園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
201211-IMGP7234 201211-IMGP7235
JR須磨駅下車、バスに乗り換え、バス停到着。陸橋を渡り、公園かと思いきや、

何か見たようなつる性植物。よく見るとアオノツヅラフジ。

山が近いだけに、こんなことろに生えていると妙に感心しました。

201211-IMGP7237 201211-IMGP7238
入り口から馬車道を昇って行き、中門広場に出ますと

右側に秋の七草が植えられています。

ところがその中のカワラナデシコの花を見ますと

絞り咲カワラナデシコが咲いていました。

いやいや、びっくりです。発表されて何年も経ていませんのに

この花を見みられるとは。

201211-IMGP7240
バラ園に入りますと作業員の方々がバラの手入れをしておられました。
201211-IMGP7245 201211-IMGP7249
入園しました時間も遅かったので、西日に傾いた日をあびての噴水でした。
201211-IMGP7250 201211-IMGP7251
前回は朝一番に入園しましたのですが、今回は日が傾いた中での観賞です。
201211-IMGP7258 201211-IMGP7263
温室の中の観賞植物、きれいに咲いていました。 お目当ての「秋の山野草展」の会場です。
201211-IMGP7264 201211-IMGP7273
入口には黄花宿根ツリフネソウの大株が展示してありました。 温室内の展示です。
201211-IMGP7276
帰りはJR須磨駅まで歩いて出たのですが、須磨の海岸を少し歩きました。この近くに平敦盛の供養塔があるとのこと、

弊園の近くにはその敦盛を供養するため、直実が建てた光明寺があります。

遅くまで開催されている山野草展。

以前より一度は見学にと思いながらなかなかいけませんでした。

元々は宮内庁が設計した離宮 さすがというより他はありません。

201111-IMGP4271 201111-IMGP4272
中門広場の入口です。

狛犬は離宮当時のものとのこと。

中に入ると海が望める「潮見台」がありました。

瀬戸内海が見えます。

201111-IMGP4273 201111-IMGP4274
更に進んでいきますと明るい広場に出ます。

そこにはバラ園があり、きれいに咲いていました。

やはり手入れをきちっとされていました。

そのバラ園は「王侯貴族のバラ園」と命名されており、

その名にふさわしいヨーロッパ式庭園です。

201111-IMGP4281
たくさんのバラが咲いていたのですが、

マリア・カラス 懐かしい名前です。

私が熱心だった頃の銘花です。

パパ・メイアン作出です。

201111-IMGP4287 201111-IMGP4288
プリンセス・アイ 愛子内親王の誕生を記念して命名された 作りたくなるようなバラでした。
201111-IMGP4307 201111-IMGP4308
更に高速道路をくぐり植物園に進みますと温室がありました。

その温室を見学し、出口に小温室の講習室があり、山野草展が催されていました。

201111-IMGP4310 201111-IMGP4312
珍しい西表イトラッキョウです。 やはり珍しいスズカケラッキョウです。
201111-IMGP4316 201111-IMGP4321
ルリスズカケソウが見事に咲いていました。 出口の方に向かいますと、もみじ道があり、

その下にはツワブキが花盛りでした。

くわしくはこちらをご覧下さい。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.