園主のフォト日記
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
_IGP1291 _IGP1289
駐車場へはこの公園のガーデニングが楽しめます。例年ベゴニアのハンキングは名物となっているのではと思います。
_IGP1288
中央に池があって、遠くにこちらの植物園の名物のひとつでもある花壇が見えます。

その池には南米産のパラグアイオオオニハスが育てられています。

_IGP1227 _IGP1231
そのオオオニバスの花が見られました。ラッキーです。 会場の入り口です。
_IGP1233 _IGP1236
万年青の展示場です。出品物の審査中とあって、展示品はまだまだこれからです。 既に特別賞は決まっておりました。京都新聞社賞には「玄峻」です。話は変わるのですが、化粧に使用されている黒い小粒の石は、その昔の加茂黒です。その当時、楽焼の釉薬といえば京都の加茂川に産する真黒石を水車小屋で、昔ながらの杵と臼で砕いていたのです。その摩擦で石が粉になったのですが、多分このような小粒の小石が途中で出来たのではと思います。それを飾りとして使用する先輩の方々の美意識には驚服いたします。
_IGP1238 _IGP1240
ここからは出品物のご紹介をいたします。こちらは「鼓堂」 「輪波飾」宇治市公園公社理事長賞受賞です。
_IGP1244 _IGP1247
「円心」 京都府知事賞「太陽」
_IGP1249 _IGP1251
古い品種です。万仙園賞受賞「地球宝」 日本おもと協会会長賞受賞「武州」
_IGP1255 _IGP1257
日本おもと業者組合賞受賞「鹿島錦」 日本おもと協会近畿支部長賞受賞「富国錦」
_IGP1260 _IGP1262
春光園賞受賞「春日錦」 宇治市長賞受賞「吉光の松」
_IGP1264 _IGP1267
短冊屋和楽賞受賞「長春閣」 宇治市植物公園園長賞「瑞兆」
_IGP1269 _IGP1273
金賞受賞「寿扇」賞もさることながら、この万年青鉢。五龍写しではありますが、特別仕様の手作り鉢があったとは。 おそらくは江戸時代の作では。白鷺2羽の図柄ではありますが、この鉢は相当古いものと思われます。
_IGP1277 _IGP1278
いずれ劣らぬ力作揃いです。
_IGP1280 _IGP1283
特別賞の席飾りです。本日は目の保養となりました一日です。
_IGP1065 _IGP1069
大津市の中心街、京町に古くより伝わる祭りです。以前より一度は見たいと思っておりましたが、この機会にやっと見ることが出来ました。 「月宮殿山」の山です。立派な造りで江戸時代初期にまで歴史を遡れる歴史あるお庭です。
_IGP1071 _IGP1072
月宮殿山の来歴の由緒書きです。 からくりの皇帝と舞人、本祭りを見てみたいものです。(でも今やネットで見られる良い時代ですね)
_IGP1073 _IGP1076
ベルギーのゴブラン織が飾られています。当時これを輸入できた財力を見る思いがいたします。 そして屏風祭り、今では考えられないのですが、個々の町屋の財力の見せどころでもあったのです。
_IGP1079 _IGP1081
次いで源氏山です。 その源氏山にのせられるからくり人形です。
_IGP1090 _IGP1088
さらに歩きますと、郭巨山へ。 中国二十四孝の一人、郭巨の説話に基づく山であるとされています。
_IGP1095 _IGP1097
西行桜狸山です。この大津祭りの始まりともされています。江戸時代初め、鍛治屋町の塩売治兵衛が狸の面をかぶって踊ったのが始まりとされ、その狸面が飾られています。
_IGP1091 _IGP1093
立派な町家に屏風、何しろこの建物は県の指定を受けた由緒ある町家だけあって、代々狸面を預かってこられたのでは。
_IGP1100 _IGP1103
その西行桜狸山です。この山は毎年くじとらず(巡行は順番争いを避けるためにくじ引きで順番を決めるのですが、そのくじを引かない、巡行の順番が最初から決まっている山のことです)で、巡行の先頭を行きます。 狸山といわれる狸面と合わせて、屋上に載せられる狸と「桜の精(仙人)」が奥に飾られています。
_IGP1104
この西行桜の由来が記されたもので、弊園が現在営業しております大原野が舞台となっております。

以前訪れました西行法師の庵跡に再度訪れたいと思います。

_IGP1063 _IGP1048
幽玄の世界への入り口ともいえる表間です。おもてなしともいえるお出迎えの粧いに作者の意が込められております。 庭には染井吉野の巨木が。そこに吊り提灯と石畳に置かれた小さな行灯のコラボ。本来の照明なのですが、現代社会では普段見慣れない風景。妙に新鮮な感覚に感動を覚えます。
_IGP1050 _IGP1059
本堂に飾られました山野草、和の極めともいえる照明との三位一体の空間演出には、みなさまにはぜひとも参観していただきたい作者の思いがあるのでは。 正面には四季を現したような山野草、青々としたスズカケソウ、花を咲かせた秋咲きのイワギボウシ、秋の実物であるツルウメモドキも添えられ、紅葉の夏ハゼと合わせて秋満開です。作者の一年丹精込めて育てた山野草の演出です。
_IGP1053 _IGP1055
右席には書と山野草のコラボ、なかなかのものです。秋の山野草もいろいろと飾られています。
_IGP1057 _IGP1060
左席です。イトススキにリンドウを始めとする秋の山野草のそれぞれ。左端にはタカクマホトトギスが見事に咲いています。
_IGP0976 _IGP0978
次いで作家の方々の作品が見られる「陶芸の森」へ。雨は止んだのですが、駐車場は車の列。

始めて奥へ奥へと回されたのですが、そこは「火鉢」の名所というべきところで、極めてラッキーでした。

当時の信楽焼の技術の粋を集めた作品ばかりです。今では作ることのできない作品ばかりで、しかも登窯です。

_IGP0980
駐車場は山の上、会場は山の下なのですが、池には蓮が。初めてここに池があることを知りました。

来年の夏には訪ねてみる必要があります。

_IGP1001 _IGP0996
ところが会場は雨の後だけに人影もまばら、おまけに足元は水が湧き出すように水はけがあまりよくない条件です。

余談ですが、この会場そのものが元は山の斜面を削り取った「マサ土」そのものです。

つまり保水力抜群の土壌なのです。

苔の育て方で解説しなければと思っておりましたが、庭に苔を張る場合、このマサ土が最高です。

保水力があるからです。

_IGP0982 _IGP0983
各店を自由に見せていただいているのですが、

春の陶器市と同様、焼き締めを登窯で追及されている「土人・藤本秀」さんのお店に出会いました。

弊園でも花入れとして作られた器に穴を開け(あしからず)、植木鉢として販売いたしております。

_IGP1003 _IGP1004
苔玉が目に付くお店に出会いました。若い女性が頑張っておられる御様子。本日の出店用に作品を持ってこられたのでは。 ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)を、信楽焼陶器の植木鉢で植えられた作品。おそらくこのホソバオキナゴケは、ご自身で集められたのではないかと思われる、色鮮やかな苔ばかりです。
_IGP1007 _IGP1010
スペースをうまく利用され、見せる作品作りをしておられることがよく分かります。 お店のお名前は「もすりぃ」さん。栗東から出店されているとか。一度機会があればお訪ねしていたいと思います。
_IGP1013 _IGP1030
おとなりもやはりお若い女流作家のお店。

植木鉢もお好きで作っておられるのか、お皿とセットで販売されていました。

従来にないセンスで植木鉢を作っておられ、今後が楽しみです。

_IGP1023 _IGP1015
本来は食器を作っておられるのでは。やはり一般的な焼きものを作らないことには経営的にはと思われます。 そのお店の名前は「立花六花」さんです。地元信楽町で頑張っておられます。
_IGP1018 _IGP1019
弊園が只今販売しております植木鉢の中で、雅シリーズを製作しておられる工房さんです。 水鉢も各種色々と作っておられます。今後取り扱っていきたいと思います。
_IGP1032 _IGP1033
毎月京都東寺の弘法さんでお店を出しておられる「無名」の陶器工房さんです。色々な植木鉢を作っておられる地元信楽町出身の女流作家さんです。 プルシアンブルーというのでしょうか、この釉薬を使った焼き物が特徴の作家さんです。それと、辰砂も焼かれています。
_IGP1035 _IGP1044
夕方となり、最終目的の「かみ山陶器」さんへ。陽もかなり傾いてきております。 毎日よく売れているという、多肉植物、サボテンの即売。安価で人気があるようです。
_IGP1039 _IGP1038
メダカ屋さんです。毎日飛ぶように売れているという、いろいろなメダカたちです。よく見ますとお値段もお手頃で、当方も欲しい価格でした。 初めての山野草のお店です。ほかに松茸とリンゴを販売されているのですが、その松茸がよく売れているとのことで、この時間にはもうありません。甲賀市あたりは松茸の産地でした。
_IGP0956 _IGP0971
駅前陶器市会場です。信楽焼のいろいろなお店が出店されています。 朝から降ったり止んだりの雨。本日の人出は少ないだろうと思い、急遽出かけたのですが。
_IGP0957 _IGP0961
中にはこんな植木鉢も。弊園も機会があれば取り扱ってみたいと思います。 昔懐かしい「いぶしの炭火焼」の鉢が今でも見られるということは、今も作られているということに驚きました。
_IGP0949 _IGP0951
_IGP0953 _IGP0955
こんな作品も。信楽焼の古い窯跡から掘り出された「サヤ」です。

おそらくは室町時代から江戸時代にかけて焼かれた食器等を、炎から守るために使用されたものですが、

今やこのように植木鉢代わりになっています。おしゃれな「サヤ鉢」です。

和風なだけに上の材料も和風。おしゃれな寄せ植えには最適なサヤです。

_IGP0963 _IGP0965
植木鉢ではないのですが、気になるお店の気になる器、ミニのつくばいです。当方の考えでは、ミミカキグサ等、或いはモウセンゴケの寄せ植えにどうかと。 このお店のご主人さまです。花入れを作っておられるのですが、なかなかおしゃれな花器です。そして、それを何個か組み合わせて実演中。それがなんとも言えない素晴らしい作品になるのです。四角の立方体だけにいろいろと考えられるのですが、当方が「これは売れまっせ」と言いますと、横から奥様が「手作りやからたくさんは作られへんのですわ」との御回答。なるほどです。
_IGP0966 _IGP0973
苔玉も見せ方もいろいろ、使い方もいろいろですね。苔玉と信楽焼のコラボもインテリアとしてなかなかのものではと思います。 食器を専門に扱っておられるお店の処分品でしょうか?でもこの器、三つ足もついていたりする器もありなんです。そう考えると、ミミカキグサとモウセンゴケに最適では?なかなか普段見ることのできない、陶器市ならではの体験です。
_IGP0975
そうこうしているうちに、「どしゃぶり!」の雨。いたし方なく、信楽高原鉄道の信楽駅で雨宿り。

一昔前なら国鉄、今ならJR信楽線というべき鉄道です。駅も昔ながらの駅舎で、レトロな感じもよいものです。

_IGP0716 _IGP0715
本日は小雨。季節は秋、待ちに待った暑い夏も過ぎた涼しい気候です。本来は人手でにぎわうはずでしたが、雨となり仕方がないです。 お堀りにはアオサギが、何をねらっているのかこんなに近くで見られます。やはり都会慣れしているアオサギでしょうか。
_IGP0717 _IGP0719
今月はお休みの永田さんの陶器店です。来月を楽しみにしています。 北大門の下でアクセサリーショップ「きょうこの店」です。販売品はすべてオーナーのオール手作り品です。弘法さんの前は京都大丸百貨店での販売をしておられたとか。なかなかアイデア豊かな「きょうこ」さんです。きょうこさんのFacebookはこちらです。
_IGP0721 _IGP0722
園芸コーナーへ移動。盆栽の谷口さんです。いい感じのヤマホトトギスでは。
_IGP0723 _IGP0724
石付のセッコクです。長年の作りこみの秀作です。 台は信楽焼にヒトツバの寄せ植えを乗せた吊りスタイルの優品です。
_IGP0725 _IGP0726
苔玉3兄弟です。左から洋ランのデンドロ、レリア、そしてコチョウランと、新しい苔玉の境地です。 カラスバのマンリョウです。
_IGP0728 _IGP0729
百日紅です。 斑入りのイワヒバです。
_IGP0730 _IGP0731
こちらは八重咲きのヒガンバナ。 椿の葉変わり。ぼん天では。
_IGP0732 _IGP0735
紅葉です。 コトネアスターでは。
_IGP0736 _IGP0733
センボンヤリ。想定外です。 苔玉ではありませんが、シダのコタニワタリの石付です。
_IGP0734
こちらは瓦を利用した山野草の寄せ植えです。
_IGP0738 _IGP0739
イソザンショウの盆栽にハイゴケの化粧です。場所柄ハイゴケが育ちやすい環境なのか、上手に育っています。或いは夏の間半日陰にされたのかと思います。いずれにしましてもハイゴケも使用できるということが分かります。
_IGP0740 _IGP0741
諸園芸の田中さんのお店です。 こちらは盆栽のイワモトさんです。
_IGP0743 _IGP0744
お堀の花ハスもきっと、蓮根が太り始め、来年の準備をしているかと思います。 南大門へ移動。やはり休業のお店が多く、少しさびしい気持ちがしないわけでもないのですが、雨では仕方がありません。
_IGP0746
国宝の金堂です。毎回お参りはかかせません。
_IGP0747 _IGP0749
帰りには塔頭の観智院へ。入口のスギゴケは秋の長雨とともに青々と育っています。そのスギゴケの種類の決め手となる胞子です。
_IGP0379 _IGP0381
山道を歩きますと、あっという間に湿原へ。
でもその湿原には水を湛えている姿は無く、本年夏の異常な状態を見る思いがいたしました。
乾いた池の底に当たるところには、多分「イヌノヒゲ」らしきものが弱々しく育っているのでした。
_IGP0382 _IGP0383
周辺を注意しますと、半乾燥状態のミズゴケが見られました。
この山は低いだけあって伏流水も少なく、大きな湿原へとならないようです。
更に奥地へと進みますと「サギソウ」が咲いているのでした。
_IGP0384 _IGP0385
群生状態ではないのですが、あちらこちらにサギソウの花が見られるのでした。
おそらくその昔はこの辺り一帯大群落だったのではと思われます。
やはり草むらの陰にはミズゴケが。
例年なら青々と育っているのかもしれませんが、本年はどこもかしこも半乾燥状態。
_IGP0386 _IGP0387
そのサギソウが咲いている近くには本当に小さな池が、それもなんとか水を得ているのでした。 奥へ奥へ。
サギソウが、感動の野に咲く姿を見られるのです。
_IGP0391 _IGP0390
そこら辺りの草むらにはよく見ると「ミミカキグサ」が何とか咲いているのでした。 「ホザキノミミカキグサ」も見られます。
_IGP0396 _IGP0401
草むらの中に「ミズスギ」があちらこちらに、

珍しいものに出会えました。

更に奥へ進みますと「トウカイコモウセンゴケ」に出会うことに。
でも高温下での乾燥状態、

その姿を見ますと水をあげたくなりました。
そう思う程、耐えて耐えて育っているトウカイコモウセンゴケです。

_IGP0402 _IGP0400
トウカイコモウセンゴケもこの辺りに群生しているところを見ますと、例年だと湿原そのものと考えられます。
_IGP0403 _IGP0404
やはり見ることのできるヤマトフデゴケ、水を好み日も好むという条件で理想的に育つコケであると考えられます。 その拡大です。
本当に自然とは面白いものですねえ。
_IGP0406 _IGP0407
山道の脇にはサギソウとミズゴケのコラボ。 まだ球根も肥大していないため、莟が上がりません。
でも自然界では相当な年数を経ているのでは。
_IGP0408 _IGP0409
こちらはトキソウでは。
花が見られるとしたなら春ですので、今は仕方がない状態です。
モウセンゴケの群落です。
辺り一帯でここにのみ見られました。
やはり乾燥化なのでしょうか。
_IGP0410 _IGP0411
拡大画面ですが、やはり雨が少なく成長が望めず、自然とは厳しいものです。 そのモウセンゴケが自生しているのはこの小さな池の周りです。
雨が降らない本年の夏だけに干上がってしまっています。
_IGP0412 _IGP0415
どうもこの先には獣道しか無いようなので引き返すことに。
途中「ツルリンドウ」が見られました。
先端には莟らしきものが見えていました。
もう秋はそこまで来ているのかもしれません。
_IGP0413 _IGP0417
足元にはツルリンドウの実生苗が育っています。 始めに見た大きな湿原の周りに「ナガホノワレモコウ」が咲き始めていました。
初めて見る野生のナガホノワレモコウです。
_IGP0418 _IGP0419
やはりワレモコウは湿生植物なだけに、湿原であったり、池の周りであったりそのようなところに生育は見られます。 帰り際、元のお社の大木へ。
水を打ったウチワゴケがどのようになっているか、興味がありましたので戻って見ますと、やはり水を得て広がってきました。
もう少し時間を経れば、より立派なウチワゴケが見られたかもしれませんが。

たのしい鏡山の一日でした。

_IGP0179
残暑厳しいお盆をすぎた東寺の弘法さん。早朝にかかわらず人影もまばらなといってよい程のお参りの人々。
_IGP0177 _IGP0182
北門からお堀りへと足を進めるのですが暑さには勝てないようです。そのお堀りもアオコが発生。

その中を亀が泳いでいるのでした。このお堀りもかなり富栄養化が進み、底にはヘドロがかなり滞っているのでは?

_IGP0184
そう思いながらも園芸コーナーへ。盆栽屋さんの岩本さんです。色々と趣向を凝らした販売品です。
_IGP0185
ナンバンキセルです。この暑い中元気に咲いています。岩本さん手造りの草盆栽、株元にはスギゴケで土止めされており、なる程と思わせる作りです。
_IGP0186
ハコネギクでしょうか?浅鉢に背の低い野ギクの寄せ植えです。
_IGP0188
鉢は越前芳水作では。ヤクシマススキを主にした寄せ植えですが、サギ草が心にくい程この日が出番とばかり咲いています。
_IGP0191
五葉松の吹き流し、バッチリ決まっています。
_IGP0192
お堀りの蓮も残花が見えがくれする季節となり、不思議とお盆をすぎると花が見られなくなります。
_IGP0194 _IGP0195
そのお堀りの前で陶器のショップを開いておられます。

聞くところによりますと、店の名前はつけておられないとのこと。

今後「無名工房信楽焼」と呼ぶのがよいのではと勝手に思ったり。

さすが残暑きびしいので人通りも少なくいたし方ないことかと。

底穴の無い植木鉢?を見つけましたので、購入することに。この鉢でミミカキグサを育てたくなりました。

きっと「かわいい」ということになるのではと内心思っているのですが。

_IGP0197 _IGP0198
帰りぎわに寄らせていただきました永田さんのお店。毎月少しづつ品替わりしている様子。上段をよく見ますと盆栽鉢が場所を広げています。売れているのでしょうか。

そのご自慢の盆栽も心なしかうれしそうです。

永田さんの工房の御住所はこちら。ぜひ足を運んでみてください。

〒622-0322京都府船井郡京丹波町大朴西道の下3-1。 永田 隆郎 様

_IGP9881
滋賀県近江八幡市で植木鉢を作り続けておられる女性作家「ただえもん」さんのお店です。

昨年は遅かっただけに訪問できませんでした。

_IGP9883 _IGP9884
目に入ったのが茄子をモチーフにした植木鉢、ヒョウタンをモチーフにした植木鉢等、

ユーモアあふれる作陶の「ただえもん」さんです。

_IGP9885
白釉の標準的な植木鉢です。使い勝手が良いかと思われます。
_IGP9886
内側に呉須が使われていますので、植木鉢というよりは手水鉢でしょうか。
_IGP9887 _IGP9888
いろいろな形の植木鉢が並べられています。こちらは瓦をモチーフにした植木鉢です。寄せ植えには最適ですね。
_IGP9898
この鉢も手水鉢でしょうか?像耳で飾られ、なかなかおしゃれな白釉の手水鉢でした。
_IGP9900 _IGP9902
五条坂で有名な菓子の老舗「五建外郎屋」(ごけんういろうや)さんです。なかなかおいしいういろうです。

実はこのお店の看板犬であるエケベリア 七福神を背負った白犬です。なかなかにユーモアあふれる五建外郎屋さんです。

_IGP9905
閉店時間となり、人通りもまばらになってきました陶器市。昔はたくさんのお店と人通りでしたが。
_IGP9907
京都亀岡市で作陶しておられる「亀京窯」さんのお店です。

女性ながら「穴窯」という古来より伝わる「松割」の薪を使って

3日3晩焚き続けなければならない荒業で焼き上げた器を販売しておられます。

窯変の美しい無釉の究極の美を追い求められている女流作家さんです。

_IGP9607 _IGP9609
アゼムシロ、本来は山野草というよりも田んぼの雑草としての湿生植物、つまり水生植物の範疇に入るのかもしれませんが、

湿生植物は山野草としての取り扱いも多くあります。御了承願います。

そしてそのアゼムシロが唐招提寺の境内に咲いておりました。

やはりこの暑い夏でも乾燥ばかりの境内ではなかったようです。

_IGP9631 _IGP9632
ジョウザンアジサイが咲いていました。本来南方系のアジサイで近年人気がある種類です。

ここ唐招提寺で境内にて植えられておられ、なかなかイキでおしゃれな感じの粧いです。

_IGP9633
ヤマハギでしょうか?暑い中秋を感じ咲いてくれています。
_IGP9640 _IGP9641
珍しいタケシマユリが咲いているのでした。弊園もその昔ユリの専門業者として各種のユリ球根を取り扱っておりました。

その中にこのタケシマユリがありました。

でもその当時でさえも生産がストップした状態で国内で流通が見られなくなりました。

そのタケシマユリが見られましたことは驚きとしかいいようがありません。

近年タケシマユリの球根の流通がありましたので弊園でも取り扱ったのですが、

植えて咲かせた花はマルタゴンリリーでした。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.