園主のフォト日記
2014年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
201404-IMGP0724 201404-IMGP0757
八重咲きキクザキイチゲ 正しくは半八重咲き、或は子宝咲きもといいカタカナで言えばセミダブルの紫宝です 濃赤花 台湾バイカカマクラ(タカサゴカラマツ)も入荷致しました。かなりの濃赤色です。
201403-IMGP0719 201403-IMGP0720
やはり遅咲きの特性を持ったミチノクフクジュソウ、早春の花というよりも、桜の花が咲く頃の、「春の山草」といった表現がよく似合う福寿草かと思います。
(有)日本山草本社で交換会が始まって以来、第1回目の交換会が雪のため中止となり、今回が事実上初めての交換会となりました。
201403-IMGP0691 201403-IMGP0692
毎回早朝に到着する(有)日本山草本社、この地方も大雪とのことでしたが、3月も終わりというこの時期でもこの積雪でした。 八ヶ岳の遠望も四季折々、「早春の八ヶ岳」です。
201403-IMGP0694 201403-IMGP0695
出荷されている競売品も早春の花らしく福寿草が見られました。 やはり早春の花、キンポウゲ科のコシジオウレンです。
201403-IMGP0696 201403-IMGP0700
近年はよく見られるようになりました、アワコバイモです。 春らしい赤花のフキノトウも見られました。
201403-IMGP0714 201403-IMGP0715
交換会も終わり、いつものようにミズバショウの小池へ寄りました。これからが見頃となるミズバショウです。 その小池から見る入笠山の遠望です。この入笠山にはクサボタンが見られるようで、一度咲いている頃見に行きたいものです。
201403-IMGP0656 201403-IMGP0657
加藤農園さんよりゴールドの蕾付きの株を入手した中に、ダブルが咲きました。多分普通のシングルのゴールドと思って買いつけたのですが、咲いてびっくりです。今後、ダブルゴールドもかなり安価に普及するかと思います。
201403-IMGP0683 201403-IMGP0684
初めて見ました絞り咲きの咲き始めは小輪の愛らしい花です。調べてみますと「ハルサザンカ」とあり、「江戸時代の図譜に「鎌倉」の名でしばしば現れる、古木は中部に多い」とあります。
201403-IMGP0682
芽が出てきたなあと思っていましたなら、あれよあれよという間に咲いてきました。
201403-IMGP0664 201403-IMGP0668
ムスカリ アズレウム、他のムスカリに先駆けて咲いてきました。 球根アイリス キャサリンホドキンも良い見頃に咲いてきました。
201403-IMGP0670 201403-IMGP0671
球根アイリス カンタブも咲き揃ってきました。 球根アイリス ダンフォルティア、黄金色に輝いて咲いています。
201403-IMGP0673
球根アイリス J.S.ダイトも同様に咲いてきました。洋種山草として、或はアルペンプランツとして、今後商品化したいと思います。
201403-IMGP0616
アネモネ・モナリザ、気温の上昇とともに花も開いてきました。ハウ

ス栽培品だけに花の開花も早いのですが、高性種ゆえに切花種として利用されている品種です。

201403-IMGP0617 201403-IMGP0619
201403-IMGP0620 201403-IMGP0621
201403-IMGP0622
花色も多彩に見られ、よく見ると山野草のイチリンソウを大輪に、
そしてカラフルに変容した感じです。やはりヨーロッパの野草は違いますねえ。
201403-IMGP0571
2年前に初めて苗として販売したゴールドダブル。なかなかの人気があり、すぐに完売。少しだけサンプルに取り置きしていた株もやっと咲きだしました。
201403-IMGP0572
3号ポットのまま無肥料で育てておりましたが、間違いなくダブルの花です。お買い上げいただきましたお客様、いかがでしたでしょうか。
201403-IMGP0540 201403-IMGP0541
原種の水仙、ナルシスの交配種と思われます。 同じく交配種と思われます。
201403-IMGP0543
原種の水仙 バルボコディウム系の交配種かと思われます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.