園主のフォト日記
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
IMGP3450 IMGP3451
楽焼植木鉢の中で三つ足の無い、切高台の鉢が長生蘭つまり石斛用の鉢です。
この長生蘭鉢が楽焼で現在の形をしたのはいつ頃か不明ですが、江戸時代には無かったのではと思います。
当初はこの3号だけだったと聞いておりますが、時代とともに3.3号・3.5号も作られるようになったとか。昨今、長生蘭、石斛の人気が下火になりますとほとんど注文が入りませんでした。窯に聞いても。。
IMGP3454 IMGP3455
3.3号の長生蘭鉢です。
IMGP3458 IMGP3459
3.5号の長生蘭鉢です。
実は長生蘭鉢として人気がなくなる時期を境にしまして、それまで素焼き鉢メーカー「トモエ」が作っていた「切高台」が廃業する前後に作られなくなり、変わってこの長生蘭鉢の素焼き鉢が人気となり現在に至っています。
何に使用するかといいますと、富貴蘭鉢としての作り鉢です。
IMGP3381 IMGP3385
6号金彩ラン鉢です。
何鉢か焼かれる中で特別金彩が引き立つような出来栄えの一品です。やはり焼く温度、窯の中の置かれる場所によって微妙に発色が異なるようです。
ラン鉢として焼かれていますが、近年は多肉植物の人気にて多肉植物にも向いているかと考えられます。尚、サナ付きです。
IMGP3429
今回入荷品 5号金彩深ソリ鉢(B)
IMGP2498
従来の5号金彩深ソリ鉢
5号金彩深ソリ鉢(B)です。
同一商品名で従来より販売商品がありましたが、やはり手づくりだけに毎日焼かれる窯によって微妙に変わってくるのでは。今回の作は金盛りの技法が異なっているのでは?
IMGP3376 IMGP3377
IMGP3378 IMGP3379
昨年秋入荷しましたチベタヌス、良株より順次販売いたしました。
その中で比較的根の短い株を残しまして植え込みました。戸外の山野草の棚下にて管理。本年1月2月の寒さは例年になく厳しかったのですが、それでもこのように育ってきました。この個体は耐寒性が強いのでは?
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.