園主のフォト日記
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
IMGP3131 IMGP3133
ネットショップを始めて以来、この桜草鉢は販売しておりましたが、今回新たに画像を入れ替えしました。それこそ何十年前には黒釉の桜草鉢がここ信楽で焼かれておりましたが今は無く、このマンガン釉と鉄釉の2種類が焼かれています。大きさは5号です。
IMGP3137 IMGP3139
2.5号の金彩中深鉢です。金盛りという技法ですので、一鉢一鉢文様が変わります。以前の小型野生ランの全盛期ならと思うのは弊園だけでは無いように思いますが。
IMGP3146 IMGP3147
3.5号の金彩中深鉢です。
IMGP3151 IMGP3154
寄せ植え鉢として生産されている「白千段寄植鉢 8号」です。
この鉢は量産品の型物かと思われますが、デザインは手ロクロの味であるロクロ目を入れ、縄縁風にしてあったりで変化をつけている寄せ植え鉢で6号より10号まで各種あり、色も白とコゲといわれる茶色の2通りあります。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.