園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
_IGP3124 _IGP3125
最近は北門より入ることが常となり、本日も陶器を扱っておられる永田さんのお店より開く頃に寄りますと、やはりこの弘法さんの売れ行きが一番だとか。
でも購入される方々は外国の人ばかりとのこと。

御自慢の盆栽もお店をアピールするのに一役買っているようです。
盆栽鉢も益々充実した品揃えです。

_IGP3128 _IGP3127
本日は少し遅くに来た関係もあってか、人通りもにぎわっております。
北大門もこの通りです。
_IGP3084 _IGP3085
その北大門の下で本日も営業しておられるアクセサリーショップ「きょうこの店」です。
このアイデア豊かな感性には常に魅了されるのですが、当方も少しこの感性があればなあと思う今日です。
_IGP3112 _IGP3113
園芸コーナーの盆栽ショップ、谷口さんです。
以前はこの商品盆栽が「売り」でしたが最近はどうも違うのです。
中国系の若いアベックの方お2人が、何か「…苔玉」とつぶやきながらスマホの動画を撮影されているのです。
おそらく苔玉も海外では人気になってきているのでは?
SNSで世界へ配信されているのでは。
苔玉がメインにされているわけですねえ。
_IGP3087 _IGP3088
学名 ゴールテリア、英名 チェッカーベリーの苔玉です。
日本のヤブコウジと同じ仲間です。
イワヒバも苔玉に。
_IGP3089 _IGP3090
ノイバラ 多分ヒメノイバラの実成りも苔玉に。 左から、ヤブコウジ、石化スギ、黒松、ゴールテリアと整列しています。
_IGP3091 _IGP3094
上段にはコトネアスター、五葉松、真珠の木と年末の苔玉の代表が並んでおります。 オモト(万年青)の苔玉、やるもんですねえ。
「引っ越しオモト」もこれからこのスタイルですねえ。
_IGP3096 _IGP3097
赤い実の「真珠の木」です。 ピラカンサです。
_IGP3098 _IGP3099
白実の真珠の木。 よくしまったマンリョウです。
_IGP3101 _IGP3102
赤い実のコトネアスターです。 赤葉のマンリョウです。
_IGP3103 _IGP3105
獅子葉系のオモトです。 ビナンカズラの苔玉、いいですねえ。
_IGP3106 _IGP3107
十月桜でしょうか。 不動の人気の黒松の苔玉。
_IGP3108 _IGP3109
初めて見ました、ツワブキの苔玉。 紅葉の苔玉。
_IGP3110 _IGP3111
黒松の苔玉です。 白竜、黒竜の苔玉です。
_IGP3114 _IGP3115
ガーデニングショップの大原さん。
滋賀県からの出店です。
何か向こうに人だかり?
こんなに並んでおられるのです。年末の風物詩、京の漬物の代表の一つ「すぐき」の販売に皆さん並んでおられるのでした。
_IGP3117 _IGP3120
盆栽ショップの岩本さん。
やはり海外で人気があるだけに、外国のお客様のようです。
こちらは滋賀県から来ておられる女流陶芸家のお店「無名工房信楽焼」の店。
やはり海外のお客様に人気の商品ですねえ。
_IGP3118 _IGP3121
境内のお堀も、夏の間は蓮の花がたくさん咲いていましたが、今やこの通り。
何もなかったかのような佇まいです。
_IGP3122 _IGP3129
東門よりの参道に回りますと、先程行列のできておりました「すぐき」のお店、これだけの行列ができるということはさぞかし美味しいすぐきなのでしょうねえ。 お堀に紅葉、この東寺さんにはよく似合う秋の弘法さんです。
_IGP2007 _IGP2009
日本長生蘭連合会会長賞受賞の「京玉金剛覆輪」です。 特別賞「聖」です。
_IGP2011 _IGP2013
平成31年度新登録の「富貴の光」です。 特別賞「阿波の華」です。
_IGP2015 _IGP2016
特別賞「月のうたた」です。 特別賞「玉孔雀」です。
_IGP2017 _IGP2018
特別賞「紅楼夢」です。 特別賞「燕皇丸」です。
_IGP2020 _IGP2021
特別賞「綾三彩」です。 特別賞「長里殿」です。
_IGP2023 _IGP2025
特別賞「川邉獅子」です。 特別賞「雪狂獅子」です。
_IGP2027 _IGP2029
特別賞「福宝丸」です。 特別賞「宝冠」です。
_IGP2031 _IGP2033
特別賞「聖雲丸」です。 特別賞「京丸牡丹」です。
_IGP2035 _IGP2037
特別賞「雪彦透矢」です。 特別賞「瑞兆の縞」です。
_IGP2038 _IGP2040
特別賞「黒真珠」です。 特別賞「紅白雪」です。
_IGP2042 _IGP2044
特別賞「紅光仙」です。 特別賞「南国宝」です。
_IGP2045 _IGP2046
特別賞「青龍」です。 特別賞「金星冠」です。
_IGP2048 _IGP2052
特別賞「金剛宝」です。 特別賞「黄金鶴」です。
_IGP1293 _IGP1296
観音竹、かなり昔の話になりますが、「観音竹商法」という問題が新聞紙上を賑わわせました。その観音竹です。展示席は優秀な作品を出品されたその方々の特別賞受賞作品です。 金賞の「小判白縞」です。
_IGP1294 _IGP1295
同じく金賞の「太平錦」です。 同じく金賞の「弁慶」です。
_IGP1298 _IGP1301
同じく金賞の「白楽天」です。 同じく金賞の「白鳥の縞」です。
_IGP1303 _IGP1306
今や国内では愛好家も少なくなりましたが、海外では人気があるようで、輸出もかなりあるようです。

しかしその割に品薄状態が続いているとのこと。やはり作る、育てるという人が少ないことが原因かと思います。

_IGP1291 _IGP1289
駐車場へはこの公園のガーデニングが楽しめます。例年ベゴニアのハンキングは名物となっているのではと思います。
_IGP1288
中央に池があって、遠くにこちらの植物園の名物のひとつでもある花壇が見えます。

その池には南米産のパラグアイオオオニハスが育てられています。

_IGP1227 _IGP1231
そのオオオニバスの花が見られました。ラッキーです。 会場の入り口です。
_IGP1233 _IGP1236
万年青の展示場です。出品物の審査中とあって、展示品はまだまだこれからです。 既に特別賞は決まっておりました。京都新聞社賞には「玄峻」です。話は変わるのですが、化粧に使用されている黒い小粒の石は、その昔の加茂黒です。その当時、楽焼の釉薬といえば京都の加茂川に産する真黒石を水車小屋で、昔ながらの杵と臼で砕いていたのです。その摩擦で石が粉になったのですが、多分このような小粒の小石が途中で出来たのではと思います。それを飾りとして使用する先輩の方々の美意識には驚服いたします。
_IGP1238 _IGP1240
ここからは出品物のご紹介をいたします。こちらは「鼓堂」 「輪波飾」宇治市公園公社理事長賞受賞です。
_IGP1244 _IGP1247
「円心」 京都府知事賞「太陽」
_IGP1249 _IGP1251
古い品種です。万仙園賞受賞「地球宝」 日本おもと協会会長賞受賞「武州」
_IGP1255 _IGP1257
日本おもと業者組合賞受賞「鹿島錦」 日本おもと協会近畿支部長賞受賞「富国錦」
_IGP1260 _IGP1262
春光園賞受賞「春日錦」 宇治市長賞受賞「吉光の松」
_IGP1264 _IGP1267
短冊屋和楽賞受賞「長春閣」 宇治市植物公園園長賞「瑞兆」
_IGP1269 _IGP1273
金賞受賞「寿扇」賞もさることながら、この万年青鉢。五龍写しではありますが、特別仕様の手作り鉢があったとは。 おそらくは江戸時代の作では。白鷺2羽の図柄ではありますが、この鉢は相当古いものと思われます。
_IGP1277 _IGP1278
いずれ劣らぬ力作揃いです。
_IGP1280 _IGP1283
特別賞の席飾りです。本日は目の保養となりました一日です。
_IGP1065 _IGP1069
大津市の中心街、京町に古くより伝わる祭りです。以前より一度は見たいと思っておりましたが、この機会にやっと見ることが出来ました。 「月宮殿山」の山です。立派な造りで江戸時代初期にまで歴史を遡れる歴史あるお庭です。
_IGP1071 _IGP1072
月宮殿山の来歴の由緒書きです。 からくりの皇帝と舞人、本祭りを見てみたいものです。(でも今やネットで見られる良い時代ですね)
_IGP1073 _IGP1076
ベルギーのゴブラン織が飾られています。当時これを輸入できた財力を見る思いがいたします。 そして屏風祭り、今では考えられないのですが、個々の町屋の財力の見せどころでもあったのです。
_IGP1079 _IGP1081
次いで源氏山です。 その源氏山にのせられるからくり人形です。
_IGP1090 _IGP1088
さらに歩きますと、郭巨山へ。 中国二十四孝の一人、郭巨の説話に基づく山であるとされています。
_IGP1095 _IGP1097
西行桜狸山です。この大津祭りの始まりともされています。江戸時代初め、鍛治屋町の塩売治兵衛が狸の面をかぶって踊ったのが始まりとされ、その狸面が飾られています。
_IGP1091 _IGP1093
立派な町家に屏風、何しろこの建物は県の指定を受けた由緒ある町家だけあって、代々狸面を預かってこられたのでは。
_IGP1100 _IGP1103
その西行桜狸山です。この山は毎年くじとらず(巡行は順番争いを避けるためにくじ引きで順番を決めるのですが、そのくじを引かない、巡行の順番が最初から決まっている山のことです)で、巡行の先頭を行きます。 狸山といわれる狸面と合わせて、屋上に載せられる狸と「桜の精(仙人)」が奥に飾られています。
_IGP1104
この西行桜の由来が記されたもので、弊園が現在営業しております大原野が舞台となっております。

以前訪れました西行法師の庵跡に再度訪れたいと思います。

_IGP1063 _IGP1048
幽玄の世界への入り口ともいえる表間です。おもてなしともいえるお出迎えの粧いに作者の意が込められております。 庭には染井吉野の巨木が。そこに吊り提灯と石畳に置かれた小さな行灯のコラボ。本来の照明なのですが、現代社会では普段見慣れない風景。妙に新鮮な感覚に感動を覚えます。
_IGP1050 _IGP1059
本堂に飾られました山野草、和の極めともいえる照明との三位一体の空間演出には、みなさまにはぜひとも参観していただきたい作者の思いがあるのでは。 正面には四季を現したような山野草、青々としたスズカケソウ、花を咲かせた秋咲きのイワギボウシ、秋の実物であるツルウメモドキも添えられ、紅葉の夏ハゼと合わせて秋満開です。作者の一年丹精込めて育てた山野草の演出です。
_IGP1053 _IGP1055
右席には書と山野草のコラボ、なかなかのものです。秋の山野草もいろいろと飾られています。
_IGP1057 _IGP1060
左席です。イトススキにリンドウを始めとする秋の山野草のそれぞれ。左端にはタカクマホトトギスが見事に咲いています。
_IGP0976 _IGP0978
次いで作家の方々の作品が見られる「陶芸の森」へ。雨は止んだのですが、駐車場は車の列。

始めて奥へ奥へと回されたのですが、そこは「火鉢」の名所というべきところで、極めてラッキーでした。

当時の信楽焼の技術の粋を集めた作品ばかりです。今では作ることのできない作品ばかりで、しかも登窯です。

_IGP0980
駐車場は山の上、会場は山の下なのですが、池には蓮が。初めてここに池があることを知りました。

来年の夏には訪ねてみる必要があります。

_IGP1001 _IGP0996
ところが会場は雨の後だけに人影もまばら、おまけに足元は水が湧き出すように水はけがあまりよくない条件です。

余談ですが、この会場そのものが元は山の斜面を削り取った「マサ土」そのものです。

つまり保水力抜群の土壌なのです。

苔の育て方で解説しなければと思っておりましたが、庭に苔を張る場合、このマサ土が最高です。

保水力があるからです。

_IGP0982 _IGP0983
各店を自由に見せていただいているのですが、

春の陶器市と同様、焼き締めを登窯で追及されている「土人・藤本秀」さんのお店に出会いました。

弊園でも花入れとして作られた器に穴を開け(あしからず)、植木鉢として販売いたしております。

_IGP1003 _IGP1004
苔玉が目に付くお店に出会いました。若い女性が頑張っておられる御様子。本日の出店用に作品を持ってこられたのでは。 ヤマゴケ(ホソバオキナゴケ)を、信楽焼陶器の植木鉢で植えられた作品。おそらくこのホソバオキナゴケは、ご自身で集められたのではないかと思われる、色鮮やかな苔ばかりです。
_IGP1007 _IGP1010
スペースをうまく利用され、見せる作品作りをしておられることがよく分かります。 お店のお名前は「もすりぃ」さん。栗東から出店されているとか。一度機会があればお訪ねしていたいと思います。
_IGP1013 _IGP1030
おとなりもやはりお若い女流作家のお店。

植木鉢もお好きで作っておられるのか、お皿とセットで販売されていました。

従来にないセンスで植木鉢を作っておられ、今後が楽しみです。

_IGP1023 _IGP1015
本来は食器を作っておられるのでは。やはり一般的な焼きものを作らないことには経営的にはと思われます。 そのお店の名前は「立花六花」さんです。地元信楽町で頑張っておられます。
_IGP1018 _IGP1019
弊園が只今販売しております植木鉢の中で、雅シリーズを製作しておられる工房さんです。 水鉢も各種色々と作っておられます。今後取り扱っていきたいと思います。
_IGP1032 _IGP1033
毎月京都東寺の弘法さんでお店を出しておられる「無名」の陶器工房さんです。色々な植木鉢を作っておられる地元信楽町出身の女流作家さんです。 プルシアンブルーというのでしょうか、この釉薬を使った焼き物が特徴の作家さんです。それと、辰砂も焼かれています。
_IGP1035 _IGP1044
夕方となり、最終目的の「かみ山陶器」さんへ。陽もかなり傾いてきております。 毎日よく売れているという、多肉植物、サボテンの即売。安価で人気があるようです。
_IGP1039 _IGP1038
メダカ屋さんです。毎日飛ぶように売れているという、いろいろなメダカたちです。よく見ますとお値段もお手頃で、当方も欲しい価格でした。 初めての山野草のお店です。ほかに松茸とリンゴを販売されているのですが、その松茸がよく売れているとのことで、この時間にはもうありません。甲賀市あたりは松茸の産地でした。
_IGP0956 _IGP0971
駅前陶器祭会場です。信楽焼のいろいろなお店が出店されています。 朝から降ったり止んだりの雨。本日の人出は少ないだろうと思い、急遽出かけたのですが。
_IGP0957 _IGP0961
中にはこんな植木鉢も。弊園も機会があれば取り扱ってみたいと思います。 昔懐かしい「いぶしの炭火焼」の鉢が今でも見られるということは、今も作られているということに驚きました。
_IGP0949 _IGP0951
_IGP0953 _IGP0955
こんな作品も。信楽焼の古い窯跡から掘り出された「サヤ」です。

おそらくは室町時代から江戸時代にかけて焼かれた食器等を、炎から守るために使用されたものですが、

今やこのように植木鉢代わりになっています。おしゃれな「サヤ鉢」です。

和風なだけに上の材料も和風。おしゃれな寄せ植えには最適なサヤです。

_IGP0963 _IGP0965
植木鉢ではないのですが、気になるお店の気になる器、ミニのつくばいです。当方の考えでは、ミミカキグサ等、或いはモウセンゴケの寄せ植えにどうかと。 このお店のご主人さまです。花入れを作っておられるのですが、なかなかおしゃれな花器です。そして、それを何個か組み合わせて実演中。それがなんとも言えない素晴らしい作品になるのです。四角の立方体だけにいろいろと考えられるのですが、当方が「これは売れまっせ」と言いますと、横から奥様が「手作りやからたくさんは作られへんのですわ」との御回答。なるほどです。
_IGP0966 _IGP0973
苔玉も見せ方もいろいろ、使い方もいろいろですね。苔玉と信楽焼のコラボもインテリアとしてなかなかのものではと思います。 食器を専門に扱っておられるお店の処分品でしょうか?でもこの器、三つ足もついていたりする器もありなんです。そう考えると、ミミカキグサとモウセンゴケに最適では?なかなか普段見ることのできない、陶器市ならではの体験です。
_IGP0975
そうこうしているうちに、「どしゃぶり!」の雨。いたし方なく、信楽高原鉄道の信楽駅で雨宿り。

一昔前なら国鉄、今ならJR信楽線というべき鉄道です。駅も昔ながらの駅舎で、レトロな感じもよいものです。

_IGP0937 _IGP0939
見本市会場で一番華やかで目立っていたのが新潟県下のユリの切り花の展示でした。

その昔、弊園が百合球根の生育販売の大卸売販売をしていた頃に、

球根を生産していただいておりましたのが、この新潟県でした。

いつもなつかしい気持ちがいたします。今は百合の球根の生育販売はやめてしまいましたが。

_IGP0943 _IGP0944
昨日に引き続き2日目です。

本日はセリ日ということで人出はあまり、やや少ないように思いましたが、これもいたし方ありません。

_IGP0945 _IGP0946
昔も今も売れている商品なのでしょうか、寄せ植え用の鉢、ギャザリングという名で呼ばれていますねえ。これはこれでおもしろく、当方も体験したいなあと以前から思っているのですが。 年末に近付きますと、例年賑わいを見せてくれますのが、このようなものですねえ。時代とともに思考も変わるもの、目を楽しませてくれます。
_IGP0947 _IGP0948
そうそう、この獅子舞には当初笑い出しました。このような商品まで時代の先端を行っているようで、機械オンチの当方にはついて行けません。何しろ「手をパチン」とたたけば舞り出すのですか。しかも笛の音色やらが聞こえ、まさしく「神楽」です。 こちらは多肉植物の販売コーナーです。色々と興味があったのですが、弊園只今人手不足。世話するスタッフが足りず、開店休業状態です。そのうちに再開したいと思っております。

a

_IGP0878 _IGP0926
会場は毎年慶沢園、入口にて入場料を支払い、会場へ。元住友家本邸と聞くだけあって立派な公園です。そこを会場にされておられるわけですから、会場としては抜群のロケーションです。 会場は例年手造りの展示席です。
_IGP0927 _IGP0923
設営には2日ほどかかるとのこと。 即売は大阪能勢の山岡さんです。最近は御子息が立派に販売をされています。
_IGP0879 _IGP0880
水生植物のデンジソウ、山野草としてこのように展示されています。観てみれば「なるほど」です。ワイルドプランツだけにそれぞれの鑑賞法があります。 タニワタリです。大型のシダで、日本の太平洋岸の南九州あたりに見られるのでは。
_IGP0881 _IGP0882
ホトトギスの妖精です。なかなか本来の花色は出にくいのかもしれません。 リコリス・オーレア、遠目からでも一目で分かるほど際立って咲いています。やはり海外だけに特徴が現われています。
_IGP0884 _IGP0885
赤花ヒダカミセバヤです。本年の夏の暑さの中、よく咲かされました。 ダンギクです。
_IGP0888 _IGP0892
マメヅタです。自然の中ではこのような長葉のマメヅタが時折見られるようです。 センニンソウです。クレマチスの仲間で、夏になればあちらこちらで咲いており、このように鉢花立にすれば立派なものです。
_IGP0893 _IGP0894
秋咲きのシロハナ大輪ネジハナです。湿生植物ですので、そのような環境であれば「飛び込み」でいつのまにかこのように立派に咲いているのは驚かされます。 シロハナのサクラタデです。弊園でもよく繁茂し、生い茂るように咲いています。
_IGP0896 _IGP0897
中国産のスズカケソウです。日本のスズカケソウも今や稀産ですが、中国産のスズカケソウはどうなのでしょうか。
_IGP0899 _IGP0901
ツメレンゲです。日本を代表するオロスタキス属の多肉植物です。 日本産のアオネカズラです。よく作りこまれております。
_IGP0903 _IGP0904
会長御自慢のキイジョウロウホトトギスです。本年の夏の暑さでも焼けずによくここまでと思われます。
_IGP0905 _IGP0906
イワシャジンです。キイジョウロウホトトギスといいイワシャジンといい、よく夏越しされています。その秘訣の第一歩はやはり陶器の鉢からでは。 白中斑のカンスゲにシロハナナンバンキセルです。いろいろとあるものです。
_IGP0908 _IGP0909
上手に作られている石付けのスミレイワギリ、上手に育てられています。軽石を使った石付けがミソでは? ヒガンバナです。上手に作られています。
_IGP0910 _IGP0911
シロバナのヒメタデです。今は製造が中止となった信楽焼の文五郎窯の植木鉢を使用しておられます。 紅葉したハゼです。
_IGP0913 _IGP0915
大型のヒダカミセバヤです。流通に適さないということで、北海道はもとより大量生産されている農園では作られなくなった、今では珍しいヒダカミセバヤです。 原種シクラメンのヘデリフォリウムです。丹波焼の鉢とよくマッチした、やはりワイルドプランツですねえ。
_IGP0917 _IGP0925
紅葉を始めたタコノアシです。 ユキボウズを山野草として上手に作られているのではと思います。
_IGP0929
アポイミセバヤですねえ。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.