園主のフォト日記
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
201806_IGP6459 201806_IGP6460
リパリス属のジガバチソウ。うまく名づけられています。 そしてよく似合っている軽石鉢とのコラボです。よく乾く鉢だけに少し管理が大変かも?
201806_IGP6462 201806_IGP6463
濃色のジガバチソウ。少しピントが甘かったのですが、珍しい個体です。 そしてその植えてある軽石鉢を見ますと、ヤマトフデゴケを使用。なんと高級な植え込み材料です。
201806_IGP6475 201806_IGP6477
サイハイランの花です。なかなか見ることが少ない地生ランです。従来それなりに取り扱っておりましたが花が咲くまでに売れてしまいます。語源は「采配を振る」の采配からのようです。 この種独特の姿をしております。
201806_IGP6483 201806_IGP6491
軽石鉢に植えられたクモキリソウです。ジガバチソウ、スズムシソウと同属のリパリス属です。少し花は遅い様子。 ジンバイソウ。珍しいラン科植物です。ツレサギソウ属に分類される流通が少ない種類です。
201806_igp6325 201806_igp6327
地生ランであるベニシュスランが入荷いたしました。さっそく浅ポットに水苔植えにて定植。シュスラン類は以前よりガラスの器にて育てるというのが定説。ポットから抜いて、ガラス容器にて観賞してください。
_IGP6222 _IGP6227
スズムシ草の仲間、リパリス属 ジガバチソウの季節を迎えました。
_IGP6306 _IGP6309
オレンジカキランの株立ちです。花変わりとしてその昔山野草業界にデビューしたとのこと。 そのオレンジカキランを植えられていた信楽焼植木鉢の縄縁の浅鉢。今はもう生産が見られない珍しい鉢です。
_IGP6316 _IGP6320
今やだんだんと希少種となりはじめたカヤランの杉板付きです。大体、大小15、16株付きです。
_IGP5943 _IGP5947
太い木に着生させたムカデラン。人工的に着けたものですが、さすがプロです。自然に見えるだけすごいですねぇ。 こちらは今は見ることが少なくなったヘゴに着生させてあります。
_IGP5957 _IGP5958
台湾原産の大明石斛、その中透け芸の丹頂鶴デントロビューム属は中透け芸になれば茎まで透ける特異芸。
そのメカニズムは未だに不明とか。
杉板に着生させたカヤラン。なかなかの人気品です。
_IGP4909 _IGP4905
白紫点花の並品でしょうか。昨今安価になり評価されにくくなっています。
_IGP4913 _IGP4915
葉に黄覆輪の斑入り品種「深山錦」です。
_IGP4917 _IGP4918
銘品「紅長楽」です。赤の斑文が美しい特徴があります。雨にあたり姿が乱れてしまいました。
_IGP4921 _IGP4922
銘品「満月」です。やはり花型のよい満月は今でも人気種。
_IGP4924 _IGP4925
銘品「姫四扇」です。斑文の美しいイワチドリです。
_IGP4927 _IGP4928
銘品「星屑」です。端正な花型、あるようでないタイプで命名されたのでは?
_IGP4930 _IGP4931
バイオイワチドリの銘品。紫一点花の日本系です。第一級の実生イワチドリかと思われます。
長生蘭・石斛も以前の人気はなくなってしまいましたが、それでも好事家は少なくありません。
_IGP4354 _IGP4355
近年は交配種も徐々に増え、デンドロビュームの原種との属間交配も見られるようになりました。 自然界には様々な変異が見られます。
_IGP4356 _IGP4357
赤花・黄花・変化花といろいろ。
_IGP4359 _IGP4361
中には、長生蘭も冬の間、葉を落とさず上手に作っておられる作品も。
_IGP4362 _IGP4364
名前を記することを忘れてしまいました。 「箱入娘」紀州産 とされていました。
まだまだあるところにはあるのですねぇ。
_IGP4366 _IGP4368
「千穂姫」とあります。 「天花」という霧点花
お電話をいただきました。
「庭にフーランが付いています」とのこと。
IMGP0431 IMGP0432
こんな低いところに長年育っているとは驚きです。 少し高いところに着生しているフーランです。
IMGP0433 IMGP0434
柿の木にこんな大株が何十年と経ているのか?
でも柿の木は植えて何年になるのでしょうか。
右下の枝にも。
IMGP0435 IMGP0436
この木は中国にとても人気のある「マキの木」に 目線の高さに着生していました。
この株でも何年経ているやら。
おそらく10年以上はと思います。
IMGP0437

あるところにはあるのですが、聞くところによりますとこれでも随分と無くなったとか。
知らず知らずの間に少なくなってしまいましたとのこと。
でも簡単に採れるようなお住まい、今なおこれだけ見られるとはと思います。

IMGP2571 IMGP2574
たしか台湾産の小型野生ランにこのような着生ランがあったような気がいたします。
その斑入りです。
種類を特定しなければと思いながら…
こちらはタイミンセッコクの斑入り品種「丹頂鶴」だったかと思います。
これも元は台湾だったと思います。
IMGP2586 IMGP2587
トケンランの入荷です。 白花(うるみ花)のイワチドリ
作り込みの入荷です。
IMGP2604 IMGP2605
ジガバチソウです。
IMGP2606 IMGP2613
フタバランです。 ヒトツボクロです。
IMGP2621 IMGP2620
ミヤマムギラン ヘゴ板付け入荷です。 キバナミヤマムギラン(素心ミヤマムギラン)も入荷です。
IMGP2629 IMGP2631
マメヅタランです。 こちらはオサランです。
IMGP2652 IMGP2658
赤花のフーラン「未天王」ということでヘゴ付けが入荷しました。 こちらは芸術的なセッコクの石付けです。
軽石にイワヒバ、苔等を着生させ、野性味ある力作です。
IMGP2413 IMGP2421
琥珀殿といわれる黄花、このような品種があったとは、、 黄花の銘品「南山の月」です。
紀州産の大人気品種であったことを覚えています。
IMGP2424 IMGP2428
対する銘品「瀞月(セイゲツ)」です。
澄んだ黄花で紀州産黄花 南山の月と双扁の黄花、人気品種でした。
やはり紀州産の黄花「紀州本紀」です。
実は本場和歌山県には紀州本紀といわれる品種は存在せず、弊園もその昔その収集に苦労したことを覚えています。
IMGP2431 IMGP2441
熊野(ゆや)と呼ばれる紀州黄花の銘品です。
歴史は古く、かなり以前より育てられていた銘品です。但、増殖率が少し悪かったのではと思われる品種です。
「黄の白糸」この品種は弊園も全く来歴不明の品種です。
この世界をいち早く開始された兵庫県の今は亡き雅草園長谷さんの売り出された品種ではと思います。
葉の糸覆輪の入る斑入りで黄花という二芸品です。
IMGP2179 IMGP2184
IMGP2187 IMGP2192
元々自然の自生地にはイワヒバにセッコクが着生している株が見られます。
その作り込みかと思われます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.