園主のフォト日記






検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

苔・コケ販売

商品の御案内


商品コード: KZ-150

【京の苔】特選大きなヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)  4号丸カップ 【苔盆栽】【苔テラリウム】【造園・庭園の苔】【オカマリモ】【苔ボトル】【日陰の苔】【マンジュウゴケ】

販売価格(税込) 550 円

ポイント: 10 pt

発送日目安: 3~4日後

関連カテゴリ: 苔・コケ販売 アクアテラリウム・苔テラリウム販売 > 苔・コケ販売 > シラガゴケ科 苔盆栽 苔盆栽 > 苔販売 苔盆栽 > 苔販売 > ヤマゴケ 苔・コケ販売 > シラガゴケ科 > ホソバオキナゴケ

個  数

カゴに入れる

送料は「配送・送料について」でご確認下さい。

2016/11/09撮影

2016/11/09撮影

お送りする見本品


和名ホソバオキナゴケ
学名Leucobryum juniperoideum (Brid.) Mull.Hal.
科/属シラガゴケ科シラガゴケ属
漢字細葉翁苔英名smaller white-moss
別名ヤマゴケ、マンジュウゴケ
分布北海道から九州、小笠原
草丈2~3cm
日照日陰を好む
用途苔盆栽/シェードガーデン
特記事項4号(12cm)丸パック
乾燥気味に栽培するのがコツです。直射日光下の張り苔には向きません。




商品解説

ヤマゴケの四季、お送りする見本品の季節毎の移り変わり

6月



7月

こんなに丸々と太ったホソバオキナゴケ。発送はこの小パックに入れさせていただきました。

8月

少し大きく4号丸カップに入りきれません。小パックに入れさしていただきました。





9月



12月
 






















【お送りするヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)は】
1.ヤマゴケは現在ホソバオキナゴケと少しキメの荒いアラハシラガゴケの
 シラガゴケ科の2種を合わせてヤマゴケと呼ばれております。

弊園にて培養しましたホソバオキナゴケ(マンジュウゴケ)です。
  
   弊園にて培養したホソバオキナゴケ      「おかまりも」:ホソバオキナゴケを使用しております

こちらはアラハシラガゴケ。粗葉という名を思わせる生育です。
  
   2017年10月18日 於 京都 丹波高原      2017年10月26日撮影 弊園にて培養

以前は「ヤマゴケ」「マンジュウゴケ」と言えばホソバオキナゴケでしたが、近年ホソバオキナゴケの
入手が難しくなったこともあり、それらの名でアラハシラガゴケが流通することも多くなりました。
しかし、双方ともヤマゴケには相違なく、別名マンジュウゴケと言っても間違いではないのかもしれませんが、
育てておりますとアラハシラガゴケをマンジュウゴケと呼ぶのはいささか違うように思われます。
弊園が10年前にヒットさせました「おかまりも」はすべてホソバオキナゴケです。

2.採取する業者を厳選し、最高クラスのヤマゴケを常時入荷しております。
 春先に入荷しましたヤマゴケは、自然のヤマゴケをお送りします。
 天然ヤマゴケの良好なものばかりをパック詰めしましてお送りいたします。

  

3.4月以降は苔の成長期です。
 5月以降は順次弊園にて養生した美しいヤマゴケをパック詰めしましてお送りいたします。

 
弊園でヤマゴケを栽培して丸2年は経ているかと考えられます。
山採り商品であったヤマゴケですが、性質がそれぞれ違うと見え、育ちもいろいろ。
弊園の環境下でも育ったコロニーとそうでないコロニーに分かれてきました。


 
ズバリ特選ヤマゴケスペシャルは
数ある中でも特別に美しく生長した最高品質のホソバオキナゴケをヤマゴケスペシャルとして販売しております。
特選ヤマゴケはスペシャルにするには少し無理があるなあというレベルの高品質のホソバオキナゴケです。


 
特選表記のないヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)は
育ち具合がけして良くないレベルです。
このように育っている原因には湿度・照明等が考えられ、場所を変えるときっと良い育ちをするのではと思われますが、もっと悪くなる場合も有り得るかとは存じます。


もちろん、あまりにも悪いものは外しております。


4.季節により若干コンディションは変わります。
 特に冬のヤマゴケは冬期休眠状態となっており、やはり見劣りいたしますので御了承願います。


【ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)の育つ環境】

1.比較的乾燥を好む苔かと思われます。
 自然においては、ヒノキ林等の乾燥しやすく、比較的日照条件の悪いと思われる林床にみられるのではと思います。

2.具体的には、ヒノキの根元に半着生状態で育っていたり、ヒノキの落葉の堆積した上に育っていたりします。
 落葉はやはりヒノキだけに腐りにくく、通気性・排水性が更に良いかと思われます。

   

於 奈良 唐招提寺 2017年7月23日撮影


【ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)の育て方】

1.日陰を好み、日陰の苔の代表種といってもよいかと思います。
 盆栽の化粧等によく購入されているようですが、現実には葉焼けしてしまい、葉緑素が消え
 白化現象のようなことが起こり、その美しさがなくなってしまうことが起こります。

 ヤマゴケは直射日光下での張り苔には向かない苔といえます。

2.弊園のヤマゴケの育て方
 (1)乾燥気味に育てるという条件を可能にしてくれているのが新聞紙一枚の上に乗せていることです.
   「苔には根が無い」ということを理解していただきますと新聞紙で充分なことがわかります。
 (2)水やりですが、乾燥を好むということで毎日の水やりは避け、表面が乾き、白っぽくなったところで
   水やりをいたします。新聞紙一枚ですから、保水力はなく比較的早くに乾燥するかと思います。

   

   そして春の成長期にうまく管理してやりますと上記の画像のように「美しさ100%」のヤマゴケに育っていきます。

3.夏の管理は高温多湿にご注意
 平成28年夏頃より赤玉土の上にヤマゴケを置き、管理しました。水やりは秋まで毎日のごとく、
 冬の間もハウス内に取り込みまして管理。水やりもそれなりに多くやりました。 
 そして春の成長期を迎えましたが、ご覧の通りの育ち具合です。
 やはり多湿では生育障害が起こりましてきれいには育ちません。
 くれぐれも多湿にならないように管理してください。

   




2018年6月



苔・コケにつきましての最新ニュースは弊園ホームページ「園主の日記」苔販売を御覧ください。
「苔の育て方」の解説ページも合せて御覧ください。
過去に制作した苔玉の紹介をしています。参考にしていただければと思います。
■その他の苔の販売
■テラリウムにおすすめのガラス容器




■弊園は山野草、水生植物等の日本の自然の宿根草を主体として生産販売するナーセリーショップです。
生花店・園芸店と異なり、基本的に生産し、その苗を一年を通じて販売しております。
開花期以外でも、例えば冬の休眠期には地上部の枯れた苗として販売しておりますのでご注意下さい。
●冬の休眠期は2月~3月の植替え準備期間と考えますと冬の期間(12月~3月)の苗の御購入をおすすめいたします。
●そして何といっても地上部は枯れております。たくさん御購入いただきましても送料は安価にお送りできます。
●休眠期にて地上部は枯れておりますが、到着後当日或いは翌日までには開封し、戸外へ出して下さい。やもすると室内に長時間置かれますと室温によりカビの発生等が見受けられるようになりますので御注意願います。
そしてその販売商品は自園生産品と旧日本山草業者組合である、(有)日本山草社員である
信頼のマークの同業山野草ナーセリーより仕入れました植物を合わせて販売しております。
ご質問等が御座いましたなら遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい。

■発送の古いダンボール使用について
1.使用するダンボールは基本的には使用済ダンボールを使用いたします。
  送料を安価に、商品自体をより安く提供するためにも御理解いただきますようお願い申し上げます。
2.尚、植物等の運送中の転倒防止のため、植物の少数の御注文の場合、小箱に入れ
  更により大きな箱に入れさせていただき、安定性を高めてお送りいたしております。
3.草丈の高い山野草の場合
        
  山野草(和の宿根草)は夏から秋にかけまして大きく成長いたします。
  お送りする苗も草丈が高くなりますので、縦型の段ボールにお入れいたしまして発送いたします。
  もちろん樹木、花木の場合も同様です。


【お送りする苗は】

山野草、水草等は宿根草です。

山草は「山草系日陰の宿根草」と表示しており、山の樹の下に育成し、夏 日陰で涼しい気候を好む性質があります。

野草は「野草系好日性宿根草」と表示しており、原野のようなところに自生が見られ、一般の宿根草と同じく好日性で、夏炎天下でもよく育つ丈夫な種類です。

水草は好日性の植物の中で特に水を好む性質で、湿地性のものから、浮葉性のものまで 多種多様な種類があります。

【お送りする苗の状態について】

1.宿根草は多年草であり、四季を通じて変化いたします。

2.開花期以外は「咲き終わった株」「休眠中の株」或は「株分けの上、植え替えた株」「子株を植え、養生中の株」等、
お送りする株は季節によって変化いたします。

3.日本の多肉植物を含む極東アジアの多肉植物は、冬期地上部は枯れ、休眠いたします。
山野草と呼ばれる由縁ですが、御注文時には御注意願います。

4.上記の理由により、画像にあります「お送りする見本株」はあくまでも撮影した日月ですので、一年を通じて同等の株が
お送りできるとは限りませんので、御注意願います。

5.山野草を育てる。或いは趣味の園芸を楽しむという「育てること」を趣味とされる方に対しまして通信販売を行っております。
それ以外の目的、例えば
 例1.茶道で使用される「茶花を生ける」
 例2.商業用の撮影に花の利用
等育てる以外の目的としてご購入される場合はあらかじめお問い合わせいただきたく存じます。
思わぬミスマッチが生じ、御迷惑をおかけすることになるかもしれません。





このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.