園主のフォト日記

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link
京都の縁日 東寺 弘法さん

京都の縁日

PAGE TOP









2018年6月21日 東寺 弘法さん
6月の東寺弘法さん
_IGP7789 _IGP7790
梅雨の晴れ間の弘法さんです。北門からおまいりしますと、永田さんのお店を最初に。本日は永田さんの姿が見えません。 毎月飾られている盆栽と盆栽鉢。盆栽も月日が経つとより風格が。盆栽鉢も品数が増えたような。
_IGP7791 _IGP7792
東門の近くにある園芸コーナー。まずは盆栽ショップの谷口さんのところ。目に留まったのはこのミセバヤ。信楽焼の割れたサヤを利用したサヤ鉢とのコラボが野生美を引き立てています。 珍しいイガグリスゲ。なかなか取り扱いのない商品だけに「あるところにはあるのだなあ」との思い。
_IGP7793 _IGP7794
谷口ショップ人気の苔玉。その充実ぶりには毎月見に来たくなるものがあります。 ハイドランジア(西洋アジサイ)では? なるほどこういうのも、と感心させられます。
_IGP7795 _IGP7796
苔玉ではないのですがコケモモの美術株。年季が入っています。 ヤマブドウの苔玉。実ものの季節材料にも季節感があふれ、盆栽の「一腰をつける」テクニックは谷口さんならでは。
_IGP7797 _IGP7798
かわいらしいハナイカダ。きっと女性の目をひきつけるのでは? 意外性の苔玉です。 スモークツリーの苔玉。「まあなんと」と思わせるものがあります。
_IGP7799 _IGP7800
サツキでしょうか? 変わった材料を上手に利用されています。 黒龍。花の咲く季節の意外性を狙った、葉と花を楽しめる季節ならではの苔玉です。
_IGP7801 _IGP7802
タンナチダケサシ。コンパクトでかわいらしい苔玉です。 ソテツ。これも苔玉。苔玉も色々です。売る側も大変なことだと感心させされます。
_IGP7803 _IGP7804
ヤブデマリ。なんでも使えますねえ。 ヤマアジサイ「愛姫」。季節限定商品というキャッチフレーズにぴったりの苔玉。
_IGP7805 _IGP7806
ベニチガヤ。これは過去弊園も作ったことがあり、懐かしさを覚えました。 盆栽ショップならではの苔玉。五葉松に紅葉。やはり人気は常にあるのでしょうか。
_IGP7807 _IGP7808
本来はメインの小品盆栽のコーナー。いまや脇役になっています。 それでもその中には富士石に着生させたセッコク。年代ものです。
_IGP7810
次に東門近くに場所を構えておられる岩本さんの盆栽店へ。季節感あふれる山野草の寄せ植えに目がいってしまいます。
_IGP7809 _IGP7811
獅子ヒトツバとカタヒバの寄せ植え。なにげない風情ですが魅力のある作品となっています。 ヤハズススキとアメリカ小判草にカワラナデシコでしょうか。
_IGP7812 _IGP7813
トダアシに斑入り十和田アシとカワラナデシコ。うまく組み合わされた寄せ植えです。 斑入りのススキにカワラナデシコ、そして京鹿の子でしょうか?
_IGP7814 _IGP7815
場所は堀に移り、蓮の生育状況を。八重咲きはチラホラと咲いていました。
_IGP7818 _IGP7820
五重の塔と蓮。コラボとしては最高のロケーション。蕾も上がりはじめ、来月には花も楽しめる弘法さんです。 ガーデニングショップの大原さん。手作りの花ハスポットを持ってこられていました。持ち越し株だけに花もよく上がっている力作です。
_IGP7816 _IGP7817
堀の前で陶器ショップを開いておられるお店。本日は雨を心配されてのことか、いつもなら人で埋まっているこのとおりも人影がありません。それではと思いこの撮影です。 聞けば実家は信楽焼植木鉢の窯元。なるほど小さいころから植木鉢に慣れ親しんでこられただけに小鉢の植木鉢を作っておられるのでした。
_IGP7821 _IGP7823
帰り道陶器ショップの永田さんを再度お尋ね。人通りも心なしか少ないような。
_IGP7824 _IGP7825
北門の通りにある苔のきれいな塔頭。梅雨の季節だけに美しさは格別なのでしょうが、お手入れはどうされているのか? 市内中心部だけに考えさせられます。
_IGP7826 _IGP7827
格式あるたたずまい。手入れも行き届き、一度は中庭も見せていただきたくなるお寺です。


2018年5月21日 東寺 弘法さん
5月の東寺弘法さん
_IGP6158 _IGP6159
初夏を思わせる好天気。近頃は北門よりお参りすることが多くなりました。新幹線が良く見えます。 そして中門です。
_IGP6160 _IGP6161
手前の堀のたもとにて陶器のショップを開いておられる永田さんです。今日はご夫婦でお店番。楽しそうです。 ご自慢のお店飾りの小品盆栽です。
_IGP6162 _IGP6163
その小品盆栽用の盆栽鉢です。力が入っております。 場所は移り東門付近の園芸コーナー。盆栽ショップの谷口さん。 近頃は苔玉と山野草ショップに模様替えではと思われる程たくさんの品揃えです。
_IGP6164 _IGP6165
季節の水生植物、カキツバタの「舞孔雀」の花です。 トバタアヤメも咲いていました。
_IGP6167 _IGP6168
ヒマラヤの青いケシ、メコノプシス・ベトニキフォリア。 2、3年は地元宇治田原町で持つといっておられるので、たいしたものです。弊園でも以前かなり扱っておりましたが、なかなかどうして。 今や看板商品化しております苔玉。その中身も多種多様。5月の苔玉はさて。
_IGP6169 _IGP6171
本職の小品盆栽。何をお話やら?弊園のスタッフです。 さてその苔玉本日は。
_IGP6172 _IGP6173



2018年4月21日 東寺 弘法さん
4月の東寺弘法さん
_IGP4558 _IGP4557
近頃は東寺の北門から入ることが多くなり、南へ下がって行きますとお堀があり、その堀端にチャイナーショップの永田さん。 最近は外国の観光客のお客様が多いとか。 趣味でやっておられる小品盆栽のなかなかのもの。毎回楽しみにしております。
_IGP4559 _IGP4561
そして盆栽からくる焼き物、つまり盆栽鉢も年々熱が入っている様子。 ご近所の方でしょうか。お堀の鯉にエサを与えておられます。そのエサを求めて元気に泳いでいる鯉。そして何を見つめているのでしょうか?サギの姿が見られます。
_IGP4562 _IGP4582
移って園芸コーナー。境内からは五重塔がよく見えるのですが、よく考えて見ますと昔は京の都のシンボルだったのではと思えます。 それはそうとして、ガーデニングの花色々を販売しておられる大原さんのショップです。春4月ともなれば世界中の花が見られるのが昨今の園芸業界。次々と珍しい花を提供していただいている大原さんです。 小品盆栽コーナーの谷口さん。やはり4月の声を聞きますと、休眠から目覚めた木々の芽吹きが美しく、待ちに待った盆栽シーズンです。
_IGP4563 _IGP4564
ところが盆栽ショップ谷口さんですが、始めの頃よりも山草コーナーが増えているのです。やはり人気には勝てません。どうです、このカヤラン。なかなかの力作です。 ヤマブキソウも見頃と見え、きれいに咲いていました。この鉢は鋸葉の変わり葉、以前弊園でも扱っておりましたが少し変わったヤマブキソウです。
_IGP4565 _IGP4566
そして今や盆栽ショップ谷口さんの目玉商品と化している苔玉の数々です。見るごとに、というよりも毎月増えているのでは? 苔玉の中でやはり目についたのは一才八重桜の「旭山」を材料としたこの苔玉です。花も見事な旭山。女王様でした。
_IGP4567 _IGP4569
そのそばで控えるようにして咲いてくれていましたのが斑入りハクチョウゲ(白鳥花)です。斑入りだけあって花後の盆栽のように楽しめるのでは? 異色の苔玉、ハルリンドウです。春を感じる山草を材料とした苔玉。ご婦人の方々に人気があるのでは?
_IGP4570 _IGP4571
八重桜「旭山」のお隣にそれこそ控えめに置かれていたのがハナイカダ。わかる人にはわかる、少しオシャレな苔玉です。 春の新芽の息吹が美しい、出狸々のモミジの苔玉。おしゃれですねぇ。
_IGP4572 _IGP4574
それに引き換え、いろはもみじの控え目で引き立て役の俗に言う「ヤマモミジの苔玉」です。 朝日を浴びながらかわいらしく咲いているコメツツジの苔玉です。
_IGP4575 _IGP4577
そのお隣には白花のアメリカハナミズキです。こんなに小さく、かわいく仕立てられ、よく似合っている苔玉です。 そのお隣はチョウジソウです。これから咲いてくればと思います。 出芽の美しいヤマモミジの苔玉を見つけました。盆栽風に仕立てれば、一年中楽しめるのでは?
_IGP4578 _IGP4579
なにかこの辺りの苔玉は異国情緒豊かな材料を使ってあり、近年のガーデニングブームが苔玉にまでも、という感じです。 そして究極の苔玉、ミニカトレアです。
_IGP4580 _IGP4581
和風に戻って黄金葉のアメリカヅタでは。 苔玉ではないのですが、サクランボの盆栽が。花も咲き終わり、これからの実が楽しみです。
_IGP4583 _IGP4584
ヤマアジサイ「紅」の苔玉です。 こちらは本格派の黒松の苔玉です。
_IGP4587 _IGP4588
知る人ぞ知る、イワナンテンの苔玉では? ショップは変わり、滋賀県から来られている植木屋さん。いつも色々な変わった木々を始め、こちらが感心する山野草も取り扱っておられる熱心な業者です。 そのショップに咲いていました黄金葉のモクレンです。
_IGP4590 _IGP4592
朝日を浴びて咲いていました椿「卜判」です。 季節の代表ともいえるユキモチソウです。
_IGP4591 _IGP4593
お堀には夏を彩る花ハスが夏を待っているように思えるのです。 その堀にはカモのつがいが。エサを求めているのでしょうか。
_IGP4599 _IGP4600
そして冬眠から目覚めた純国産のカメが。 そのお堀の傍で女流作家のチャイナショップを見つけました。昨年秋の信楽焼陶器市で始めて出会ったこのショップ。毎月の弘法さんには出店しているとか聞いていたのですが。
_IGP4601 _IGP4602
しばらく話をしていると、外国からの観光客が次々と。なかなか日本の焼き物は人気があるようですねぇ。 園芸コーナーに戻り、万年青の三光園さんへ。
_IGP4604
最後にはお参りを済ませ、楽しい弘法さんの一日でした。



2018年2月21日 東寺 弘法さん
2月の東寺弘法さん
IMGP3159
早朝北門よりお参り。2月という季節と早朝という時間帯でしょうか、お参りの方は少し少なく思えます。
IMGP3163 IMGP3160
お参りする道中にて焼き物のお店を出されている永田さんのお店です。今月はテントを張っておられないのでした。 そして毎月ご自身の作品である小品盆栽を飾られています。やはり年季が入ってきています盆栽です。
IMGP3164 IMGP3165
次に園芸コーナーへ。毎月きれいに飾っておられるガーデニングの大原さん。滋賀県から来ておられます。 毎月この園芸コーナーから見る五重塔は見飽きぬ景観です。
IMGP3187 IMGP3166
小品盆栽を主体に最近は山野草、苔玉に力が入っている谷口さんのお店です。 クリスマスローズの苔玉です。
IMGP3167 IMGP3168
香り椿、ルーチェンスの系統の椿の苔玉です。小振りで花も楽しめるのには適した椿かもしれません。 ピンク柳といわれる変わり花のヤナギです。
IMGP3169 IMGP3170
紅梅の梅です。季節は間違いなくやって来ております。 大実のヤブコウジです。
IMGP3171 IMGP3172
これもルーチェンス系の椿かと思います。 関西は宝塚で生産されている五葉松です。
IMGP3173 IMGP3175
香りの良いヒュウガミズキの苔玉。枝葉細く、苔玉には最適のヒュウガミズキです。 今や人気絶頂の八重咲一才桜の旭山。この苔玉に使用されている旭山は腰が低く剪定も上手でうまく枝分かれしている旭山を使われ、きっと咲くころにはより美しいのでは?
IMGP3176 IMGP3177
クリスマスローズ・ニガーです。純白の美しいオリエンタリスを主としたガーデンハイブリッドより一足先に咲くニガー。楽しみ方も色々です。 こちらは紀州産コメツツジ。苔玉もいろいろです。
IMGP3179 IMGP3180
梵天(ボンテン)椿です。葉変わりでそこが見せどころです。 フキタンポポの苔玉。初めて見ました。
IMGP3181 IMGP3182
針金のかかった盆栽仕立ての椿の苔玉です。 こちらはボケを使った春を感じさせる苔玉です。
IMGP3183 IMGP3184
落葉の紅葉の寄せ植えを苔玉にした苔玉盆栽ですねぇ。 蕾からみてアメリカ花水木では?きっと花は美しく咲くでしょう。
IMGP3185 IMGP3186
ゴージャスな苔玉。何かアメリカへ渡ったにぎり寿司が「アボカド巻き」になったような異国を感じさせる苔玉です。 少し手の入った黒松の盆栽を使った本格派でしょうか。
IMGP3188
万年青の三光園さんへ寄せていただき、以前より少し気になっている「万年青の培養土の使用法」がわかるガラス製の万年青鉢。さすがこの業界です。 そして江戸時代よりこの栽培法が確立されてきた古典園芸業界というよりも日本人の園芸に対する知恵は素晴らしいものを感じます。クリスマスローズ、多肉植物はかなり遅れ、昨今気がつきはじめたのでは?



2017年5月21日 東寺 弘法さん
初夏の弘法市
IMGP2515 IMGP2519
よくできたトバタアヤメが売られておりました。 谷口さんのショップです。 ここは商品盆栽を中心に、山野草、苔玉といろいろ手掛けておられます。
IMGP2521 IMGP2522
イワチドリ 野生種でしょうか? なつかしいですねぇ。 こちらはウチョウラン、今流で言うならハイブリッドです。
IMGP2523 IMGP2524
名物となっております、苔玉、コウチョウゲでしょうか。 いろいろな樹種が見られます。 ヤマアジサイから斑入りノブドウ、コバノズイナ等、この季節は楽しみです。
IMGP2525 IMGP2527
ニレケヤキですねぇ。 となりに見えるのはホタルブクロ他。 こちらはヤマモミジといわれるイロハモミジです。
IMGP2529 IMGP2531
こちらはハイドランジアの「万華鏡」といわれる品種です。 これは銀河という品種です。
IMGP2534 IMGP2535
堀を覗きますと蓮の新葉の成長期。 これからが楽しみです。 この辺りは八重咲きだったのでは。
IMGP2537 IMGP2538
万年青の三光園さんのショップです。 こちらは盆栽の岩本さんです。 いつもながら多彩な取り合わせです。
IMGP2540 IMGP2541
その岩本さんのお店には白花のイワチドリの寄せ植え。 自然の板石を使った贅沢な一品です。 エンコウソウ、いつ見ても懐かしい思いがいたします。
IMGP2542 IMGP2543
きれいに咲いております三寸アヤメです。 こちらは白花の三寸アヤメです。
IMGP2545 IMGP2549
五重の塔をバックにした蓮も良いコンビネーションです。 縁日やらお参りやら、五重の塔は長年変わらず東寺のシンボルとなっております。
IMGP2550 IMGP2551
園芸コーナーへ戻ってきました。 ガーデニングショップの大原さんです。先ほどのハイドランジアを売っておられましたショップです。 こちらは「和のテイスト」田中さんです。



2017年4月21日 東寺 弘法さん
春の弘法さん 春らしく遅咲きの八重咲きが見頃でした。
IMGP1407 IMGP1404
IMGP1403
季節も良く天気も上々。 お花見も兼ねて人の賑わいも絶好調です。
IMGP1376 IMGP1377
盆栽ショップ 谷口さんです。 いつも御夫婦で仲良く店を開いておられます。 このところ盆栽より苔玉がよく売れるのでしょうか? 本日もアッツザクラの苔玉が目につきました。
IMGP1378 IMGP1380
なんとこんなに小さなハナミズキがあったとは、 良い感じに咲いています。 想定外の苔玉、ミニカトレアを材料としています。 こんなもんもあったんやあと勉強になりました。
IMGP1375 IMGP1391
いつも懇意にしていただくショップ、 田中さんです。御主人の趣味でしょうか。多種多様な花から花木まで取り扱っておられます。 盆栽ショップ 岩本さんのお店も覘かせていただくと、何と古鉢の万年青鉢が置いてありました。売れるのですねえ。
IMGP1393 IMGP1395
これは岩本さん 本職のムレスズメの小品盆栽。 実に立派な盆栽、さぞかしお値段も… ナンキンコアヤメの何と立派に咲いていることやら
IMGP1402 IMGP1400
北門通りといいますか、堀の袂で陶器店を開いておられる永田さんのショップです。 紅葉の小品盆栽なかなか力が入っています。
IMGP1401 IMGP1406
小品盆栽の三点飾りです。 お店は中門の手前にあり、よく目につきます。御住所は〒622-0322京都府船井郡京丹波町大朴西道の下3-1。 永田 隆郎 様



このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.