園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
IMGP9022 IMGP9024
先日滋賀県の山で採取した生ミズゴケのゴミ取りは大変な作業でしたが、
トレーにビニールを敷き定期的に水やりです。
そしてこれが2L入りの生ミズゴケです。従来サギソウを育てるのにピッタリのコラボでしたが、
近年テラリウムの普及とともに販売のチャンネルは広がったように思います。
IMGP9025
こちらはムラサキミズゴケです。
あるところにはあるのですが、この苔も育ててみると色がこのように紅葉したりしなかったりです。もちろん夏の間は青々して育っていますが。
IMGP7015 IMGP7016
入荷しましたコウヤノマンネングサの見本となるような株です。
ランナーで育っていく様子がよくわかります。
株の先端です。
新芽が育っています。
IMGP7017 IMGP7018
草丈は15cm前後でしょうか。 その5~6茎を単位として根巻き、この株を販売いたします。
IMGP7019 IMGP7151
根巻きの中から新芽が覗いている様子です。 根巻き状態の見本株です。
IMGP6257 IMGP6259
以前より入荷中のコウヤノマンネングサをどのように販売するか、ポットに上げて試作してみました。
冬の寒い時期だけに少し色目は悪いのですが、春成長を始めますと苔だけに青々となり、ランナーもポット内をぐるぐる回るのではと思います。
IMGP6260 IMGP6267
これはガラス瓶に育てましたコウヤノマンネングサです。
ハウス内の薄暗い所に置いておきましたところ、何となく育っています。
植えたときよりも色目は良くなっておりますので、これからはもっと良くなるのではと思います。
ところが蓋を閉めっぱなし湿度100%の影響か、ハイゴケがのび始めてきました。
どうも品が良くなくやはり蓋をしないようにするのが良いのかも知れません。
IMGP5893
スナゴケが青々と育っていますが、毎朝の霜はスナゴケを元気付けているように思えます。
IMGP5593
商品名 SH04CL ガラスウェアMCLといわれるガラスボトルにコウヤノマンネングサを植えつけてみました。
少し土が多かったと見え、空間がなくなってしまっています(失敗は成功の元です)。
IMGP5597
昨日ポットに植えつけましたコウヤノマンネングサですが、浅ポットを使用したのですがまだ深く、流通している中で一番浅いポットでも物足りなさを感じます。
より浅いポットが必要かと思います。
IMGP5404 IMGP5403
珍しいオオカサゴケが入荷しました。個体数は少ないとのこと。大事にしなければと思います。
IMGP5405
そしてこれが苔ですかといわれるコウヤノマンネングサです。順次販売したいと思っております。
IMGP4874 IMGP4877
選び抜かれたヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)です。
採り子さんが特に選んで選んで揃えてくれたヤマゴケです。
いかがでしょうか。
小パックもこのトレーから選んでお送りしています。
近年、苔テラリウムの人気アイテム、コウヤノマンネングサの入荷です。
今後弊園にて育て活着したものを通販にて販売したいと思います。
IMGP4879 IMGP4880
珍品のミズゴケ、ムラサキミズゴケがよく育ってくれています。
今後ポット販売を考えておりますが、苔ボトル向きにも企画を考えたいと思います。
IMGP4311 IMGP4312
軽石にハイゴケを着生してみました。
気温が下がってきただけに成長が悪く糸がまだ見えますが、何とかきれいに育っています。

苔テラリウムとして使えないか、或いは苔盆栽として観賞に向いているか、考え中です。

IMGP2197 IMGP2198
8月上旬に入荷しましたハイゴケを弊園にて養成。
天然のハイゴケを販売しておりますと、何かお客様は不満げです。
自然農法と同じく、ハイゴケも天然はやはりダメなんですね。
IMGP2199
そしてこんなに厚く育ってくれています。
苔玉に使用する場合、広げて使用してください。
倍にも使えてきっと使用感がありますよ。
IMGP2200 IMGP2202
今回初めて扱うハイゴケのハーフサイズです。
使用量に応じてお送りできます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.