園主のフォト日記
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
IMGP0728 IMGP0735
先代の丹山さんとは永らくのお付き合いでしたが、近年は作家の御子息。この鉢もそれらしい雰囲気を持った味のある鉢です。
丹波焼の伝統的文様の唐草紋に緑釉と金泥の渋みを出した一品です。
丹波焼の穴窯といわれる登り窯で焼かれる伝統的な風合いのある鉢です。焼き締めの無釉に唐草紋のそり鉢です。
以前ならうちょうらん・イワチドリにぴったりの鉢でした。
IMGP0741 IMGP0751
やはり丹山窯の中深鉢です。
炎の当たりが唐草紋に当たり陰陽をつけた味のある鉢となっています。
すこし小ぶりのそり鉢。炎の当たり、灰かぶりといわれる炎の味わいが出た一品です。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.