園主のフォト日記
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
IMGP1161
初冬の休眠初期を見ておりますとアオミドロ等が一切湧かない水で育ったムジナモはなかなか休眠状態に入らず、その結果冬至芽は左側の2芽にあるように大きく成長しています。
 
夏の間よく育ったムジナモであっても秋とともに水温が下がり、成長が鈍ってくると反比例するようにアオミドロが湧いたポットになり、ムジナモも初冬とともに休眠に入るのが早く冬至芽は栄養不足ともとれる小粒(右側)になってしまいます。
 
一年間の反省を考えますと、ムジナモはかなりの極貧状態が良く、アオミドロが年間通じて発生しないような水質が良いのでは?
PPMの世界になってしまいますが。
IMGP2566 IMGP2568
高層湿原に咲くヒオウギアヤメだと思いますが、遠く離れた当京都でも毎年よく咲いてくれます。 ヨーロッパはフランス生まれの睡蓮「アルバ」
咲き始めてくれました。
IMGP2351 IMGP2352
桃花に分類される優品です。
紫の色素が抜けきらないカキツバタで、よくここまで育種されたかと思う品種です。
「すり衣」スマートな花容で育種された作出者の思いが通じる花形です。
IMGP2354 IMGP2356
「天雲」何ともいえない花容です。
白地に紫の絞り、すがすがしい花です。
「山の風」純白でなく、白花といわれる多少汚れのある花色のことを言うのですが、この山の風は花弁の付け根のほんのり桃色に色づくその控えめな花色に作出者の思いが伝わる銘品です。
IMGP2357
小型コンパクトな「袖の香」です。
花色は濃紅色ですが、遅咲きの特徴を持っています。この花が咲きだしますと、今シーズンのカキツバタも終わりを迎えたと感じさせる袖の香です。
IMGP2335 IMGP2336
「からくれない」の花が一面に咲き、艶やかさが目立つ品種です。 「鷲の尾」です。
砂子斑の花弁はその昔育種されたセンスが忍ばれる優品です。
IMGP2338 IMGP2341
「カラコロモ」です。
野生種とどう違うかといわれそうなのですが、やはり違います。
この違いを選抜された作出者は「カラコロモ」と命名された思いは通じるものがあります。
「鶴の舞」といその花容から思いを馳せられたのではと思います。
紫花の優品です。
IMGP7104 IMGP7105
晩秋に入りましてもお客様より睡蓮の苗を御注文いただきます。
弊園ではポット販売ではなく、裸苗販売をしております。

その裸苗のマンカラ・ウボンです。

弊園では大きな株にならない10号ポットにて育てているのですが、それでも株分けした苗はこの大きさです。
そして水中は温かいのか蕾を上げています。

IMGP7107
そして裸苗をビニール袋に入れて発送しております。

通常、温帯睡蓮は10L入りのビニール袋に入れてお送りしますが、たまたま品切れを起こしまして18L入りの袋を使用しました。

IMGP0774 IMGP0775
ヒメスイレンのジョアンナ・プリングでしょうか。きれいに咲き始めてくれました。 中型温帯スイレンの「マンカラ・ウボン」です。
IMGP0777 IMGP0779
同じく中型温帯スイレンの「メイラ」です。 きれいに咲かせるのは少し難しい、白花の「ホワイト1000ペタルス」です。
IMGP0603 IMGP0604
オニバスも年々株が殖えていきますので、あちらこちらに植えつけますとあちらこちらで芽が出ます。
IMGP0587 IMGP0588
本年は久しぶりに増産体制。以前のように田んぼ4枚を使って育てています。 比較的早くに植付けました「白光蓮」です。
IMGP0589 IMGP0593
黄花の「小金鳳」です。 やはり黄花の「黄玉杯」です。
IMGP0391 IMGP0392
もう何年も前にオニバスの苗を2~3株入れておきました。ポットに移植するつもりでオニバス育成ポットから採ってきたのですが、
それをそのままにしてから何年やら・・。
昨年は無肥料の中、1株だけ発芽しておりましたが本年はたくさん発芽です。
鉢上げしましたところ、79ポットもできました。底には未発芽の種子もありますので、来年以降に期待です。
それにしましても、すごい生命力です。
IMGP3410 IMGP3412
以前より変わった品種と思っておりましたが、10月に入っても咲く品種はそうあるわけではありません。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.