園主のフォト日記
2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
_IGP8192 _IGP8193
ハウチワカエデと信楽焼植木鉢の黒泥丸鉢3号のセットでのご注文をいただきました。発送する前に記念にと思い撮影。
_IGP8195 _IGP8196
そのセット写真です。 そのハウチワカエデを丸鉢に納めると。
_IGP8199
そして仕上げにヤマゴケを置きましたところ、立派な今流行りの盆栽では。
_IGP8177 _IGP8182
和歌山県南部での苔の採取をお願いしておりましたところ、なんと野生のウチョウランも。聞くところによると苔を採取しているときにふと上を見るとウチョウランが咲いていたとのこと。近頃ある話ではありません。
_IGP8178 _IGP8179
_IGP8180 _IGP8181
昔懐かしい野生のウチョウランの花容。少しずつ顔が違うのですが、今や実生全盛、違うといっても見慣れた顔ばかり。
_IGP8186 _IGP8188
そのウチョウラン、岩にへばりつくように咲いていたのでしょうが、そこには苔が。そしてその苔をよく見ると本性品のフデゴケがウチョウランとともにあったのです。このフデゴケの採取をお願いしていたのですが、まさかとは思いました。より青いのはヤマトフデゴケでは。
_IGP8189
ヤマトフデゴケも見られ、入荷したトレーを見ますと本性品フデゴケとヤマトフデゴケの混合です。本当に笑ってしまいます。フデゴケは水分を欲しがる一方で乾燥も必要とする苔です。ウチョウランも同じ性質。なるほどです。
_IGP8117 _IGP8118
大賀ハス。本年は全体的に育ちは今一歩と思っていたのですが、ここにきてどのポットにも蕾が上がってきました。おそらく今春より生長を開始した花芽かと思われます。
_IGP8119 _IGP8120
中小型とされる白鴿。咲けば白花八重咲きですが、蕾を見る限りではそれらしくはないような。
_IGP8124 _IGP8131
巨椋系の「黒坊の鬼紅」。少し事情があって約5年間植え替え無し。さすがにこれ以上はと本年植え替え、蓮根はというと親指ほどの今にも消えて無くなりそうな大きさ。それでも適期に植え替えますとこのように蕾を上げてくれました。何度も言いますが、やはり三月中下旬の定植が最適であることが分かります。 重水華。中国種。大型の一重咲きの薄桃花。期待している品種です。蕾を上げてくれています。
_IGP8126 _IGP8127
白一重茶碗蓮。次々と蕾を上げてきておりますが、これから本格的に育ってくれることを期待。 龍飛。小型の白花一重。蕾を上げてくれるようになりました。
_IGP8129 _IGP8133
白光蓮。白花の中型種でしょうか、他の白花と比較してそう大きくは育ちません。この白光蓮は昨年は6月に入ってから定植し、今春掘りあげた蓮根はゴボウくらいの太さ。それでも今頃には蕾を上げてくれました。 千重紅。紅花八重咲き。蕾を上げてくれています。来歴が不明ですがおそらくは中国種かと思われます。この千重紅には大阪の有名な蓮の名所での連作障害による消滅の回復の思い出があります。
_IGP8135 _IGP8137
姫蓮。中小型桃一重咲き品種。おそらく江戸期に中国より招来されたのではと思われます。中国種の特徴である花上がりの良さが見られます。 天竺斑蓮。いかにも国内在来種。やはり30cmポットでは生長不足が開花の遅れとなって現れるようです。でも蓮根は丈夫なのか、遅くに植えましても育ってくれているところを見ると、そのうちに花を上げてくるのでは。
_IGP8139 _IGP8166
巨椋の華。在来種とは思えない草姿。葉は締まり、花容も申し分の無い花型。導入後の初開花には驚きを感じたほどです。 金輪蓮。爪紅一重咲き。花上がりが良く人気種だっただけに以前はたくさん栽培していた思い出があります。
_IGP8140 _IGP8142
仏足蓮。本年初導入です。どのような花が咲いてくれるのか期待100%です。 カスピカム。遠く西のカスピ海に由来。赤花の良花を咲かせるのですが人気は今一歩です。
_IGP8144 _IGP8146
嘉祥蓮。江戸期に発表された来歴をもつ、蓮の代表種の一つでは。 紅鷺。赤花一重咲き。蕾はまだ見えません。
_IGP8148 _IGP8150
大洒錦。中国よりの導入種。絞り咲きの八重咲き。珍しい品種です。 紹興紅蓮。これも中国寄りの導入種。桃花一重咲きの大型種。紅蓮という名前ですが桃花です。
_IGP8152 _IGP8154
玉泉寺妙蓮。遠く中国は玉泉寺よりの招来品種。近江妙連の兄弟品種というと分かっていただけるのでは。 ミセス剣舞。茶碗蓮の大きさ。桃花一重咲きです。
_IGP8156 _IGP8162
東大寺蓮。白一重咲き小型品種。やっと蕾を上げてきてくれました。 御所車。八重咲。定植が遅かったためにすこし遅れ気味です。
_IGP8158 _IGP8160
朝田寺紅蓮。紅花一重咲きの優秀花。これから咲いてくれるのですが、植え替えただけあって通常の開花期か。 不忍池斑蓮。絞り咲き一重咲き。在来品種の大型種だけあってこれからの生長に期待。
_IGP8164 _IGP8168
東観世紅。巨椋系の桃花一重咲き。これからの生長に期待。 千弁蓮。解説を必要とするまでもない万重咲きの有名種。例年30cmポットでは8月咲きとなります。
_IGP8170 _IGP8176
清月蓮。早くに掘り上げながら定植が遅かったため、成長が遅れ遅れとなっています。白一重咲きの優品。 輪王蓮。中型白花一重咲き。植え替えをしていないポットです。花付きがいいことが分かります。
_IGP8056 _IGP8057
小豆島産の赤花といわれ入手。赤花としては今一歩ですが、「付け」と言われる葉の付け根部分が一文字となっており、珍しい花です。
_IGP8058 _IGP8060
都羽二重。現在に至っては安価になった都羽二重ですが、この都羽二重から覆輪の「御旗」という品種が生まれます。その初期段階の特徴がみられる株がついています。
_IGP8064 _IGP8067
瑠璃晃。葉芸の縞を楽しむ瑠璃晃。別名「あばれ縞」と呼ばれるとおり、柄も様々に生じます。
_IGP8070 _IGP8073
金幽晃。長らく不動の地位にあった品種。青軸で黄虎斑という極めて珍しい二芸品。自然界でどのように生まれたのか、それだけに貴品種でした。
_IGP8076 _IGP8077
紀州手鞠。和歌山県産の花変わり品種。
_IGP8096 _IGP8099
四国甲龍。葉芸のうち、葉肉が盛り上がる甲龍芸を持つ、比較的に近年の発見種。花も変わり花となります。
_IGP8001 _IGP8003
実生とはいえその特徴がよく出た「双尾竜」です。
_IGP8006 _IGP8008
黄花風蘭。アスコセントラムという小型の洋ランのライオンスターという黄花の品種を片親に何回も交配が繰り返され現代の姿に。
_IGP8013 _IGP8014
八房。変わり花ですが、これからその特徴が出るかと。 天女の舞。段咲きとして有名です。
_IGP8020 _IGP8027
花纏。近年の人気花。安価になってきましたが、種子が不稔なのか実生生産が行われていません。 梅喜。距といわれる部分が無い特徴をもつ変わり花。
_IGP8034 _IGP8035
幽谷錦。長らく富貴蘭の貴品種として人気を誇っていた幽谷錦。その地味な柄がなんとも言えない味。
_IGP8042 _IGP8043
都羽二重。大型の縞物としてあこがれの人気品種でした。
_IGP8044 _IGP8046
慶賀。最高貴品を長らく誇っていた白縞の名品。残念なことにはこの株のように縞が上部へ行くほど抜けていきやすい特徴があります。
_IGP8050 _IGP8052
野生種の風蘭。これだけの大株は近年見ることが少なくなってきているのでは? 何十年も作りこまれていたのではと考えられます。
_IGP7982 _IGP7983
粉霞。以前より咲き続けておりますが、本来の花容に近づいてきました。 玉碗蓮。八重咲の茶碗蓮。よく花が上がる品種です。
_IGP7990 _IGP7993
落霞映雪、8号。ポットが小さいだけに花は咲いてくれましたがやはり少し遅れ気味です。 白一重茶碗蓮。やっと咲いてくれましたが葉が焼けてしまっています。少し定植が遅れ、その遅れを肥料でカバーしようとしたところに無理があったようです。毎年思うのですが三月中旬のお彼岸の頃というのはやはり先人の教えですね。それと肥料の中身もすこし考えようかと。
_IGP7994 _IGP7988
小寿星、10号。本来の作です。それでも4月にはいっての定植ですから、より早くに植え付けているともう少しボリュームがあったかも。 ベトナム蓮。このポットは昨年から植え替えていないポットです。
_IGP7977 _IGP7979
黄蓮八重咲きの月の兎。少し青みが残っています。 中国より近年導入された白鴿、10号ポットの初花です。
所用があって大阪は関西空港近くの泉佐野へ。帰りは和歌山県紀の川市へ山越え。
_IGP7971 _IGP7969
国道62号線の山の中。道端に夏を彩る白い花を咲かせるホタルブクロがちらほら咲いているのでした。
_IGP7974 _IGP7972
ホタルブクロの咲くところはこの国道ではこの一箇所だけだったように思いますが、目を楽しませるには十分。通行する車に注意しながら撮影。野に咲く山野草の1コマでした。
_IGP7957 _IGP7963
ヤマゴケのホソバオキナゴケを使用した「おかまりも」。販売していたのは10年あまり前の話でしたが当時は大ヒット商品。それを復活させたのですが、軽石鉢の上で養生させることに専念。早や3年の月日が経ち、うまく育ってくれる個体もあれば消えていく個体ありで歩留まりが少しもよくありません。でもこんなに美しく育ってくれたおかまりも、お客様よりご注文をいただき幸せかもしれません。
_IGP7932 _IGP7935
即非蓮(本性品)10号が咲きました。これからの生長に期待。 落霞映雪も次々と花を上げてくれ、楽しみな毎日です。
_IGP7936 _IGP7938
黄蓮社、10号。ようやく少しは納得がいく花を咲かせてくれました。これから株の充実とともに花もより良くなっていくかと。 桑名白、10号。ようやく蕾を上げてきました。これから次々と花を咲かせることを期待。
_IGP7940 _IGP7942
北稲、10号。肥料過多にて葉の生長がとまっていましたが、ようやく生長を再開し始めた様子。 輪王蓮、10号。本年の輪王蓮は少し作が悪いのですが、それでもようやく蕾をあげてきてくれました。
_IGP7944 _IGP7947
桑名黄、10号。蕾を次々と上げてくれていましたが花卉園芸市場へと出荷。花を見る機会は少なくなりました。その少ない開花です。 友誼牡丹変わり、10号。弊園が選別した系統です。やっと咲いてくれましたが、どこが変わっているのか追々説明したいと思います。
_IGP7949 _IGP7951
白芍薬蓮、10号。今春植え替えましたポットです、徐々に大きく育ってきております。このぐらいが宅急便160サイズでお送り可能な限界サイズかと思われます。 月の兎、10号。黄蓮八重咲き品種のひとつです。開花が見られましたので期待をこめて。
_IGP7956
白一重茶碗蓮、10号。少し肥料過多だったのでは? そう思いながらも開花初日を迎えてくれました。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.