園主のフォト日記
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
_IGP4251 _IGP4252
昨年に引き続き御室の桜を見学に駐車場より入りますと、途中参道へ。 中門はやはり人、人、人。昨年はシーズン終了であったこともあり人も少なかったのですが。。
_IGP4253 _IGP4254
境内の桜はやはり終わりかけ。今年は開花が早かっただけに。 それでも残花が残っている桜の木もあり、訪れる人も一安心では。
_IGP4261 _IGP4260
境内の奥には見頃の桜の大木が咲き誇っておりました。品種名は不明ですが、遅咲きの桜も良いものです。
_IGP4266 _IGP4268
五重塔は人気スポット。記念写真を撮る人も多く、この写真一枚にも一苦労。 あちらこちらに桜ならぬヤマツツジが咲きほこり、これはこれでなかなかの人気。
_IGP4270 _IGP4277
白花のシャクナゲ。今はまだまだ小さく見えますが、大きく育ちますとこれはこれで観賞価値も上がるのでは。 本道の前に咲く八重咲き、その名も「一葉」。何ともいえない清楚な八重桜です。
_IGP4281 _IGP4283
終わりかけていましたが「八重紅枝垂」です。 金堂。
_IGP4284 _IGP4287
境内のいたるところに咲く八重咲「関山」。とってもゴージャスな品種です。この関山を見てから町内に咲く八重桜も「関山」だけはわかるようになりました。 そして藤棚が無くとも元気よく咲いてくれています白花のフジ。五重塔をバックに絵になるとはこのことでは?
_IGP4288 _IGP4290
「関山」本当にきれいに咲いてくれています。
_IGP4293 _IGP4294
咲き始めの「御衣黄(ぎょいこう)」。良い名前をいただき、心なしかうれしく咲いているようにも思えます。
_IGP4298 _IGP4299
勅使門の前には「楊貴妃」 八重咲きの品の良い咲き方をしてくれています。
_IGP4301 _IGP4302
ほんのり桜色。名の通りです。 高松宮殿下参拝記念碑です。
_IGP4306 _IGP4309
やさしく咲いてくれています。「普賢象」です。八重咲きといってもいろいろ。
_IGP4331 _IGP4332
勅使門を後にして山門である仁王門へ。
_IGP4330 _IGP4329
仁王門より中門を。 そして境内の外へ出ますと遅咲きの桜の見事なこと。手前より大島桜、関山、御衣黄。
_IGP4326 _IGP4327
その大島桜。
解説を読みますと。。知りませんでした。何気なく季節になると食べるものにも知識が必要。
_IGP4316 _IGP4318
ゴージャスな「関山」
心なしか境内よりも元気に咲いているように思えます。やはり看板だけあって桜も心得ているようです。
_IGP4322 _IGP4320
やはり本来の咲き方をしているのか?色香を感じさせる「楊貴妃」。
でも参拝の方々はだれも見てくれないのです。
_IGP4333 _IGP4336
見事に咲いてくれている「普賢象」
その他にも八重咲品種はたくさんあるのでしょうが機会があれば御紹介したいと思います。
帰り道、竜安寺の前を通りますと、バス停には世界中から来日されている外国人の方々のバス待ちの様子。本当に観光日本を実感いたします。
IMGP3990 IMGP3997
所要があって大阪府枚方市へ。途中長岡天満宮の前を通りますと桜も満開。人出もかなり出ている様子。 枚方市方面へは八幡市を抜けて行くのが一番。淀川に掛かる御幸橋にさしかかると堤防には桜並木。ところが車はちっとも動きません。
IMGP4000 IMGP4003
見事な桜並木です。 八幡市側へ通り過ぎて行きますと、京阪八幡駅からの花見見学の方々の行列。聞くところによると、この期間45万人もの人が訪れるとか。どうりで通り抜けるのには時間がかかったはずです。
IMGP3848 IMGP3849
ザゼンソウの群生地、高島市今津町に訪ねる道中、湖に立つ鳥居で有名な白鬚神社があります。この国道を通ると時は必ずお参りをさせていただくので今回も。 境内の階段を上がって湖を望むのも良い気分転換。そこには紫式部の歌碑も。
IMGP3851 IMGP3852
階段を下りましたところには見頃の紅梅が咲き誇っていました。品種は不明ですが。
IMGP3854
拝殿です。明治12年の造営とのことですが、この白鬚神社、近江の国で一番古い古社とのこと。
色々調べてみますと、東京向島の白鬚神社も分社とのこと。そして全国400余りの分社の本社であることがわかりました。その分社には全国にある新羅神社もあるようです。
湖北には有名な息長氏に代表される渡来系の豪族が多く見られ、この裏山にある古墳も新羅系とのこと。つまり「白鬚」とは「新羅」の意味のようです。
IMGP3504 IMGP3463
早朝より雨。以前より一度はお訪ねしたいと思っておりました盆梅展へ。着きました天満宮もやはり雨。早々に参拝をすませ、会場である参集殿へ。 盆梅展会場入口に飾られていました梅の古木。さすがというより他はありません。銘「鶯宿」
IMGP3464 IMGP3465
その梅の古木を見ながら頭をかえしますと舞楽の「蘭陵王」であろう舞が杉戸に描かれていました。
多分この天満宮でその昔雅楽が奉納された記念に当時の絵師によって描かれたものと考えられます。優雅な会場です。今はかすれてしまって見えにくくなっておりますが、梅の一枝が咲き、頃は早春、梅花祭の催しであったと思われます。
座敷に入りますと野梅の堂々とした盆梅のお出迎え。立派な株には驚かされました。
IMGP3466 IMGP3467
野梅を中心に色々な梅が飾られています。 青軸野梅といわれる品種です。
IMGP3469 IMGP3471
巨木の古梅。背丈ほどあろう大きさです。「緋の袴」といわれる品種です。
IMGP3472 IMGP3473
盆梅の数々の中に黒松。梅を引き立て、そして引き締め効果もあるかと思われます。 「桃園」という古木です。
IMGP3475 IMGP3476
これまた巨木の古梅。お見事! 色々な梅も見られます。
IMGP3477 IMGP3479
「大和野梅」の花です。 水石の展示。盆梅とのコラボ。これも見事な展示でした。
IMGP3482 IMGP3483
立派な建物に古木の盆梅がよく合っている盆梅展の会場です。 和歌山県田辺辺りに産する古屋石の銘石の数々。
IMGP3484 IMGP3487
この「八重唐梅」も身の丈の立派な株です。 脇床に紅梅が飾られていました。銘「紅千鳥」
IMGP3489 IMGP3490
立派な古木が飾られ、来る人を満足させているであろうことは会場の凛とした雰囲気からもわかります。
IMGP3491 IMGP3494
「鶯宿」といわれる品種です。 黒松と古梅のコラボ。会場の参集殿も喜ばれているのでは。
IMGP3495 IMGP3499
咲き分けの「思いのまま」 舞台が作られ、会期中にここで催しがされるのでしょうか。
IMGP3501 IMGP3502
参集殿の前庭には梅が植えられ、楽しめさせています。 境内を一歩外へ出ますと、「繁昌亭」。
「ああ、ここかぁ」と京都の人間からすると初めて見るだけに感激にも似たものが込み上げてきます。
IMGP1193 IMGP1199
京都祇園の舞妓さんも盆栽展へ。記念に。 こちらは盆栽の本場、四国高松からの盆栽イメージキャラクターをされているモデルさんがお二人会場を回ってPR。このときの記念に。もちろん真ん中の男が園主の石田です。
IMGP1190 IMGP1189
本来は1月10日が初日。2日目の弊園売店席です。弊園の取り扱い品目も時代と共に変わり、苔の取り扱いが増えてきました。 但し、こと盆栽展ではやっぱり苔よりも山野草ですねぇ。
IMGP1187 IMGP1184
本来の趣向としまして「もち花」を正月気分を盛り上げるに飾らせていただきました。
IMGP2560 IMGP2561
少し気になりました品種。
今は作る人もいなくなったのではと思っていたのですが、弊園の蓮栽培場の近くに勝山町という町名があり、そこに住んでおられた篠田さんの命名品種です。
丹波の豆葉のセッコクとしては優品です。
IMGP2562 IMGP2563
こちらは赤花石斛、名前は不明です。
でもこの鉢が気に入ったのです。今は無くなりましたが、トモエ製の素焼き鉢です。
これだけの秀れた素焼き鉢を作れるメーカーは今は無くなり、職人芸もこの世界からなくなってしまいました。
IMGP2515 IMGP2519
よくできたトバタアヤメが売られておりました。
谷口さんのショップです。
ここは商品盆栽を中心に、山野草、苔玉といろいろ手掛けておられます。
IMGP2521 IMGP2522
イワチドリ 野生種でしょうか?
なつかしいですねぇ。
こちらはウチョウラン、今流で言うならハイブリッドです。
IMGP2523 IMGP2524
名物となっております、苔玉、コウチョウゲでしょうか。 いろいろな樹種が見られます。
ヤマアジサイから斑入りノブドウ、コバノズイナ等、この季節は楽しみです。
IMGP2525 IMGP2527
ニレケヤキですねぇ。
となりに見えるのはホタルブクロ他。
こちらはヤマモミジといわれるイロハモミジです。
IMGP2529 IMGP2531
こちらはハイドランジャーの「万華鏡」といわれる品種です。 これは銀河という品種です。
IMGP2534 IMGP2535
堀を覗きますと蓮の新葉の成長期。
これからが楽しみです。
この辺りは八重咲きだったのでは。
IMGP2537 IMGP2538
万年青の三光園さんのショップです。 こちらは盆栽の岩本さんです。
いつもながら多彩な取り合わせです。
IMGP2540 IMGP2541
その岩本さんのお店には白花のイワチドリの寄せ植え。
自然の板石を使った贅沢な一品です。
エンコウソウ、いつ見ても懐かしい思いがいたします。
IMGP2542 IMGP2543
きれいに咲いております三寸アヤメです。 こちらは白花の三寸アヤメです。
IMGP2545 IMGP2549
五重の塔をバックにした蓮も良いコンビネーションです。 縁日やらお参りやら、五重の塔は長年変わらず東寺のシンボルとなっております。
IMGP2550 IMGP2551
園芸コーナーへ戻ってきました。
ガーデニングショップの大原さんです。先ほどのハイドランジャーを売っておられましたショップです。
こちらは「和のテイスト」田中さんです。
IMGP2205 IMGP2206
駐車場は河川敷です。 その堤防にはメノマンネングサが見られました。
IMGP1953 IMGP1954
和名 兜蘭、一世を風靡したミクランサムです。
よくここまで育てられたものです。
三蝶咲のシランです。
IMGP1955 IMGP1956
かわいいコケリンドウです。 白花の大輪ナニワイバラです。
何も大阪に自生していたわけではなく、その昔に輸入され着いたところが大阪だったとか。
IMGP1959 IMGP1961
オオイワチドリ「紫宝」です。
実はエノモトチドリといわれています。
コウライテンナンショウです。
IMGP1964 IMGP1965
大鉢仕立てのヒメシャガです。 こちらは白花のヒメシャガです。
IMGP1962 IMGP1969
ホロテンナンショウです。
乱獲され、その数は相当減ったものと考えられます。
こちらは中国伝来のテッセン原種です。
IMGP1968 IMGP1963
これは八重咲きカザグルマのルリオコシです。
見事にきれいに咲いています。
矮性のカッコウセンノウです。
丈夫で育てやすい性質のものです。洋種山野草ですが。
IMGP1974 IMGP1976
エンコウソウです。
エンコウつまりサルですねえ
斑入りのウマノスズクサです。

【 続き 】

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.