園主のフォト日記
2016年10月
« 8月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
IMGP6496 IMGP6498
いつの間にか大陸産のフジバカマしか見ることができなくなってしまったフジバカマですが、やはり国内産フジバカマの人気は衰えません。
過日行われました、清水焼団地陶器市での勝見光山窯の作品です。
IMGP6472 IMGP6476
「三島」といわれる茶陶の文様が取り入れられている浅鉢です。
IMGP6479 IMGP6481
鉄釉を使った浅鉢です。
IMGP6484 IMGP6486
瑠璃の浅鉢です。
imgp6333
秋空の日、信楽焼の里へ植木鉢を仕入れに行き、昼食に町内のあるレストランへ行きました。始めは気づかなかったのですが、食事後 苔があるなぁと思いよく見ますと「水苔」の自生があったのです。
imgp6337 imgp6330
よく見ますと駐車場は山の北側にあって、駐車場が日陰になりやすく、その斜面は終日日陰の、しかも山からの水が染み出してくる苔には好条件だったのです。その中でも水苔はかなりの面積を占めておりました。
左側は日光が当たって育っておりましたので、秋には紅葉しております。

ミズゴケはあまりにも種類が多く、品種は特定できません。

その紅葉した水苔です。何年も育っているかと思いますが、山から染み出す水と肥料分でわずかずつ育ってきたかと思います。
imgp6338 imgp6331
拡大した写真です。夏には青々と育っているのか観察したいと思います。 そしてそれよりも日陰の斜面には青々とした水苔が育っています。
水苔は日陰で育つと年中青々としていることがわかります。採るわけにもいかず、長さがどれくらいあるかわかりませんが、何年くらい育っているのか知りたいものです。
imgp6332 imgp6339
日陰の斜面にずぅーっと育っている青々とした水苔です。きっと山から水が染み出しているのでしょう。
この水が切れるところまで育っているかと思います。
その青々と育った水苔の拡大です。
imgp6340 imgp6336
ところが水苔の生えていない斜面もあるのです。
常に濡れているのでしょうが、水苔が無いのです。
おそらくは日陰すぎる、つまり光線量が足りないのではと思います。
このレストランは信楽町~大阪府枚方を結ぶ国道沿いにあります。
聞くところによりますと、この辺りの休耕田には水苔、或いはサギソウの自生が見られたとのこと。弊園のお客様は、その昔 常に採取しに行ったとのこと。この辺り近辺かと思います。
仕事柄遅くに出発しますと、信楽インターへ降りてから車は大渋滞。
いたし方なく旧道を走りましたところ思わぬ窯に出くわしました。
IMGP6181 IMGP6183
登窯です。
旧街中を通り抜けて行きますと数々の窯元が見られましたが、こちらは急ぐ身、見せていただくのはまたの機会にと思いながら走っていますと、突如として登窯の跡。
車を留め見せていただくことにしました。

丹波立杭焼の穴窯はいやという程見てきましたが、信楽焼は初めてのことでもあり、つい時間をかけてしまいました。

窯の中を覗きますと、昔焼かれてその頃のまま保存されており、足元には灰が分厚く積もっていました。

この棚板 陶板というそうですが、なかなか人気があって手に入りません。

IMGP6188 IMGP6190
日本の焼き物が飛躍的に延びた連棟式の登窯。

おそらくは秀吉が朝鮮出兵し、かの地の陶工を諸大名が連れ帰ったのは有名な話です。そして諸大名が保護したため、朝鮮の陶工は母国では低く抑えられていた身分社会であったため、帰国せず日本に残ることを希望したとか。

そのことが今日の日本の焼き物を繁栄させた源流かもしれません。何しろそれまでは穴窯ぐらいの窯しかなかったのではと思います。

そしてその釜の中には昔焼かれていました無釉の花入れが当時のまま置かれていました。
たぶん当時を物語るよき文化財の役割として保存されているのでしょうか。

そして当時の信楽焼登窯は無釉であって焼き締めの焼き物であったことがよくわかります。

各種の釉薬を使っての焼き物は数少なかったのではと思います。

IMGP6193 IMGP6194
そして遅くなりましたが「かみ山陶器」さんの催しである多肉植物販売です。
昨年は弊園が出店させていただいたのですが、本年は人手が足りずお断りしなければなりませんでした。

よく売れているとのことでした。

こちらはメダカ販売、
あまりの売れ行きに昨年はびっくりしました。

メダカの人気はまだまだ衰えを見せません。人気が続くことを希望いたしております。

IMGP6195
少し遅かっただけに人影はまばらでした。
人気の無い陶器ではありませんので、そこをよく言っておきます(笑)。
お店の信用にもかかわりますので。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.