園主のフォト日記
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
IMGP1685 IMGP1681
初日の一番乗り、開場の展示風景を撮影させていただきました。 正面は例年福寿草の寄せ植えが飾られ、盛り上がりを見せてくれています。
IMGP1714 IMGP1724
旧秩父紅といわれる幻といっても良い稀品種です。 青梅草多弁花。東京都郊外青梅市に福寿草が自生していた野生の福寿草。その個体を「青梅草」と呼んでいるとのこと。それらの中で多弁花があったのでしょうか?
現在の青梅市に福寿草は残っているのか興味あるところです。
IMGP1744 IMGP1782
「緋の海」。秩父深紅の中よりの選別品とか?従来秩父深紅の別名が緋の海とも言われてきましたが、どうも違うような。すると、秩父深紅は一系統の増殖品では無かったことになります。 「秩父紅 縞」とラベルは書かれています。花に縞が現れた変わり花です。掃け込み縞といわれるキメラですので、毎年変化し年によっては縞が無くなる或いは縞が出ないということにもなる不安定な斑でもあります。
但し、安定する斑もありますので今後注意しなければと思います。
IMGP1788
「七変化」といわれる多弁花。但し安定性が無く年によって変化しますので育てるには注意が必要となるベテラン向きの品種かと思います。
IMGP1814 IMGP1919
昔の中村農園時代の「小梅」といわれる稀品種です。 「花園」といわれる万重咲の品種です。
IMGP1922 IMGP1943
「伯雪」といわれる白花大輪品種です。色はよく出ていなくて、撮影が下手ですのであしからず。 「金鵄」切れ込みのある銘花。
IMGP1970 IMGP1976
「変化」これもなかなかクセのある品種です。このように芸が出るかと思えば並花に咲く年もあり。やはりベテラン向きでしょうか。 午後からは久志さん、甲府の古屋さんとともにガーデニングセンター回りです。もちろんお目当ては「福寿草」です。
IMGP6709 IMGP6718
会場は出品された鉢もきれいに並べられ、来場者を待つばかりです。 近年登録されました日輪です。
IMGP6722 IMGP6726
爪草です。 撫子です。
IMGP6730 IMGP6736
変化です。 日月星です。
IMGP6744 IMGP6748
玉福です。 紫雲です。
IMGP6750 IMGP6758
秩父白です。 白楽です。
IMGP6764 IMGP6766
大鵬です。 旧秩父紅です。
IMGP6768 IMGP6770
金采です。 日の出です。
IMGP6774 IMGP6780
朱宝です。 秩父銀です。
IMGP6782 IMGP6784
旭です。 春菊です。
IMGP6786 IMGP6788
秩父茜です。 昭和撫子です。
IMGP6790 IMGP6792
日の本紅です。 見返獅子です。
IMGP6798 IMGP6801
爪折笠です。 親知らずです。
IMGP6805 IMGP6809
昼夜牡丹です。 車屋白 円弁花です。
IMGP6831 IMGP6841
白宝です。 黄爪折笠です。
IMGP6845 IMGP6847
栃木産撫子咲きです。 伯雪です。
IMGP6849 IMGP6851
彩鳳です。 吉田紅です。
IMGP6857 IMGP6858
寄せ植えです。 寄せ植えです。
IMGP6859 IMGP6860
寄せ植えです。 紅撫子です。
IMGP6863 IMGP6869
撫子です。 高遠桜です。
IMGP6871 IMGP6873
信濃金采です。 墨流です。
IMGP6875 IMGP6878
青龍です。 小菊です。
IMGP6887 IMGP6889
秩父黄金 実生です。 福寿海 実生です。
IMGP6896 IMGP6902
会場を後にしまして、久志さんを始めとする我々一行はガーデンセンター回りです。 金采です。
IMGP6906
珍しい斑入り五葉松「花火」です。
IMGP6693 IMGP6696
前日の準備中にお邪魔しました。
大体きれいに準備されていました。
新花 伯雪のパネルです。
IMGP6698 IMGP6700
車屋白と白牡丹のパネルです。 秩父紅のパネルです。
IMGP0793 IMGP0799
万重咲きの花園が次々咲いています。一見三段咲きに似ている花容です。
IMGP0802 IMGP0805
同じく万重咲きのむさしのです。やや花園より小輪という感じでしょうか。 さくらそう会指定といってもよい「桜草鉢」に植えましたが、やはりやや重たい感じがします。
IMGP0813 IMGP0823
同じく「むさしの」を信楽焼の「桜草鉢」に

植えたものです。

御存知「三段咲」も咲いてきました。

存在感はすごいものがあります。

IMGP0819 IMGP0821
九州産の野生ミチノクフクジュソウも次々咲いてきました。
201403-IMGP0719 201403-IMGP0720
やはり遅咲きの特性を持ったミチノクフクジュソウ、早春の花というよりも、桜の花が咲く頃の、「春の山草」といった表現がよく似合う福寿草かと思います。
201402-IMGP9948 201402-IMGP9950
弊園へ来て2年目、やっと力ある咲き方をしてきました。 何年か前に植え込んだ「紅撫子」も
元気よく咲いてきました。
この紅撫子も長い歴史の中で個体変異があるのか、
濃淡のある個体を見るようになりました。
201402-IMGP9951 201402-IMGP9952
大輪の「福禄寿」もかなり本咲きしてきました。
これから楽しみです。
弊園へ来て3年目、良い花色で咲いてくれています。
かなり濃色のタイプの「旧秩父紅」です。
この「旧秩父紅」も秩父山中で紅花に咲く個体を
どれもこれも秩父紅と呼んだとか。
201402-IMGP9953 201402-IMGP9954
昨年入手した「秩父黄金」も咲きました。
小さなポットに植えてありますので、
本咲きはしなかったようです。
咲き始めは緑花として咲くといわれている「児玉緑」。
やはり本年入手したばかりですので花色が悪いのかも。
201402-IMGP9774 201402-IMGP9771
やはり2月ともなりますと、当地でも大雪(笑)がまれにあります。雪国の方からいえば、この程度なのですが、慣れていないところでは大変なことなのです。 そのような中で福寿草が雪を被りながら耐えていました。この品種は「親知らず」です。
201402-IMGP9775 201402-IMGP9776
これは青梅草です。 基本種のフクジュソウです。
201402-IMGP9777
雪を被った佐渡のミチノクフクジュソウです。
201402-IMGP9697 201402-IMGP9698
ふと気がつくと、「白宝」のラベルの挿してあるポットに白い花が咲き始めていました。 大輪の「福禄寿」です。これから日に日に育っていき、大輪の花を咲かせるかと思います。
201402-IMGP9700
九州産のシコクフクジュソウ、よい花を咲かせています。
201402-IMGP9368
早咲性、大輪性、小輪性、さまざまな個体が見受けられます。
201402-IMGP9372
販売用のポットです。これから咲いてくるものもありますが、現地のものは秋の成長が早いようです。
201401-IMGP9099 201401-IMGP9101
九州より年末に送られてきたシコクフクジュソウ。やはり弊園で従来より栽培しているものより早く成長しています。
201401-IMGP9104
弊園で作り込んでいるフクジュソウです。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.