園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

a

_IGP0878 _IGP0926
会場は毎年慶沢園、入口にて入場料を支払い、会場へ。元住友家本邸と聞くだけあって立派な公園です。そこを会場にされておられるわけですから、会場としては抜群のロケーションです。 会場は例年手造りの展示席です。
_IGP0927 _IGP0923
設営には2日ほどかかるとのこと。 即売は大阪能勢の山岡さんです。最近は御子息が立派に販売をされています。
_IGP0879 _IGP0880
水生植物のデンジソウ、山野草としてこのように展示されています。観てみれば「なるほど」です。ワイルドプランツだけにそれぞれの鑑賞法があります。 タニワタリです。大型のシダで、日本の太平洋岸の南九州あたりに見られるのでは。
_IGP0881 _IGP0882
ホトトギスの妖精です。なかなか本来の花色は出にくいのかもしれません。 リコリス・オーレア、遠目からでも一目で分かるほど際立って咲いています。やはり海外だけに特徴が現われています。
_IGP0884 _IGP0885
赤花ヒダカミセバヤです。本年の夏の暑さの中、よく咲かされました。 ダンギクです。
_IGP0888 _IGP0892
マメヅタです。自然の中ではこのような長葉のマメヅタが時折見られるようです。 センニンソウです。クレマチスの仲間で、夏になればあちらこちらで咲いており、このように鉢花立にすれば立派なものです。
_IGP0893 _IGP0894
秋咲きのシロハナ大輪ネジハナです。湿生植物ですので、そのような環境であれば「飛び込み」でいつのまにかこのように立派に咲いているのは驚かされます。 シロハナのサクラタデです。弊園でもよく繁茂し、生い茂るように咲いています。
_IGP0896 _IGP0897
中国産のスズカケソウです。日本のスズカケソウも今や稀産ですが、中国産のスズカケソウはどうなのでしょうか。
_IGP0899 _IGP0901
ツメレンゲです。日本を代表するオロスタキス属の多肉植物です。 日本産のアオネカズラです。よく作りこまれております。
_IGP0903 _IGP0904
会長御自慢のキイジョウロウホトトギスです。本年の夏の暑さでも焼けずによくここまでと思われます。
_IGP0905 _IGP0906
イワシャジンです。キイジョウロウホトトギスといいイワシャジンといい、よく夏越しされています。その秘訣の第一歩はやはり陶器の鉢からでは。 白中斑のカンスゲにシロハナナンバンキセルです。いろいろとあるものです。
_IGP0908 _IGP0909
上手に作られている石付けのスミレイワギリ、上手に育てられています。軽石を使った石付けがミソでは? ヒガンバナです。上手に作られています。
_IGP0910 _IGP0911
シロバナのヒメタデです。今は製造が中止となった信楽焼の文五郎窯の植木鉢を使用しておられます。 紅葉したハゼです。
_IGP0913 _IGP0915
大型のヒダカミセバヤです。流通に適さないということで、北海道はもとより大量生産されている農園では作られなくなった、今では珍しいヒダカミセバヤです。 原種シクラメンのヘデリフォリウムです。丹波焼の鉢とよくマッチした、やはりワイルドプランツですねえ。
_IGP0917 _IGP0925
紅葉を始めたタコノアシです。 ユキボウズを山野草として上手に作られているのではと思います。
_IGP0929
アポイミセバヤですねえ。

_IGP5482 _IGP5483
会員の方々の自前の会場作りから始まる展示会。会員の方々の一年の労作が展示され、見事な内容となっています。 こちらは入り口にある即売席です。担当はやまおか碧山荘さんです。
近頃は心変わりされてご子息が販売に来ておられ、若いだけに活気もあって羨ましい限りです。
_IGP5484 _IGP5485
ウスユキソウ。産地は早池峰でしょうか? セッコクの緑花「由季の緑」。京都・丹波産か?
これだけの大株、入手時はかなりの高価なものだったのでは?
_IGP5487 _IGP5489
黄金色に輝くホウチャクソウ「御所の輝き」これは立派です。 イワチドリの株立ち並品であってもこれたけになれば。
_IGP5490 _IGP5491
展示席の飾りつけです。本年は気候が早くより暖かくなったので開花が早まり作品の出品に皆さんご苦労されたとか。
_IGP5492 _IGP5494
斑入りのタガネソウ。新潟産らしいのですが、このように株立にすれば飾れますねぇ。 濃色ケラマツツジ。真赤に咲いて一段と目立っています。
_IGP5496 _IGP5497
風蘭ならぬ富貴蘭の石付けの展示品。これはこれで見事です。 オナガカンアオイの銘品酔竜?では。
_IGP5498 _IGP5499
獅子一ツ葉「南京獅子」では? ナゴランの流木付け、自然味があってよいのでは?
■大阪山草会 展示会
「霧島躑躅と山野草展」
2018年4月28日(土)~4月30日(月・祝)
於 妙光山 本長寺
本年は昨年の会期より一週間ずらされたのですが、気温は一気に春。少しやきもきされたのでは?
_IGP5220 _IGP5221
方丈より入らせていただきますと、大きな衝立。その孔雀絵とマッチさせる新緑の紅葉。かなり苦心されたかと思います。 昨年はクマガイソウが季節とあいまって見事に納まっていたのですが、でもその代わりとは言って何なのですがキエビネがきれいに咲いていました。
_IGP5222 _IGP5223
衝立の裏側には小引き出しを利用した違い棚形式の棚飾り。 廊下を利用した季節の山野草が並べられていました。
_IGP5226 _IGP5227
クロカミシライトソウ 珍品です。 船棚を利用した向こう掛けのカザクルマ?その下にはマユミですねぇ。
_IGP5225 _IGP5228
オサバグサの株。一度は作ってみたいと思います。 奥の間の書院の入口には流木が吊り下げられたセッコクがよく似合っています。
_IGP5229 _IGP5230
雲龍が描かれた襖の前にも水墨画と対比させるように山水画と山草。絶妙な取り合わせです。 奇産といわれているホロテンナンショウ。
_IGP5231 _IGP5232
青軸のキビヒトリシズカ。 タツナミソウだけれども葉が少し変ですねぇ。
_IGP5233 _IGP5235
黄金葉のウワバミソウ。 斑入りのイワタバコ「珊瑚礁」なかなか難しいのですが。
_IGP5237 _IGP5238
矮性のエゾスカシユリ。一度も作ったことがありません。 上段の間を前にしての山水の襖絵と山野草。よく合っていますねぇ。
後日談ですが、副住職に「なぜ上段の間があるのですか?」とお尋ねしたことがあります。すると「それは大津代官の菩提寺だったからでは」とのこと。
なるほど、このお寺は格式が高かったのです。どうりで朝鮮通信使より贈られた一巾の掛け軸があった訳です。
■本長寺山野草展
IMGP1953 IMGP1954
和名 兜蘭、一世を風靡したミクランサムです。
よくここまで育てられたものです。
三蝶咲のシランです。
IMGP1955 IMGP1956
かわいいコケリンドウです。 白花の大輪ナニワイバラです。
何も大阪に自生していたわけではなく、その昔に輸入され着いたところが大阪だったとか。
IMGP1959 IMGP1961
オオイワチドリ「紫宝」です。
実はエノモトチドリといわれています。
コウライテンナンショウです。
IMGP1964 IMGP1965
大鉢仕立てのヒメシャガです。 こちらは白花のヒメシャガです。
IMGP1962 IMGP1969
ホロテンナンショウです。
乱獲され、その数は相当減ったものと考えられます。
こちらは中国伝来のテッセン原種です。
IMGP1968 IMGP1963
これは八重咲きカザグルマのルリオコシです。
見事にきれいに咲いています。
矮性のカッコウセンノウです。
丈夫で育てやすい性質のものです。洋種山野草ですが。
IMGP1974 IMGP1976
エンコウソウです。
エンコウつまりサルですねえ
斑入りのウマノスズクサです。

【 続き 】

■大阪山草会 展示会
IMG_20171030_0001
かつて弊園のスタッフであって、現副住職が好き育てている山野草の展示会をやっておられ、
お招きをいただきました。
IMGP1408 IMGP1409
方丈に入りますと正面にクマガイソウが見事に咲いておりました。この鉢もなかなかのものと思われました。
IMGP1410 IMGP1411
そして正面には孔雀画の衝立の前に寄せ植え。
かなり考えられた作品か?
式台には何気なく置かれた白花のヤマアジサイ。
IMGP1412 IMGP1413
土間に置かれた下駄箱?の上にはムサシアブミが、 上がり框には自然木の花台が置かれ、その上にはフタバアオイが。
IMGP1414 IMGP1415
その並びにはセリバヤマブキソウ、イブキシモツケ、クサボケが飾られていました。 引き出し箪笥にはその天板を利用して様々な鉢が、とりわけハンショウヅルがうまく仕立てられ、一際美しく咲いていました。
IMGP1418 IMGP1419
本堂への入り口にはセイヨウカマツカが。 廊下になるのでしょうか。
ウズラバタンポポが飾られています。
IMGP1420 IMGP1421
ヒメツワブキがさりげなく咲いています。 その右側に奥まったところには、カエルの合唱団ならぬ山野草のハーモニー。
苦労がしのばれます。
IMGP1423 IMGP1426
奥の間には雲龍の襖絵をバックに山野草の展示。 更に奥の間は上段の間となっており、貴人の座となっております。
その襖絵は山水画、山野草とのコラボレーションです。


【 続き 】

■本長寺山野草展
従来の展示場がバスプールとなり展示場がなくなってしまいました。
それにて日本庭園の慶沢園の一角をお借りされて、手づくりの展示をされています。
従来と違って後が無いのも良いかもしれません。
自然とマッチしてこれはこれで良いように思えます。
斑入りのムラサキフジバカマです。 ラベルはヒダカミセバヤですが、どうも赤花カラフトミセバヤでは?
昔から流通していたようです。
ダルマホトトギス(台湾系)です。 本邦産のアオネカズラです。
これぞ赤軸系のヒダカミセバヤです。 ツメレンゲです。
センペル 巻絹です。 この育ち具合からいって、四国産の少し丈夫なキレンゲショウマでは?
ツルニンジンがきれいに咲いています。 斑入りのシャクチリソバ 宿根草です。