園主のフォト日記
2011年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
201111-IMGP5184
イソギク やっと咲き始めました。

このイソギク産地はどこなのでしょうか?

201111-IMGP5127 201111-IMGP5129
生長の早いものは莟を上げていました。

さっそくオークションに出品いたします。

初物につき高値落札お願い致します。

201111-IMGP5130 201111-IMGP5132
株の大きいものはこれくらいあります。

今後芽数の多いもの等紹介いたします。

黒龍江アツモリソウ入荷しました。

2株がからみあって生長している株そのままの入荷です。

盆栽大観展 於京都岡崎みやこメッセ

弊園も出店しております。

201111-IMGP4994 201111-IMGP5095
弊園の販売ブースです。

昨年より1ブースとしております。

徳川本家の展示です。
201111-IMGP5117 201111-IMGP5118
鳩山元総理大臣の出展です。 河野洋平前衆議院議長の出展です。
201111-IMGP5112
おかげさまで弊園の販売ブースたくさんお買い求め

いただき御礼申しあげます。

201111-IMGP4992
ハゼが良く紅葉してきました。
201111-IMGP4985 201111-IMGP4987
ハナイソギク 白髪の誉が良く咲いてきました。 ナカガワノギクも咲き始めてきました。
201111-IMGP4989 201111-IMGP4988
小豆島産のイソギク咲き始めてきました。 イトラッキョ 産地は不明ですが咲いてきました。
201111-IMGP4897
ナツエビネ 弊園で一作した養生株です。

きれいにできています。

25日より開催される盆栽大観展に出店するため掘り上げました。

201111-IMGP4893
お客様より大きい鯛を頂きました。

画像は私 ハイ 園主の石田です。

特技は魚を料理することです。と言っても園主の実家は魚屋です。

これぐらいはできないと・・・

でもタイミング悪く、大きい出刃包丁がたまたま出張中。

アジの開きに使用する出刃包丁でこの大きい鯛を料理するには

少し無理がありました。

夕食は鯛料理です。何しろ「明石の鯛」ですから。

201111-IMGP4872 201111-IMGP4878
サツマノジギクの苔玉です。

これは家内の作です。

作り込みの苔玉です。

材料はハゼ、小熊笹、ヤブコウジを使用しています。

おそらく作って5~6年或はもっと経ているかもしれません。

11月の終わりとなりますと、朝夕一段と冷え込みが厳しい日和となりました。
201111-IMGP4815 201111-IMGP4817
東寺の正門前広場の骨董市です。 早朝ゆえお参りの方々もこれからでした。
201111-IMGP4814 201111-IMGP4816
中国人の買い物ツアーの様子です。 若い頃いけ花とりわけ立華とやっておりましたので、

その器は懐かしいです。

201111-IMGP4818
別のお店でも立華瓶が売られていました。

左側は砂鉢として使用した火鉢です。

201111-IMGP4820 201111-IMGP4823
トンボ玉を売られている女性作家の店でした。和歌山から来られているとの事。

昔、ベネチアングラスといわれるもの買いましたので少し興味がありました。

201111-IMGP4812 201111-IMGP4825
園芸コーナーではこの切り花屋さんが

オープンされるまでに行列ができます。

人気のお店は違います。

昔から百貨店、宇治植物園といつも仲良くイベントを

させていただいている万年青の三光園さんが

この弘法さんに出店されており、お訪ねしました。

今まで3年間は正門にて販売されていましたが

今月より園芸コーナーにての出店とのこと。

この秋初めての競売参加です。
201111-IMGP4806
杉苔です。

お客様より従来から問い合わせが多いので、仕入れました。

201111-IMGP4809 201111-IMGP4810
場内の様子です。
201111-IMGP4811 201111-IMGP4807
トキワヒメガキの庭木でしたが、あまりにも

大きい実でした。盆栽界だけではなく、

植木の世界でも品種更新が激しいと実感しました。

観賞用のゆずです。
201111-IMGP4808
ざぼんです。

どちらも実の大きさにはびっくりします。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.