園主のフォト日記

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

山野草探訪~生息地を訪ねる~

山野草探訪~生息地を訪ねる~

PAGE TOP



2019年~2018年 2017年~2015年 2014年~2011年


~山野草の生育地を訪ねる~
  ・2019年 6月18日 紀伊山地
  ・2018年11月13日 焼き物の里 信楽高原
  ・2018年10月19日 滋賀県信楽町
  ・2018年10月16日 紀伊山地・3
  ・2018年10月16日 紀伊山地・2
  ・2018年10月16日 紀伊山地・1
  ・2018年 8月31日 滋賀県竜王町 鏡山
  ・2018年 8月 3日 奈良ロータスロード
  ・2018年 7月18日 湖南アルプス
  ・2018年 7月13日 京都府南部 相楽郡
  ・2018年 6月18日 滋賀県信楽町 旧国道307号線沿
  ・2018年 3月20日 滋賀県高島市
  ・2018年 3月14日 滋賀県甲賀市
2019年6月18日 紀伊山地
30年来の夢 ホソバササユリを求めて
国道から離れて山の中へ
どのくらい走ったのか、案内の人に任せるしかありません。するとこの地方に見られる葉の細いホソバササユリの咲く花が見られるのでした。
ちらほら咲くホソバササユリを後にして林道は岩場に。植相はかなり変わってきたことが。そこには岩場にひっそりと咲くホソバササユリが見られるのでしたが、よく見るとフデゴケの生育する環境があったのです。
まだ咲き始めたばかりのホソバササユリ。雨の後だけにより美しく咲いてくれていました。
岩場に張りつくように生育しているフデゴケ。昨年初めて見たフデゴケもかなり山奥であったのですが、この地もやはり深山へわけ入っているということになるのでは。ササユリとフデゴケのコラボ何とも言えない景観がそこに見ることができました。
垂れ下がるように育っているホソバササユリの姿が。
コメツツジの間に咲く、ホソバササユリ。
草に隠れて咲こうとするホソバササユリの姿も。
自然実生で何年と経て育っているホソバササユリとフデゴケそしてコメツツジ。そこには奇妙としかいいようがない組み合わせの世界が見ることができているのでした。
よく見るとアサマリンドウでは、花の咲く頃に再訪できればと思うのです。
30年以上前になるでしょうか。「百合の通販」を始める前にご指導頂きました鎌田慶三氏に「紀伊半島には黄花粉のホソバササユリが見られます」と教えられていたのですが、そのホソバササユリ念願かなって初めて見ることができました。
こんな低い位置でも林道に設けられた側溝にせまるホソバササユリの姿がそこにあるのです。
ヒカゲノカヅラの季節を迎えようとしています。どこかで視認てきると良いのですが。
そして林道のアスファルトの上にはヤマトフデゴケが見られるのでした。さすが深山幽谷の紀伊半島です。
濃色のホソバササユリも見られるのでした。花咲くこの季節以外、ササユリの存在すら分からない草むらの中にひっそりと咲くホソバササユリでした。
辺りは霧。山へ入りかけた頃は「どしゃぶりの雨」それがササユリの咲く深山へ着く頃は雨も止みホッとしたのでした。
清楚に咲く白花のホソバササユリも。霧にかかって咲くホソバササユリ。こんな機会はもう二度とお目にかかれないのでは。
岩場に咲くホソバササユリの姿も。こんなところにもムロウテンナンショウが見られるのでした。
首を出すように咲くホソバササユリの姿も。木々の中から咲くホソバササユリの姿も。
そこにはやはり岩に張りつくフデゴケの姿が。大きな葉一枚のホソバササユリ。ここに至るまで何年も時を経ているのでは。
おそらくは腐葉土の層に咲くホソバササユリ。そして岩場に育つフデゴケ自然ならではのコラボです。
その岩場に育つフデゴケのアップです。岩場でしか見られないフデゴケはやはり水はけを好む事が条件の一つであると考えられるのでは。
崖に咲くホソバササユリの小型種。つまり「クシモトユリ」そっくりの花容がそこに見られるのでした。おそらくは分布がこの辺りにまで見られるのでは。
近くには白花らしきクシモトユリが見られます。
自然界ではこのように葉が食害にあい自然のきびしさを感じます。
足下を見ますと実生株が育っていました。何年かあとには花を咲かせることを願っています。
かなり山深く車は走ったのですが、今日案内して頂いたホソバササユリ。この地を見せたかったと思われる本来の群落が残されていたのです。
人が登れない崖。そこに本来あるべき姿のホソバササユリの群生が見られ、百合のカタログを作って以来、よくも30年間待っていてくれたものと感動いたしました。
霧の中で濃色のホソバササユリの咲く姿が見られるのでした。
ツワブキとともに咲くホソバササユリ。ここはやはり太平洋岸。このようなコラボも納得。雨の後、水滴を含んだホソバササユリ。自然の景観の見事さに驚かされます。
更に車はお口へ。そこには極めつけのフデゴケの群生が見られるのでした。
おそらくはこの道が開かれて以来の生息では。
さらに進むとそこにはコアジサイの群生が見られるのでした。
よく見ると野生のコアジサイの姿も見られるのでした。初めて見る野生のコアジサイ。そこにはコメツツジも見られ、その分布には驚かされます。
コアジサイの群落が続くのですが、そこは環境が変わったのか、フデゴケからヤマトフデゴケに植生は変わっていたのです。何がこの様な条件をさせるのか不思議な思いが致します。
岩肌に着生するかのように育つヤマトフデゴケ。やはり排水は、通気性が良くそして水、降水量の多いこの地。よく育つ条件が整っているのかもしれません。
辺りにはヤマアジサイが咲き、更にはコアジサイが咲き続けるのでした。
キバナノホトトギスたしきホトトギスがその下にみられるのでした。
変わったチョウチンゴケが見られるのでした。オオバチョウチンゴケでは?と思われるのですが詳しくは不明です。この様なぬれた岩場の日陰に見られるようです。
こんな所にイモリが!! と驚かされました。側溝の水たまりに長年住みなれているのでしょうか。
苔むした岩肌に育つホソバササユリ。わずかな腐植に長年育っている様子です。
ヤマトフデゴケが育つ岩肌。コメツツジもたくさん見られ、その中で咲くホソバササユリもこの季節ならではの景観です。
ホソバササユリの見られる個体も数少なくなり、この辺りにて引き返すことに。
国道にかなり近くまで降りて来たこの地帯。
昔はササユリも咲いていたのではと思われますが、今は一本も見られません。そんな岩肌にヒメクジャクゴケが育っているのでした。



焼き物の里 信楽高原を行く


生息地を訪ねる 2018年11月13日
_IGP2888 _IGP2889
前回10月19日に通行した折にはフジバカマがタイミングよく咲いていました。その約1か月後、あたりを散策してみました。白花の咲くサワヒヨドリも終わりかけておりましたが、まだまだ見られました。
_IGP2891 _IGP2892
本性品のフジバカマはといいますと、花も終わりかけており、綿毛となって種子も飛んでいくのも時間の問題かと。
_IGP2895 _IGP2896
よく手入れされた道路ののり面にはシッポゴケと思われるコケがきれいに生息しているのでした。
_IGP2897 _IGP2899
北の斜面にて、終日日が当たらないのではと思われるのでしたが、このようなところを好んで生息していることがよく分かります。
_IGP2900 _IGP2905
斜面の上を見ますと桧の根元には「マンリョウ」が色付き始めている姿が。 その下には赤く色付いた実をつける「ツルリンドウ」が見られるのでした。
_IGP2906 _IGP2916
あたりを見回わりますとツルリンドウの様々な形態が見られ、自然の中で耐えていく知恵を見る思いがいたします。
_IGP2918 _IGP2903
そして足元にはササリンドウが咲いているのでした。昔は至るところに咲いていたように思われるササリンドウも今ではどうでしょうか。焼き物の里へ行くのによく通った昔の道も、一度たずねたいと思います。
_IGP2907 _IGP2917
自然に色づく「ヤブコウジ」です。その内に鳥に喰べられて早くに見られなくなるのではと思いますが、何んともかわいいヤブコウジです。
_IGP2909 _IGP2910
多分ウマスギゴケかと思われる中で、赤い実をつけるヤブコウジ、何んともいえない絵になるとはこのことではと。
_IGP2911 _IGP2914
そしてショウジョウバカマ、春にはきっと美しい花を咲かせてくれるのではと思います。春には要注意です。
_IGP2919 _IGP2913
カゲノカズラ、シッポゴケそしてショウジョウバカマの混生する姿が見られる風景がここ信楽町にはあるのでした。本当に身近にあり、自然を大切にしなければと思います。


秋の七草 本性品フジバカマ等、野に咲く山野草が花盛り


2018年10月19日 生息地を訪ねる 於・滋賀県信楽町
_IGP1962 _IGP1964
以前よりこの道路を時折利用しておりましたが、秋の訪れとともに白花の「サワヒヨドリ」が咲く姿が見られるようになりました。実は通り過ぎてみると本性品のフジバカマが咲いており、驚くと同時に後戻りをしたのでした。 きれいに刈り込まれたのり面に花咲くサワヒヨドリです。この季節どこにでも見られる山野草です。
_IGP1965 _IGP1966
アスファルトとコンクリートのわずかな隙間に根を張るヨメナ、山野草業界ではノコンギクといっていますが、よく咲いています。 そしてサワヒヨドリに混ざって咲く「アキノキリンソウ」が見られるのでした。
_IGP1972 _IGP1974
あちらこちらと咲くアキノキリンソウです。育てますと、少し作りづらい山野草です。
_IGP1975 _IGP1981
通り過ぎようとして、目にとまってしまった国内種の本来のフジバカマ、これこそが秋の七草です。この道沿いに咲いてくれたものです。
_IGP1986 _IGP1987
サワヒヨドリとフジバカマはやはり花色が違うだけに区別がつきます。でも夜間温度が低いのか、花色が冴えています。 その冴えたフジバカマです。当大原野に生育するフジバカマと見比べる必要がありそうです。
_IGP1982 _IGP1984
こちらはネズミガヤではと思ったのですが? 弊園では斑入りのネズミガヤを作ってはいるのですが、その花そっくりに見えるのですが。
_IGP1988 _IGP1989
道沿いに時折目にするアキノキリンソウです。 このようにのり面を刈り込んだあとに育っております。
_IGP1990
ダルマシオンです。これは道沿いのお庭に毎年この季節に美しく咲くシオンです。例年楽しみにしています。


本邦産多肉植物であるツメレンゲの生育する姿


2018年10月16日 生息地を訪ねる 於・紀伊山地
_IGP1735 _IGP1737
突然にコンクリートの壁面に「ツメレンゲが育っています」といって車をストップ。早速車を降りて撮影を開始します。 コンクリート面に生息するツメレンゲを見上げるのですが、ここまで育つのにそれこそ何十年と経たのではと思います。
_IGP1739 _IGP1746
よく見ますと、花咲く株もあれば小さな実生株も苔にうずもれるように小さく小さく育っています。これでも何年かがかかっているかと思います。多分このコンクリート面が苔むすようになった結果、この大群落に育ったかと思います。 他の壁面にはヒメツルソバが、そしてツメレンゲが育っているのでした。
_IGP1742 _IGP1746
排水するパイプ付近に育つツメレンゲ。周りはヒメツルソバ。絵になるのでは? ヒメツルソバのお花畑に花咲くツメレンゲ。こんな珍しい姿も観察できましてラッキーでした。
_IGP1744 _IGP1743
ツメレンゲとヒメツルソバ、こんな風景が見られるとは長生きはするもんだなあと感動しております。 こんな姿も見られました。
_IGP1750 _IGP1747
こんな画像も撮れました。いかがでしょうか。 ツメレンゲの自然に生息する姿も感激する画像です。これもいかがでしょうか。


秋の山野草との出会い


2018年10月16日 生息地を訪ねる 於・紀伊山地
_IGP1531 _IGP1532
キイジョウロウホトトギスを念願かなって観察に、思いを起こして10年以上の月日が経てしまっています。そのキイジョウロウホトトギスの各地の生息地を案内いただく中で、それはそれは面白い植物たちの花が見られるのでした。壁面一面にツルソバがびっしりと咲き揃っています。
_IGP1534 _IGP1536
道路ののり面にもツルソバがびっしりと繁茂しています。ツルソバは実のところ、山野草が本来であることを認識させられた一場面でした。従来、生息地を見たこともなく、山野草業界では流通もなく、むしろガーデニングの世界だけに当方の知識も底浅いものと改めてしまいました。
_IGP1555 _IGP1559
次いで、キイジョウロウホトトギスを求めて生息地を移動します。そこにはコウヤボウキの花が咲いているのでした。初めて見る野生のコウヤボウキに「へえ」と感動するのでした。
_IGP1586 _IGP1587
湿潤な環境を好むキイジョウロウホトトギス。そこにはクジャクゴケが見られました。岩場なだけに大きくならず、個体数もこの一個体だけかと思います。それに湿潤なだけにイワタバコの実生株もたくさん見られます。
_IGP1589 _IGP1605
辺りを見渡しますと、こんなにも実生株が見られるのでした。 案内してくれた知人が、当方がイワタバコを撮影しているのを見て、「こちらにもあるよ」と案内してくれたのはびっくりです。自生地だけにいとも簡単に大群落を作っているのはさすがとしか言いようがありません。
_IGP1607 _IGP1610
平地で育てますと、夏の暑さに弱く、うまく育ってくれないイワタバコなのですが、生育環境がこう違うと何の支障もなくこんなに育ってくれています。 辺りはこんな環境です。空中湿度もさることながら、夏の気温もかなり涼しいのではと思われます。花咲く季節に訪れられることを希望する次第です。
_IGP1641 _IGP1645
アケボノソウが見られるのでした。やはりこの辺り、夏でもかなり気候が涼しく、明るいところでも見られるのはそのせいかもしれません。弊園が営業しております京都西山では、同じ山の中でもより薄暗いところに見られ、非耐暑性であるだけに涼しさを求めていることが分かります。 キイジョウロウホトトギスを求めて山の奥深く行く途中に見た「ミカエリソウ」です。このミカエリソウ、いたるところに大群落を作っているのです。
_IGP1650 _IGP1653
花は少し終わりかけ、残花となりかけていましたが、それであっても充分楽しめました。 下は谷底です。
_IGP1655 _IGP1659
山の斜面です。 やはり山の斜面です。
_IGP1674 _IGP1676
一番きれいに咲いているミカエリソウでした。 気候のせいなのでしょうか、濃色を呈し、従来「濃色ミカエリソウ」として 気候のせいなのでしょうか、濃色を呈し、従来「濃色ミカエリソウ」として販売していたのはこれだったのではと思われるのですが。いずれにしましても、なぜ「ミカエリソウ」と呼ばれたのか、この生息地を訪れることが出来て納得いたしました。
_IGP1682 _IGP1684
イワタバコの大群落はいたるところに見られるのではと思う場面です。本当に、花咲くころに訪ねられたならと思います。
_IGP1688 _IGP1689
そこにはアキチョウジが咲いているのでした。刈り込まれているのか、少し痛々しく咲いているのか、或いは秋に咲くわびしさを感じさせられました。
_IGP1691 _IGP1692
でもその一枝がイワタバコの群生しているところに下垂して咲く姿はシャッターチャンスとしては最高でした。 このように本来の姿で咲いているアキチョウジも見られるのでした。仕方がありませんねえ。山の手入れをする人々にとって、雑草にしか見えない山野草ですから。
_IGP1695 _IGP1696
案内してくれる知人はやはり日ごろから植物を見る目は確かで、「アオネカズラです」と指さしてくれます。 当方は車から降りて撮影。
_IGP1697 _IGP1699
アオネカズラが好む環境を見る思いがいたしました。比較的乾いたところに着生しながら育ち、そして少し明るめの風通しがアオネカズラにとって良い環境なのでしょうか。
_IGP1701 _IGP1703
さらに次の目的地へ行くために山を下りてくるのでしたが、そこは明るい切通し。イワヒバの自生が見られるのでした。
_IGP1704 _IGP1705
半日は日光があたり、風通しもよく、岩場に育つイワヒバは良く締まって育っています。前を見ますと、十津川あるいは熊野川の支流なのでしょうか。どこを走っているのかまったく不明です。
_IGP1706 _IGP1710
崖の上を見上げますと、イワヒバだらけです。胞子が飛び散り、大きな群落を形成しています。 よく見ますと、フデゴケが岩場に育ち、そこにイワヒバが育ったのか、と思わせる場面でした。
_IGP1733 _IGP1729
次に案内していただいた、金網越しに咲くキイジョウロウホトトギスの穴場。 そこにはリンドウ、通称ササリンドウが見られるのでした。やはり夏の暑さを嫌うササリンドウだけに、山中の深山に咲く姿が本来のものなのでしょうねえ。
_IGP1735 _IGP1748
そして次々と案内していただくのですが、山野草であり多肉植物でもあるツメレンゲの群落が見られたのです。 ツルソバと寄り合って咲くツメレンゲの姿。自然ならではの景観です。くわしくは別途、多肉植物販売カテゴリで取り上げたいと思います。
_IGP1788 _IGP1799
次いで案内いただいたキイジョウロウホトトギスの穴場。かなり降りてきたことが分かる「シラン」の野生状態です。暖地性の地生ランが生育しているということは、冬もそう冷え込みがきつくはないのかもしれません。でもシランはラン科植物、乾燥を比較的好む宿根草だけに、湿潤を好むキイジョウロウホトトギスとの共存はどのように考えてよいのか、悩むところです。 そしてそこには山野草といってよいのか分からないのですが、野生のアリドオシ、つまり「一両」が苔むした岩場に張り付くように育っているのでした。


キイジョウロウホトトギスの故郷を訪ねて


2018年10月16日 生息地を訪ねる 於・紀伊山地
_IGP1456 _IGP1459
早朝5時に出発。高速道路が整備され、便利になりましたね。まずは本日生育地をご案内いただく知人宅へ。陽も上がったころに到着しました。知人曰く、「近所のおばあさんが長年にわたって近くの谷から採集して植えたところがあります」とのこと。歩いて行くとこの通りでした。
_IGP1461 _IGP1465
盛りは少し過ぎておりましたが、それでも初めて見る生育地に感動です。
_IGP1469 _IGP1472
おばあさんが長年にわたって植えられたキイジョウロウホトトギスです。環境が良かったのか、よく育ち、そして地元を始めとして誰もが取らなかったことです。これからも毎年咲いてくれることを期待しています。
_IGP1479 _IGP1481
ここは合川貯水地。この貯水池を渡るところにある峡谷の岩場。そこには季節になると黄色く色付くというのでご案内いただきました。ところが到着したとたんに、「採られています」とのこと。正面の岩場にキイジョウロウホトトギスが100年200年とかけて大群落を作っていたのですが、誠に残念なことに。 この岩場が臨めるところには案内図がありますので、ご参考に。
_IGP1483 _IGP1484
その橋からキイジョウロウホトトギスが生息する、小麦と言われる岩場が遠望できます。 一面にキイジョウロウホトトギスが咲いていたという岩場のズームアップです。昨年は全面に咲いていたとのことでした。
_IGP1488 _IGP1489
貯水池や周りの道をキイジョウロウホトトギスの正面に見えるところまで、木陰越しに見える場所ではズームレンズを使用した画像です。 昨年までは一面に咲いていたとのことで、今はその面影を想像するより他ありません。
_IGP1508 _IGP1515
峡谷が橋の上から臨めますが、紅葉には少し早く、残念ではありましたが、何度も訪ねられるわけでもないので致し方ありません。 その岩場のキイジョウロウホトトギスの横顔をズームアップいたしました。この小麦の岩場のキイジョウロウホトトギスとは別れまして、次の場所へとまいります。
_IGP1554
次いでご案内いただき、かなり標高の高い場所へとやってきました。
_IGP1570
ところが、キイジョウロウホトトギスを見つけても、どの株も花は咲き終わっているのです。
_IGP1568 _IGP1569
_IGP1571 _IGP1616
よく考えてみますと、標高が高いということは、それだけ寒くなるのも早いということで、花も早く咲き、早く咲き終わるということです。当たり前といえば当たり前です。何しろ生育期間中に種子を残さねばなりません。
_IGP1634 _IGP1635
_IGP1638 _IGP1643
何個体かに残花のキイジョウロウホトトギスの花が咲いておりましたのが少しのなぐさめかと思いましたが、自然の摂理、さらに勉強となりました岩場です。この岩場は雑木がキイジョウロウホトトギスを被うように育ち始めておりました。この木陰のキイジョウロウホトトギスは、陰であるだけによく育っておりました。花が咲いていないだけに分かりにくいかもしれません。
_IGP1716 _IGP1732
次に山を降り、どこをどう走ってくれたのか、突如としてキイジョウロウホトトギスが咲いているのでした。しかも金網越しにです。ということは、この道路が拡張工事があって、その折に落石防止にこの金網が、時代的にはそう昔のことではないと思います。
_IGP1711 _IGP1719
いずれにしましても、崖の岩場から垂れ下がるキイジョウロウホトトギスの風情、とりわけ道路脇に人知れず咲く姿は感動ものです。
_IGP1720 _IGP1721
_IGP1726 _IGP1733
金網に取り囲まれたといってよい景観なのですが、案内していただく場所ごとにキイジョウロウホトトギスも姿を変えて花咲く様子は自然そのものです。そして、ここでよく分かったのですが、キイジョウロウホトトギスが自然に繁殖しているところは必ずと言ってよいほど滝のように水が流れているところでした。つまり水を好み、多湿を好むのでしょうか。
_IGP1714 _IGP1723
中には葉焼けしたキイジョウロウホトトギスが見られましたが、夏の気温が高かったのか、それとも水が流れなかったのか、ちょっとした環境の変化でこのようになってしまっていました。普通我々が育てますと、たいていこのような姿になってくるのではと思います。少しでも上手に育てられればと思います。
_IGP1754 _IGP1755
更に車はひたすら次のキイジョウロウホトトギスの穴場へ。やはり突如として現れた岩場のキイジョウロウホトトギスでした。この谷間のキイジョウロウホトトギスは、開花シーズンとしては最適です。早からず遅からずで、第三週あたりの観察ならこの岩場がよいのではと思います。ただし、年によっては気候の変動によって変わるかもしれませんが。
_IGP1775 _IGP1778
お隣の崖は更に大きな群落を作っているのでした。おそらく、水が常により多く流れ、湿潤な環境を作り出しているのではと思われます。自然本来の姿で咲いてくれているキイジョウロウホトトギスが見られる最高のロケーションです。
_IGP1759 _IGP1762
_IGP1765 _IGP1767
自然のキイジョウロウホトトギスの生態がどのようになっているのか、最適な環境です。この崖の岩場にキイジョウロウホトトギスが花咲くようになって何十年は経ていると思いますが、その間毎年花が咲き、多様な変化を見せてくれています。
_IGP1787 _IGP1789
自然のキイジョウロウホトトギスの実成株が次々と生まれてくる環境は湿潤で、そこには苔むした岩場になって、夏でも気候は涼しく、空中湿度も高い理想的な環境が見られるのでは。
_IGP1786 _IGP1802
道路の側溝の際にまでキイジョウロウホトトギスは見られるのですが、やはりこのように育つ環境があったからこそと思われます。
_IGP1790
地元の方しか見ることのないキイジョウロウホトトギスであろうと思われますが、それが却ってキイジョウロウホトトギスの保護となっている気がしないでもありません。いつまでもこの姿が見られることが望まれます。
_IGP1804 _IGP1808
更に車は走っていくのですが、秋の陽が沈むのは早く、しかもここは山の中だけに辺りは薄暗くなりかけた時に、このキイジョウロウホトトギスの穴場へとご案内いただきました。ただし、この岩場のキイジョウロウホトトギスは夏の生育期にどのような環境であったのか、葉焼けし、枯れてしまっている株を多く見ることが出来てしまいました。やはり自然の環境の厳しさが見て取れます。
_IGP1810 _IGP1814
同じ岩場で、より湿潤で夏の冷気と空中湿度の保持を要求するイワタバコが生息するだけに、そのキイジョウロウホトトギスの姿は謎めいてしまいます。
_IGP1821 _IGP1822
ともあれ、このように感動するかのように生息しているキイジョウロウホトトギスの姿が見られたのはラッキーでした。
_IGP1807 _IGP1809
_IGP1811 _IGP1819
葉焼けしたキイジョウロウホトトギスが目立つように花を咲かせてくれていましたが、例年この岩場がこうなのかは不明ですが、どうも本年だけが特異現象だったのではと思われるのです。毎年このようになるのであれば、この生息地は枯れたとはいえ、こんな立派な株が見られなくなってしまっているはずです。
_IGP1824
そのようなことでしたが、現在のデジタルカメラの性能に感謝しながら、辺りは暗闇になったキイジョウロウホトトギスの姿を記録したのでした。
IMGP0651 IMGP0656
暗闇となった山の中、案内していただいている知人は、分かって走っているのでしょう。車はひたすら進むのですが、暗闇の中突如として現れたキイジョウロウホトトギスの雄大な姿を目にしたのでした。そこにはまったくイヤ味のないキイジョウロウホトトギスの花の咲く姿がありました。
IMGP0644 IMGP0645
この姿を見ますと、キイジョウロウホトトギスの生態をよく観察できます。花の輪数もよく咲いて10輪内外、その下垂して咲く姿は高貴な上臈のごとくと思って名付けられたのはやはり高貴な殿上人であったのかと思います。その昔に京の都より天皇一行の行幸、つまり熊野詣が盛んにあり、当地が京の都と近い関係が長らく続いたことと関係があったように思われます。
IMGP0647 IMGP0648
IMGP0652 IMGP0653
暗闇に咲くキイジョウロウホトトギスの姿をよくとらえておりますが、よくぞここまで自然の作り出す姿に驚きというより尊敬に等しいものを感じます。それこそ自然の「神技」ですねえ。一日で七か所のキイジョウロウホトトギスの穴場巡りを案内していただいた知人は「300km走りましたよ」とのこと。ありがとうございました。


サギソウを求めて湿原を訪ねる


2018年8月31日 生息地を訪ねる 於・滋賀県竜王町 鏡山
_IGP0379 _IGP0381
山道を歩きますと、あっという間に湿原へ。でもその湿原には水を湛えている姿は無く、本年夏の異常な状態を見る思いがいたしました。 乾いた池の底に当たるところには、多分「イヌノヒゲ」らしきものが弱々しく育っているのでした。
_IGP0382 _IGP0383
周辺を注意しますと、半乾燥状態のミズゴケが見られました。この山は低いだけあって伏流水も少なく、大きな湿原へとならないようです。 更に奥地へと進みますと「サギソウ」が咲いているのでした。
_IGP0384 _IGP0385
群生状態ではないのですが、あちらこちらにサギソウの花が見られるのでした。おそらくその昔はこの辺り一帯大群落だったのではと思われます。 やはり草むらの陰にはミズゴケが。例年なら青々と育っているのかもしれませんが、本年はどこもかしこも半乾燥状態。
_IGP0386 _IGP0387
そのサギソウが咲いている近くには本当に小さな池が、それもなんとか水を得ているのでした。 奥へ奥へ。サギソウが、感動の野に咲く姿を見られるのです。
_IGP0391 _IGP0390
そこら辺りの草むらにはよく見ると「ミミカキグサ」が何とか咲いているのでした。 「ホザキノミミカキグサ」も見られます。
_IGP0396 _IGP0401
草むらの中に「ミズスギ」があちらこちらに、珍しいものに出会えました。 更に奥へ進みますと「トウカイコモウセンゴケ」に出会うことに。でも高温下での乾燥状態、その姿を見ますと水をあげたくなりました。そう思う程、耐えて耐えて育っているトウカイコモウセンゴケです。
_IGP0402 _IGP0400
トウカイコモウセンゴケもこの辺りに群生しているところを見ますと、例年だと湿原そのものと考えられます。
_IGP0403 _IGP0404
やはり見ることのできるヤマトフデゴケ、水を好み日も好むという条件で理想的に育つコケであると考えられます。 その拡大です。本当に自然とは面白いものですねえ。
_IGP0406 _IGP0407
山道の脇にはサギソウとミズゴケのコラボ。 まだ球根も肥大していないため、莟が上がりません。でも自然界では相当な年数を経ているのでは。
_IGP0408 _IGP0409
こちらはトキソウでは。花が見られるとしたなら春ですので、今は仕方がない状態です。 モウセンゴケの群落です。辺り一帯でここにのみ見られました。やはり乾燥化なのでしょうか。
_IGP0410 _IGP0411
拡大画面ですが、やはり雨が少なく成長が望めず、自然とは厳しいものです。 そのモウセンゴケが自生しているのはこの小さな池の周りです。雨が降らない本年の夏だけに干上がってしまっています。
_IGP0412 _IGP0415
どうもこの先には獣道しか無いようなので引き返すことに。途中「ツルリンドウ」が見られました。 先端には莟らしきものが見えていました。もう秋はそこまで来ているのかもしれません。
_IGP0413 _IGP0417
足元にはツルリンドウの実生苗が育っています。 始めに見た大きな湿原の周りに「ナガホノワレモコウ」が咲き始めていました。初めて見る野生のナガホノワレモコウです。
_IGP0418 _IGP0419
やはりワレモコウは湿生植物なだけに、湿原であったり、池の周りであったりそのようなところに生育は見られます。 帰り際、元のお社の大木へ。水を打ったウチワゴケがどのようになっているか、興味がありましたので戻って見ますと、やはり水を得て広がってきました。もう少し時間を経れば、より立派なウチワゴケが見られたかもしれませんが。たのしい鏡山の一日でした。


奈良ロータスロードを訪ねる


2018年8月3日 生息地を訪ねる 於・奈良県 唐招提寺
_IGP9607 _IGP9609
アゼムシロ、本来は山野草というよりも田んぼの雑草としての湿生植物、つまり水生植物の範疇に入るのかもしれませんが、湿生植物は山野草としての取り扱いも多くあります。御了承願います。そしてそのアゼムシロが唐招提寺の境内に咲いておりました。やはりこの暑い夏でも乾燥ばかりの境内ではなかったようです。
_IGP9631 _IGP9632
ジョウザンアジサイが咲いていました。本来南方系のアジサイで近年人気がある種類です。ここ唐招提寺で境内にて植えられておられ、なかなかイキでおしゃれな感じの粧いです。
_IGP9633
ヤマハギでしょうか?暑い中秋を感じ咲いてくれています。
_IGP9640 _IGP9641
珍しいタケシマユリが咲いているのでした。弊園もその昔ユリの専門業者として各種のユリ球根を取り扱っておりました。その中にこのタケシマユリがありました。でもその当時でさえも生産がストップした状態で国内で流通が見られなくなりました。そのタケシマユリが見られましたことは驚きとしかいいようがありません。近年タケシマユリの球根の流通がありましたので弊園でも取り扱ったのですが、植えて咲かせた花はマルタゴンリリーでした。


湖南アルプスを訪ねる


2018年7月18日 生息地を訪ねる 於・滋賀県 湖南アルプス
_IGP8905 _IGP8906
山間地のちょっとした湿原に出会いました。 当方を出迎えるようにハッチョウトンボが飛び回っているのでした。
_IGP8907 _IGP8908
早々にモウセンゴケがあちらこちらに。
_IGP8909 _IGP8910
花の終わったモウセンゴケ。となりにはただいま開花中のモウセンゴケが。 開花しているモウセンゴケの周りには小さなモウセンゴケが見られるのでした。
_IGP8911 _IGP8912
上の方にはミズゴケが生育。 その下にはスギゴケが。種類は不明ですがコスギゴケのような。
_IGP8914 _IGP8915
サギソウです。自然では貧栄養素でなかなか開花までには年月がかかっているのでは。8月ごろに再訪したいと思います。
_IGP8916 _IGP8917
草むら(ホシクサやミカヅキグサではと思います)の中にミミカキグサが見られるのでした。 ホザキノミミカキグサも咲いていました。
_IGP8925 _IGP8926
こんなところにもモウセンゴケが。 サギソウがあちらこちらに見られるのですが、以前にはこのような生育地がたくさんあったのではと思われます。
_IGP8929
湿原をはなれてさらに奥へ。そこには雨の降らない日々を耐えるかのように生育している苔がみられるのでした。
_IGP8927 _IGP8928
ホソバオキナゴケとハイゴケ。いずれも乾燥に強い苔です。 さらに岩場にはホソバオキナゴケが。この地を訪ねると苔の管理のヒントが得られるのでは。
_IGP8930 _IGP8931
砂防のためのネットが張られているのですが、そのネットを利用してハイゴケ、さらにはホソバオキナゴケも見られるのでした。
_IGP8933 _IGP8935
山肌にはゴヨウマツが育っているのでした。松と言えば陽樹。日光を好んで生育するのですが、そこにハイゴケとホソバオキナゴケが生育するということは、やはり好日性の苔では。 さらに歩いて行きますと、斜面にはハイゴケがびっしりと被っているのでした。やはりハイゴケは比較的好日性であることがわかります。
_IGP8936 _IGP8937
山では日が終日当たっているわけではないでしょうが、好日性の苔のなかにハイゴケが入るのは間違いないのでは。つまり、苔玉にしても室内にて観賞するコケではないような感じがします。
_IGP8938 _IGP8941
さらに山中を進んでいきますと、乾燥した元湿原のようなところへ出てきました。 そしてそこにはいきなり池があり、ジュンサイ、ヒツジグサ等が見られるのでした。
_IGP8956 _IGP8958
そのヒツジグサの花です。 その池の景観には感動しました。
_IGP8959 _IGP8960
上流にはわずかに湿原が残っており、その代表的な植物のミズゴケが見られるのでした。
_IGP8961 _IGP8963
よく見るとサギソウも育っています。 そのサギソウとコラボするようにモウセンゴケが。
_IGP8965 _IGP8966
ミズゴケは自然では日陰の水があるところに生育、つまり「日陰を好む湿生植物」であることがよく分かります。 今にも花を咲かせんばかりのサギソウが見られるのでした。この地域のサギソウは早咲きなのかもしれません。
_IGP8972 _IGP8973
さらに奥地へと進むと、そこにはミズゴケが美しく育っていました。
_IGP8976 _IGP8980
山の中を歩いておりますと、わずかですがヤマトフデゴケも見られます。なぜか生育不良の様子を呈しているのですが、おそらくこの季節の高温多湿を嫌ってのことかとも思われます。 オオシラガゴケ。この道中いたるところに見られたのですが、すこし乾燥気味になっておりました。
_IGP8981
そしてササユリの小株。まだシカ・イノシシ等に食べられるほどの大きさに育っていないのか、貴重なササユリのシーンです。
_IGP8983 _IGP8984
大きな池へ出てきました。いわば峠越えをしてきたようです。多様な植生が観察できる自然の宝庫です。 木に覆われた池の岸辺にはミズゴケが。
_IGP8985 _IGP8986
よく見るとやはりモウセンゴケの姿が。 池の上流にもモウセンゴケ。
_IGP8987 _IGP8989
さらにはミミカキグサも見られました。 中にはムラサキミミカキグサやホザキノミミカキグサも咲いています。
_IGP8990 _IGP8991
コモウセンゴケでしょうか。近くには赤く咲いている姿が見られました。
_IGP8993 _IGP8994
よく見るとコモウセンゴケとヤマトフデゴケのコラボの生育。ヤマトフデゴケは水を好み、涼しさを求めて育っているような。 池の外周を歩きますと、五葉松の実生木が育っています。
_IGP8996 _IGP8998
そしてあまり見たことのない植物。(後の調べにて、ノギランとのこと。) 湿地になったところではサギソウが見られます。
_IGP9004 _IGP9005
池にはヤマメかイワナか、陸封型の川魚が泳いでいます。 何かを捕らえたのか、大きな口をあけてパクリです。
_IGP9009 _IGP9010
水生植物のジュンサイでしょうか。貧栄養素の中で育っています。 そして、奥に進むことに。そこにはミズゴケが生育しているのでした。
_IGP9016 _IGP9017
湿地にはこのようにサギソウが見られます。 そしてすこし乾燥したところにはヤマトフデゴケが見られるのです。
_IGP9018 _IGP9023
ここはミズゴケの宝庫。湿潤な日陰の環境がそうさせているようです。
_IGP9026 _IGP9027
次に出会った池は鉄分が酸化しているのか赤池です。そう大きな池ではありませんが。 でもその周辺の湿地にはサギソウが育っています。
_IGP9029 _IGP9032
ミミカキグサも花が咲き、そこへハッチョウトンボが翅を休ませてとまっています。 またとないシャッターチャンス。うまく撮れているでしょうか。
_IGP9039 _IGP9041
水際にもミミカキグサが。株元には株が広がっている様子が分かります。 ここにもホザキノミミカキグサが咲いているのでした。
_IGP9044 _IGP9049
サギソウがあちらこちらに。 モウセンゴケやらミミカキグサやら、野生植物の楽園へ来た感じがします。
_IGP9051 _IGP9052
ミズゴケをバックに、モウセンゴケが次々と咲いていました。 ミズゴケの中にバイカオウレンの株が混生しているのを発見。やはりキンポウゲ科、自然では涼しさを求めてこのように生育しています。一般的には夏休眠するバイカオウレンもここでは休眠していないようです。
_IGP9054 _IGP9062
モウセンゴケの類もこのようにたくさん見られました。 池の周りの木陰にはミズゴケが群落をなしています。
_IGP9063 _IGP9068
松の根本をよく見ますとヤマトキソウが。 ヤマトフデゴケとフデゴケの混生がやはりここでも見られます。涼しさが大事なのでは。都会ではすこし無理な環境です。
_IGP9072 _IGP9074
ここで帰路へ。元の道を下山。山道のわきにはオオシラガゴケが見られ、比較的うす暗く、多湿を好んでいる様子が伺えます。 そしてササユリの葉一枚。普通なら本年発芽と言いたいところですが、自然界では何年も経ているのでは。
_IGP9075 _IGP9083
ヤマゴケのホソバオキナゴケ。乾燥を好むように見られます。半日陰で風通しもよく、なにかヒントになりそうです。 登山道にもホソバオキナゴケが見られ、水はけが良いのかなぁと思います。
_IGP9088 _IGP9089
もう山ではハギが咲き始めていました。 斜面には五葉松の実生苗があちらこちらに育っている姿が見られ、盆栽をやる方々にとってはうらやましい限りではと思います。
_IGP9090 _IGP9091
ネジバナもかわいく咲いていました。山で見るネジバナもよいものです。 乾燥したハイゴケ。チリチリとなり見る影もありませんが、暑い夏の管理法もなるほど、むやみに水をやらないことです。しかし我々販売業者としては、一般の方々に販売する際にどのように理解をしていただくかということになります。
_IGP9096 _IGP9098
側溝のコンクリート面に見られた小形のホウオウゴケ。ここでしか見ることができませんでした。 車が留められるところまで下山。そこにはシノブゴケが見られるのでした。やはりより暗く多湿を好むシノブゴケだけに、上では見られない苔でした。


野生のフウランを楽しみに


2018年7月13日 生息地を訪ねる 於・京都府南部 相楽郡
_IGP8757 _IGP8763
京都府の南部相楽郡へ。お聞きしましたお宮さんへ到着。早々に高い木の枝に咲いている風蘭を見つけることができました。 樹の皮にうまく発芽できたのでしょうか。ここまで育つには自然では10年以上の年月。なにしろ一年に片側一枚だけの生長ですから。
_IGP8771 _IGP8775
_IGP8778 _IGP8782
_IGP8799 _IGP8805
_IGP8787 _IGP8793
あちらこちらに見られる風蘭。「樹上の天使」とはよく言ったものです。当方が扱い始めたころは、古老から、柿の木にはたくさんの風蘭が着いていたのですが、とよく聞かされました。
_IGP8807 _IGP8811
その風蘭も今ではこういった大木のてっぺんにしか見られなくなってしまいました。
_IGP8813
周りは茶畑が広がる京都府南部にある神社でした。


野生のホタルブクロが花盛り


2018年6月18日 生息地を訪ねる 於・滋賀県信楽町 旧国道307号線沿
_IGP7548 _IGP7546
旧国道307号線を利用中、その沿道、ここは信楽町ですが、ホタルブクロの花が咲いている姿に車を止めてしまいました。
_IGP7553 _IGP7552
山中を走っていますと、あちらこちらに花咲くホタルブクロの姿が。
_IGP7558 _IGP7560
途中の岩肌にはマメヅタが。自然の着生した状態が見られます。
_IGP7563 _IGP7562
壁面から踊りだすように咲くホタルブクロ。まさに見頃です。
_IGP7564 _IGP7565
かと思えばこちらは群生するホタルブクロ。目を楽しませてくれます。
_IGP7577 _IGP7574
金網越しに飛び出すホタルブクロ。はじめて通るこの国道、時間を忘れてしまいます。
_IGP7579 _IGP7581
山肌に咲き乱れるホタルブクロ。これらのホタルブクロを見ておりますと、自生するのも何か条件があるのではと思えてなりません。
_IGP7582 _IGP7571
そうこうするうちに宇治市にある天瀬ダムが見えてきたのでした。 途中「モリアオガエル」の卵も見られ、貴重な体験をした一日です。なにしろモリアオガエルの卵は初めて見たのでした。
_IGP7585 _IGP7586
里近くになるにつてホタルブクロの群生もより大きく立派に。こんなにたくさんのホタルブクロが見られるこの国道、貴重な道と言えるでしょう。


ザゼンソウ高島市の群生地


2018年3月20日 生息地を訪ねる 於・滋賀県高島市
IMGP3904 IMGP3903
ザセンソウ群生地の入口に立てられている案内看板。駐車場より歩いて2,3分。見学も大変便利になっています。そして周りは住宅地。 JR沿線も開発されましたことを身近に感じさせられましたが、このザゼンソウはうまく保全されているようでした。 入口からザゼンソウ群生地の湿地を見下ろした風景です。昨年は2月下旬だったかと思いますが、雪の中のザゼンソウを見ることができましたが本年は3月下旬。うまく見られると良いがと思いつつ。。
IMGP3861 IMGP3862
坂道を下りますと「咲いている。咲いている。」と誰もいない中で独り言のように感激するザゼンソウの群落。 ザゼンソウのアップ。身近に見られるのがうれしいところです。
IMGP3863 IMGP3864
案内の看板です。平成元年。今は平成30年。毎年訪れる人々を案内してくれている案内の看板です。 そして訪れる人々を魅了するのが数々のザゼンソウ。
IMGP3867 IMGP3870
あそこにも、こちらにもと見られ、一目千本と形容されるようにザゼンソウも見られます。
IMGP3871 IMGP3872
このようなザゼンソウの案内看板も。
IMGP3873 IMGP3874
湿地であることがよくわかる群生地。よく保全されていることがわかり、この群生地を守っていただいていることに感謝。 階段を下り、歩道橋から見るザゼンソウです。早いものは2月上旬頃なのでしょうか、長く咲き続けるザゼンソウです。
IMGP3877 IMGP3880
木々が茂り、陸上化しつつあるところにもたくさんのザゼンソウが。でもやはり花が見られるのは少ない感じです。 やはりこのような感じが一番よく似合うザゼンソウでしょうか。
IMGP3883 IMGP3879
土管が埋められ、その辺りから伏流水が。そこには「ネコノメソウ」らしきものが生育している姿が見られました。 その伏流水の流れる中で咲くザゼンソウ。
IMGP3889 IMGP3890
ザゼンソウ祭りは過ぎたのですが、元気よく咲いてくれてます。
IMGP3891 IMGP3897
周りは住宅地であることがよくわかります。 上流へ遊歩道は案内してくれています。そこにはどこからとも伏流水が湧き出し、湿地を生み出しているのですが、おそらくは湿地の横には今津川が流れ、 少し前までは周りは水田地帯。そのような条件とザゼンソウの生育地が低地という条件が重なり合って太古の昔より生育地が残されたのではと思います。


野生のセキショウの生育地を見つけました


2018年3月14日 生息地を訪ねる 於・滋賀県甲賀市
IMGP3686 IMGP3679
滋賀県甲賀市の山の中、苔を探しに見て回りますと橋の上から遠くにセキショウらしきものが見えます。 近づいて行きますと、野性のセキショウ。こんな環境で育っていることがわかります。
IMGP3684 IMGP3680
木陰になっているところにも、山の斜面に沿って、しかも日陰になるようなところだけに、山の伏流水もかなり影響しているのでは。何しろ、水を好む湿生植物だけに。 このように水辺で、そして木陰、山からは伏流水で常に湿っているとうのが好む環境かと考えられます。
このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.