園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
IMGP6496 IMGP6498
いつの間にか大陸産のフジバカマしか見ることができなくなってしまったフジバカマですが、やはり国内産フジバカマの人気は衰えません。
IMGP0936 IMGP0955
人気のツクバネ。この季節は受粉もすぎて雌花は成長してきました。
IMGP0940 IMGP0951
このツクバネ、寄生植物で雌雄異株と少し複雑な植物です。
ちなみにこの株はヒノキが宿主となっています。
こちらはドウダンツツジとヒノキとなっています。例年人気が高く、
少しづつ買い増ししておりましたが、お客様のお問い合わせにより少し早めて販売します。
IMGP0145 IMGP0146
タカネナデシコが咲いてきました。これも種を播きますと矮性種とそうでないものに分離してしまいます。
今後矮性種を大事にしたいと思います。
IMGP0147 IMGP0149
斑入りのイチハツもこの季節だんだんと無地葉が育ってきました。
いわゆる曙芸といわれる斑入りです。
斑入りのオニユリ。
まだまだ珍しく少し高価です。
IMGP0153 IMGP0154
本年新しく入荷しました、八重咲(二重咲)のアケボノホタルブクロです。
銘は「みなとまつり」とつけられています。
姫ホタルブクロ「白姫」もかわいらしく咲いてきました。
IMGP0155 IMGP0156
白花マツモトセンノウも日光を充分にあびて咲いてきました。 そしてダイダイイロマツモトセンノウも咲いてきました。。
IMGP0162 IMGP0163
斑入りのヤブラン「イエロードラゴン」の成長期です。 こちらは同じく斑入りのヤブラン「ホワイトドラゴン」の成長期です。
きれいな斑です。
IMGP0167 IMGP0168
トキイロツボサンゴが咲いてきました。 こちらは赤花ツボサンゴです。
IMGP0170
少し変わったコウヤハンショウヅルが咲きました。これは昨年奈良県から持ち込まれたものです。
まだまだ本咲きしておりませんが、楽しみです。
IMGP5580
椿「玉の浦」です。白の覆輪が見事に出ています。
咲くタイミングはどのようなメカニズムになっているのか?
覆輪にかなり差があります。
IMGP5579
寒菊ともいえる虹ヶ浜菊が咲いています。
別名ウラトミギクと呼ばれている初冬のノギクです。
IMGP5438 IMGP5439
絞初嵐が咲き始めました。 数奇屋といわれる侘助椿です。
IMGP5425 IMGP5426
八房のコメツツジが入荷しました。 寒ボケの咲き分けです。
IMGP5429 IMGP5430
富士桜のおしどり桜です。 同じく日の出八重です。
花が咲いていないことにはわからないのですが。
IMGP5431 IMGP5435
キンズです。 斑入りのアリドオシ、つまり一両です。
IMGP5349 IMGP5350
昔、植木市にて桃色侘助の名で入手しましたが、今となっては名前がわかりません。 太郎庵です。
次々と咲いています。
IMGP5354
白卜伴が咲き始めてきました。
この11月頃の花は霜の害にも当らず、綺麗に咲き続けてくれています。
IMGP5196 IMGP5197
ヤブコウジ(十両)本年はよく実がなりました。
IMGP5214 IMGP5217
大陸さんのツルヤブコウジですが、これもよく実が付いております。
本主も人気で完売でした。
IMGP5193
ゲンカイハマベギクが満開をむかえる季節となったようです。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.