園主のフォト日記
2017年5月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
IMGP1732 IMGP1733
盆栽店 岩本さんです。 和風のショップ田中さんの正月商品の飾りつけです。
IMGP1734 IMGP1735
小品盆栽の  さんです。こちらの苔玉にはいつも魅せられてしまいます。 腰のついた黒松の苔玉です。
IMGP1736 IMGP1738
梅・松・紅葉等色々と作られています。 五葉松です。
IMGP1739 IMGP1743
コトネアスターと五葉松でしょうか。 よく見かける苔のような、そうでないような草にパンダのフィギィアが可愛いく遊んでいます。
IMGP1746 IMGP1748
北門の通りに店をだしておられる  さん。本日は天気が良いのか、テントは張っておられません。
トレードマークの盆栽が目に入ります。
どうです。
立派な小品盆栽です。
IMGP1729 IMGP1730
万年青の宇治三光園さんをのぞかせていただくとガラス製の万年青鉢に植えられた万年青が飾られていました。
万年青といえば日陰の植物、江戸時代より人気のある古典園芸植物ですが、昔の人の知恵でしょうか?荒い砂に植えられ、通気性・排水性がよく、決して腐葉土等は混入されていません。
参考になるので、今後この画像は利用させていただきたく存じます。
IMGP1749
そしてこのシーンは印象的でいつもカメラに納まっています。  ここ東寺であることを。
IMGP9022 IMGP9024
先日滋賀県の山で採取した生ミズゴケのゴミ取りは大変な作業でしたが、
トレーにビニールを敷き定期的に水やりです。
そしてこれが2L入りの生ミズゴケです。従来サギソウを育てるのにピッタリのコラボでしたが、
近年テラリウムの普及とともに販売のチャンネルは広がったように思います。
IMGP9025
こちらはムラサキミズゴケです。
あるところにはあるのですが、この苔も育ててみると色がこのように紅葉したりしなかったりです。もちろん夏の間は青々して育っていますが。
IMGP8969 IMGP8974
今回入荷のチベタヌスは一芽株は主体です。輸入株の現状を見ますと良株やらそうでない株やら、色々と混ざってパッキングされています。
栽培されているのわけですから良くない株はもう一作されてはと思うのですが、これは日本人の考え方かもしれません。
芽と根のしっかりした株を販売いたします。
IMGP8986 IMGP8987
芽も良く、根も比較的良好な状態の株をスリット鉢に定植しました。従来、園内の比較的涼しいところを選んで育てておりましたので「山野草の土」で植えておりましたが、その後やはり水もたれしている様子でした。
そこで本年は弊園販売のクリスマスローズの土「山野草の土」3号で植えてみました。
IMGP8996 IMGP8998
芽が少なく、根も少ない感じの標準的なチベタヌスは3.5号ロングポットで植え付けです。
もちろん培養土はクリスマスローズの土「山野草の土」3号です。
土と土の空間が大きく、排水性、通気性は抜群ですから根はよく育つかと思われます。但し、黒のビニールポット或いはプラスチック製のスリット鉢ですから夏の間100%日光に当てないことが最大のコツであり、秘訣です。
なぜなら、熱を持ってしまい枯れてしまいます。何せ高山植物ですから。
IMGP8918 IMGP8919
滋賀県のある場所に自生しているとのことで案内いただきましたミズゴケの自生地です。
長さ20cm前後には育っています。
横には谷川の水が流れています。そう深い谷ではなく、空中湿度があって日陰で、
水分を含んだ土地に自生がみられるのでしょうか。
IMGP8920 IMGP8922
倒伏した木にはシノブゴケらしきものが自生しています。
やはり水はけを好んでいるのかもしれません。
いたるところにミズゴケが見られます。枯葉もそれなりに、自然のことですからいたしかたなく、
持ち帰って掃除が大変なことは想定内ですが。。
IMGP8923 IMGP8925
やや明るいところのミズゴケ、少し焼けています。ミズゴケの休眠期は仕方が無いのですが、
もちろん夏の成長期は青々として育っているかと思います。
やはり暗いところは日光が弱く、しかも霜も当たりにくいのか青々しています。
IMGP8926 IMGP8929
より明るいところは紅葉しています。この休眠期の色具合でミズゴケの種類も
ある程度判るのかと思いますが、当方はミズゴケといえばミズゴケです。
ミズゴケを採り終えて道路に戻ってきますと、銀苔といわれる
盆栽の張り苔に使われる苔が見られました。
IMGP8930 IMGP8932
そしてビロード苔です。こちらは正月の松竹梅の張り苔に使用されます。
好日性の苔ですが、夏の暑さには弱い苔です。
スギゴケがいたるところに見られるのですが、そこにはシカのフンが。。
野生の鹿が見られたなら感激しますが、どうも夜行性のようです。
IMGP8936 IMGP8937
山の斜面には自然のスギゴケの自生がみられます。
全体に見られるのではなく、一部によく育ち、他には全く見られません。
スギゴケもかなり水分を必要とする苔ですので、おそらくこの部分に地下水脈が露出しているのではと思われます。
山に降った雨がこの辺りからしみ出ているのでしょう。多ければ湧き水なのでしょう。
近くで見ればきれいに育ったスギゴケです。 試しに引っこ抜きますと20cm位に育っています。
何年もかかって成長したのでしょうか。京都のお寺はこのスギゴケが有名ですが、市内のお寺のどこにでもスギゴケが見られるわけではなく、
前記に書きましたように山の麓とか、近いとか、或いは地下水位が高く常にジメジメしているとか、スギゴケの自生に条件がよいところかと思います。
同じ市内でも、庭が乾くところにはスギゴケは生育せず、スギゴケの美しい庭は見られません。
IMGP8874 IMGP8875
文五郎窯の代表的な釉薬であろう灰釉を使って登り窯風の味を出した作品です。
足を付け、手作り感を出した、盆栽・山野草・多肉植物等何でも使えそうな鉢です。
信楽黒土粘土を使い、登り窯でいうところの、灰かぶり状態に白釉を散らした白黒のツートンカラの作品です。
この鉢も、山野草・多肉植物・寄せ植え・盆栽等に使え、ひねりを入れた趣のある鉢です。
IMGP8892 IMGP8893
従来九州産のヒメアオネカズラを入手しておりましたが、紀州にもあるとのことで見せてくれましたのがこちらです。
本当に狭い場所にわずかに群生しているとのことで、希少種です。
201703imgp8862 201703imgp8863
センペルビューム 京都の夏を屋外で生まれは涼しいところに関らず、我慢して夏越ししてくれました。

生まれた環境に近いかと思われますが、雪の華ならぬ霜の華を咲かせています。

こちらは国内種のセダム メノマンネングサです。

綺麗に霜降りになっています。

201703imgp8867 201703imgp8868
朝日を浴びて霜がきれいに浮かび上がっているところが見えますでしょうか。
桃太郎もいよいよ本調子です。
寒さにはいたって丈夫なアガボイデスこれはクリスマスという種類です。
よく太りそしてギュッと締まって育っています。
201703imgp8869 201703imgp8871
こちらはメビナかなあ?
爪紅の美しさがよく分かる季節です。
エケベリア アフィニス 和名「古紫」です。
このアフィニスも耐寒性はそれなりにあるように思います。
初霜がわかるでしょうか。
201703imgp8872 201703imgp8873
エケベリア アガボイデスです。

少しピントがぼけてしまいましたが、紅葉の美しさと締まり具合は絶妙です。

そして何といってもアガボイデス リップスティック。
和名は「魅惑の宵」その名の通り、紅覆輪は初霜を受ける頃、すばらしい色彩を放ってくれています。

但、このリップスティック色々と育てていますとやはり紅葉にも個体変異が有り、その由来は何かと原因は実生説なのか?
今後探らねばと思います。

201703imgp8858 201703imgp8860
ハイゴケにこの冬一番の霜が降りた様子です。 この苔はスナゴケかなぁ?
苔に霜もよく合い、美しく楽しめ、そして四季の変化と管理も易しく、現代のオアシスにピッタリです。
201703imgp8859 201703imgp8861
そして初氷です。
水草或いは水をためておく器があちらこちらに置いてあり、氷はいたるところで見られます。
IMGP8758 IMGP8760
この秋に植え込んだのですが、来春と思ってばかりいました開花が自然咲きで12月に咲きました。
交配親としてはかなり良い形質かと思います。
IMGP7639 IMGP7644
弊園では取扱いのない楽風ミニ鉢(小)のしたのミニで植え込まれています。
五葉松は野生の株を引っこ抜いて来られたとのこと。
もちろんヤマゴケも自採りです。
IMGP7645 IMGP7646
こちらも山採りのトショウを植え込んだ苔盆栽です。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.