園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
201211-IMGP7384 201211-IMGP7386
キイジョウロウホトトギスの八重咲、やっと

咲いてきました。やはり八重咲性となりますと

遅咲きとなります。

台湾ホトトギス、七月咲きの最後の花です。

本来、二季咲ホトトギスとして入荷しましたが、

よりお客様に理解していただくには七月咲きと

するのがよいかと考えました。

201211-IMGP7388
台湾ホトトギス江戸の花が見頃です。

かなり遅咲きで東雲等の血を引き継いでいるのかもしれません。

201210-IMGP7160
枝分かれする特徴のあるカイジョウロウホトトギス

よく咲いています。

201210-IMGP6796 201210-IMGP6797
白花ホトトギス白楽天が咲いていました。 斑入サツマホトトギス黄金月もやや最盛期を

過ぎていましたが、きれいに咲いています。

201210-IMGP6799 201210-IMGP6800
立性のコハクジョウロウホトトギス

葉焼けしながらも咲いてくれました。

大輪ホトトギス紫酔も見頃となりました。
201210-IMGP6801 201210-IMGP6780
画像の花ならすごい人気の妖精ですが

なかなか思うようには咲いてくれません。

でも咲けばやはり人気の花です。

ハウス内に咲いていたサガミジョウロウホトトギスです。

無肥料でしたが、特徴をかえってよく出した咲き方です。

201210-IMGP6711 201210-IMGP6715
台湾ホトトギス面影の花です。

咲き始めは赤紫系の花ですが、

この1株のみブルー系の花変わりが咲きました。

台湾ホトトギス 赤系の恋紫

よい色合になってきました。

201210-IMGP6716 201210-IMGP6717
同じく台湾ホトトギス満天の星です。

油滴が冴えてきました。

台湾ホトトギス静です。

濃色タイプになってきました。

201210-IMGP6718
白系の台湾ホトトギス白秋です。

やはり油滴が濃色となってきました。

201210-IMGP6680 201210-IMGP6683
台湾ホトトギスの青光です。

この咲き方のタイプは以前なら藤娘に見られましたが、

近年の作出品種はこのタイプが増えました。

特徴として、春から夏の生長期には

株の分岐ばかり見られ、株は張って行きますが、

さし木する枝は採れません。

従来型の台湾ホトトギス満天の星です。

この咲き方は古い品種では東雲、松風等に見られるタイプで、

台湾ホトトギスというとこのタイプを思います。

1芽を植えますと1株そのまま生長します。

開花期も1本立の状態で花を咲かせます。

つまり分岐性はありません。

この性質の違いはどのようなことなのか、

現地台湾ではどうなのでしょうか?

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.