園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
_IGP2007 _IGP2009
日本長生蘭連合会会長賞受賞の「京玉金剛覆輪」です。 特別賞「聖」です。
_IGP2011 _IGP2013
平成31年度新登録の「富貴の光」です。 特別賞「阿波の華」です。
_IGP2015 _IGP2016
特別賞「月のうたた」です。 特別賞「玉孔雀」です。
_IGP2017 _IGP2018
特別賞「紅楼夢」です。 特別賞「燕皇丸」です。
_IGP2020 _IGP2021
特別賞「綾三彩」です。 特別賞「長里殿」です。
_IGP2023 _IGP2025
特別賞「川邉獅子」です。 特別賞「雪狂獅子」です。
_IGP2027 _IGP2029
特別賞「福宝丸」です。 特別賞「宝冠」です。
_IGP2031 _IGP2033
特別賞「聖雲丸」です。 特別賞「京丸牡丹」です。
_IGP2035 _IGP2037
特別賞「雪彦透矢」です。 特別賞「瑞兆の縞」です。
_IGP2038 _IGP2040
特別賞「黒真珠」です。 特別賞「紅白雪」です。
_IGP2042 _IGP2044
特別賞「紅光仙」です。 特別賞「南国宝」です。
_IGP2045 _IGP2046
特別賞「青龍」です。 特別賞「金星冠」です。
_IGP2048 _IGP2052
特別賞「金剛宝」です。 特別賞「黄金鶴」です。
長生蘭・石斛も以前の人気はなくなってしまいましたが、それでも好事家は少なくありません。
_IGP4354 _IGP4355
近年は交配種も徐々に増え、デンドロビュームの原種との属間交配も見られるようになりました。 自然界には様々な変異が見られます。
_IGP4356 _IGP4357
赤花・黄花・変化花といろいろ。
_IGP4359 _IGP4361
中には、長生蘭も冬の間、葉を落とさず上手に作っておられる作品も。
_IGP4362 _IGP4364
名前を記することを忘れてしまいました。 「箱入娘」紀州産 とされていました。
まだまだあるところにはあるのですねぇ。
_IGP4366 _IGP4368
「千穂姫」とあります。 「天花」という霧点花
20140420imgp1325 20140420imgp1326
展示品の大丸胡蝶です
20140420imgp1327 20140420imgp1339
天宮殿、月宮殿の透け矢です。

弊園の登録品です。

その昔、登録時のセリ値は44万円まで行ったことでした。

午後からの余興の交換会です。
一年間の作を競い合う 懸賞品特別賞は以下の通りです。
2013010-IMGP2134 2013010-IMGP2117
以前、弊園が登録した飛雲閣も

こんなに立派に育てられお見事でした。

ちなみに安城市議会議長賞です。

金宝です。

日本長生蘭連合会 会長賞です。

2013010-IMGP2131 2013010-IMGP2143
かぐや姫 愛南風蘭会 会長賞です。

弊園が1995年最後のカタログを発行した当時

売り出された品種です。

昇龍殿 東海富貴蘭会研究会賞です。

これは飛雲閣の透け矢です。

知らぬ間に出ていたとは。

詳しくは長生蘭連合会を参照して下さい。

201210-IMGP9971 201210-IMGP9970
1年間の栽培の成果を発表する品評大会の

特別受賞された懸賞品です。

各品種の金賞受賞作品の品々です。
201210-IMGP9989 201210-IMGP9993
当方が以前登録した「飛雲閣」もこんなに立派に。 古典銘柄の昭代あきぬ品種です。

詳しくはイベント情報にて。

201110-IMGP3090 201110-IMGP3091
昔は最高峰の一つであった丹頂丸です。 昔からある昭代の変わり聖雲丸です。
201110-IMGP3077 201110-IMGP3074
常に銘鑑の最高位にランクされる於多賀中斑です。 以前弊園が登録した飛雲閣も出品されていました。

後編はイベント情報並びに品種等の紹介を参照して下さい。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.