園主のフォト日記






検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

培養土販売・用土販売

商品の御案内


商品コード: BS-003

ピートモス・腐葉土混入のない 天然鉱物質100% 最高品質の「山野草の土」2号(荒目) 18L ☆肥料付き☆【ポット・鉢植え専用/ 丈夫な野草/宿根草・球根/好日性宿根草向き】【用土・肥料】

販売価格(税込) 2,090 円

ポイント: 38 pt

発送日目安: 3~4日後

関連カテゴリ: 培養土販売・用土販売 > 山野草の土 培養土販売・用土販売 > 山野草の土 > 標準 2号(丈夫な山野草向)

個  数

カゴに入れる

送料は「配送・送料について」でご確認下さい。

拡大画像

同梱用大箱

培養土とビニールポット、プラ鉢、他の植物等の同梱用です。

2016/9/14

お送りする見本袋


●大箱を用意しております。
培養土と共に植物をお買い求め頂くお客様用に、ダンボール大箱を御用意。
色々とお買い求め下さい。(但し草丈65cm以上のものは同梱できません。別途送料の御負担お願いします。)


山野草の土 2号






【用途】
ア)中鉢〜大きい鉢用の培養土。
イ)水はけを好む高山植物或いは亜高山帯の植物には向いているかと思います。

○内容量:正味18リットル(弊園充填ですので内容量は正味入っております)
○石田精華園オリジナル、弊園の山野草に使用。



1)山野草、とりわけ高山植物、或いは山草といわれる夏涼しいところで育つ植物は多年草です。
 そして非耐暑性宿根草といえばよりわかりやすいかと思います。 その非耐暑性宿根草は
 平地で育てるには夏期一般の草花培養土ではムレが生じ枯れやすい植物となります。
 「山野草の土」はそのムレを防ぐ通気性、排水性を重視したあらゆる培養土中最高級の品質をほこっております。

2)腐葉土は使用していません。寒冷地はともかく、高温多湿の夏を考えますと、腐葉土の混入は夏場一気に分解します。
 鉢内の通気性、排水性が悪くなり、夏場の根腐れを起こす原因となります。腐葉土の混入は避けてください。
 弊園の「山野草の土」をお買い上げ頂きましても、わざわざ腐葉土を混合される方もありますが、それは「山野草の土」を使用する意味を無くされているのと同じです。
 腐葉土を混入しないようご注意ください。

3)実は山野草の土は培養土全体の中で、最も高級品なのです。一般の草花でも試して見ますが、
 市販の草花培養土より良く出来ます。なぜなら安価にする混ぜ物が入っていないからです。
 そのようなことで、原種シクラメン、クレマチス、クリスマスローズの培養土にご使用いただいても、
 好成績が得られるかと思います。

4)ミジンについて。
 原料となる赤玉土、鹿沼土、薩摩土等はよくミジン抜きをされており、ミジンはかなり少なくなっております。
 それでも若干のミジンは発生いたします。
 ア、現在市販されているプラ鉢の底穴はそのミジンを洗い流すよう工夫されているすぐれものです。
 イ、或は今人気のスリット鉢も立溝もミジンが洗い流されるよう工夫してあります。
 ウ、弊園が使用しているビニールポットはネットを使用しない底穴が多数あるポットを使用しています。
   ミジンが洗い流される優れものです。
 エ、陶器の植木鉢つまり本格派のマニアが使用される鉢の場合はサナを御使用することをおすすめします。
   ミジンが洗い流されます。もちろん一つ穴のビニールポットでの御使用もおすすめです。

【画像説明】
2枚目 同梱用大箱 培養土とビニールポット、プラ鉢、他の植物等の同梱用です。




■弊園は山野草、水生植物等の日本の自然の宿根草を主体として生産販売するナーセリーショップです。
生花店・園芸店と異なり、基本的に生産し、その苗を一年を通じて販売しております。
開花期以外でも、例えば冬の休眠期には地上部の枯れた苗として販売しておりますのでご注意下さい。
●冬の休眠期は2月~3月の植替え準備期間と考えますと冬の期間(12月~3月)の苗の御購入をおすすめいたします。
●そして何といっても地上部は枯れております。たくさん御購入いただきましても送料は安価にお送りできます。
●休眠期にて地上部は枯れておりますが、到着後当日或いは翌日までには開封し、戸外へ出して下さい。やもすると室内に長時間置かれますと室温によりカビの発生等が見受けられるようになりますので御注意願います。
そしてその販売商品は自園生産品と旧日本山草業者組合である、(有)日本山草社員である
信頼のマークの同業山野草ナーセリーより仕入れました植物を合わせて販売しております。
ご質問等が御座いましたなら遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい。

■発送の古いダンボール使用について
1.使用するダンボールは基本的には使用済ダンボールを使用いたします。
  送料を安価に、商品自体をより安く提供するためにも御理解いただきますようお願い申し上げます。
2.尚、植物等の運送中の転倒防止のため、植物の少数の御注文の場合、小箱に入れ
  更により大きな箱に入れさせていただき、安定性を高めてお送りいたしております。
3.草丈の高い山野草の場合
        
  山野草(和の宿根草)は夏から秋にかけまして大きく成長いたします。
  お送りする苗も草丈が高くなりますので、縦型の段ボールにお入れいたしまして発送いたします。
  もちろん樹木、花木の場合も同様です。


【お送りする苗は】

山野草、水草等は宿根草です。

山草は「山草系日陰の宿根草」と表示しており、山の樹の下に育成し、夏 日陰で涼しい気候を好む性質があります。

野草は「野草系好日性宿根草」と表示しており、原野のようなところに自生が見られ、一般の宿根草と同じく好日性で、夏炎天下でもよく育つ丈夫な種類です。

水草は好日性の植物の中で特に水を好む性質で、湿地性のものから、浮葉性のものまで 多種多様な種類があります。

【お送りする苗の状態について】

1.宿根草は多年草であり、四季を通じて変化いたします。

2.開花期以外は「咲き終わった株」「休眠中の株」或は「株分けの上、植え替えた株」「子株を植え、養生中の株」等、
お送りする株は季節によって変化いたします。

3.日本の多肉植物を含む極東アジアの多肉植物は、冬期地上部は枯れ、休眠いたします。
山野草と呼ばれる由縁ですが、御注文時には御注意願います。

4.上記の理由により、画像にあります「お送りする見本株」はあくまでも撮影した日月ですので、一年を通じて同等の株が
お送りできるとは限りませんので、御注意願います。

5.山野草を育てる。或いは趣味の園芸を楽しむという「育てること」を趣味とされる方に対しまして通信販売を行っております。
それ以外の目的、例えば
 例1.茶道で使用される「茶花を生ける」
 例2.商業用の撮影に花の利用
等育てる以外の目的としてご購入される場合はあらかじめお問い合わせいただきたく存じます。
思わぬミスマッチが生じ、御迷惑をおかけすることになるかもしれません。





このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.