園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
IMGP7281 IMGP7284
会場中央に飾られていました「内閣総理大臣賞」受賞の作品です。 開場前にお世話される方々も大変です。
IMGP7280 IMGP7283
開場風景です。
IMGP7289 IMGP7291
下草にビロードシダの作り込みが飾られていました。 ミセバヤです。
花が咲いていますと何ともいえません。
IMGP7273
本年も昨年に引き続きシダを中心に出店いたしました。
たくさんの御来店並びに御来場、厚く御礼申し上げます。
IMGP5958 IMGP5959
斑入りのフウチソウの小鉢作りです。 ノギクです。
IMGP5960 IMGP5961
ダイモンジソウです。 ビロードセキショウです。
IMGP5962 IMGP5963
リュウノヒゲの福助です。 シダのイワオモダカではと思います。
IMGP5964 IMGP5966
ヒナソウです。 獅子のマメヅタです。
IMGP5967 IMGP5968
キブネセキショウといわれる五分ビロードセキショウです。 イワダレヒトツバの七変化です。
IMGP5969 IMGP5970
黄金シダ 本性品です。 ヤクシマザサでしょうか。
IMGP5972 IMGP5973
ヤクシマヤブコウジ 十両です。 ヒトツバです。
IMGP5975 IMGP5976
マメヅタです。 多肉植物の三時草です。
IMGP5977 IMGP5979
長葉のマメヅタです。 イワオモダカの三笠山です。
IMGP5980 IMGP5981
斑入りのジャノヒゲ「白竜」です。 斑入りのヒメツワブキです。
IMGP5982 IMGP5983
立派なマメヅタです。 これも立派な獅子マメヅタです。
IMGP5984 IMGP5985
長葉のマメヅタです。 ヤクシマタツナミソウです。
IMGP5986 IMGP5987
トキワシノブです。 ビロードセキショウでしょうか。
IMGP5988 IMGP5989
斑入りユキノシタの御所車です。 モウコヒトツバです。
IMGP5992 IMGP5994
石化トキワシノブです。 ヤクシマヤブコウジでしょうか。
IMGP5996
ラセンイです。
IMGP5997 IMGP6000
展示関には河野元衆議院議長の河野洋平氏の特別出品です。 人間国宝 人形浄瑠璃の竹本住大夫氏の特別出品です。
IMGP6003 IMGP6009
京都市長 門川大作氏の特別出品席です。 内閣総理大臣賞受賞の作品です。
IMGP5955 IMGP6024
京都市観光協会賞受賞作品です。 弊園の売店には7日の初日以来、たくさんのお客様に御来店いただきまして御礼申し上げます。
IMGP6025 IMGP6026
弊園の売店席の背中合わせにて販売されています。
高松の平松春松園さんです。
その隣席、九州の稚松園さんです。
IMGP6027 IMGP6028
通りを挟んで、大阪の勝華園さんです。 こちらは山梨よりのあずま園さんです。
IMGP6029 IMGP6031
高級な鉢を販売されています、近代出版の売店席です。 地元京都で何かとお世話をしていただいております、松清園さんです。
IMGP6033 IMGP6034
常滑焼の柴勝苑さんです。
本来は盆栽鉢が本業ですが、弊園では焼締めの山野草鉢を仕入れさせていただき、販売しております。
若い女流盆栽店の豆松屋さんです。
やはりかわいい盆栽をおいておられます。
IMGP6036 IMGP6037
こちらは神奈川県のやまと園さんです。 そしてこちらも湘南園さんです。
IMGP6038 IMGP6039
こちらは地元京都で何かとお世話になっております広樹園さんです。 そして大阪の三浦培樹園さんです。
IMGP6040 IMGP6041
こちらは磁器盆栽鉢 祥石窯さんです。
少しばかり山野草鉢も焼いておられ、弊園も販売中です。
愛知県よりの知多江木園さんです。
以前国風展ではいつも隣席でお世話になりました。
IMGP6043 IMGP6044
四国の木山清光園さんです。 最近四国より東京へ移られました徳南園さんです。
IMGP6045 IMGP5953
そして備前焼の盆栽鉢から置物まで幅広く焼いておられます、作唯園さんです。 こちらは小品盆栽鉢の現代小鉢作家コンテストの席です。
IMGP5307 IMGP5308
ミセバヤです。
花が咲いていないのは少し残念ですが。
小豆島?イソギクでは。
IMGP5309 IMGP5310
斑入りセキショウ 有栖川です。 ラセンイです。
IMGP5316 IMGP5318
すごいものを見ました。
ブロンズ つまり青銅製の添配です。
これはオニヤンマでしょうか。
精巧にできているというか、びっくりです。
IMGP5317 IMGP5319
ネズミ君です。 カメ君です。
IMGP5320 IMGP5322
スズメ君です。 鵜です。
朽ちた船で羽を休めている鵜を作り出すとは、とてもヨーロッパの作家さんとは思えません。
IMGP5323 IMGP5324
百舌でしょうか。 これはアマガエルですねえ。
IMGP5325 IMGP5326
これはカモ一家ですねえ。 梅の老木をモチーフにした作品。
IMGP5327 IMGP5328
これは丹頂鶴のカップルでは これもスズメの親子では。
IMGP5331
そして最後にはカワセミでは。すばらしい作品、ありがとうございました。
お問い合わせは下記まで。
Henk Fresen 様 (E: henk@fresen.nl) (T: +31(0)30-2011-939)
van Reeneneweg 82
3702 SM Zeist , The Netherlands
IMGP5226 IMGP5232
社団法人日本盆栽協会 会長 河野洋平氏の展示席です。 第89回国風盆栽展 国風賞受賞 平木良太郎氏の展示席です。
IMGP5234 IMGP5236
第89回国風盆栽展 国風賞受賞 坂野卓弘氏の展示席です。 第89回国風盆栽展 国風賞受賞 梅原武氏の展示席です。
IMGP5239 IMGP5241
第89回国風盆栽展 国風賞受賞 安藤操氏の展示席です。 第89回国風盆栽展 国風賞受賞 近藤暁生氏の展示席です。
IMGP5261 IMGP5262
下草の展示品はツルヤブコウジです。 同じくコグマザサにダイモンジソウです。
IMGP5263 IMGP5264
同じく獅子の不明シダです。 カヤツリグサの仲間とイワショウブ、ダイモンジソウです。
IMGP5265 IMGP5266
ヒトツバ 南京獅子とダイモンジソウです。 斑入りセキショウ 有栖川です。
IMGP5267 IMGP5269
シダの角出しのイワダレヒトツバか? イワオモダカの三笠山です。
IMGP5270 IMGP5271
ナキリスゲ?とカタヒバです。 セダムでは?
IMGP5272 IMGP5273
ヒメセキショウの寄せ植えです。 やはりセダム、シロバナタイトゴメです。
IMGP5274 IMGP5275
チリメンヤブコウジです。 斑入りヒメカンスゲです。
IMGP5276 IMGP5277
斑入りのヒトツバです。 ヤクシマヤブコウジです。
IMGP5279 IMGP5281
烏帽子のヒトツバです。
鉢は越前芳水です。
変わって売店席です。
常滑焼の磯村商店さんです。
IMGP5284 IMGP5285
刃物の菊和さんです。 興花園さんです。
IMGP5286 IMGP5287
菊化石の松井銘石さんです。 磁器の盆栽鉢の祥石釜さんです。
IMGP5288 IMGP5290
京都でお世話になっている広樹園さんです。 四国の木山清光園さんです。
IMGP5291 IMGP5292
同じく四国の平松春松園さんです。 お隣の席はやはり京都の岩本さん、菊花園さんです。
IMGP5293
そしてそのお隣、やはり京都の河合香草園さんです。
IMGP5294 IMGP5295
IMGP5296 IMGP5297
IMGP5298 IMGP5299
四国の作唯園さんの新作です。
IMGP5300
そして盆栽と盆栽鉢です。いずれが本職なのか知れませんが、お問い合わせは下記へどうぞ。

愛媛県四国中央市金生町下分42  伊藤光伸 様 (0896-56-4008)

IMGP5301 IMGP5303
そして弊園と背中合わせで販売されている川口のBONSAI村さんです。 そのお隣で添配等販売されている、坂銘石園さんです。
IMGP5304 IMGP5305
そして大阪の三浦培樹園さんです。 やはり大阪の藤川光華園さんです。
IMGP5220 IMGP5221
いつもながらの弊園の出展スタイルです。
変えようがありませんが。
御来店のお客様、ありがとうございました。
3年ぶりでしたが、いつものお客様のお顔も見られ、御贔屓いただきまして御礼申し上げます。
IMGP4577 IMGP4578
弊園は毎年のように秋の山野草を持って即売へ行きます。 置ききれない即売品はテントの前へ。
IMGP4576 IMGP4575
地元 上賀茂の特産品「すぐき御輿」の行列です。
すぐきの樽を御輿に見立てての町内の練り歩きかと思います。
IMGP3576 IMGP3577
信楽町内を流れる川の土手には、秋の山野草であるヒヨドリソウが満開です。
IMGP3579
こちらは「陶芸の森」で行われている地元作家さんの直売場です。
IMGP3580 IMGP3581
その中で炭と苔を使った「すみばち」の作品です。
湖北の長浜市より出展とのこと。
IMGP3585 IMGP3586
色々な苔等を使った作品が見られます。
IMGP3588 IMGP3589
こちらは花入れ、つまり花器でしょうか?
IMGP3592 IMGP3593
こちらのコーナーは本格的に作った鉢が並んでいました。
IMGP3595
さまになっていますねぇ。
IMGP3596 IMGP3597
IMGP3599
オブジェ風の鉢を作られての作品です。
IMGP3601 IMGP3602
IMGP3605 IMGP3606
会館での作品展です。多肉とのコラボです。
IMGP3607 IMGP3608
信楽焼の風呂窯です。
IMGP3612 IMGP3613
苔ブロックとしての試作品です。こんなところにも苔ブームです。というよりも、この信楽町が自然環境が良く、いたるところに苔が見られるところから自然にアイデアとなってくるのでしょうか。
IMGP3614 IMGP3615
苔ライトとのこと。
IMGP3616 IMGP3617
陶苔とのこと。
IMGP3618 IMGP3619
吸水性のある陶器の試作品とのこと。
IMGP3611 IMGP3621
この試作品は何だったのかと今になって思います。すみません。 帰りますと、お客様に御来店いただいており誠に申し訳ございませんでした。
IMGP3625
こちらも時間の間に多肉植物の寄せ植えをいたしました。感じが良かったのか即売れてしまいまして、御礼申しあげます。
IMGP3628
こちらも割れたスイレン鉢を使ってのエッチュウミセバヤとスギゴケのコラボです。これは持って帰るつもりでしたので価格はつけませんでしたが、かみ山陶器社長さんに乞われまして店の飾りに置いておきました。

後日談、お客様がどうしてもほしいとのことで差し上げてしまいました。とのこと。

IMGP3568 IMGP3569
少し時間がありましたので信楽焼の鉢にて試作。
IMGP3570
スイレン鉢が1ヶ割れていましたので使用させていただきました。
メカルガヤを主として秋の山野草の寄せ植えです。足元は砂苔です。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.