園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
_IGP9408 _IGP9420
最近は毎年訪れる「草津市立水生植物公園 みずの森」、そこから臨める烏丸半島のハスが消えてしまい早や3年目。
その間「園主の日記」も夏の間はいつもお休み状態。
久しぶりに琵琶湖烏丸半島のアップを撮影したのですが、遠くに近江富士が見えるのみでした。昨年も、一昨年も。

その原因はといいますと、根本的には琵琶湖の富栄養化、家庭排水が大量に長年に渡り下水となって流れ込んだことが、今日の状態を招いてしまっているより他はありません。
その下水中に含まれる窒素とリンが、今思えば異常繁殖へとつながってしまっていることに誰しもが気が付かぬことでした。
そして異常繁殖が及ぼす影響、つまり根から排出される老廃物の異常な蓄積が直接的にはハスを枯らす原因だったのです。
葉や茎の枯葉が枯らす原因との説は的を得ていないと思います。
なぜなら全国にあるハスの生育する湖沼が何ら問題が無いことが証明しています。
例年当方なりの解説をしたいなぁと思いながら…

行政はその解決策としてわずかに残って生育していたハスの蓮根を掘り上げられ、他へ移植をするという対策でした。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.