園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
_IGP3519 _IGP3520
今回コスギゴケの注文いたしましたところ、何んと本性品のフデゴケが目に付くではありませんか。おそらくは地域の環境によっては今日のようにコスギゴケも生育地にフデゴケも生息するという現象が起こったのかもしれません。ということはフデゴケの育て方に準じてコスギゴケも育てられるのではと思います。コスギゴケは他のスギゴケに比較して育て方がよく分からなかったのですが、少しはと思います。 拡大して見ますとこの通りです。
_IGP3523 _IGP3524
これらもコスギゴケと共生しているような。
_IGP3526 _IGP3527
こちらはナガバノシッポゴケです。 この苔はまったくの不明種です。自然にコロニーを作っておれば、いつか入手できる機会があるかもしれません。今後、苔の種類を入力いたしますので、鑑定済のコケを順次入力いたします。
_IGP3392 _IGP3394
紅葉狩りのきれいな季節となり、高雄の里も一段と美しく色付いていました。

観賞もしたいなあと思いながらも先を急ぐのは常日頃です。

_IGP3401 _IGP3399
そしてこのトンネルを抜けると京北町、そのトンネルの手前にシノブゴケがコンクリート面に育っているのでした。 おそらくは何十年と時を経ているのでは。その間空中湿度の高さがシノブゴケを育ててくれていたのでは。
_IGP3407 _IGP3409
京北町は中心地の周山を過ぎ、黒田という地名を通りかかったのですが、やはり石にシノブゴケが育っているのでした。 先ほどのトンネルの手前とは少し違うシノブゴケではと思いながら、採取もせずに先へ。
_IGP3414
黒田の水力発電所、一度お訪ねしたいと思っていましたところです。遠くからも苔の生育する姿が見られ、興味がありました。
_IGP3415 _IGP3418
この辺りは空中湿度が高く、自然に苔が育っているのでした。都会では考えられない苔の生育、庭に苔を育てるひとつのポイントを示しています。 近づいてみますと、スナゴケ、多分エゾスナゴケとハイゴケ、そしてシノブゴケの三種混合にて地面を被っているのでした。
_IGP3421 _IGP3422
発電所の前庭には桜の巨木が、そこにはハイゴケがやはり育っているのでした。都会の平地では信じられないハイゴケの生育です。

山間部にて山に降る雨水が地下を通して辺りの地面をうるおしており、

更には空中湿度も常に高いことがこのような状態になったのではと思われます。

_IGP3424 _IGP3426
さらに車を走らせるのですが、途中スナゴケがきれいに石垣の上に育っているのでした。 スナゴケは排水の良い条件のみに生育するかと考えられます。夏の間は暑さで休眠状態ですが、秋の気温の低下、つまり9月の秋の長雨の頃より、こんなにきれいに回復してきているのではと思います。
_IGP3463 _IGP3464
目的地へ着き、早々に案内を頂き、谷へ入りますとシノブゴケの群生地。 アオシノブゴケであったり、オオシノブゴケではと思われるのですが。
_IGP3480 _IGP3481
集落の中にある家をお訪ねしますと、そこの庭には苔の見本園でした。 玄関先に苔が生えているのです。よく育っており、長年大切にされてきたことが分かります。でもここの住人であるおばあちゃん、入院されているとか。お話が聞けず残念です。
_IGP3471 _IGP3473
よく見ますと、シッポゴケとシノブゴケ、たぶんオオシノブゴケかと。 その前にある庭の石には様々な苔が生育しているのにはびっくり。左よりフトリュウビゴケ、ヒノキゴケ、ヒロハヒノキゴケ、そしてオオシノブゴケ?周りにはハイゴケと、アオシノブゴケ?が育っているのでした。
_IGP3474 _IGP3479
近付いて見るオオシノブゴケかオオアオシノブゴケではと思える美しいシノブゴケが何十年と育っているのでは。 小型によくしまったヒロハヒノキゴケです。
_IGP3476 _IGP3477
ヒノキゴケです。 フトリュウビゴケもこのようなところで見られるとは意外でした。苔を美しいものと思われ、引っこ抜かなかった家人、自然との調和が何ともいえません。
_IGP3483 _IGP3484
周辺を案内いただくと、石垣にはツヤゴケが。 シッポゴケとハイゴケのコラボです。
_IGP3485 _IGP3487
或はシッポゴケがきれいに育っているのでした。このシッポゴケはかなりの湿潤を好む性質では。やはり山の斜面から伝わる雨水がシッポゴケを潤していることが分かります。 石垣の下にはウマスギゴケが見られるのでした。
_IGP3488 _IGP3489
上面から見ますと、様々な苔が見られるのでした。 道路に戻りまして、以前より気になっていましたシノブゴケを観察。何十年と育っているシノブゴケは何というか気になるところです。
_IGP3492 _IGP3496
スナゴケの収集をお願いしておりましたお宅の前の空き地にはウマスギゴケとハイゴケが自然に共生し、いつみても驚かされます。少し向こうに見えるのは集めていただいたスナゴケです。 近付いて見るウマスギゴケとハイゴケです。ここにウマスギゴケが生育するというのはやはり山に近いという条件であることが分かります。
_IGP3500 _IGP3497
大トレーに集めていただいたスナゴケです。このスナゴケを持ち帰り養生していくのですが、一作しますとそれはそれは美しいスナゴケとなります。 近くには田んぼを地上げした畑があるのでした。そこにはハイゴケが群生しているのでした。
_IGP3498 _IGP3504
芝生まみれですが、ハイゴケがよく育っているのでした。この畑は山から離れており、ウマスギゴケが育つ環境ではないことがよく分かります。その代わり、この斜面にはハイゴケが良く育っているのでした。 スナゴケも積み終え、早々に帰り支度。途中日暮れとともに街道をひた走るのですが、ここは高雄。ライトアップも美しい紅葉でした。
_IGP3390 _IGP3391
本年の夏は異常気象で高温の夏でした。

それにてシノブゴケは涼しい気候を好むのか、なかなか難しい夏越しでした。

そのような中で今秋少しは回復してくれましたアオシノブです。

_IGP3316 _IGP3317
ヤマトフデゴケを9月に入手。何トレーかあったのですが、

採取業者の特徴で常にビニールを敷いてくれるのですが、結果として思わぬことになる時があります。

今回もそのうちの1~2トレーを見ましたところ、ヤマトフデゴケ以外にも他のコケが生長している様子。

それは何かといいますと、ビニールを敷いていますと水が溜まってしまい水漬状態。

そうなりますとヤマトフデゴケは生育環境が変わり、他のコケと入れ替わってしまうということになります。

ヤマトフデゴケ以外にも「ナガバシッポゴケ」が生えてきました。(鑑定の結果です)

_IGP3318 _IGP3319
そして1ケースだけが特に変わってきたなあと思っていましたところ、

鑑定の結果、ナガバシッポゴケに完全に入れ替わっていました。

シッポゴケはかなり湿潤を好み、弊園でも半分プール状態に管理しておりまして、よく育ちます。

その環境がヤマトフデゴケを退化させ、シッポゴケの好む環境を作り出してしまいました。

人手が足りないと言ってはおられません。

やはり今後は入荷しましたなら水はけの良いトレーに移して管理してやることに決めました。

ともかくもフデゴケ、ヤマトフデゴケは環境を好み、管理が難しいコケであることはよくわかっていたのですが……。

これも失敗は成功の元といいます。自然ではなかなか入手できないナガバシッポゴケも育ったことだし、何事も経験。

テラリウムをおやりになるみなさまもご注意してくださいねえ。

_IGP3241 _IGP3243
昨年秋に入手したオオカサゴケ、和歌山県紀南産と思われます。冬の間はハウス内に入れ、凍結を防いだのですが、

本年夏の暑さには耐暑性が無いのか、地上部は枯れ、休眠状態に。

ところが秋、気が付けばカサをたくさん広げた姿が目に付くではありませんか。

採取業者にたずねましても、やはり夏の間現地でも姿が見えなかったとか。

涼しい山間地のことは不明ですが、夏休眠型のコケなのでしょうか。

_IGP3247 _IGP3249
少しその育てましたオオカサゴケを取り出しましたところ、

地下茎(一次茎)から二次茎を次々と出している姿のオオカサゴケが見られるのでした。

やはり少し肥培しますとこのような状態になるのが分かります。

やはり苔もコケ植物です。一般の植物と何ら変わりがないことが分かります。

_IGP3251 _IGP3254
夏の暑さに弱いタマゴケ。秋以降涼しくなってからのタマゴケは絶好調。

今回の中パックのタマゴケも近々に入荷したものです。

_IGP3262
オオカサゴケを育てますと、やはりシノブゴケが育ってきます。多分アオシノブゴケではと思いますが、

それよりもこのオオカサゴケ、当初は滋賀県で採取した折には小型でしたので

オオカサゴケではなく、カサゴケかと思っておりました。

ところが正式に鑑定してもらいましたところ、オオカサゴケの小型タイプとか。思わぬことでした。

_IGP3263
こちらのオオカサゴケも一年育てますと、やはりシノブゴケが育ってきました。

やはりオオカサゴケの育て方にはシノブゴケが合うことが分かります。

_IGP3197 _IGP3199
黄金色の輝くハイゴケ、作りこんで一年が経ています。この黄金色に色付くハイゴケは、山採品の中でもやはり黄金色を帯びています。今後何ハイゴケか鑑定を依頼しなければと思っておりますが、それよりも本年9月初めの台風により遮光ネットは吹き飛ばされ、晴天の日は残暑厳しい日々が続いておりました。でも意外や意外、確かに少し焼けたようなイメージはするのですが、元気に育っています。 こちらのトレーはいろいろなハイゴケが混植でしょうか。
_IGP3200 _IGP3201
入荷時昨年秋ですが、コロニーの状態、つまり採取した状態で広げて約一年経過した多分黄金色に色付くハイゴケです。 多分色々なハイゴケの混植かと思われますが、やはり一年は経ています。
_IGP3202 _IGP3204
ところが9月に入荷しました天然ハイゴケです。 入荷時はそれはそれはきれいなハイゴケでしたが、残暑厳しい中で管理しますと乾燥が早く、自然のコロニーも維持できずに保水力が落ちた結果このように。庭に苔を張る場合、どのような苔でも共通していえるのではないかと思います。
_IGP3240
話は変わりますが、従来「苔玉キット」としてハイゴケ+混合ケト土でしたが、

新たに信楽焼黒土受け皿(小型)2枚をセットにしたセットを新発売しました。

_IGP3171 _IGP3172
この秋に入荷しておりますコウヤノマンネングサ、奈良県吉野山系から入荷しております。
比較的よく育っております。
シノブゴケで根巻しておりますが、1巻でコウヤノマンネングサ本年生長した青々とした二次茎10本入りです。
フルーツパック 大パックで3巻入れられ、1パックにて30本のコウヤノマンネングサです。
_IGP3195 _IGP3193
よく見ますと、育ったコウヤノマンネングサに胞子がついておりました。
中々胞子が見ることが少ないコウヤノマンネングサです。
_IGP3190
和歌山県紀南産のオオカサゴケです。
入手しましたのが昨年の晩秋。丁度一年の月日、その間平地の夏は暑く、耐暑性がないのか休眠、秋とともに新芽が生育しまして、このように生長しました。

シノブゴケとのコラボがピッタリとも思えますので、シノブゴケをサービスしてお送りしております。
栽培品のオオカサゴケです。

_IGP3185 _IGP3186
栽培品のシノブゴケです。
栽培して一年は経ています。右側の枯れた部分はシノブゴケ以外の苔かとも思われます。

本年9月の台風で遮光ネットは飛ばされてしまいまして、それ以来直射光線の日々ですが、水やりも毎日できず少し焼けてしまっております。
本来日陰のコケですが、なかなか上手に育っています。

_IGP3187 _IGP3188
ところが台風の後入荷しましたシノブゴケ、日陰に全量置かれる予定だったのですが、手違いにて何枚かのトレーを遮光ネットの外れた直射光線下に置かれたのでした。
すると約2か月間でこんなに焼けてしまいました。
入荷時は青々だったのですが、これも良い経験です。

実は何を言いたいかといいますと、庭に苔を張るというのはなかなか難しい問題があるということです。
上手に育った苔は保湿作用も充分にあり、水分保持もあって焼けないのですが、採種品は山の中でそれこそ空中湿度も充分ある中で育っているシノブゴケを平地に持ってきて、ただ単に並べますと水分保持ができず、休眠状態に、つまり茶色く変色してしまいました。
一般にはこれを枯れるといっていますが、来年春の成長期には青々としてくるかと思います。

そのようなことで庭に苔を張るということは、この辺の原理を理解しないとうまくいかないかと考えられます。

_IGP3061
耐暑性のないタマゴケ、京都の平地は夏の気温もうなぎのぼり、

冷涼な気温と湿度を好むタマゴケにとって、過酷な環境な弊園。

梅雨明けの7月から8月にかけてはどうしても苔が弱ってしまいます。その間ご注文いただくととっても頭の痛い話です。

9月に入りますと新入荷のタマゴケをお送りすることが出来るのですが、

そのようなことで夏を過ごしたタマゴケはこのように、少しいたんでおりますのでB級品にて販売です。

_IGP2574 _IGP2577
小トレーにての入荷商品です。夏の気温の涼しい山間部に多くの生育地を見つけるヤマトフデゴケです。

少し多めにご注文されたい方には小トレーをおすすめいたします。

_IGP2484 _IGP2487
スナゴケを大パックにて約2年です。その間色々なことがありました。例えばスタッフに水やりを任せるのですが、何の注意もいいません。

すると気温が高くなってくる季節であっても水やりは必ずしなければと思うスタッフ。

日中イッキにムレて茶色く変色。でも秋の長雨でその茶色くなったスナゴケも青々と活き返ります。

そのようなこともあってこの2年間の観察にて「初心者が失敗する原因と対策」も解説できるのではと思います。

「失敗は成功の基」とはよく言ったものです。

_IGP2488 _IGP2492
ハイゴケ大パック。実は商品ページのハイゴケの解説の中の文末に、フルーツパックでのハイゴケの育て方の一文があります。(記載していない商品ページもあります)

それは2016年10月10日がスタート日。それから約2年間育ててきました結果がこの画像です。

但、後で解説するフルーツパック(中)に比較しまして育ちが悪く、途中で多少ムラしたのではと思います。

何しろこれも何も分からないスタッフに水やりを任せましたので。

指導が悪いと批判を受けるかもしれませんが、それを乗り越えて、失敗を見ているのです。

そのことがみなさまにアドバイスできる最大の強い経験となっています。そのようなことで2年間養生したハイゴケです。

_IGP2493 _IGP2495
こちらはモリモリに育ったハイゴケ(中)パックです。もっと早いうちにこのような状態になっていましたので、実際には2年も費やすこともないかと思います。

でも2016年10月10日より、当方も解説するために努力をしております。

みなさま参考にしてくださいねえ。「苔は土がなくとも育つこと」をです。

_IGP2496
そしてひっくり返した底面です。実は何を意味するかといいますと、茶色くなった部分は老廃物であるということを解説したかったのです。

コケといえども植物です。生長していく途中には、常に老廃物を出し続けております。

その蓄積した老廃物を見ることが出来ます。この解説は本来培養土で解説したいのですが。

_IGP2499 _IGP2501
ハイゴケの水栽培です。色々なブログ解説等見ておりますと、「ハイゴケの水中化」というブログがあったかと思います。そこで水栽培ができるか考えたのです。当初は失敗の連続。それは何かといいますと、気温との関係でした。

夏、気温の高いときに遮光率の低いネットを使いますと水温が上がり、ムレてしまったことでした。

それで気温を下げるために遮光率を上げますと水も煮えず、このように育ってくれました。

アクアリウム等で育つのは間違いないかと思いますが、それは室内にて水温が上がらないことによるのではと思います。

_IGP2502 _IGP2503
オオスギゴケの水栽培です。やはり水を好みながらも水を嫌うコケです。コケ植物の中で本来の湿生植物はミズゴケだけということがよくわかります。水もたれして育ちがよくありません。

常に底面地下茎のところに水が流れている状態、或は湿った状態がよいのではと思われます。

_IGP2530
ムラサキミズゴケ4号丸カップです。カップの下部に小穴を開けております。つまり栽培容器代わりになります。

水をやっても必要量以上はこの穴から排出されますので、安心して育てられます。

_IGP2531
オオアオシノブゴケ4号丸カップの商品見本サンプルです。

夏の暑さに弱く、深山幽谷でしか見られない苔であることがよく分かります。

_IGP2533 _IGP2534
そのオオシノブゴケの秋の生長です。レースのようにきれいに育っているのですが、春はこんなものではありません。

今後解説も加えていきたいと思います。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.