジャクゴケに届くというシャッターチャンス。

うまく撮影できたでしょうか。

次の目的地に移動。そこにはミズゴケの生息する様子が山道から見られるのでした。
_IGP4086 _IGP4087
ここはやはり山間の田んぼ。畦にはシノブゴケが生育しているのでした。

弊園が開園しております大原野にもたくさんの田んぼが見られますが、このように畦にシノブゴケは見られません。

やはり空中湿度がいかに高いか、よく分かります。

そしてこの空中湿度が高いということが、お茶にとって好条件で、この辺り茶業が盛んになった理由がよく分かります。

_IGP4088 _IGP4089
そして少し山道へ入ったところで、イトゴケが見られるのでした。

空気中の水分を吸収して育っているイトゴケ、いかにこの辺りの空中湿度の高さが分かるというものです。

コケの生育に最適地です。

_IGP4090 _IGP4091
山道を開くときに一部護岸工事をしたところがありました。そこにはシダのヤブソテツばかりが見られるのでした。コンクリートは石灰分つまりカルシウムを多く含んでおり、このカルシウムを好んでいるシダがヤブソテツかもしれません。 ヒノキシダも見られました。
_IGP4093 _IGP4094
大きく育ったシッポゴケが突如として現れるのでした。

おそらくはこの大きさになるまでに何十年の月日がかかったものと思われます。本当にきれいに育っていました。

やはり日陰で、園芸的に言いますと「明るい日陰」といい、直射光線が当たらない条件をいいます。

テラリウムでは、このような条件のところに置きますと、苔は枯れません。

そしてこのシッポゴケ、やはり山の斜面に生息し、雨が伏流水となっていることがよく分かるかと思います。

_IGP4096 _IGP4098
さらに歩いて行きますと、ミズゴケが見られるのでした。休眠期ですから茶色くなってはおりましたが。 近付いてみますと、よく締まって育っているミズゴケです。風通しが良いので締まるのかもしれません。
_IGP4099 _IGP4101
はじめは人が来られて採取されたのかなあと思われたミズゴケの乱れでしたが、よく見るとどうもシカの歩いた足跡の様子。おかげでミズゴケの内部が分かりました。 切通した山道は、やはり明るい日陰。ミズゴケを栽培する条件は、このような環境かと思われます。
_IGP4103 _IGP4105
辺りにはダチョウゴケらしきコケも見られます。 或はフトリュウビゴケではと思われるコケも見られます。
_IGP4106 _IGP4107
ツルリンドウの実生株が見られます。きっと親株は林庄に花が咲いているのではと思われます。

ショウジョウバカマも見られます。

_IGP4109 _IGP4110
シッポゴケらしきものが見られました。シッポゴケにも個体変異があるのか、少し違っているようにも見えますが。
_IGP4111
倒木が見られました。本年9月の二度にわたる台風によってなぎ倒されたのでは。

岩肌の腐葉土の層に育っていただけに、台風の強い風でめくれた感じでした。

_IGP4112 _IGP4113
そしてそこにはミズゴケの育っている姿が見られました。 フトリュウビゴケも見られるのでした。
_IGP4115 _IGP4116
引き返しざまに、ミズゴケにツルリンドウの赤い実を見つけました。絵になりますねえ。 反対の山裾には茶畑が広がっています。空中湿度が高く、きっとよいお茶のできる環境では。
_IGP4120 _IGP4121
帰り道に気付きましたツチグリです。当方は初めて見ました。常に自然を見て回っている方からすれば珍しいこともないのかもしれませんが。 そしてシノブゴケのコロニー、多分トヤマシノブゴケではと思われます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.