園主のフォト日記
2014年6月
« 5月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
201409-imgp3990 201409-imgp3995
真夏の山野草に様変わりしてきました。
201409-imgp3996
弊園もハスの出品です。

高く売れるとよいなぁ。と思いながらの出品です。

201409-imgp3988 201409-imgp3976
クモキリソウ、スズムシソウと同じ仲間です。 地味なだけに人気はやや劣りますが、

根強い人気はあります。

201409-imgp3943 201409-imgp3944
水中発芽するミズアオイですが、

この時季水中から葉が地上部へ育ってきます。

発芽したミズアオイは弱々しく、

水の中で我慢して育っているのではと思えます。

自然では湿地、或は田んぼで

もっと水の浅いところで発芽した

ミズアオイは育ちが早いのではと思います。

201409-imgp3945
この株は成長の良い株です。

発芽が早いのか、育ちが早いのか、興味のあるところです。

今後このような株を選別していく必要があるのかもしれません。

201409-imgp3941 201409-imgp3942
入手したヤマトトツカワミセバヤ、トレーに新聞紙を広げたところへ

入手した状態で管理。

驚いたことには、腐葉土の堆積に根を張っているのですが

株ごとに水漬けしましても、翌日にはカンカラカンの乾燥。

ミセバヤがよく育つ事情がわかってきました。

201409-imgp3946 201409-imgp3949
こちらは小豆島産のミセバヤです。

今春何株か入手したのですが、

この株は、大葉で肉厚の

いかにも多肉植物を思わせるミセバヤです。

このタイプは草丈がよく伸びる性質です。

つり鉢によいかもしれません。

201409-imgp3953 201409-imgp3954
これも送られてきました株ですが、

小葉性で株立ちになりやすく、

しかもコンパクトに育つ特徴があります。

ベランダ園芸に最適かと思います。

この株はすでに出回っているミセバヤです。

小型コンパクトなチャボミセバヤです。

小豆島のどの谷に自生していたのか、興味あるところです。

201409-imgp3957
この株はエッチュウミセバヤです。

ミセバヤの変種とされています。実際DNA鑑定したところ、遺伝子が一つだけ違っていたとか。

環境の適合するところにだけ残ったのでしょうか。

201409-imgp3933 201409-imgp3934
コモチレンゲの中でも大型株です。 アポイミセバヤです。

下垂性を感じさせるミセバヤの感じがします。

201409-imgp3935 201409-imgp3937
コーカサスキリンソウの改良品種「ドラゴンズブラッド」です。

真っ赤な葉に特徴があります。

斑入りコーカサスキリンソウです。

トリカラーというだけに紅葉がきれいです。

201409-imgp3939 201409-imgp3940
軽石鉢に植えられたコモチレンゲです。

軽石鉢の蒸散作用でよくしまってできるコモチレンゲです。

クナシリミセバヤです。

粉帯しない葉は緑葉のきれいな特徴。

他に類を見ません。

201409-imgp3960 201409-imgp3961
コモチレンゲの育て方です。

弊園のオリジナル「多肉植物の土」2号で

育てましたコモチレンゲと、

花卉園芸市場で購入した、いわゆる

ガーデンセンターで販売されている

ピートモス入りの培養土で育てられたコモチレンゲ。

すごく管理が難しく、やはり粗い砂が一番です。

そのコモチレンゲも、一株ずつ個体変異があって、

その特徴が出ます。

201409-imgp3925 201409-imgp3928
ガンピセンノウが咲き始めてきました。 オグラセンノウも咲き始めてきました。
201409-imgp3929 201409-imgp3931
こちらは赤花ガンピセンノウです。 この花は花茎が色づいている黒袖ガンピセンノウです。
201409-imgp3932 201409-imgp3912
そしてこの花がマツモトセンノウです。 純白ホタルブクロ二重咲の「白馬」です。
201409-imgp3923
珍しい黒花ニッコウキスゲです。
201409-imgp3901 201409-imgp3903
毎年イチジクの鉢植えの中から咲いてくれています。

ササユリの種が入り込んだのか、

いつの頃よりか咲きだしたササユリ。

環境が合ったのか、

毎年枯れもせず咲いてくれています。

高層湿原に咲くホザキシモツケです。

本年初導入です。

201409-imgp3889 201409-imgp3894
唐子咲 少し変わった咲き方です。

でも、咲き方で「アネモネ咲」「セミダブル」といった

表現もよくしています。

ノイバラでは滅多に見ることのできない

唐子咲「テリハノイバラ」です。

ヒメのイバラ「雅」です。

かわいいノイバラですので、人気はあるのですが・・・

どうもミニチュアローズの交配の副産物では

と思えてなりません。

201409-imgp3900
ツクシテリハノイバラです。

九州産の野生種です。

201409-imgp3863 201409-imgp3879
黄花のヤマオダマキが入荷しました。 洋種ですが黄花八重咲ダイコンソウです。
201409-imgp3888
早くから咲くヤクシマノギクです。
201409-imgp3865 201409-imgp3869
中国生まれのテッセンの八重咲き品種です。

日本では八重咲きはあまり好まれませんでしたが、中国ではヨーロッパと同じく八重咲性が好まれました。

テッセンそのものは、半八重咲性。カタカナで言えばセミダブル。

この白万重は花粉が無ければオールダブルです。

正規通販 帽子 激安
バッグ GUCCI
エアジョーダン 通販
スニーカ正規店

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.