園主のフォト日記

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

日本サクラソウ 伝統園芸植物の育て方


日本桜草は毎年植替えをお願いいたします。
季節:12月~3月頃までの休眠期間
手順1
弊園では販売上3号ポットにて育てております。
掘り上げた株はこの冬1~2月頃に植えつけた2芽株でした。
手順2
2芽株を左右2株に離しました。
手順3
右側の株を頂芽と脇芽株、計3芽に分株です。
脇芽は花芽がありませんので養生株に回します。
手順4
左側の株も同様に分け3株となりました。
手順5
親株2株には昨年の古い茎が付いていますので、これも切り離します。
たまたま古い茎に脇芽が付いておりましたので、これも分株します。
【注意点】この冬に植え付ける時に脇芽を離さず植え付けた結果、
その脇芽は生長せずに栄養失調状態で育ったようです。
つまりあらゆる植物でも言えるのですが「頂芽優勢」の法則がここでも見られます。
ですから、脇芽は必ず分けて下さい。
手順6
頂芽の2芽は花芽の充実した株ですので、花芽株として植え付けに回します。
手順7
脇芽ばかりを集めました。
この株は花芽がありませんので、養成株に回します。
手順8
古い茎、つまりバックバルブですねぇ。
これは根伏せに回します。
この茎には発芽部があり、新芽が出ます。


このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.