園主のフォト日記
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
IMGP7628 IMGP7629
秋の良い気候がハイゴケの成長も促し、このように青々としてきました。 大トレー1枚を見ますと、養成したハイゴケと販売可能なレベルになっているかと思います。
でも天然ハイゴケでの注文ですので天然ハイゴケでの発送です。
IMGP0767 IMGP0768
養生を始めたハイゴケです。
従来、天然ハイゴケのみを販売しておりました。つまり、山で自然に生えているものを採集・そうじ・きれいに並べ替えていたものなのですが、
採集地・環境によって品質が一定しませんでした。とりわけ冬期は凍りつく山の中でハイゴケも成長を止め、冬期休眠期に色目も黄色っぽくなるのは
自然現象なのです。しかし、楽天市場で御購入いただきましたお客様の中には、そのようなことは御理解いただけずレビューはきびしい評価。
まるで工場かビニールハウスで野菜を一年中育てている感覚なのでしょうか。ハイゴケにもそのレベルを求められています。
そのようなことで、昨年の夏に試作を始め、うまくいきましたので本年は本格的に生産を始めました。
これから成長していきますので、青々としたハイゴケをお送りする事が可能となります。
IMGP0769 IMGP0770
そしてその培養場です。
以前は色々な山野草を育てていましたが、北側が竹林で日陰となりうまく育てられなかったので数年間放置しておりました。
そこに思いついたのがハイゴケです。まったくの日陰、よく日の当たる所と様々ですが、どの場所でよく育つか試験してみます。
IMGP5449 IMGP5450
ハイゴケとは少し違うのですが(よく似ているといえば似ている)、苔玉には使えますし、観賞用に苔ボトル、苔盆栽にも使用できるのではと思います。
IMGP2197 IMGP2198
8月上旬に入荷しましたハイゴケを弊園にて養成。
天然のハイゴケを販売しておりますと、何かお客様は不満げです。
自然農法と同じく、ハイゴケも天然はやはりダメなんですね。
IMGP2199
そしてこんなに厚く育ってくれています。
苔玉に使用する場合、広げて使用してください。
倍にも使えてきっと使用感がありますよ。
IMGP2200 IMGP2202
今回初めて扱うハイゴケのハーフサイズです。
使用量に応じてお送りできます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.