園主のフォト日記
2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
201301-IMGP0096 201301-IMGP0116
野田園芸作出のゴールドセミダブル

買付けに行きました折には蕾がかたかったのですが、

やっと咲き始めてきました。

やはり野田園芸さんより購入したブラックダブル

これならプラックといえるかと思います。

201301-IMGP0078
同じく松村園芸さんのブラックダブル。

買付けに行きました折には蕾ばかりで玉石混合、

やっと咲き始めてきましたが、これならブラックかと思います。

201301-IMGP9836 201301-IMGP9839
会場の入口には立派な看板が立てられていました。 福寿草展の会場です。時間帯によっては

押すな押すなの人です。人気はすごいものです。

201301-IMGP9835 201301-IMGP9838
外には地元の名物「ほうとう」の売店、

なかなか人気と見えて大なべが売り切れました。

再度炊かれる程の人気メニューでした。

会場の入口正面には福寿草の寄せ植えが展示されていました。
201301-IMGP9724 201301-IMGP9716
七変化といわれる多弁花、弁によって芸が出たり、

無かったりで中々難しい品種です。

近年の実生作出品種でしょうか。

「黄孔雀」の銘です。

201301-IMGP9726 201301-IMGP9740
旧秩父紅です。戦前の秩父紅といえば、

これらの何タイプかをいっていたようです。

青梅草といわれる福寿草、これは東京都の青梅市にその昔、

自生があった頃の採取品です。

201301-IMGP9754 201301-IMGP9762
「秩父銀」といわれる白花。昨年、弊園もお土産に

買って帰りましたが、並花が咲いてしまいました。

中々、作りづらい品種のようです。

近年、長野県でも赤花が発見され「信濃紅」として

販売されているようです。

201301-IMGP9814
昔よりの銘品「金鶏」です。

詳しくは品種等の紹介を参照願います。

201301-IMGP9647 201301-IMGP9641
現代「さくらそう会」指定の鉢を販売されている

窯と言えばお分かりと思います。

今は焼かれていませんが、鉢だけは販売されています。

その昔焼かれていた鉢が庭にころがっていたものです。
201301-IMGP9648 201301-IMGP9649
右側は加藤製陶所の加藤さんです。

でも今は加藤オッキットの園主さんです。

左側は福寿草会事務局の山田さん、

今回御案内頂きました。

山田さんは何を隠そうか桜草のプロフェッショナル。

色々お話が聞けまして楽しい時間です。

この鉢は「さくらそう会」で使用している鉢です。
その後、同じく深谷市「蓮の寺」弘光寺さんへお訪ねしました。
201301-IMGP9652 201301-IMGP9658
弘光寺本堂と御住職、山田さんです。

この弘光寺は平平17年(西暦745年)開基された古刹です。

外苑には蓮の鉢がたくさん並べられており、

夏は蓮の花が所狭しと咲いているのでは。

実は弊園のインターネットを御利用頂いており、お送りしたことも。

そして弊園の花き園芸市場へ出荷しているポットも庭には

たくさんあり、ホームセンター等で御購入いただいておりました。

ありがとうございました。

山田さんはこのお寺の檀家さんでひょんなことから

弊園のお話となり御案内頂きました。

201301-IMGP9655 201301-IMGP9656
境内の池には夏、蛍が飛び舞うとのこと。

楽しいお寺です。

その池に流れる溝にはカワニナがたくさんいました。

御住職の熱意が伝わってきます。

午後からは福寿草展準備のため山田さんと別れ、

山野草研究家 久志氏と市内ガーデニングセンター探訪です。

お目当ては福寿草です。

201301-IMGP9659 201301-IMGP9661
花園村道の駅で販売されている福寿草を物色。

珍しい白花福寿草「白楽」も売られていました。

201301-IMGP9663 201301-IMGP9666
昨年秋、新潟へ行った折、「四季園」さんの苔玉が

こちらで見られました。

同じくグリーンセンターへ見に行きました。

温室に入ったところにはクリスマスローズが置かれており、

見入ってしまいました。

201301-IMGP9668
その温室内を見て回っていますと御夫婦で商品を

搬入されておられ、少しお話をさせて頂きました。

そして当方の名前を告げると「埼玉花き卸売市場」にて

弊園の出荷商品を常に買っていただいているとのこと。

ありがとうございました。

その後、夕方近くになり、福寿草展のある市民会館へ行きました。
201301-IMGP9672 201301-IMGP9674
前日とはいえ、早いものは咲いていました。

白花の「弁天」です。

三系統ぐらいあり、その中で一番良い系統とのこと。

紅撫子です。

少し系統の違う系統のようです。

201301-IMGP9676
紅撫子のダブル咲きの「紅孔雀」です。

固定性に関しては疑問の残るところです。

その後は夜の懇親会へ出席させて頂きました。

201301-IMGP9624 201301-IMGP9625
早朝お訪ねしました。やはりどんどん咲いていました。
201301-IMGP9626 201301-IMGP9627
となりの温室には実生苗がずらりと植えられていました。 外の棚にはボッコネイ交配が置かれていました。

やはり寒さに強いのでしょうか。

201301-IMGP9628 201301-IMGP9630
201301-IMGP9632 201301-IMGP9634
201301-IMGP9635 201301-IMGP9636
きれいな花が次々と咲いていました。
201301-IMGP9637 201301-IMGP9638
ゴールドセミダブルが咲いていましたので分けて頂く事に。 気がつくとネクタリーが脱落していました。

動かしている間に花も私もガックリです。

松村園芸様、加藤農園様へ行ってきました。
201301-IMGP9351 201301-IMGP9350
早朝、松村園芸さんへお訪ねしました。

雰囲気的には前回と違いかなり咲いてきているなぁという感想でした。

201301-IMGP9381 201301-IMGP9354
花き園芸市場向けのセットもかなり充実。
201301-IMGP9355 201301-IMGP9377
この大鉢の寄せ植えも市場出荷用。 といっておりますと、茨城の四国造園さんが買付けにこれらました。

初対面でしたが、そこは同業者。

記念に松村さんのお嬢さんと2ショットでした。

201301-IMGP9380 201301-IMGP9374
そうしたならば当方も2ショット、良い思い出になりました。 当方がセレクトした中に、松村さんが気にいられた

赤系のダブル、当方のカメラで松村さんが撮影された画像です。

リストアップを楽しみにして下さい。

201301-IMGP9382 201301-IMGP9383
その後、埼玉の加藤農園さんへお訪ねしました。

夕方5時を回っていましたが、最近のデジカメ良く撮れています。

開花はこれからの様子。蕾を含めて気に入ったものをセレクトしました。

加藤農園さんはこれからです。

201301-IMGP9385 201301-IMGP9386
ところが実生ハウスを見せて頂きましたところ、びっくり。

昨年初めてお訪ねしました折には山野草培養土に

切り替えましたとのことでしたが、この実生は全量

山野草培養土。よく育っていること。

実生一年目で3.5号ロングポットに鉢上げされた苗です。
201301-IMGP9390
そして極めつけは実生丸一年で花芽を付けていた株を見せて頂きました。

弊園の「クリスマスローズの育て方」を基本にその卓越した技術力、今後の活躍が楽しみです。

そしてこれらの良くできた苗もネットショップにて販売させて頂きます。ご期待下さい。

そして「クリスマスローズの育て方」を更に充実、参照して下さい。

201301-IMGP9334 201301-IMGP9336
チューリップ サクサティリスの芽が一番大きく育っています。 チューリップ ペルシャンパールの芽も揃ってきました。
201301-IMGP9306
秋から順番に咲いていました茶々姫、

ハウス内に1ポットいれておきましたところ、きれいに咲きました。

201301-IMGP9303 201301-IMGP9304
寒風吹きすさぶ中、ムラサキジンジソウが咲いていました。

普通は白花ですが、赤花系の花。

少し変ですが、凍傷にも合わずよく咲いていました。

201301-IMGP9305
東京は雪でマヒしている中、御来園いただきました。

前列 左より 近代出版 山崎編集長

内藤 登喜夫氏 久志 博信氏

後列 左より 光山草会 村谷 克彦氏

東京山草会 君島 浩子様 国際雪割草協会九州支部長 古賀和子様です。

201301-IMGP9301 201301-IMGP9282
何やかんやと久しぶりの御来園

楽しい時間を過ごせました。園内枯れた山草ばかり、

季節がらとはいえ、見ていただくことができました。

それに先だつ前、弊園が小品盆栽雅風展に出品中、

見学へおいでになりました。

201301-IMGP9299 201301-IMGP9300
福寿草「佐渡の幻」 3目に植えていました。

1年前、ネットショップ用に1芽株を5号ポットに植えておきました。

売れずに残って降りましたポット、よく見ると3芽が

頭をのぞかせていました。よく殖える品種のようです。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.