園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
IMGP8892 IMGP8893
従来九州産のヒメアオネカズラを入手しておりましたが、紀州にもあるとのことで見せてくれましたのがこちらです。
本当に狭い場所にわずかに群生しているとのことで、希少種です。
201703imgp8862 201703imgp8863
センペルビューム 京都の夏を屋外で生まれは涼しいところに関らず、我慢して夏越ししてくれました。

生まれた環境に近いかと思われますが、雪の華ならぬ霜の華を咲かせています。

こちらは国内種のセダム メノマンネングサです。

綺麗に霜降りになっています。

201703imgp8867 201703imgp8868
朝日を浴びて霜がきれいに浮かび上がっているところが見えますでしょうか。
桃太郎もいよいよ本調子です。
寒さにはいたって丈夫なアガボイデスこれはクリスマスという種類です。
よく太りそしてギュッと締まって育っています。
201703imgp8869 201703imgp8871
こちらはメビナかなあ?
爪紅の美しさがよく分かる季節です。
エケベリア アフィニス 和名「古紫」です。
このアフィニスも耐寒性はそれなりにあるように思います。
初霜がわかるでしょうか。
201703imgp8872 201703imgp8873
エケベリア アガボイデスです。

少しピントがぼけてしまいましたが、紅葉の美しさと締まり具合は絶妙です。

そして何といってもアガボイデス リップスティック。
和名は「魅惑の宵」その名の通り、紅覆輪は初霜を受ける頃、すばらしい色彩を放ってくれています。

但、このリップスティック色々と育てていますとやはり紅葉にも個体変異が有り、その由来は何かと原因は実生説なのか?
今後探らねばと思います。

201703imgp8858 201703imgp8860
ハイゴケにこの冬一番の霜が降りた様子です。 この苔はスナゴケかなぁ?
苔に霜もよく合い、美しく楽しめ、そして四季の変化と管理も易しく、現代のオアシスにピッタリです。
201703imgp8859 201703imgp8861
そして初氷です。
水草或いは水をためておく器があちらこちらに置いてあり、氷はいたるところで見られます。
IMGP8758 IMGP8760
この秋に植え込んだのですが、来春と思ってばかりいました開花が自然咲きで12月に咲きました。
交配親としてはかなり良い形質かと思います。
IMGP7639 IMGP7644
弊園では取扱いのない楽風ミニ鉢(小)のしたのミニで植え込まれています。
五葉松は野生の株を引っこ抜いて来られたとのこと。
もちろんヤマゴケも自採りです。
IMGP7645 IMGP7646
こちらも山採りのトショウを植え込んだ苔盆栽です。
IMGP7630 IMGP7631
弊園販売の多肉植物の土2号を使ってスリット鉢で春に植えつけましたセンペルビュームです。
IMGP7632 IMGP7633
センペルビューム ペルステナの生育状況です。
ランナーがよく伸びるタイプですので駄温の浅鉢6号で植えつけた株と、通常のスリット鉢に植え込んだ株の比較です。

本来弊園の培養土は2日に一度の水やりを理想とするよう培養土の配合を速乾性にしておりますが、本年夏バテしまして5日に1回位しか水やりができませんでした。するとスリット鉢はやはり水切れ状態の貧相な株となってしまいました。
一方駄温の浅鉢は理想的な育ち方をしております。今後この浅鉢と弊園の培養土を使っての育て方を解説したいと思います。

弊園の育て方は屋外自然栽培です。
多肉植物は雨に当ててはいけないという解説は正しくないことがよくわかります。

IMGP7628 IMGP7629
秋の良い気候がハイゴケの成長も促し、このように青々としてきました。 大トレー1枚を見ますと、養成したハイゴケと販売可能なレベルになっているかと思います。
でも天然ハイゴケでの注文ですので天然ハイゴケでの発送です。
IMGP7613 IMGP7612
短冊屋(和楽)さんから独立されたのがこの8月ということで、ここで窯を築かれたのが9月のこととか。お訪ねしたところ焼き物工房で見られる製作現場とちっとも変わらずお元気で製作しておられました。

そして一番目に入ったのが、この「窯」でした。
お尋ねすると楽茶碗を焼成する窯とのことで、その窯を見せていただきました。

楽焼きは登窯で焼くのではなく、家の中で焼き釜も小さいのですが、これを「内窯」といいます。

楽焼きはどうも桃山時代には確立されていたようですが、このような窯が土中に埋められ火鋏で作業がやりやすいように工夫されていたかと思います。

下の口は「ふいご」で風を送る口です。

IMGP7611 IMGP7610
中を覗きますと楽茶碗が1個入るサヤと、その周りに備長炭をいれるスペースがあります。

楽焼きは「急熱急冷」という焼き方をされるのですが、一日中次々と茶碗を焼き続ける方法として、この炭を使った内窯は合理的な焼き物であることがわかります。

すのこを外した底です。
鞴で送風され焼成温度を一気に上げる構造がよく分かります。一気に温度を上げることにより茶碗は真っ赤になり、釉薬が溶け出した頃を見計らって火鋏で取り出します。

そしてその真っ赤になった茶碗を水の中に一気につける急冷です。
この楽焼きは急熱急冷をしても破損することも無く焼き上るので不思議としかいいようがありません。

その楽茶碗の技法が今日三河楽焼植木鉢に伝承されていることが京楽焼きといわれている由縁です。

IMGP7620 IMGP7614
この窯で焼かれた黒楽茶碗です。
釉薬は加茂真黒、つまり京都市内を流れる加茂川(鴨川)の上流で採取される黒い石、これを真黒といい、水石・庭石の世界では「加茂七石」の一つに数えられ、石の世界では横綱とされています。

その真黒石を釉薬に使っているのは桃山時代より受け継がれています。

この作品は釉薬が透けすぎたのか、窯変も出ていますので目を凝らして見てください。

楽焼きに使用される「火鋏」です。

京焼の楽焼は窯も小さく、使用される火鋏も意外と小型でした。

IMGP7616 IMGP7619
IMGP7625 IMGP7626
IMGP7600 IMGP7603
IMGP7605 IMGP7606
弊園から高速道路の乗り口の長岡京インターまでそう遠くは無いのですが、その途中にこの皇帝ダリアがきれいに咲いていました。

例年秋には通る車の人々の目を楽しませてくれるほど存在感のあるダリアです。

IMGP7584 IMGP7583
比較的締まったマメヅタの入荷です。 大葉のマメヅタです。
あまり見たことの無い大きさですが、あるところにはあるようです。
IMGP7587 IMGP7589
販売用のパックに詰めたところ、その大きさの比較がよく分かります。 このポットは昨年夏頃にポットに定植したものがよく育ってきました。
これを盆栽鉢の小鉢等に植えますと「カッコいい」草盆栽ができます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.