園主のフォト日記






検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

商品カテゴリー

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

クリスマスローズ販売

商品の御案内


商品コード: HelleboreNae-148

クリスマスローズの苗 アプリコット系シングル 松村園芸 3号 【ガーデンハイブリッドシングル】【山草系宿根草】【日陰の宿根草】【春のガーデニング】

販売価格(税込) 605 円

ポイント: 11 pt

発送日目安: 3~4日後

関連カテゴリ: クリスマスローズ販売 > ガーデンハイブリッド シングル > 松村園芸 クリスマスローズ販売 > カラーリーフ販売

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

2017/10/12撮影

お送りする見本株

セット内容



開花画像はイメージです。商品内容を保障するものではありません。
花色・花形については個体差があります。御了承ください。




【松村交配の特徴】
今人気のある原種系交雑種と小輪系のガーデンハイブリッドを主体に育成されています。
松村園芸さんの御紹介をご参照ください。

【商品説明】
1.基本的にはクリスマスローズ オリエンタリスと言われる原種が基本種となり、様々な原種との交配によって、様々なバラエティーの花色、花容が作出されました。
2.そのオリエンタリスは、トルコ、グルジア、ウクライナに自生が見られます。
その性質は原種中、最も強健な種であると言われ、クリスマスローズが枯れないと言われるのはこのオリエンタリスに由来するかと思われます。
3.そして同じくヨーロッパに自生が見られるトルカータス、クロアチクス、アトロルーベンス等が導入され、しかも八重咲きが発見されることにより、現在のダブル全盛に至っています。

【育て方】
○環境
1.夏気候の涼しいヨーロッパ原産です。
日本の平地での夏はモンスーン気候で蒸し暑く、日陰の環境で育てる(耐暑性の弱い植物です)本邦産の山野草的管理が大事かと思います。
2.苗はやはり弱いものです。夏涼しく育てる工夫をして下さい。気温が上昇する梅雨の晴れ間の頃より遮光50%下で育てますと、葉焼けもせず、クリスマスローズにとってストレスを感じさせない環境作りができるかと思います。
3.そして忘れず大事なことは通風が良い事です。風通しを良くし、トタン等で屋根をしない事です。
戸外自然栽培下で自然の雨に当てることが大事な事であり、遮光は上面だけにし、建物と建物或はブロックまたはコンクリートの壁面が近くにある場合、可能な限り離し、できましたなら扇風機等を使い、高温多湿のムレを防ぐように管理して下さい。

○水やり
1.クリスマスローズの水やりは一年を通じてしおれたならやって下さい。言い換えれば乾くまで水やりをしないことです。
2.特に初心者の方が性質の弱い苗を枯らす原因は夏の高温多湿の水やりです。
3.クリスマスローズは一年を通じて乾けばやる夏休眠型のキンポウゲ科特有の特性を持っています。いいかえらば特に根は空気を好みますので、常時の水やりは不必要であり、夏の高温多湿の水やりは特に注意が必要です。
4.クリスマスローズにとって日本の夏は想定外の暑さ、しかもアジアモンスーン気候は生まれ故郷のヨーロッパ地中海性気候とはほど遠い気候の違いです。
ですから環境もできるだけ涼しくしてやるのはもちろん、鉢内に於いても通気性を考える必要があります。
高温多湿の夏に常に水やりをしますと、根は空気にふれることができず、しかも高温により蒸れることとなり、枯れる大きな原因となっております。
5.戸外の自然栽培の場合、雨の水は空気を含んでいると見え、雨の後いきいきとして見えます。その空気を根が必要としていますので、できるだけ団粒化された培養土で育てることが大事となってきます。
この団粒化されますと空気の通り、つまり通気性、排水性そしてそれでいて保水性が失われない条件が揃ってきます。
6.それらの条件を備えた培養土が弊園オリジナル培養土です。有機質である腐葉土、今日に至ってはピートモスの混入は蒸れる大きな原因となり、初心者の方が枯らす大きな原因となっております。
7.お客様にとって秋から春の間、全国のショップで全国のクリスマスローズの生産ナーセリーの苗を色々と購入される機会が多くあります。
それらの株は各ナーセリーのオリジナル培養土によって植えられています。それらを見ますときちっとした模範的な培養土からドタドタの(関西ではこのように表現するのですが)培養土まで様々です。
これらを庭に置き、同一の管理をすれば、乾く鉢、乾かない鉢色々と出てきます。そして乾かない鉢は夏枯れる場合が多くありますのでその解決法として、
1)一ポットづつ個別に水やりをして、乾いてしおれるまで、水やりをしない丁寧な管理をする。
2)いっそうの事、同一の培養土に全量を植え替え、乾きをほぼ同一にする。そして水やりを何日一回と乾き具合を見て夏の水やりをする。
以上が考えられます。

【お送りする苗は】
弊園の冬の管理
弊園では冬の間も戸外自然栽培の管理をしております。冬の寒風で葉もいたんでしまい、大変お見苦しい株をお送りいたしますがおゆるし下さい。「なぜこのような株を送るか?」これはハウス栽培しますと、特に春気温が上がり始め、苗は植物体内の細胞が動き始めます。それをお客様より御注文いただきましてお送りした場合、お客様のところではまだ気温が低く、霜も降りている状態に置かれた場合、つまり寒のもどりの状態なのですが、この場合、クリスマスローズがショックを起こします。いくら耐寒性が強いといいましても、この場合耐寒性は無くなります。そして枯れなくとも、春の成長が遅れ、結果として一作した翌年、花が見られなくなります。楽天市場の「レビュー」等見せていただきまして、思いました。「他店等では室内或はガラス温室等で管理され、寒さに当てず、きれいな葉の状態のクリスマスローズばかり見慣れたお客様は御理解いただけない」と。そのようなことでインターネットの場合、全国へお送りいたしますので、寒冷地のお客様、弊園、自然栽培管理品です。安心してお買い求め下さい。


【培養土】
クリスマスローズは洋種山草と言われる範疇に入ります。
ヨーロッパの現地は気温は夏でも涼しい気候です。
日本はアジアモンスーン気候で、ヨーロッパでは考えられない気候です。
その冷涼な気候を好むクリスマスローズをこの暑い夏を乗り切らせるためには、非耐暑性専用培養土「山野草の土」を使用して頂きますと、通気性が良く、夏鉢内のムレによる枯死から防ぐことができます。

●培養土のご案内
クリスマスローズの土(非耐暑性宿根草用) 最高級「山野草の土」【1号】【実生-幼苗用】 18L (6Lもございます。)
クリスマスローズの土(非耐暑性宿根草用) 最高級「山野草の土」【2号】【育苗用】 18L (6Lもございます。)
クリスマスローズの土(非耐暑性宿根草用) 最高級「山野草の土」【3号】【開花株用】 18L
クリスマスローズの土(非耐暑性宿根草用) 最高級「山野草の土」【4号】【開花大株用】 18L

付 だれも書かない腐葉土等有機質の知識
「バラ、クレマチス、クリスマスローズ、多肉植物等ガーデニングの世界の常識の非常識」
鉢の土、ポットの土には有機質の腐葉土、ピートモスはいりません。そして有機質肥料というのは意味がありません。
この理屈を御説明いたします。(更新まで今しばらくお待ち願います。)

【肥料】
宿根草であるクリスマスローズです。生育期間は長く、それだけ長く効く肥料が望まれます。
弊園が使用しています、山野草用長期小粒化成肥料は、一般の春から秋までの宿根草には抜群の肥効がありますが、残念ながら低温では肥効が無いのです。
それにて
 ア)秋、10月初めにIB化成を初回として1回施肥してください。
 イ)その後、12月に入りますと、2ヶ月に1回位を目安に施肥して下さい。
  IB化成は低温でも肥料効果の出る優れものの肥料です。
 ウ)春4月より気温の上昇と共に、クリスマスローズ用短期化成肥料が良いかとます。
  夏休眠するまで肥効があり、何よりもダブルクリスマスローズにはうってつけの肥料です。お勧めします。
  クリスマスローズ用短期小粒化成肥料には幼苗用は幼苗用小粒化成肥料があります。開花株は開花株用小粒化成肥料があります。

詳しくは「クリスマスローズガーデンハイブリッドの育て方 失敗しないやり方」「クリスマスローズチベタヌスの育て方」「クリスマスローズ種の播き方」「山野草の育て方」をご参照下さい。




■弊園は山野草、水生植物等の日本の自然の宿根草を主体として生産販売するナーセリーショップです。
生花店・園芸店と異なり、基本的に生産し、その苗を一年を通じて販売しております。
開花期以外でも、例えば冬の休眠期には地上部の枯れた苗として販売しておりますのでご注意下さい。
●冬の休眠期は2月~3月の植替え準備期間と考えますと冬の期間(12月~3月)の苗の御購入をおすすめいたします。
●そして何といっても地上部は枯れております。たくさん御購入いただきましても送料は安価にお送りできます。
●休眠期にて地上部は枯れておりますが、到着後当日或いは翌日までには開封し、戸外へ出して下さい。やもすると室内に長時間置かれますと室温によりカビの発生等が見受けられるようになりますので御注意願います。
そしてその販売商品は自園生産品と旧日本山草業者組合である、(有)日本山草社員である
信頼のマークの同業山野草ナーセリーより仕入れました植物を合わせて販売しております。
ご質問等が御座いましたなら遠慮なくメールにてお問い合わせ下さい。

■発送の古いダンボール使用について
1.使用するダンボールは基本的には使用済ダンボールを使用いたします。
  送料を安価に、商品自体をより安く提供するためにも御理解いただきますようお願い申し上げます。
2.尚、植物等の運送中の転倒防止のため、植物の少数の御注文の場合、小箱に入れ
  更により大きな箱に入れさせていただき、安定性を高めてお送りいたしております。
3.草丈の高い山野草の場合
        
  山野草(和の宿根草)は夏から秋にかけまして大きく成長いたします。
  お送りする苗も草丈が高くなりますので、縦型の段ボールにお入れいたしまして発送いたします。
  もちろん樹木、花木の場合も同様です。


【お送りする苗は】

山野草、水草等は宿根草です。

山草は「山草系日陰の宿根草」と表示しており、山の樹の下に育成し、夏 日陰で涼しい気候を好む性質があります。

野草は「野草系好日性宿根草」と表示しており、原野のようなところに自生が見られ、一般の宿根草と同じく好日性で、夏炎天下でもよく育つ丈夫な種類です。

水草は好日性の植物の中で特に水を好む性質で、湿地性のものから、浮葉性のものまで 多種多様な種類があります。

【お送りする苗の状態について】

1.宿根草は多年草であり、四季を通じて変化いたします。

2.開花期以外は「咲き終わった株」「休眠中の株」或は「株分けの上、植え替えた株」「子株を植え、養生中の株」等、
お送りする株は季節によって変化いたします。

3.日本の多肉植物を含む極東アジアの多肉植物は、冬期地上部は枯れ、休眠いたします。
山野草と呼ばれる由縁ですが、御注文時には御注意願います。

4.上記の理由により、画像にあります「お送りする見本株」はあくまでも撮影した日月ですので、一年を通じて同等の株が
お送りできるとは限りませんので、御注意願います。

5.山野草を育てる。或いは趣味の園芸を楽しむという「育てること」を趣味とされる方に対しまして通信販売を行っております。
それ以外の目的、例えば
 例1.茶道で使用される「茶花を生ける」
 例2.商業用の撮影に花の利用
等育てる以外の目的としてご購入される場合はあらかじめお問い合わせいただきたく存じます。
思わぬミスマッチが生じ、御迷惑をおかけすることになるかもしれません。

オススメ商品






このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.