園主のフォト日記
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
IMGP7639 IMGP7644
弊園では取扱いのない楽風ミニ鉢(小)のしたのミニで植え込まれています。
五葉松は野生の株を引っこ抜いて来られたとのこと。
もちろんヤマゴケも自採りです。
IMGP7645 IMGP7646
こちらも山採りのトショウを植え込んだ苔盆栽です。
IMGP7425 IMGP7426
10年程前に一世を風靡した太公望でしたが、今回はスナゴケで再現しました。というのも末永く楽しむことができるからです。
IMGP7427 IMGP7428
同じくスナゴケの苔盆栽の上に都鳥の添配を配しました。この都鳥、先日の盆栽大観展で入手したものですが、今は作る人もいなくなったのですがそれもかなり古い作品のようでした。
IMGP7429 IMGP7430
信楽焼きの舟形の植木鉢で太公望を再現しました。なかなか難しい鉢で使用するのに考えさせられていたのですが、苔ならこのように。

でも聞くところによりますと生産は止められたとか。

この五重の塔を配した苔盆栽はいかがでしょうか。スナゴケなら長く楽しめますので今後ヤマゴケに代わってよいのではと思います。

鉢は竹鳳です。

IMGP7432 IMGP7433
同じく竹鳳の「くらま」風の鉢です。草原のイメージをスナゴケで再現し、そこに白馬2頭を配しました。

いかがでしょうか。

IMGP7062
登窯で見られる灰かぶりの自然にできる美しさをモチーフにした「かわいい」小鉢に苔盆栽です。
IMGP7064 IMGP7065
手作りの味を活かした柴勝さんならではのデザインの山野草鉢です。
味のある浅鉢に苔盆栽、いかがでしょうか。
IMGP7015
信楽焼の植木鉢を見る度にこの鉢が気になっていました。この鉢も聞いて見ますと完全手作り鉢でした。
菱形の側面の4片を張り合わせ密着させているのですが、この密着が難しく焼き上げますとその収縮で角が割れてしまうという失敗作になります。
こだわりの職人芸の一品です。
しかもただ単に白釉ではなく、茶陶で見られる「御本手」といわれる赤土を混ぜ込み、ほんのりとした文様を浮き出させています。

そのようなことで、少し割高な植木鉢にスナゴケを使っての苔盆栽を作ってみました。

IMGP7017 IMGP7022
同じく菱形の黒釉を使っての窯変が見られる秀作です。
スナゴケの深い緑と鉢の色合いとがうまくマッチした一品です。
信楽焼の亀君です。これも初めて見た折、何かうまい使い方は無いかと考えたのですが、ただ単にスナゴケの苔盆栽を思いついたのです。
愛嬌のある亀君です。
弊園では「みどりがめ」の名称でこのスナゴケの苔盆栽を販売しております。
IMGP7025 IMGP7034
同じく信楽焼の舟形をした手作り鉢です。
当初この鉢を入手しまして、どのような使えば良いか考えておりました。
そして2年。やはり久しぶりに苔盆栽を試作しました中にこの鉢を使ってしまいました。

イラボ釉で焼き上げた舟形の鉢、当初は寄せ植えと思ったのですがこのスナゴケの上にフィギュアを使用することにより現代的かなあと思う一作です。

信楽焼の南蛮焼灰かぶり風に焼かれた鉢です。

業者向けのカタログには「茶窯変葉型」と記載されておりますが、当方見るなり気に入りまして、始めは「ツメレンゲとイワヒバ」の寄せ植え、そしてこのスナゴケの苔盆栽に使っております。

IMGP7037 IMGP7046
変わって常滑焼の盆栽鉢作家、柴勝さんの焼き締めの山草鉢を使っての苔盆栽です。
いずれの鉢も登窯で焼成していた頃の味を現代の窯で再現されています。
この鉢は「灰かぶり」の窯変を再現され、スナゴケとのコラボがよく似合った苔盆栽です。
サイズは5.5号(16.5cm)の大きさです。
同じ形をした4号(12cm)の大きさの鉢を使用しております。
IMGP7039 IMGP7041
かまぼこ状の長方の焼き締め鉢です。
スマートな細身の苔盆栽です。
6号(18cm)の長さの鉢です。
古代の焼きもの「須恵器」にこのような形をした「甑」型のものがあったように思います。
その甑型をモチーフに、胴には「櫛目」と「灰かぶり」をアクセントにしたなかなか優れものの植木鉢です。
3号(9cm)です。
IMGP7044 IMGP7048
2枚貝、つまりハマグリの貝が合せられたモチーフの焼き締めの鉢ではと思います。
スナゴケとうまく調和したおもしろい苔盆栽になっているのではと思います。
かなり変形した鉢です。
おそらくは登窯で焼成されていた頃、あまりにも高温で焼かれた鉢が耐えられず、変形した焼き上がりが見られたかと思います。
そのことをモチーフにされた鉢かと思います。
IMGP7053 IMGP7068
なかなか意表を突く鉢です。
自然に採取したスナゴケをぽんと置くだけで様になる苔盆栽とはこのようなことではないかと思われます。
大きさはそれぞれ4号と3号です。
IMGP7051
縁が内側に入り込んだ丸みのある鉢です。
盆器の技を余す無く山野草鉢にも活かされているのが柴勝さんのなせる業かと思います。
大きさは3.5号(10.5cm)です。
imgp6333
秋空の日、信楽焼の里へ植木鉢を仕入れに行き、昼食に町内のあるレストランへ行きました。始めは気づかなかったのですが、食事後 苔があるなぁと思いよく見ますと「水苔」の自生があったのです。
imgp6337 imgp6330
よく見ますと駐車場は山の北側にあって、駐車場が日陰になりやすく、その斜面は終日日陰の、しかも山からの水が染み出してくる苔には好条件だったのです。その中でも水苔はかなりの面積を占めておりました。
左側は日光が当たって育っておりましたので、秋には紅葉しております。

ミズゴケはあまりにも種類が多く、品種は特定できません。

その紅葉した水苔です。何年も育っているかと思いますが、山から染み出す水と肥料分でわずかずつ育ってきたかと思います。
imgp6338 imgp6331
拡大した写真です。夏には青々と育っているのか観察したいと思います。 そしてそれよりも日陰の斜面には青々とした水苔が育っています。
水苔は日陰で育つと年中青々としていることがわかります。採るわけにもいかず、長さがどれくらいあるかわかりませんが、何年くらい育っているのか知りたいものです。
imgp6332 imgp6339
日陰の斜面にずぅーっと育っている青々とした水苔です。きっと山から水が染み出しているのでしょう。
この水が切れるところまで育っているかと思います。
その青々と育った水苔の拡大です。
imgp6340 imgp6336
ところが水苔の生えていない斜面もあるのです。
常に濡れているのでしょうが、水苔が無いのです。
おそらくは日陰すぎる、つまり光線量が足りないのではと思います。
このレストランは信楽町~大阪府枚方を結ぶ国道沿いにあります。
聞くところによりますと、この辺りの休耕田には水苔、或いはサギソウの自生が見られたとのこと。弊園のお客様は、その昔 常に採取しに行ったとのこと。この辺り近辺かと思います。
IMGP4311 IMGP4312
軽石にハイゴケを着生してみました。
気温が下がってきただけに成長が悪く糸がまだ見えますが、何とかきれいに育っています。

苔テラリウムとして使えないか、或いは苔盆栽として観賞に向いているか、考え中です。

IMGP3746 IMGP3749
苔玉1個分は充分入っているハイゴケです。
天然だけに入荷毎、季節毎にコンディションは変わりますが、大体の目安です。

そして苔テラリウムにも少量の御使用には向いているのではと思います。

IMGP3006
10年ぶりにつくってみました。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.