園主のフォト日記
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
_IGP1291 _IGP1289
駐車場へはこの公園のガーデニングが楽しめます。例年ベゴニアのハンキングは名物となっているのではと思います。
_IGP1288
中央に池があって、遠くにこちらの植物園の名物のひとつでもある花壇が見えます。

その池には南米産のパラグアイオオオニハスが育てられています。

_IGP1227 _IGP1231
そのオオオニバスの花が見られました。ラッキーです。 会場の入り口です。
_IGP1233 _IGP1236
万年青の展示場です。出品物の審査中とあって、展示品はまだまだこれからです。 既に特別賞は決まっておりました。京都新聞社賞には「玄峻」です。話は変わるのですが、化粧に使用されている黒い小粒の石は、その昔の加茂黒です。その当時、楽焼の釉薬といえば京都の加茂川に産する真黒石を水車小屋で、昔ながらの杵と臼で砕いていたのです。その摩擦で石が粉になったのですが、多分このような小粒の小石が途中で出来たのではと思います。それを飾りとして使用する先輩の方々の美意識には驚服いたします。
_IGP1238 _IGP1240
ここからは出品物のご紹介をいたします。こちらは「鼓堂」 「輪波飾」宇治市公園公社理事長賞受賞です。
_IGP1244 _IGP1247
「円心」 京都府知事賞「太陽」
_IGP1249 _IGP1251
古い品種です。万仙園賞受賞「地球宝」 日本おもと協会会長賞受賞「武州」
_IGP1255 _IGP1257
日本おもと業者組合賞受賞「鹿島錦」 日本おもと協会近畿支部長賞受賞「富国錦」
_IGP1260 _IGP1262
春光園賞受賞「春日錦」 宇治市長賞受賞「吉光の松」
_IGP1264 _IGP1267
短冊屋和楽賞受賞「長春閣」 宇治市植物公園園長賞「瑞兆」
_IGP1269 _IGP1273
金賞受賞「寿扇」賞もさることながら、この万年青鉢。五龍写しではありますが、特別仕様の手作り鉢があったとは。 おそらくは江戸時代の作では。白鷺2羽の図柄ではありますが、この鉢は相当古いものと思われます。
_IGP1277 _IGP1278
いずれ劣らぬ力作揃いです。
_IGP1280 _IGP1283
特別賞の席飾りです。本日は目の保養となりました一日です。
_IGP9432 万年青は従来全く取り扱っていませんでしたが、時折取り扱いを尋ねられます。
それと用土も取り扱っておりましたので思い切って育てることに。
春に初心品の苗を5株購入、さっそく弊園の培養土で定植しました。
  
それなりに育っているなあと思っていますと大阪地震、この万年青も何鉢か倒れてしまい用土も散らばってしまいました。
気を取り直して用土を足してやり、この暑い夏も何とか乗り越えられています。
_IGP9433 _IGP9435
お多福
覆輪の広葉、甲龍芸の品種。
これからまだ育っていうのではと思っているのですが、弊園の作りで芸がどうでしょうか。
_IGP9437 _IGP9438
剣舞
当方なりによく育っているような。
芸もよく出、安心して見ていられます。
_IGP9441 _IGP9443
瑞泉
この瑞泉も初心者向きなのか、当方でもよく育っているような。
_IGP9446 _IGP9447
春燕
元々送られてきました苗、根が少なくどうであろうと多少心配したのですが、やはり作落ち気味に育っています。
ちょっと初心者には難しいのか?
_IGP9449 _IGP9450
奈良錦
入手時、そう悪いとは思わなかったのですが、育てまして少し気難しいなあと思われる種類です。
片葉だけが育ち、アンバランスの育ち方をしております。なぜこのような育ちになるのか、諸先輩の指導を受けなければなりません。
そのようなことですが、弊園オリジナル培養土、万年青の土もまんざら悪くなく、初心者でもよくできる土が立証できました。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.