園主のフォト日記
2011年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
201112-IMGP6187
この冬一番の咲き始めです。

本年の輸入株例年に無く咲き始めが早くはっきりとした

原産地が不明なだけに甘粛省でないかもしれません。

大体3月~4月にかけて咲くようですので、現地でも早咲

タイプがあるのか、或は他の産地なのか、今後の報告に

期待します。

いずれにしましても国内一作株に比較しまして、生長が

早く、気候の違いを感じさせます。

おそらくは低温の感度がより高く、中国の現地の冬はより

暖かく、生長のスピードが早いものと考えられます。

でも開花期に雪が降るわけですから、気候の変動が

激しいのかもしれません。

何しろ広い国土4省にまたがって自生しているわけですから、

わからないだらけです。

例年 冬期間常設いただいております岐阜県可児市 日本ライン花木センターに

本年も山野草販売を設けていただき、販売開始です。

来年3月まで御引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

201112-IMGP6119 201112-IMGP6120
本館の通路側に置いていただいており、よく目立ちます。

現在70種類程 販売しております。

年の暮れもいよいよとなってきました。

正月用品の材料仕入れも本日が最後です。

201112-IMGP5956 201112-IMGP5957
門松等に使用する葉牡丹のセリです。 人だかりです。
201112-IMGP5958 201112-IMGP5960
色々ある門松の中で人気が高い生産者のものです。 建物の中の鉢物のセリ中です。
201112-IMGP5961 201112-IMGP5963
良くできており高値でセリ落とされて

いました正月用の寄せ植えです。

なかなか人気のあった青竹の器です。
201112-IMGP5964
一般の植木のセリです。

さすが年末となると出品数もかなり少なめでした。

201112-IMGP5855
赤花キブシ よく紅葉しています。
201112-IMGP5854
ヒメジャコウソウ 霜が降り、造型美を感じさせます。
201112-IMGP5816
寒さに耐えるチベタヌス

この冬一番の冷え込みとのこと。弊園でも氷が張る毎日です。

やはりチベタヌスの故郷でも花の咲く頃雪が降るようですので

これぐらいは何ともないようです。

でも今夜からハウス内に取り込むことにします。

201112-IMGP5760 201112-IMGP5762
中国青花オウレンが咲き始めました。 ハゴロモキンポウゲ

花弁が奇形になっていますが咲いてきました。

本年最後の大市に行ってきました。
201112-IMGP5749 201112-IMGP5751
正月用品の競売中、人盛りのところからセリをしています。 建物内のセリです。

植木の産地ですので生産者いろいろなものを作っています。

P4027709
自生地のチベタヌスの画像と紀行文を

山野草研究家 久志博信氏に特別寄稿いただきました。

参考にしていただけたならと思います。

こちらをご覧下さい。

201112-IMGP5593 201112-IMGP5594
クリスマスローズチベタヌス 中国より輸入され入荷しました。

現在「クリスマスローズ チベタヌスの育て方」を解説しております。

輸入の現状を解説したいと思います。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.