園主のフォト日記
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
_IGP9458 _IGP9453
西大寺
昨年より花ハスを境内に飾られるようになり、本年ロータスロードに加わりました。
_IGP9454 _IGP9457
何しろ昨年初めての花ハス栽培、多少不安で見に行きましたが、その不安もイッキに吹き飛びました。

見事に育てられた鉢がたくさん並べられ、それはそれは立派なハスが見られました。

本年は少し遅かったのか、最盛期は過ぎておりましたが、まだまだ咲き続ける西大寺の花ハスです。

_IGP9464 _IGP9462
ネール蓮?
一度でこんなに花を咲かせる花上りの良い品種です。
最盛期はさぞ美しかったのではと思います。
白花八重咲
品種名までは不明ですが、この季節に咲いてくれています。
_IGP9461 _IGP9466
白君子小蓮
直径50cmの鉢に次々と咲かせています。やはり小型であっても大きい鉢が理想的です。
五重の塔の礎石の庭には苔が見られます。
奈良時代に創建された西大寺、この庭の苔も長い歴史を刻んでいるのでは。
この夏は、雨も降らず暑い夏。苔も乾燥状態。
スギゴケは「干しスルメ」状態、アラハシラガゴケ?とともに耐えている姿が見られました。
_IGP9408 _IGP9420
最近は毎年訪れる「草津市立水生植物公園 みずの森」、そこから臨める烏丸半島のハスが消えてしまい早や3年目。
その間「園主の日記」も夏の間はいつもお休み状態。
久しぶりに琵琶湖烏丸半島のアップを撮影したのですが、遠くに近江富士が見えるのみでした。昨年も、一昨年も。

その原因はといいますと、根本的には琵琶湖の富栄養化、家庭排水が大量に長年に渡り下水となって流れ込んだことが、今日の状態を招いてしまっているより他はありません。
その下水中に含まれる窒素とリンが、今思えば異常繁殖へとつながってしまっていることに誰しもが気が付かぬことでした。
そして異常繁殖が及ぼす影響、つまり根から排出される老廃物の異常な蓄積が直接的にはハスを枯らす原因だったのです。
葉や茎の枯葉が枯らす原因との説は的を得ていないと思います。
なぜなら全国にあるハスの生育する湖沼が何ら問題が無いことが証明しています。
例年当方なりの解説をしたいなぁと思いながら…

行政はその解決策としてわずかに残って生育していたハスの蓮根を掘り上げられ、他へ移植をするという対策でした。
例年もう少し早くお訪ねするのですが、本年は少し遅くなってしまいました。
_IGP9353 _IGP9407
正門から入りましたところのアプローチ、夏を彩る「夏の花」、そして睡蓮と「夏を楽しむ」にふさわしい植物公園です。 睡蓮プール、温帯スイレンの花盛りです。
_IGP9334 _IGP9336
オールモスト・ブラック
かの国でも濃紅色となりますとブラックという名前をつけたくなるほどの濃色スイレンです。
ワンビサ
花が斑入りとなる特徴のあまりにも有名な品種です。
_IGP9339 _IGP9343
グレッグス・オレンジビューティー
弊園でも取り扱いのある有名種です。
コロラド
淡いピンクの美しいスイレンです。
_IGP9347 _IGP9416
マンカラ・ウボン
本来の花色とは少し違って咲いているような。
サンギネア
ヒメスイレンの濃色品種です。このサンギネアは睡蓮鉢で育てられていました。
_IGP9354 _IGP9355
花ハスは少し淋し気に咲いていました。 おそらくは太陽旗といわれる小型品種では。
_IGP9358 _IGP9359
池には様々な水生植物が鑑賞できます。 オニバスです。
弊園でも販売しておりますがこのようには大きく作れません。
というよりも売りようがありませんので。
_IGP9361 _IGP9360
パラグアイオニバスです。
アマゾンのオニバスと少し違うのですが、大きいということでは同じです。
白花が咲くようです。開いていなかったのが少し残念です。
_IGP9363 _IGP9364
そして睡蓮、各種の睡蓮が日々咲き、訪れる人の目を楽しませてくれているかと思います。
やはりモネの睡蓮の絵があまりにも印象的であり、その再現でしょうか。
_IGP9368 _IGP9369
池に掛かる橋から池の全景を撮影しました。
残念なことにハスの盛りは過ぎておりました。
湿生ゾーンです。
やはり夏はミソハギでしょうか、暑さをものともせずに咲いてくれています。
_IGP9406 _IGP9371
教材園(ハス園)へ通じる通路には例年このミズアオイが置かれており、早咲種もあるのだなあと初めてわかりました。
_IGP9372 _IGP9405
大洒錦
花に斑入りとなる絞り咲きの八重咲きです。特別草姿は高くなる品種ではありません。
_IGP9375 _IGP9377
千弁蓮
この季節でもたくさん花を上げております。
白花八重咲きの廬山白蓮。
中国より招来されたあまりにも有名な品種です。
_IGP9379 _IGP9381
五丁田
巨椋系のきれいな品種です。
皇居和蓮
花が咲いておらず、花上りの悪い品種であることがわかります。
_IGP9383 _IGP9385
バージニア
これも花が見られず花上りの悪い品種です。やはり草丈は低い種類です。
ローズプレナ
アメリカで育種された赤の八重咲きです。
_IGP9388 _IGP9391
大賀蓮
あまりにも有名な品種です。草丈はそう高くない種類です。
大賀蓮は実生品がたくさん生まれ、どれもこれも「大賀蓮」。
本来の東大のブランドが生まれた大賀蓮はこの花です。原始的な花容をしており、古代蓮といわれる由縁です。
弊園でも販売しております大賀蓮はこれです。
_IGP9393 _IGP9395
西湖蓮 白花八重咲き品種
この咲き方をしっかり頭の中に植え付けておかねばなりません。
毎葉蓮
鮮紅色のきれいな一重咲きです。
_IGP9397 _IGP9399
碧台蓮 白花八重咲き。
この品種は弊園でも栽培しておりますが、少し調べなければと思っております。
といいますのは近年中国より導入されている碧台蓮は中小型品種とされています。
ところがこの通り、草丈は大型品種になることと、江戸時代より栽培されている品種でもあります。
_IGP9401 _IGP9409
手前は酔妃蓮、向こう側に咲くのは碧台蓮、そう高さに違いはありません。 次に温室へ、ここは熱帯スイレンが花盛りです。
_IGP9410 _IGP9411
優雅に咲いてくれています。 次々と咲く熱帯スイレン、夜咲き、昼咲きと様々な姿を見せてくれています。
_IGP9412 _IGP9414
ヌマオオバコ
大きな葉が水の中で揺れるように展開しています。
そして白い花。アクアリウムの世界ですねぇ。
本館から暑さの中で咲いてくれ、来園者の目に焼き付いているのでは。
本年は暑さも例年以上とか。すこしさびしい弘法さんでした。
_IGP9155 _IGP9157
いつも見る風景です。四季折々、縁日も変わっておりますが、今月の夏の一コマです。 盆栽ショップの岩本さんです。
_IGP9158 _IGP9159
草もの寄せ植えが涼をさそいます。夏の山野草の代表種、レンゲショウマも並び、演出効果は十分すぎるほどです。 夏の盆栽です。それぞれ成長し、型も整ってきました。
_IGP9161 _IGP9162
鞍馬石を使った懸崖作り。なかなかしゃれていてなるほどです。 蓮の見える風景。この季節の訪れることを毎年楽しみにしております。
_IGP9165
そのお堀の前で陶器ショップを開いておられる女流陶芸家さん。お名前はいつも聞くことを忘れるのですが、この暑い中がんばっておられます。でも暑さのため人通りは少なめです。
_IGP9166 _IGP9167
先月にもご紹介したかと思いますが、実家は元信楽焼植木鉢の窯元。やはり植木鉢に愛着を感じておられるのでは。
_IGP9168
蓮のある風景。夏を演出する「東寺の四季」の一コマです。
_IGP9026 _IGP9027
次に出会った池は鉄分が酸化しているのか赤池です。そう大きな池ではありませんが。 でもその周辺の湿地にはサギソウが育っています。
_IGP9029 _IGP9032
ミミカキグサも花が咲き、そこへハッチョウトンボが翅を休ませてとまっています。 またとないシャッターチャンス。うまく撮れているでしょうか。
_IGP9039 _IGP9041
水際にもミミカキグサが。株元には株が広がっている様子が分かります。 ここにもホザキノミミカキグサが咲いているのでした。
_IGP9044 _IGP9049
サギソウがあちらこちらに。 モウセンゴケやらミミカキグサやら、野生植物の楽園へ来た感じがします。
_IGP9051 _IGP9052
ミズゴケをバックに、モウセンゴケが次々と咲いていました。 ミズゴケの中にバイカオウレンの株が混生しているのを発見。やはりキンポウゲ科、自然では涼しさを求めてこのように生育しています。一般的には夏休眠するバイカオウレンもここでは休眠していないようです。
_IGP9054 _IGP9062
モウセンゴケの類もこのようにたくさん見られました。 池の周りの木陰にはミズゴケが群落をなしています。
_IGP9063 _IGP9068
松の根本をよく見ますとヤマトキソウが。 ヤマトフデゴケとフデゴケの混生がやはりここでも見られます。涼しさが大事なのでは。都会ではすこし無理な環境です。
_IGP9072 _IGP9074
ここで帰路へ。元の道を下山。山道のわきにはオオシラガゴケが見られ、比較的うす暗く、多湿を好んでいる様子が伺えます。 そしてササユリの葉一枚。普通なら本年発芽と言いたいところですが、自然界では何年も経ているのでは。
_IGP9075 _IGP9083
ヤマゴケのホソバオキナゴケ。乾燥を好むように見られます。半日陰で風通しもよく、なにかヒントになりそうです。 登山道にもホソバオキナゴケが見られ、水はけが良いのかなぁと思います。
_IGP9088 _IGP9089
もう山ではハギが咲き始めていました。 斜面には五葉松の実生苗があちらこちらに育っている姿が見られ、盆栽をやる方々にとってはうらやましい限りではと思います。
_IGP9090 _IGP9091
ネジバナもかわいく咲いていました。山で見るネジバナもよいものです。 乾燥したハイゴケ。チリチリとなり見る影もありませんが、暑い夏の管理法もなるほど、むやみに水をやらないことです。しかし我々販売業者としては、一般の方々に販売する際にどのように理解をしていただくかということになります。
_IGP9096 _IGP9098
側溝のコンクリート面に見られた小形のホウオウゴケ。ここでしか見ることができませんでした。 車が留められるところまで下山。そこにはシノブゴケが見られるのでした。やはりより暗く多湿を好むシノブゴケだけに、上では見られない苔でした。
_IGP8983 _IGP8984
大きな池へ出てきました。いわば峠越えをしてきたようです。多様な植生が観察できる自然の宝庫です。 木に覆われた池の岸辺にはミズゴケが。
_IGP8985 _IGP8986
よく見るとやはりモウセンゴケの姿が。 池の上流にもモウセンゴケ。
_IGP8987 _IGP8989
さらにはミミカキグサも見られました。 中にはムラサキミミカキグサやホザキノミミカキグサも咲いています。
_IGP8990 _IGP8991
コモウセンゴケでしょうか。近くには赤く咲いている姿が見られました。
_IGP8993 _IGP8994
よく見るとコモウセンゴケとヤマトフデゴケのコラボの生育。ヤマトフデゴケは水を好み、涼しさを求めて育っているような。 池の外周を歩きますと、五葉松の実生木が育っています。
_IGP8996 _IGP8998
そしてあまり見たことのない植物。

(後の調べにて、ノギランとのこと。)

湿地になったところではサギソウが見られます。
_IGP9004 _IGP9005
池にはヤマメかイワナか、陸封型の川魚が泳いでいます。 何かを捕らえたのか、大きな口をあけてパクリです。
_IGP9009 _IGP9010
水生植物のジュンサイでしょうか。貧栄養素の中で育っています。 そして、奥に進むことに。そこにはミズゴケが生育しているのでした。
_IGP9016 _IGP9017
湿地にはこのようにサギソウが見られます。 そしてすこし乾燥したところにはヤマトフデゴケが見られるのです。
_IGP9018 _IGP9023
ここはミズゴケの宝庫。湿潤な日陰の環境がそうさせているようです。
_IGP8938 _IGP8941
さらに山中を進んでいきますと、乾燥した元湿原のようなところへ出てきました。 そしてそこにはいきなり池があり、ジュンサイ、ヒツジグサ等が見られるのでした。
_IGP8956 _IGP8958
そのヒツジグサの花です。 その池の景観には感動しました。
_IGP8959 _IGP8960
上流にはわずかに湿原が残っており、その代表的な植物のミズゴケが見られるのでした。
_IGP8961 _IGP8963
よく見るとサギソウも育っています。 そのサギソウとコラボするようにモウセンゴケが。
_IGP8965 _IGP8966
ミズゴケは自然では日陰の水があるところに生育、つまり「日陰を好む湿生植物」であることがよく分かります。 今にも花を咲かせんばかりのサギソウが見られるのでした。この地域のサギソウは早咲きなのかもしれません。
_IGP8972 _IGP8973
さらに奥地へと進むと、そこにはミズゴケが美しく育っていました。
_IGP8976 _IGP8980
山の中を歩いておりますと、わずかですがヤマトフデゴケも見られます。なぜか生育不良の様子を呈しているのですが、おそらくこの季節の高温多湿を嫌ってのことかとも思われます。 オオシラガゴケ。この道中いたるところに見られたのですが、すこし乾燥気味になっておりました。
_IGP8981
そしてササユリの小株。まだシカ・イノシシ等に食べられるほどの大きさに育っていないのか、貴重なササユリのシーンです。
_IGP8905 _IGP8906
山間地のちょっとした湿原に出会いました。 当方を出迎えるようにハッチョウトンボが飛び回っているのでした。
_IGP8907 _IGP8908
早々にモウセンゴケがあちらこちらに。
_IGP8909 _IGP8910
花の終わったモウセンゴケ。となりにはただいま開花中のモウセンゴケが。 開花しているモウセンゴケの周りには小さなモウセンゴケが見られるのでした。
_IGP8911 _IGP8912
上の方にはミズゴケが生育。 その下にはスギゴケが。種類は不明ですがコスギゴケのような。
_IGP8914 _IGP8915
サギソウです。自然では貧栄養素でなかなか開花までには年月がかかっているのでは。8月ごろに再訪したいと思います。
_IGP8916 _IGP8917
草むら(ホシクサやミカヅキグサではと思います)の中にミミカキグサが見られるのでした。 ホザキノミミカキグサも咲いていました。
_IGP8925 _IGP8926
こんなところにもモウセンゴケが。 サギソウがあちらこちらに見られるのですが、以前にはこのような生育地がたくさんあったのではと思われます。
_IGP8929
湿原をはなれてさらに奥へ。そこには雨の降らない日々を耐えるかのように生育している苔がみられるのでした。
_IGP8927 _IGP8928
ホソバオキナゴケとハイゴケ。いずれも乾燥に強い苔です。 さらに岩場にはホソバオキナゴケが。この地を訪ねると苔の管理のヒントが得られるのでは。
_IGP8930 _IGP8931
砂防のためのネットが張られているのですが、そのネットを利用してハイゴケ、さらにはホソバオキナゴケも見られるのでした。
_IGP8933 _IGP8935
山肌にはゴヨウマツが育っているのでした。松と言えば陽樹。日光を好んで生育するのですが、そこにハイゴケとホソバオキナゴケが生育するということは、やはり好日性の苔では。 さらに歩いて行きますと、斜面にはハイゴケがびっしりと被っているのでした。やはりハイゴケは比較的好日性であることがわかります。
_IGP8936 _IGP8937
山では日が終日当たっているわけではないでしょうが、好日性の苔のなかにハイゴケが入るのは間違いないのでは。つまり、苔玉にしても室内にて観賞するコケではないような感じがします。
_IGP7810
次に東門近くに場所を構えておられる岩本さんの盆栽店へ。季節感あふれる山野草の寄せ植えに目がいってしまいます。
_IGP7809 _IGP7811
獅子ヒトツバとカタヒバの寄せ植え。なにげない風情ですが魅力のある作品となっています。 ヤハズススキとアメリカ小判草にカワラナデシコでしょうか。
_IGP7812 _IGP7813
トダアシに斑入り十和田アシとカワラナデシコ。うまく組み合わされた寄せ植えです。 斑入りのススキにカワラナデシコ、そして京鹿の子でしょうか?
_IGP7814 _IGP7815
場所は堀に移り、蓮の生育状況を。八重咲きはチラホラと咲いていました。
_IGP7818 _IGP7820
五重の塔と蓮。コラボとしては最高のロケーション。蕾も上がりはじめ、来月には花も楽しめる弘法さんです。 ガーデニングショップの大原さん。手作りの花ハスポットを持ってこられていました。持ち越し株だけに花もよく上がっている力作です。
_IGP7816 _IGP7817
堀の前で陶器ショップを開いておられるお店。本日は雨を心配されてのことか、いつもなら人で埋まっているこのとおりも人影がありません。それではと思いこの撮影です。 聞けば実家は信楽焼植木鉢の窯元。なるほど小さいころから植木鉢に慣れ親しんでこられただけに小鉢の植木鉢を作っておられるのでした。
_IGP7821 _IGP7823
帰り道陶器ショップの永田さんを再度お尋ね。人通りも心なしか少ないような。
_IGP7824 _IGP7825
北門の通りにある苔のきれいな塔頭。梅雨の季節だけに美しさは格別なのでしょうが、お手入れはどうされているのか? 市内中心部だけに考えさせられます。
_IGP7826 _IGP7827
格式あるたたずまい。手入れも行き届き、一度は中庭も見せていただきたくなるお寺です。
_IGP7789 _IGP7790
梅雨の晴れ間の弘法さんです。北門からおまいりしますと、永田さんのお店を最初に。本日は永田さんの姿が見えません。 毎月飾られている盆栽と盆栽鉢。盆栽も月日が経つとより風格が。盆栽鉢も品数が増えたような。
_IGP7791 _IGP7792
東門の近くにある園芸コーナー。まずは盆栽ショップの谷口さんのところ。目に留まったのはこのミセバヤ。信楽焼の割れたサヤを利用したサヤ鉢とのコラボが野生美を引き立てています。 珍しいイガグリスゲ。なかなか取り扱いのない商品だけに「あるところにはあるのだなあ」との思い。
_IGP7793 _IGP7794
谷口ショップ人気の苔玉。その充実ぶりには毎月見に来たくなるものがあります。 ハイドランジア(西洋アジサイ)では? なるほどこういうのも、と感心させられます。
_IGP7795 _IGP7796
苔玉ではないのですがコケモモの美術株。年季が入っています。 ヤマブドウの苔玉。実ものの季節材料にも季節感があふれ、盆栽の「一腰をつける」テクニックは谷口さんならでは。
_IGP7797 _IGP7798
かわいらしいハナイカダ。きっと女性の目をひきつけるのでは? 意外性の苔玉です。 スモークツリーの苔玉。「まあなんと」と思わせるものがあります。
_IGP7799 _IGP7800
サツキでしょうか? 変わった材料を上手に利用されています。 黒龍。花の咲く季節の意外性を狙った、葉と花を楽しめる季節ならではの苔玉です。
_IGP7801 _IGP7802
タンナチダケサシ。コンパクトでかわいらしい苔玉です。 ソテツ。これも苔玉。苔玉も色々です。売る側も大変なことだと感心させされます。
_IGP7803 _IGP7804
ヤブデマリ。なんでも使えますねえ。 ヤマアジサイ「愛姫」。季節限定商品というキャッチフレーズにぴったりの苔玉。
_IGP7805 _IGP7806
ベニチガヤ。これは過去弊園も作ったことがあり、懐かしさを覚えました。 盆栽ショップならではの苔玉。五葉松に紅葉。やはり人気は常にあるのでしょうか。
_IGP7807 _IGP7808
本来はメインの小品盆栽のコーナー。いまや脇役になっています。 それでもその中には富士石に着生させたセッコク。年代ものです。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.