園主のフォト日記
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
_IGP6082 _IGP6083
4号プラ鉢の根上がり風に植えられていましたが、よく育っています。
来春には植え替え、花後には思い切って剪定か?わずかですが、実が付いております。
_IGP6085 _IGP6086
こちらは4号角のプラ鉢植え。よく育っています。 用土の違いか、この鉢はよく締まって育っています。少し古木風にも見えるところが良いかも。
_IGP6091 _IGP6093
ノイバラ雅の花が咲き始めました。 ヤクシマノイバラで入手。少し花色がピンクぽく、現地で野生の中よりの選別なのか?
それとも実生の中よりの選別なのか?今後調べてみます。
201805_igp5456 201805_igp5455
松ヶ枝
紅覆輪の入る美しい品種です。
朝日鶴
葉緑素が不規則に欠ける特異な斑入りです。
201805_igp5460 201805_igp5462
長良川
小葉性の盆栽向き品種。
エメラルドレース
海外で作出されたのでしょうか。
切れ込みの美しい品種です。
_IGP4542 _IGP4535
信楽病院の駐車場にこれから咲く八重桜を見つけました。高速道路より降り、信楽の街中へ行く道中見つけ、帰る途中に寄り道。 咲き始めといって良い程遅咲き。品種は「関山」なのでしょうか。信楽町は平均気温が低く、そのせいなのか?或いは他の品種なのか不明なのですが。
_IGP4536 _IGP4540
当方、桜にはまったくの不見識。「関山」でないような気がするのですが。
_IGP4543 _IGP4544
その駐車場(職員用)の路肩には見慣れたスミレが咲いているのでした。
_IGP4546 _IGP4548
少し移動しますと、八重咲きが連続して植えられているのかなぁと見間違うところでした。 その姿です。そして信楽高原鉄道駅の駐車場であったのです。
_IGP4551 _IGP4547
となりにはこれから花開く八重桜が。 その花の美しさは別物。
_IGP4552 _IGP4553
その駅の名は。 帰りにもう一枚。
_IGP4554
帰路、高速道路長岡京インターを降り、弊園の近くに近づきますと、あまりの美しさに車を止めてしまいました。そう「モッコウバラ」です。
_IGP4555 _IGP4556
建物の壁面にうまく刈り込められ、この季節を待つように咲いてくれていました。 ステーキハウス「四季」さんです。ステーキのおいしさも評判なのですが、このモッコウバラの美しさも。
_IGP4251 _IGP4252
昨年に引き続き御室の桜を見学に駐車場より入りますと、途中参道へ。 中門はやはり人、人、人。昨年はシーズン終了であったこともあり人も少なかったのですが。。
_IGP4253 _IGP4254
境内の桜はやはり終わりかけ。今年は開花が早かっただけに。 それでも残花が残っている桜の木もあり、訪れる人も一安心では。
_IGP4261 _IGP4260
境内の奥には見頃の桜の大木が咲き誇っておりました。品種名は不明ですが、遅咲きの桜も良いものです。
_IGP4266 _IGP4268
五重塔は人気スポット。記念写真を撮る人も多く、この写真一枚にも一苦労。 あちらこちらに桜ならぬヤマツツジが咲きほこり、これはこれでなかなかの人気。
_IGP4270 _IGP4277
白花のシャクナゲ。今はまだまだ小さく見えますが、大きく育ちますとこれはこれで観賞価値も上がるのでは。 本道の前に咲く八重咲き、その名も「一葉」。何ともいえない清楚な八重桜です。
_IGP4281 _IGP4283
終わりかけていましたが「八重紅枝垂」です。 金堂。
_IGP4284 _IGP4287
境内のいたるところに咲く八重咲「関山」。とってもゴージャスな品種です。この関山を見てから町内に咲く八重桜も「関山」だけはわかるようになりました。 そして藤棚が無くとも元気よく咲いてくれています白花のフジ。五重塔をバックに絵になるとはこのことでは?
_IGP4288 _IGP4290
「関山」本当にきれいに咲いてくれています。
_IGP4293 _IGP4294
咲き始めの「御衣黄(ぎょいこう)」。良い名前をいただき、心なしかうれしく咲いているようにも思えます。
_IGP4298 _IGP4299
勅使門の前には「楊貴妃」 八重咲きの品の良い咲き方をしてくれています。
_IGP4301 _IGP4302
ほんのり桜色。名の通りです。 高松宮殿下参拝記念碑です。
_IGP4306 _IGP4309
やさしく咲いてくれています。「普賢象」です。八重咲きといってもいろいろ。
_IGP4331 _IGP4332
勅使門を後にして山門である仁王門へ。
_IGP4330 _IGP4329
仁王門より中門を。 そして境内の外へ出ますと遅咲きの桜の見事なこと。手前より大島桜、関山、御衣黄。
_IGP4326 _IGP4327
その大島桜。
解説を読みますと。。知りませんでした。何気なく季節になると食べるものにも知識が必要。
_IGP4316 _IGP4318
ゴージャスな「関山」
心なしか境内よりも元気に咲いているように思えます。やはり看板だけあって桜も心得ているようです。
_IGP4322 _IGP4320
やはり本来の咲き方をしているのか?色香を感じさせる「楊貴妃」。
でも参拝の方々はだれも見てくれないのです。
_IGP4333 _IGP4336
見事に咲いてくれている「普賢象」
その他にも八重咲品種はたくさんあるのでしょうが機会があれば御紹介したいと思います。
帰り道、竜安寺の前を通りますと、バス停には世界中から来日されている外国人の方々のバス待ちの様子。本当に観光日本を実感いたします。
_IGP4214 _IGP4216
桜と同じバラ科の植物。きれいに咲いてきました。バラと同じように実がなるのですが、秋にかわいらしい黄色の実がなります。
別名 キズミ
_IGP4218 _IGP4219
同じくバラ科のサクランボの木。つまり桜の木で実成りが良い系統なのでしょうか?「暖地」という品種名です。
あまりにも早く花が咲き、やっぱり霜にあって花が傷んだのですがなかなかどうして実がこのようになりました。後は赤い色した実がなるのが楽しみですねぇ。
IMGP4155 IMGP4156
盆栽仕立てになるように前年度に剪定したコンパクトなキブシが咲きました。
IMGP4157 IMGP4158
こちらは赤花キブシです。少し盛りをすぎたかなぁ。
IMGP4159 IMGP4160
エゾキブシの苗です。花も見頃かと存じます。こう見ますとキブシも色々ですねぇ。
弊園の農園の真横に流れる善峰川。
夏はホタルも見られる自然豊かな清流ですが、もう何年前になるでしょうか、河川改修が行われ、それまでうっそうとした堤防も無くなり、わずかに桜が植えられました。
その中にこの八重桜が見られるのでした。
IMGP4136 IMGP4141
品種は不明ですが、美しい八重の桃花。
IMGP4142 IMGP4146
ほんのり色づく八重桜。おそらくは江戸時代に作り出された品種かと思いますが現代に受け継がれています。
IMGP4149 IMGP4150
高速道路ICのある長岡京。普段通る長岡京文化会館に植えられている八重桜。本当に美しく咲く八重桜には目を奪われてしまいます。
IMGP4152 IMGP4154
その反対側に長岡天満宮の八条ヶ池。この桜も終わりかけているのですが本年は何もかも早く咲き、かなり予定が狂ったのでは?
IMGP4073 IMGP4075
例年ですと20日過ぎに満開になる旭山。本年は超早咲きに様変わり。それでもきれいに咲いてくれています。
IMGP4080 IMGP4082
接木苗とはいえ、微妙に育ち方も違い、一鉢一鉢個性豊かに咲いてくれています。
IMGP4076 IMGP4077
IMGP4078 IMGP4079
3.5号鉢といえどもよく咲いているアップ画像です。
IMGP4084 IMGP4085
IMGP4087 IMGP4088
そして花の上からの画像です。
IMGP4089 IMGP4090
こちらは4号仕立ての少し大きめの旭山です。 2鉢寄せると更に美しさは倍増。
ここ何年間は「桜ブーム」。外国の観光客が日本の桜の美しさに魅了されたのか、我々日本人も再認識なのでしょうか?当分続くことを願っています。
IMGP3990 IMGP3997
所要があって大阪府枚方市へ。途中長岡天満宮の前を通りますと桜も満開。人出もかなり出ている様子。 枚方市方面へは八幡市を抜けて行くのが一番。淀川に掛かる御幸橋にさしかかると堤防には桜並木。ところが車はちっとも動きません。
IMGP4000 IMGP4003
見事な桜並木です。 八幡市側へ通り過ぎて行きますと、京阪八幡駅からの花見見学の方々の行列。聞くところによると、この期間45万人もの人が訪れるとか。どうりで通り抜けるのには時間がかかったはずです。
IMGP3848 IMGP3849
ザゼンソウの群生地、高島市今津町に訪ねる道中、湖に立つ鳥居で有名な白鬚神社があります。この国道を通ると時は必ずお参りをさせていただくので今回も。 境内の階段を上がって湖を望むのも良い気分転換。そこには紫式部の歌碑も。
IMGP3851 IMGP3852
階段を下りましたところには見頃の紅梅が咲き誇っていました。品種は不明ですが。
IMGP3854
拝殿です。明治12年の造営とのことですが、この白鬚神社、近江の国で一番古い古社とのこと。
色々調べてみますと、東京向島の白鬚神社も分社とのこと。そして全国400余りの分社の本社であることがわかりました。その分社には全国にある新羅神社もあるようです。
湖北には有名な息長氏に代表される渡来系の豪族が多く見られ、この裏山にある古墳も新羅系とのこと。つまり「白鬚」とは「新羅」の意味のようです。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.