園主のフォト日記
2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
京都嵯峨越畑は日本一の品質の産地です。

でも弊園のすぐ近くにある西山もわずかに出るとのことで探しに行きました。

201312-IMGP4334 201312-IMGP4335
弊園から見る西山の頂上に関西電力の変電所が小さく見えます。

でも頂上に登りますと立派な施設です。

201312-IMGP4336 201312-IMGP4338
昔は京都市でしたが、現在は大阪府下となった出灰

この字で「いずりは」と呼びます。

その昔は石灰岩が採石されていたとか。

その前にシカのふんらしきものを発見しました。

この植物はアケボノソウ

らしきものも発見しました。

201312-IMGP4339 201312-IMGP4340
いよいよ石灰岩を見つけましたが、

竜眼石らしきものは見当たらず、

違う山を探すべきか?

出灰不動尊

ブログでは見たことがあるのですが、初めて来ました。

昔はこのような不便な奥深い山里へ

修行に来られる人々が多数あったのでしょうか。

201311-IMGP4281 201311-IMGP4285
以前メダカが泳いでいた睡蓮鉢に

驚きの初氷です。

砂苔の上にて初霜です。

これから寒さも厳しい冬を迎えます。

弊園の山野草も休眠期を迎えますが、

この休眠期こそが苔玉、寄せ植え寄せ植えを作る

よい季節でもあります。

201311-IMGP4265 201311-IMGP4253
正面入口には従来の菊人形ではない

ニューモデルスタイルです。

ひらかたパークといえば菊人形。

本年は規模も小さくですが、少し我慢です。

201311-IMGP4261 201311-IMGP4262
本年は幕末がテーマです。
201311-IMGP4263 201311-IMGP4274
その出口には小菊の文人作りが飾られておられました。 園内は菊一色です。

見事な飾りで立派なものでした。

201311-IMGP4272 201311-IMGP4271
現代版菊人形の動物です。
201311-IMGP4248 201311-IMGP4247
皇帝ダリアが立派に咲いていました。 バラ園にはまだまだバラが咲いていました。
201311-IMGP4223 201311-IMGP4227
赤い実のロサエグランテリア(ヨーロッパ原産)には

赤い実がこんなについています。

サクライバラもよく実がついておりました。

この実も隠れた人気です。

201311-IMGP4169 201311-IMGP4173
花がほぼ咲き終わったアポイミセバヤ

ふと見ると枯れかかった花茎に不定芽、つまり高芽が生まれていました。

従来より不明な点が多く、なかなか良い解説が無いだけに新発見です。

201311-IMGP4144 201311-IMGP4148
早咲きの品種不明品です。

初めて見る花です。

小型の上品な椿です。

白玉椿として有名な初嵐です。

もう咲いてきてくれました。

これから椿の季節到来です。

201311-IMGP4125
この大原野には善峰寺、十輪寺等の有名なお寺

或いは近くには光明寺というお寺があります。

この金蔵寺は知る人ぞ知るお寺です。

何を隠そう当方も、水石或いは竜眼石を探しに行きました道中にお参りしました。

201311-IMGP4127 201311-IMGP4128
山門から入りました石組みにはさすが湿度が高く

マメヅタがびっしり着生していました。

石段の昇り、振り返りましたところ

見事な紅葉です。

201311-IMGP4129 201311-IMGP4130
そして本堂を望むとまたまた美しい紅葉です。 紅葉の隠れたところに見える屋根瓦 本堂です。
201311-IMGP4131 201311-IMGP4133
そして本堂から見下ろす金山の紅葉です。 先洗いの手水鉢

やはり自然石が使われ納得しました。

201311-IMGP4119
お客様より御注文を頂き、久しぶりに作りました。

糸魚川真柏と竜眼石のコラボ なかなか良いものです。

今後の御注文をお待ちしております。

201311-IMGP3686 201311-IMGP3687
材料は弊園の盆栽販売にて扱っていた糸魚川真柏を利用しました。
201311-imgp4054 201311-imgp4055
日増しに夜明けの時間が遅くなる

晩秋の夜明けです。

そして八ヶ岳の遠望です。

いつ見ても四季折々変化する風景です。

201311-imgp4056 201311-imgp4057
向かい側は入笠山です。

クサボタンの産地として有名なところと気がついてから

特に注意するようになりました。

荷降ろしされた競売品も山野草と言われる商品も

少なくなってきました。

201311-imgp4058 201311-imgp4059
その競売品の荷降ろし風景です。 赤葉マンリョウ 紅孔雀の成木です。
201311-imgp4061 201311-imgp4062
変わらぬ人気の琴糸南天の織姫です。 今年は不作のフキタンポポ。
201311-imgp4063 201311-imgp4065
カラタチバナです。百両とも言われる植物です。 実成りのよいヤブコウジです。

十両とも言われています。

201311-imgp4066 201311-imgp4067
遅咲きの大文字草です。 よく咲いています屋久島タツナミソウです。
201311-imgp4071
今頃に咲くクレマチスモンタナです。
201311-imgp4076 201311-imgp4074
いつもの競売中の様子です。 (有)日本山草のとなりの畑 霜柱がすごいです。
201311-imgp4077 201311-imgp4079
競売も終わり、いつもの水芭蕉の小池に行く途中、

沢へ寄りました。

沢にはもう何も見られなくなり冬支度です。

午後の八ヶ岳です。

ふと道路脇に赤いものが見えました ツルウメモドキです。

さすが長野です。

道端で見られる自然が羨ましい限りです。

201311-IMGP4051 201311-IMGP4053
ツメレンゲも色々なタイプが咲いてきましたが、

この天竜川産が大型で遅咲きのようです。

201311-IMGP4041 201311-IMGP4044
初めて導入しましたワジキギクです。 よく咲いてきました管咲リュウノウギクです。
201311-IMGP4045 201311-IMGP4046
シオジギクも見頃となりました。 小豆島イソギクも見頃です。
201311-IMGP4047 201311-IMGP4048
イズモオッタチカンギクも咲き揃ってきました。 赤花サツマノギクも良いものです。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.