園主のフォト日記
2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
IMGP6659 IMGP6660
野田園芸さんといえばゴールドダブルです。
温室へ入りますとダブルダブルです。
そしてアプリコットゴールドの花です。
IMGP6661 IMGP6663
温室には色とりどりの花が咲いています。 フリルのきれいなゴールドダブルです。
IMGP6664 IMGP6666
小輪系のゴールドダブルです。 アプリコットゴールドダブルの優品です。
IMGP6669
展示に使ってありました。
IMGP6596 IMGP6592
松村園芸さん御自慢の斑入りのリビダスのセット「カラーリーフ」が新発売されています。
よく売れているとのことでした。
基本種のリビダスでしょうか。
IMGP6623 IMGP6625
IMGP6627 IMGP6629
IMGP6630 IMGP6633
IMGP6635 IMGP6636
さまざまなカラーリーフ リビダスの紹介です。
IMGP6657 IMGP6600
温室には小輪を主体とした原種系のガーデンハイブリッドが次々と咲いていました。 松村三枝子さんが力を入れておられるアロです。

香りの良い芳香性ハイブリッドです。

IMGP6601 IMGP6603
莟みですが、クレヨンか、楽しみな一品です。 紫の強い珍しいクレヨンの優品です。
IMGP6606 IMGP6609
ホワイトシングルの優品でした。 スレート系のダブルです。
IMGP6611 IMGP6612
ペインのきれいなダブルです。 東京にも大雪があったのですねえ。
IMGP6614 IMGP6615
展示にするという大株のアグチフォリウスが植えられていました。
IMGP6617 IMGP6619
ピンク系のダブルです。 お母さん御自慢のクリスマスローズの苔玉です。
花き園芸市場でよく売れているとのこと。
IMGP6621 IMGP6622
なんともいえないダブルです。 深紅というか赤黒或いはスレート系のダブル、
いい味です。
IMGP6638 IMGP6639
セミダブルのゴールド濃色でした。 小輪のリバーシブルダブルです。
IMGP6640 IMGP6641
これもリバーシブルの優品です。 イエローダブルのソフトな優品です。
IMGP6642 IMGP6645
クレヨン系の優品です。 ソフトなイエローピコティダブルです。
IMGP6646 IMGP6647
レッドダブルです。 イエローピコティです。
IMGP6650 IMGP6652
少し奇花なのか、株にまだ力が無いのか、育ててみたい一品です。 小輪のスレートレッドダブルです。
IMGP6653 IMGP6654
フラッシュのきれいな白一重咲きです。 ホワイトゴールドが咲いていました。
IMGP6655
ゴールドのピコティです。きれいでした。
IMGP6379 IMGP6380
温室内は様々な花が咲いていました。 外は雪、北陸ならではの気候です。
IMGP6348 IMGP6349
きれいに咲いているゴールドネオンです。 山野草業界では絞り咲き、正しくはクレヨンと呼ばれる人気品です。
IMGP6350 IMGP6352
松浦さんご自慢のいちごみるくです。 ホワイトダブル
上品でよいものです。
IMGP6353 IMGP6355
小輪系のシングルです。 いつ見ても見飽きぬピコティのシングルです。
IMGP6356 IMGP6359
ゴールドダブルです。 リバーシブルのセミダブルでは?
IMGP6360 IMGP6361
おしいかな
良花だけに残念でした。
セミダブル 良い花です。
IMGP6370 IMGP6369
松浦さんご自慢のブラックダブルです。 ピンクダブルの優品です。
IMGP6371 IMGP6376
ゴールドネオンのセミダブルです。 ゴールド セミダブルです。
IMGP6377 IMGP6384
濃色のピンクダブルです。 帰路は松浦さんにお送りいただきました。
新高岡駅、初めて乗車した北陸新幹線でした。
IMGP1023
IMGP1024 IMGP1025
IMGP1052 IMGP1053
ゲートの入り口から入ったところの広場です。
水生植物園らしさと季節の花が飾られ、入場者の方々を魅了しています。
IMGP1027 IMGP1031
そして一路 烏丸半島の蓮を見学のため、公園を通り抜けて場外へ。
本年は開花数が少ないとは聞いておりましたが、それなりに咲いていました。
IMGP1035 IMGP1037
岸辺の足元にオオミズキンバイが咲いていました。何か調査中とのこと。
IMGP1038 IMGP1041
戻りまして、「モネの世界」
睡蓮の花咲く池です。
そしてそのお隣の池には蓮を始めサンパチェンスが飾られ、きれいに咲いていました。
IMGP1042 IMGP1043
その池には黄蓮が咲いていました。 そして中国種の八重咲き。
IMGP1044 IMGP1045
これは茶碗蓮の小舞妃です。 睡蓮の池へ戻りましたが、色々と咲いています。
IMGP1047 IMGP1048
アマゾンのオニバスです。 日本のミズアオイです。
IMGP1051 IMGP1054
オニバスです。
花は咲いているようです。
温室内へ入りますと、熱帯スイレンが咲いています。
「スターオブサイアム」が咲いていました。
IMGP1056 IMGP1058
赤い花の熱帯スイレン レッドフレアです。 同じくミッドナイト ストライプです。
IMGP1060 IMGP1061
温室内にはこのように熱帯スイレンが咲いています。 ふと見ると大型のオモダカが咲いていました。
「エキノドルス・マクロフィルス」という名前です。
IMGP1078 IMGP1084
蓮の保存園へ行きますと、
オニバスの花がよく見れました。
そして浮葉にはカエル君がひと休みしていました。
IMGP1100
出口にあるスイレンの見本池です。たくさん次々と咲いていました。
IMGP1097 IMGP1098
一面葉に被われている睡蓮ですが、よく咲いています。
よく解説には「株元に日光が当たらないと花が咲きません」とされていますが誤った説である事がよくわかります。
IMGP3997 IMGP3998
関西でも指折の産地、伊川谷の生産者のハウスです。
日々草が上手に作られています。
ポーチュラカの育成苗です。
IMGP4005 IMGP4006
日々草がきれいに咲いてきています。 日々草の寄せ植え、
見事な出来栄えです。
IMGP4015 IMGP4018
午後はガーデニングセンターの見学でした。
「緑のマーケット」さんへ見学です。
宿根草がメインに飾られ、見た目も美しく楽しいショップです。
IMGP4020 IMGP4024
本社より社長が来られている様子。
会員との雑談でしょうか?
旧知の社長と久しぶりにお会いでき、1枚パチリと記念写真です。
201402-IMGP0054 201402-IMGP0055
各ナーセリーの展示コーナーです。

オーナーの加藤さんのスナップですが、

加藤農園さんの展示ブースです。

何やかんやとお取引きいただいている

新舟ナーセリーさんのコーナーです。

201402-IMGP0057 201402-IMGP0060
関西から出展しておられました

童仙房ナーセリーさんのコーナーです。

そして、いつもお世話になっている

野田園芸さんのコーナーです。

201402-IMGP0061 201402-IMGP0062
その野田園芸さんのゴールドブロッチセミダブルの

優品の展示です。

そして同じく、ダブルゴールドアプリコットの新花です。
201402-IMGP0071 201402-IMGP0073
会場入り口に展示コーナーがあり、

日頃お世話になっている山野草研究家、

久志博信氏の苔玉、小山飾りの展示が見られました。

そして、閉館間際の水遣りをされている久志氏です。

詳しくは、イベント情報 クリスマスローズ展をご参照願います。

201402-IMGP0010 201402-IMGP0011
日程的に旅行日を作ることが出来ず、いつも夜行バスを利用します。

京都から埼玉、熊谷、深谷行きに乗車。

早朝、森林公園前にて下車。数日前の大雪のあとも生々しく、

地元の方々の大変だったことがよく分りました。

そして、加藤農園 加藤さんに迎えに来ていただき、

無事到着。クリスマスローズがたくさん並んでおりました。

201402-IMGP0013 201402-IMGP0012
そして、地面にはこれから咲く株もたくさん並んでいます。当方もこの中より選抜しました。
201402-IMGP0037 201402-IMGP0038
棚の上に上げられ、お客様が来られるのを待っているクリスマスローズの新花たちです。
201402-IMGP0040 201402-IMGP0016
そして、これらの株は昨年春発芽した実生苗の

一年後の開花株です。その技術力には驚かされます。

つまり交配した2年後には早いものは花が見られるのですから。

交配親の棚を覗かせていただきましたところ、

ゴールドダブルのミニタイプには交配された履歴が

たくさんつらさがっていました。

201402-IMGP0017 201402-IMGP0028
そして、これがゴールドネオンのダブルです。 ゴールドブロッチ セミダブルの花も見られました。
たくさんの花を見せていただきました。 詳しくはクリスマスローズ ナーセリーの紹介をご参照下さい。

たくさんの花を見せていただきました。 詳しくはクリスマスローズ ナーセリーの紹介をご参照下さい。

201402-IMGP9708 201402-IMGP9731
例年JRで行くのですが、当日は天候に恵まれ、

列車からは遠く白山がよく見えました。

松浦園芸さんへ無事到着。さっそく温室を見せて頂きますと、

クリスマスローズのおもてなしです。

ほほえんでいたように見えます。

201402-IMGP9746 201402-IMGP9726
松浦さんといえばゴールドのイメージが強いのですが、

人気は衰えとはいえ、やはり見入ってしまいます。

その中で可愛いゴールドが見つかりました。

やはり出るのですねえ。早速ゲットです。

目に付いた花を紹介して見ますと
201402-IMGP9732 201402-IMGP9734
201402-IMGP9735 201402-IMGP9737
201402-IMGP9738 201402-IMGP9744
201402-IMGP9749 201402-IMGP9753
詳しくは、ナーセリーの紹介をご参照下さい。
弊園は元々、富貴蘭、長生蘭等、江戸時代に流行した本邦産の植物の専門店でした。その頃、色々な文献の中で「宇治朝顔園」という園がよく出てきておりました。もうその店は無くなっているだろうと調べず、諦めていました。ところが何を思ったのかインターネットで調べましたところ、「11日閉店」とお店の紹介であるではありませんか。
201402-IMGP8211 201402-IMGP8209
そのようなことで、本日まで営業をやっておられると思い、「思い立ったが吉日」とばかり、早速お訪ねしました。ところが、閉めておられました。
201402-IMGP8207
外からお電話しましたところ、ご主人が快く出て来られ、ご案内いただきましたのですが、よくお話を聞きますと「1月11日閉店」とのこと、当方の慌て者がよく分かる出来事でした。でも、後日「昔のカタログ等お見せします」と言って頂き、感謝のお礼と、この昔のお店の写真を撮影させて頂きました。

実は、宇治朝顔園さん、普段お付き合いのある万年青の京都三光園さんの前を通り、何百mの所ではありませんか。びっくりするやら悔やまれるやらの一日でした。

もどりまして、三光園さんにお邪魔しました。
201402-IMGP8212 201402-IMGP8213
いつ見てもその芸の素晴らしさに魅了される万年青。よくここまで芸を引き出したものだと感心致します。例年3月の宇治植物園の古典園芸植物展の打ち合わせを済ませ、失礼いたしました。
201311-IMGP4265 201311-IMGP4253
正面入口には従来の菊人形ではない

ニューモデルスタイルです。

ひらかたパークといえば菊人形。

本年は規模も小さくですが、少し我慢です。

201311-IMGP4261 201311-IMGP4262
本年は幕末がテーマです。
201311-IMGP4263 201311-IMGP4274
その出口には小菊の文人作りが飾られておられました。 園内は菊一色です。

見事な飾りで立派なものでした。

201311-IMGP4272 201311-IMGP4271
現代版菊人形の動物です。
201311-IMGP4248 201311-IMGP4247
皇帝ダリアが立派に咲いていました。 バラ園にはまだまだバラが咲いていました。
201311-IMGP4223 201311-IMGP4227
赤い実のロサエグランテリア(ヨーロッパ原産)には

赤い実がこんなについています。

サクライバラもよく実がついておりました。

この実も隠れた人気です。

̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.