園主のフォト日記

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

クリスマスローズチベタヌス 育て方 輸入株の評判が悪い訳

輸入株の評判が悪い訳 チベタヌス輸入株の育て方 チベタヌス歳時記 23年輸入株の現状
24年輸入株の現状 25年輸入株の現状 山野草研究家
久志氏のチベタヌス探訪
輸入一作株の現状
24年秋~25年春現状
25年輸入一作株の現状
チベタヌスの解説と管理方法
弊園での栽培の例
28年輸入株の現状


2012年2月27日
201202-IMGP9062
昨年秋に輸入されたチベタヌス
左側の2芽株の根は最高のコンディションのものを植えつけましたが、なぜか育ちは悪いのです。
右側のポットは一般にガーデニングセンター等で販売されている1芽株の根はカットされている評判
の悪いチベタヌスです。でも生長はすこぶる良好で、これだけのものはなかなか見当たりません。
両者を見る限りどうも弊園の「育て方」で解説しているとおり、輸入時のパッキングだけの問題ではないようです。

結論から言いますとたぶん中国現地で掘り上げ箱詰めするまでの間に乾燥させているのではと思います。
だから同じ箱の中でもあまりにも育ちに差がある株があることも理解できます。
この乾燥させることが人為的なことなのか作業が無責任なことになっているのか、今後の課題です。



チベタヌス輸入株の評判悪いわけは?

1.輸入は11月下旬頃より12月上旬に国内に入ってきます。


        2011年12月2日撮影

(ア)輸入時の株の状態を見ますと別段悪い状態ではありません。
中国サイドでは根洗いをしっかりして植物検疫にパスするように作業しているだけと思います。おそらくは日本でこれだけ悪い評判が立つようなことになっているとは考えもつかないことと思います。

(イ)ではなぜこのような育つことが難しい輸入苗が入ってくるかといいますと?
おそらくはチベタヌス輸入株に使用されているパッキングに問題がありそうです。
そのパッキングとは「引っ子」つまり製材時に出るオガクズを使用してありますが、水分の含みが足りないのが主たる原因と思われます。

(ウ)この水分不足のオガクズによってチベタヌスの根が水分を奪われ、乾燥状態になって国内に入荷します。その時細胞は壊死状態になっております。そしてそのままの状態で植え込まれ、湿度が与えられることによりカビの発生となります。

(エ)結果としてチベタヌスのコンディションはこのオガクズの状態に左右されているようです。このオガクズによって水分が奪われないで入荷した比較的良好なチベタヌスは根が乾燥死せず生きております。

(オ)この生きた根のチベタヌスをポットに植え込むために短く切りつめましても、根は生きているため再生力があり、細根が1年後には良く出ています。


        2011年9月18日撮影

2.話は変わりますが、同じく中国のほぼ同じ地区よりアツモリソウが輸入されます。同じく同じオガクズです。
でもアツモリソウは比較的問題なく咲き、マニアお間で問題になりません。
その差は何かといいますと、ラン科植物の根は水分を保持する機能があり、乾燥に強いのです。言い換えれば乾燥を好む性質でもあります。
ですからオガクズが乾燥していてもそう問題にならないのではと思います。

3.乾燥によって壊死した根は回復の見込みが無く植え込まれることによる適当な水分によって腐って行きます。
その腐って行くことが殺菌剤によって防げるものでは無いと思います。
なぜなら乾燥死した根或は株は腐って行くしかないのですから。
但し、ボーダーライン上にある株は何とか助かります。でもそれは殺菌剤によるものではなく、植物の根の細胞が何とか生きているから他は無いと考えられます。
この場合、回復力が弱い株となると思われます。或は夏越しに失敗しやすい株となるかもしれません。


(追加 23年10月17日)
4.気付いたのですが、チベタヌス輸入一作ポットを入手しますと、早いものは10月中頃には新根が出始めております。
中国の現地でも生長を始めているものと思われます。
ですから11月下旬に入荷するチベタヌスは蕾がかなり大きいのは当たり前と言えば当たり前。


5.輸入商社におたずねするとパッキンに水分を含ますとチベタヌスが腐りやすいとのこと。


6.結論から言いまして、輸入時期とパッキン等が合っていないということが考えられました。
おそらくは新根がどんどん伸びたものを掘り上げておりますことは十分に考えられます。
とすれば9月下旬より10月上旬に輸入すれば新根がこれからという時ですので十分に活着すると考えられます。


7. 9月中旬入荷したチベタヌスポットは

①無消毒
②培養土は硬質赤玉土(小粒)、硬質鹿沼土(小粒)の2種混合培養土です。
③3号深ポットに植えられている。これは流通上、この程度のポットサイズにならざるを得ない。
④そして何よりも植え込まれたポットは、ほとんど枯れることなく育ち夏越ししています。


8.色々な方の解説を参考にさせていただき、育て方全体を考えますと、育たないのは「輸入苗の悪さ」+「育て方の管理の悪さ」のダブル効果のような気がします。

(ア)今回輸入一作苗のポット(一般に流通しているもの)を無作為に9ポットを選別


        2011年9月18日撮影

(イ)ポットから苗を出した状態です。かなり悪い状態のものが多い。


        2011年9月18日撮影

(ウ)その9株の内、新根が育っているものとそうでないものを選別しました。


        2011年9月18日撮影

(エ)今回9ポットは余りにも悪かったのですが、他の苗(これも無作為に掘り上げました)をみますと、切りつめた根から細根が出ておりますので、本来の株はこのようなものであり、少なくともこれらの株が輸入がなされなければならないということは読者の方々のお考えと思います。


        2011年9月17日撮影

(オ)新根の出ていないものはやはり乾燥状態で輸入された株と思われます。

(カ)培養土の状態です。


        2011年9月18日撮影

このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.