園主のフォト日記

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • privacy
  • sitemap
  • link

花ハス・花蓮栽培 5.栽培編


 

 

2009年6月9日
美中紅が咲きました。
朱君蓮、始めて見る花ですが、
何ともいえない良花です。
真如蓮に花が上がってきました。
桑名白蓮も花が上がってきました。


2009年6月8日
花ハスが日ましに生長してきました。
左西安紅蓮、右瑞光蓮です。
桜蓮が葉の上につぼみを上げてきました。
黒谷白蓮が一気に花4本を上げてきました。
明鏡蓮につぼみが上がってきました。
黄陽に花が2本上がってきました。
明鏡蓮の生育状況です。
黄陽の生育状況です。
朱君蓮の花上がりが早いこと。
剣舞蓮がつぼみをすうっと持ち上げてきました。
知里の曙もこんなに生長してきました。
中国古代蓮も花上がり良好です。


2009年6月1日
真如蓮がよく育ってきました。
光明寺白蓮ですが、昨年8月に植え替えましたが、
無肥料で秋栽培したため、本年育が今一歩です。
同じく手前は光明寺白蓮、向こうは赤蓮です。
赤蓮は秋に肥料を施しているので、
本年の育ちが違います。
左側の列、手前金輪蓮、向こうは
明鏡蓮、左側の列も明鏡蓮です。
左側西安紅蓮、右手前瑞光連です。
品種不明ですが、京都巨椋系の
花ハスがつぼみを上げてきました。
その巨椋系の花ハスですが、
植え替えなしでよく育っています。
昨年夏植え替えた黒谷白蓮が
つぼみを上げてきました。
本年導入しました朱君蓮が3本も花を上げてきました。


2009年5月29日
美中紅を出荷のため寄せているところです。
美中紅、早いものではつぼみが上がっていました。


2009年5月26日
関西のある市場よりピンクの花ハスの注文が
ありました。「中国古代蓮」が適当と考え、
見ましたところ、花芽が2本上がっておりました。
このポットは、昨年7月終わり頃定植し、
そのまま置いておいたものです。
肥料をやりました真如蓮ですが、
4-5日で一回り生長したようです。
肥料をやりましたおかげで、葉枚数が増えたようです。


2009年5月21日
真如蓮が育ってきました。
本年初めて肥料を施しました。品種は真如連です。
1回スプーン一杯6gー10gです。
上から見た真如連です。本年は夜間温度が
低いため、やや生育が遅いように思いましたので、
肥料も遅くなりました。
よく育った真如蓮です。これくらいですと、
1回10gを施しています。
あまり育っていない真如連です。
これくらいですと1回3gを施しています。
手前の列も真如連ですが、蓮根が大きく、
後で植えた割にはよく育っています。
肥料を施しているところです。
本年は小粒化成肥料を使用しています。


2009年5月12日
天竺斑蓮
昨年、花が咲かなかった天竺斑蓮を
植え替えをせずにそのまま置いておきました。
本年は良く育っています。
花上がりを見たいと思っています。
真如蓮
ぼつぼつ葉の展開が見られるようになりました。


2009年4月29日
大賀蓮の芽出しです。
浮葉の赤葉が特徴です。


2009年4月28日
4月21日に定植しました玉泉寺妙蓮の
浮葉が育っています。
4月21日に定植しましたミセススローカムの
浮葉が育っています。


2009年4月21日
本年は4月21日に始めて定植しました。
昨年は3月終わりより定植しましたから、
約1ヶ月遅い植え付けです。


2009年4月18日
ボランティアグループの参加により、本日18日
(土)より植え込み用のポットに田土入れを
始めましたが、昨年は蓮根の御注文が多く、
発送に追われぱぱなしで、やっとという感じです。
御注文をいただきました皆様、ありがとう
ございました。
掘り上げた蓮根の内、良いところは通販に発送
します。その残りの販売に適さない蓮根を順次
ポットに浮かべ、定植まで待たしてある種蓮根。
植え込み用のポットを圃場に並べているところです。
右側は桜蓮です。昨年花上がりが悪く、
出荷できないで残ったままです。本年はそのまま
植え替えなしで、花上がりをねらっています。

2009年4月17日
昨年8月に植えつけた金輪蓮の芽出しです。
昨年8月12日、最終の植えつけをした
光明寺白蓮の芽出しです。

2009年4月13日
昨年8月に植えつけた黒谷白蓮の芽出しです。
同じく8月に植えつけた京都巨椋池の
「大島先」の芽出しです。

2009年4月2日
花ハス蓮根の掘り上げをするため、
弘州蓮のポットを見ましたところ、良く蓮根ができて
いる株は、このように土が盛り上がっています。

2008/09/17
 8月12日」に植えつけた光明寺白蓮が育っています。

2008/09/05
 気温も下がってきましたので、
いよいよ地下茎(蓮根)が太り始めたようです。
用土が盛り上がってきました。
植え付けたときは5㎝位の深さの
はずでしたが、ここまで持ち上がって来ると、
来年の蓮根が楽しみです。

2008/08/18
 本年は8月に入って花上がりが悪く、
多分蓮も熱中症になったのでは?。
写真は桜蓮です。お盆の真最中に
注文が入りましたが、花が無く、
やむなくお断りいたしました。

2008/08/14
 王子蓮を定植しました。

2008/08/12
本年春に植替えできずに、水に浮かべていた蓮根の定植がやっとできました。
来年春はこのまま植え替えずに、出荷用に栽培したいと思っております。

2008/08/08
 7月17日に植え付けた重弁一丈青の蓮根です。

2008/08/07
 浄台蓮の花が咲きました。
 花の状態を見てみると、6月の生育初期の頃と同様、満作の状態ではありません。7月は良い状態の花が見られておりましたが、ここへ来て、力尽きた感じがします。肥料は例年の半分ですので、それが原因と思われます。
 8月中頃のお盆(旧盆)まで十分な花を見るには、もう一回、7月終りから8月始めに施肥する必要がありそうです。
 暑さが連日続くため、蓮も消耗が早いのでしょう。5月、6月、7月、8月、9月、10月に毎月1回の施肥をお願いしておりましたが、7月、8月の2ヵ月間に3回、例えば20日ごとに施肥すればいかがでしょうか。そして9月で打止め施肥(止肥といいます)とするやり方が良いように思われます。
 但し、この施肥」の方法は弊園の経験からして浄台蓮、原始蓮、藤壺蓮、桜蓮、漁山紅蓮等の在来赤蓮に限定してください。
 品種によって施肥量が変り、必要以上の場合、反対に花上がりが悪Kなります。品種によってそれぞれの「くせ」があり、施肥量が少な目の方が花上がりが良いものがありますので、毎年考えながら施肥して下さい。

2008/08/01
 7月12日に解説した通りですが、青菱紅蓮の
生育に相当な差がでました。右側は肥料を少なめ
にしたところですが、花上がりが良かったものの、
売り物になりませんでした。

2008/07/18
童歌がいっせいに花が上がってきました。

2008/07/12
品種は青菱紅蓮です。肥料の多少で
同じ品種でも生育に差がでています。
左側は通常、右側は半分位の分量です。
ところが、見てくれが悪い方は出荷に差しつかえた
ほどでしたが、花上がりが良く、反対に生育の
良い方は花上がりが悪い結果となりました。
今後の肥料の種類に課題が残りました。

2008/07/09
黄鶴蓮が咲きそろってきました。

2008/07/08
左側は西安紅蓮です。大型種の割には早生
で、早くより出荷できましたので、以外に
右側の錦蕊蓮より生長していないように見えます。
錦蕊蓮もぼつぼつ莟みが上がってきましたので、
これから出荷が始まります。
漁山紅蓮、この1ポットは肥料過多の状態です。
肥料を月1回やっておりますが、肥料の量を
見きわめるのは本当にむずかしい問題です。
西光寺白蓮 4つのつぼみが上がっています。

2008/07/04
黄鶴蓮が咲いてきました。

2008/06/24
真如蓮の花がよく上がっています。
舞妃蓮が咲きました。
漢蓮 (別名白玉蓮)
つぼみが持ち上がってきました。
黒谷白蓮を6月22日に植え付けました。
錦蕊蓮に肥料濃度傷害が出ました。
花蓮の中で最も弱いと思われ、
本年は注意しながら施肥しておりましたが、
中にはこのようになってしまいました。
中国古代蓮が咲きました。
大路が咲きました。
巨椋東
重弁一丈青が咲きました。

このページのTOPへ
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.