園主のフォト日記
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
IMGP6496 IMGP6498
いつの間にか大陸産のフジバカマしか見ることができなくなってしまったフジバカマですが、やはり国内産フジバカマの人気は衰えません。
IMGP2867 IMGP2868
山田が続く一番奥の田んぼの土手に例年たくさんのフジバカマが咲いています。
それでも初めのころよりも少なくなりましたが。
IMGP2869 IMGP2871
そして田んぼにはオモダカの花が咲いていました。 辺りを見回しますとヨメナも咲いています。
IMGP2872 IMGP2873
この辺りもセイタカアワダチソウがかなり侵入してきていますが、頑張っているフジバカマです。 咲き始めています。
IMGP2874 IMGP2875
セイタカアワダチソウの中で咲いているフジバカマ、毎年咲いて欲しいものです。
IMGP2876 IMGP2877
そのフジバカマです。 そして土手に群生して咲いている様子は例年見られるフジバカマです。
IMGP2878
毎年咲いているフジバカマですが、やはりあちらもこちらも少なくなっているのは少し寂しい思いがいたしますが、これも自然かと思います。
IMGP2307
以前よりお訪ねしたい農園がありました、今回は交換会も早く終わりましたのでお訪ねすることに。

そしてその道中、八ヶ岳高原ラインを走っておりますとなにやら見たことのある野草が咲いていました。
よく見ますと本邦産のフジバカマです。
このようなところにも自生があったとは思いもよらず、少し観察してしまいました。

IMGP2309
IMGP2314 IMGP2315
そのフジバカマです。
よく見るとその辺りあちらこちらに自生が見られ、自然がよく保存されている事がわかりました。
IMGP2317 IMGP2319
そしてそのフジバカマに混ざってワレモコウも見ることができました。野生のワレモコウを見るのは何十年ぶりです。
このワレモコウ、ネットショップでは人気が高いとはいえませんが、秋の野草としては皆様に育てていただきたい一品です。
201210-IMGP6380 201210-IMGP6381
201210-IMGP6384 201210-IMGP6378
弊園より車でそう遠くないところなのですが、竹薮を通り抜け、

行き止まりの田んぼの付近にはフジバカマの自生が見られました。

農地の地主さんに了解をいただいて株を掘りたいところですが、

種子をいただいて播けば問題はなさそうです。

201209-IMGP5860 201209-IMGP5864
スナゴケがあるところには

フユノハナワラビが芽を出していました。

日陰にはヒカゲノカズラが育っています。
201209-IMGP5862 201209-IMGP5863
もちろん排水のところにはヤマゴケが見られました。 中にはスギゴケも見られました。
201209-IMGP5866 201209-IMGP5870
知人が管理しておられる田んぼの土手にはサワヒヨドリが一面咲いていました。
201209-IMGP5869 201209-IMGP5868
その中にはフジバカマも見られ、国内種か中国種か疑問を持ちながら帰ってきました。
201209-IMGP5867 201209-IMGP5872
そしてその土手には赤花のソバが咲いており、

ネパール原産のものがここにあるわけもないし、

それも知人と不思議だなぁといいつつもまた宿題です。

コマツナギの花です。
201209-IMGP5873 201209-IMGP5874
ゲンノウショウコの自生があちらこちらに ヤマハギもたくさん咲いていました。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.