園主のフォト日記
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
_IGP7879 _IGP7880
 本来七段花といいますと、青色の美しい花を思い浮かべるのですが、今回入荷の株はそうではありません。これが七段花?と疑問を抱かれるのでは。
 アジサイ七変化とはよく言ったもので、この七段花も用土はアルカリ性を示すでしょう。実はこの七段花、山野草専門業者が作ったものではなく、ガーデニング植物の生産者が育てたヤマアジサイ。そこにはガーデニング業者の使用する培養土、つまり必ずといってよいほどピートモスが混合された土が使われていると思われます。ピートモス自体は酸性なのですが、その酸度を補正しようとしてむしろアルカリ性になるのです。そして咲けばこの通りの花色。おまけにアジサイは水はけを好むのですが、ピートモス混合培養土は排水性、通気性が悪くなってしまうので育ちはあまりよくありません。
IMGP0572 IMGP0574
ヤマアジサイ「さつき姫」が見頃になってきました。 「藍姫」です。
IMGP0576 IMGP0579
白花ヤマアジサイ「笹の舞」です。 シマバナの「井内錦」です。
IMGP0581 IMGP0583
すがすがしく咲いている「涼香」です。 やはり白花ヤマアジサイ「伊予の白」です。
IMGP0585
きれいシマバナ「日向絞り」です。
IMGP0261
「井内錦」です。
IMGP0262 IMGP0266
コアジサイと見誤ってしまう程良く似ている、蕊咲きのヤマアジサイです。 「日向絞り」といわれる種類です。
IMGP0269 IMGP0274
「涼香」 すがすがしいヤマアジサイです。 「瀬戸の月」です。
IMGP0281 IMGP0283
「さつき姫」といわれる小輪タイプです。 トカラアジサイの「島の空」です。
IMGP4249
花は白花でありながら、実は青というジョウザンアジサイ。
よく考えてみれば、純白ではなく、うるみ花だったのではと思います。
IMGP0878 IMGP0896
テマリ咲きタマアジサイが咲いています。 ノリウツギ ライムライトが咲いています。
IMGP0805 IMGP0806
ガク八重咲きタマアジサイ
咲き始めてきました。
タマアジサイが次々と咲いています。
IMGP3628 IMGP3630
イワヒゲが咲いております。 従来赤花ノリウツギとして販売しておりましたが、
霧ケ峰ノリウツギでした。
IMGP3685 IMGP3688
フウリンウメモドキの雌木です。 シナフジウツギです。
IMGP3695 IMGP3697
八重山ノイバラです。 ヤマアジサイ「白妙」です。
IMGP3039 IMGP3058
南西諸島に自生するトカラアジサイの「トカラの空」
入荷いたしました。
同じく南西系のジョウザンアジサイも
入荷いたしました。
IMGP3078 IMGP3088
斑入りのイワガラミも入荷いたしました。 赤花のイワガラミも人気です。
201409-imgp3672 201409-imgp3674
八重咲きカシワバアジサイ「スノーフレーク」です。

以前は入荷はありませんでしたが近年入荷しております。

同じくカシワバアジサイ「スノークイーン」です。
201409-imgp3691 201409-imgp3694
初めて見ました斑入り奥多摩コアジサイです。 よくできているバイカアマチャも入荷いたしました。
201409-imgp3695
知りませんでした。

カラスバアジサイの青花がこんなにもきれいに咲くとは。

201409-IMGP3281 201409-IMGP3282
土佐の暁 緑ガクがこの花の見所なのでしょうか。 花のタイミングを少しのがしてしまいましたが、石鎚の光です。

七段花等によく似た花です。

201409-IMGP3286 201409-IMGP3288
少し系統は異なるのですが、イワガラミのムーンライトです。

この品種は葉がシルバーリーフとして著名です。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.