園主のフォト日記
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アプリコットゴールドダブルの特徴が良く出ている個体では。それにしてもこれだけの花がこの株になるまで売れ残ったというのは不思議というより他はありません。
アプリコットゴールドシングルのミニタイプです。
アプリコットゴールドダブルの小輪花。
葉の切れ込みも特徴があります。
ネオンと言われる今や初期のゴールドです。
おそらくはゴールドにリバーシブルつまり元々はネオンといわれていた交配であったのでゴールドネオンという名前が正しいのではと思われます。
そして今や人気のなくなりつつある花でもあります。
そのゴールドネオンとの交配ではと思われるゴールドネオンセミダブルです。我国では昔より唐子咲きといわれるタイプです。
ゴールドシングルです。少し前まではゴールドといっていたクリスマスローズです。このゴールドイギリスはアシュドナーセリーより生まれたようですが、色々調べて見ますと我が日本でも生まれています。それはある生産者を訪れた時のことでした。黄花のクリスマスローズの実生より生まれたらしいとのこと。つまり突然変異であることがわかります。そしてそれは葉に黄金葉となることでした。その黄金葉は葉緑素を失うことにより黄葉となるのですが、このゴールドは新葉の時は葉緑素があって後に葉緑素の活動が停止するという、日本の古典園芸業界では斑入植物としてもてはやし、この芸を「後冴え」といっています。科学的にいいますと「キメラ」と呼んでいます。その珍らしい現象がイギリスで起こったのでした。そしてその芸は遺伝し、今日の繁栄へと繋がっています。
ゴールドピコティシングルです。ゴールド系の様々な交配が為された結果、複雑な交配種が次々と生まれています。 単純ながらこのような個体は従来の交配ではなかなか見られなかったのではと思います。
ダークゴールドネオンセミダブルです。良く見ればクレヨンといってもてはやされた時代があったのでは。でもこの株を見ますと売れ残っていたのはこの株も同様です。
小輪のゴールドダブルです。初期の交配かと思われます。この株のボリュームを見ますと。
ゴールドのセミダブルです。このセミダブルにはなつかしい思い出があります。発売された当時取り合いだったことを。
そして今人気の重弁花です。雌しべが更に弁化して、多弁化していると思われます。
ピコティーホワイトダブルの重弁化です。
なかなか人気種。昔の糸ピコと呼ばれた人気種を思い起こされます。
_IGP6384 _IGP6387
アプリコットゴールドダブルといってもよい系統かと考えられます。
_IGP6394 _IGP6397
小型のゴールドシングルです。
第一花の開花は終わっておりましたが、これだけのミニは数少なく売れ残れば育てるつもりで入手。
_IGP6401 _IGP6402
アプリコットゴールドシングルの小型花です。
_IGP6407 _IGP6410
レッドゴールドシングルの小型花です。
_IGP6430 _IGP6435
アプリコットゴールドダブルの大覆輪、ピコティです。
名前を付けるとすれば「かざぐるま」です。イメージがピッタリです。
_IGP6439 _IGP6442
ゴールドピコティダブルです。
なかなか見られない交配種です。
_IGP6456 _IGP6461
ホワイトゴールドダブルピコティです。
この個体も珍しいのでは。
_IGP6463 _IGP6466
ダークゴールドネオンの小型花です。
_IGP6468 _IGP6472
レッドゴールドダブルです。
_IGP6485 _IGP6489
レッドゴールドダブルの覆輪花。
というよりも中透けとなっており、濃色の糸ピコが強調されています。
_IGP6491 _IGP6496
ゴールドダブル。
発売された当時は世間を驚かせたものです。今やその存在は並花程度になったのではと思う程の人気に。

_IGP6009 _IGP6010
今とっても人気の多弁花のガーデンハイブリッドが飾られています。 野田園芸さん御自慢のゴールドダブル
様々な交配が成されており、これからが楽しみです。
_IGP5887
2芽並株は何故か人気が無く、売れ残ったことがかえってチベタヌス輸入株の現状を認識するには好都合です。
根が短く切れ、更に根腐れている並株でしたが、その選別に反して、よく育っているのでした。特に左側の2列は本来の育ち方、つまりベストの育ち方をしているのではと思われます。
右側の2列は育ち方のコンディションはベストとはいえません。

そして肥料は、即効性肥料を多い目に施肥をしております。

_IGP5891 _IGP5896
そのベストに育っているチベタヌスの中で、早咲き性のチベタヌスの株です。
別にハウス内にて育てているわけではなく、輸入株ですから現地の気候に合わせて成長したと思われ、凍り付くような毎日の京都の気温にさぞかしチベタヌスも凍り付く思いをしているかと考えられます。
おそらく地中海に自生が見られる地帯は、冬小麦地帯、つまり冬暖かく過ごしやすい気候、そこにはシクラメンであったりプリムラであったりする植物が咲いている、つまり地中海性気候といわれる気候かと思われます。
このチベタヌスも遠く中国の奥地の山岳地帯に隔離して生育するのですが、きっと気温は同じような地中海性気候、よってこの寒い日本でもこの季節戸外でも咲き始めているのでは。

右の写真は、5号ポットに定植された2芽株の育ち度の比較です。

_IGP5897 _IGP5898
特に早咲き性と思われる個体です。
戸外自然開花です。チベタヌスを使った交配親としては、早咲き性の遺伝子を持った優良個体です。
成長はベストとはいえませんが、株の充実はよく、申し分のない株ではと思います。
おそらく現地で紙一重雑に扱われたのではと思います。
_IGP5901 _IGP5904
育ちの良いチベタヌス2芽並株です。
根が悪い株とはだれも思わないのでは。つまり根が悪いとか良いとかいう議論は成り立たない証拠です。更には即効性化成肥料をよく吸収してより育っていると思わせるチベタヌスです。
こちらは生育がやや遅いタイプです。
最終的には注文がをいただき出て行ってしまうと確認ができないのですが、遅咲き性なのか、或いは生育不良なのかということになります。
但他に入荷しております5芽株以上のチベタヌスを見ておりますと、生育不良株といえるかもしれません。
_IGP5905 _IGP5906
その中の比較的良株と思われるポットです。
そう良い育ちとは思えない株です。
_IGP5909 _IGP5911
まったくといってよい程、生育の悪い株。
というよりもこれで育ってくれるよりも枯れてしまうのではと考えてしまう株が1ポットありました。
今後検証してみたいと思いますが、おそらくは現地にて輸出時、掘り上げたチベタヌスを山積みにして箱詰めされているのですが、考えるにいくら乾燥に強いクリスマスローズの類であっても限度を超えた乾燥状態になったのではと思わざるを得ないのです。
例年2芽株を販売しておりますが、3タイプの中であまり人気のない並株、まだ在庫があるのですが、幸いにしてその生長を記録できました。
_IGP5617 _IGP5618
5号ポットに鉢上げされた2芽並株。
並株とは根が短く、しかも根腐れしている状態の株です。その後の生育が悪いものはこのトレーの状態です。
そのアップ画像です。
大トレーの中でも比較的良好な株です。
_IGP5620 _IGP5625
比較的生育が順調な株の中で早くに咲き始めた株です。 このトレーは根が悪くとも順調に育った株です。
従来根が短い、コンディションが悪いということで人気のない2芽並株。でも売れ残ったおかげで、従来のチベタヌスの誤った解説を手直しができる改めての再発見です。
秋から少し時間が取れるようになり、京都府下、和歌山県下の山々を訪ね、苔、シダ等の観察に。
すると、ある苔とシダはコンクリート壁に決まって生育する姿が見られました。そこにはやはりカルシウムを好むのかとも思われました。
決してアルカリ性を好んでいるわけではないのですが。
_IGP4579 _IGP4578
そのようなことで、早々に知人の業者に和歌山県串本の海岸に行って、サンゴのかけらを拾っていただきました。

基本的には植物は弱酸性でないと生きて行けませんので、ヨーロッパの石灰岩地帯に生育するクリスマスローズの各種原種でも、腐葉土層に根を張るのは当たり前の話なのですが、当初そこには根が空気を好んでいるのではと考えておりました。
それにて弊園ではその土には粒度に応じて1号~4号の各サイズを販売しております。

但我国でも福寿草は秩父地方に多く見られ、当方の営業しております京都大原野の山でも生育が見られます。「出灰」「灰方」という地名の通り、昔は石灰が産出されたようです。
そしてもう一つのキンポウゲ科のセツブンソウは、滋賀県では伊吹山の麓であったり、広島県には大群落が、もちろん秩父にも。そこにはやはり大石灰岩地帯が広がっています。

そのようなことで、チベタヌスにも微量のPPM単位のカルシウムということで、サンゴを置くことにしました。
遠くチベタヌスの咲く山々はやはり、石灰岩地帯ではと思うのですが…

_IGP3728 _IGP3731
多芽株の13芽株。
本年の新根は生きているような感じがしますが、古い根は根腐れ状態にて、悪い根はカットされています。
_IGP3733 _IGP3735
花芽12芽株の良好な花芽。
根は極端な根腐れとは言えませんが、カットされています。これは畑に定植する際に根が長いと植えにくいことからカットされたのかもしれません。
_IGP3739 _IGP3744
花芽が輸送中の箱の中で伸びてきた株。つまり超早咲き性です。
ところが根が悪く、購入されるお客様にとってイヤな感じのするチベタヌスです。
でもそれでもこの花芽、気候があっているとこのような花芽ができるのか、という問題となってきます。
_IGP3747 _IGP3752
やはり超早咲き性の12芽の良芽株です。
現地はどのような天候なのか気になるところです。標高が高くても冬暖かいのか、それとも雪の中なのか、このように育っていきましても凍り付かないのか、気になるところです。
_IGP3753 _IGP3756
この株も超早咲きの12芽株です。
現地ではどう咲くのか不明ですが、当京都では霜よけさえしてやれば枯れることなく育っているように思われます。
耐寒性はそれなりにあるのではと思います。
_IGP3758 _IGP3760
脇芽がたくさん吹く性質の12花芽株です。
いかにも増殖率の良い株です。でも根は根腐れがひどくあまりお勧めできる株とは言えませんが、この花芽には驚かされます。
_IGP3761 _IGP3764
この花芽のつき方には不思議な思いがいたします。畑で育てられたとは考えにくい11花芽株です。花芽のつき方が一定ではなく、何か自然の条件の悪いところに半着す状態にて育ったとしか考えられない株です。
そして畑で育てられましたなら、従来の画像を見てもわかる通り根はカットされている状態ですが、この株は地堀株そのものに見えてなりません。
掘り上げ時に根が切れることは植物採取された経験のおありの方々には御理解いただけるのではと思います。
そう考えますと、腐葉土の層に根を下ろしていた割には少し根の色が悪いような気もいたします。
_IGP3765 _IGP3767
花芽は大きく太い良芽11芽株です。
いつも思うのですが、現地で畑に定植される場合、かなり深植えになっているのではと思います。
それは現地の野生の生育しているチベタヌスもそのように腐葉土にて株元が枯れていることがヒントになっているのかという問題です。
根は短くカットされていますが、それに反して花芽は太く大きい花芽、根とは関係なく遺伝的にそのように育っていると考えられます。

従来チベタヌスのブロガーのブログには、根はカットされ悪い株の見本のように言われ、だから育たないんだ、枯れるんだという御意見がありましたが、そうでは無さそうな気がいたします。この株を見ますと。

_IGP3768 _IGP3770
立派な花芽11芽株です。
芽の先端が緑化現象を起こしておりますから、おそらくは太陽に当たって育っていたと思われます。このことを考えますと、輸入株を見る限りほとんど株は深く定植されているかと思われます。
ところが根はいけませんねえ。再生根が出るまでも無く、新根も少ない株となっています。
_IGP3772 _IGP3776
花芽が苞を被って育っているところから早咲き性の特性を持った株です。
根を見ますとかなりカットされ、しかも根腐れしています。
株の増殖を見ますと地下茎がかなり離れており、おそらくは自然発芽して以来、開花株になり、この大株の11芽になるには数十年の年数が経ているのではと思われます。
おそらくは何百年と経ている株は100芽、200芽となっているのではと思われます。
_IGP3777 _IGP3780
今にも咲きそうな株です。超早咲き性の11芽花芽です。
それに引き換え根は相当悪い状態です。
自然開花でこの状態ですのでかなり遺伝性が強く、優れた特性を持っているのではと考えられます。
_IGP3781 _IGP3784
なぜか葉芽の目立つ11花芽株です。
片側に寄っておりますので、日照条件によって花芽とならなかったのでしょうか。
いずれにしましても根はあまり良い状態ではありません。
_IGP3786 _IGP3787
かなり大きく太い花芽を持った11花芽株のチベタヌス、現地では高性種タイプではと思われます。
根はそう根腐れておらず、再生根も一作で出ているので、この場合畑の土壌条件はどのような感じであったのか、知りたいところです。
_IGP3790 _IGP3791
花芽だけを見ておりますと、良芽株の11芽株です。
根はやはり良い状態とは言えませんが。
_IGP3809 _IGP3812
今回入荷しました大株の中で特異な株が出てきました花芽10芽株です。
花芽もそう太っておらず、葉芽もあり、株そのものが充実していない状態、つまり栄養状態がそう良くない中で生育していたと思われます。
そして根の状態もカットされておらず、自然の野生状態を掘り上げたと思われ、おそらくは現地採取農家さんの庭に植えられたものでないように思われます。
ズバリ自生地株そのものではと思われます。
_IGP3813 _IGP3816
花芽の着き方からいいまして、段違いに育っております。
何か斜面に育っていたと考えられ、しかも根の状態と合わせて考えますと、傾斜地の山林の中で自然に腐葉土の層に長年育ったチベタヌスと判断したい株です。
_IGP3822 _IGP3825
この株の花芽を見ておりますと、やはり花芽の着き方が栽培株とは少し違った思いがいたします。
目が密生しておらず、野生状態の採取品と思われ、或いはこれこそ一作した養生株なのかもしれません。根の状態から考えますと。

6芽株の箱から無作為的に取り出して、水洗いする前にナンバリングしているのですが、

色々な個体がありましたのでご紹介いたします。

_IGP3592 _IGP3593
初めに取り出しました6芽だったのですが、ご覧の通り根が腐っていました。

現地の畑栽培を見たわけではありませんが、

おそらくは斜面の畑の下側あたりで植えられた結果、根腐れしているのではと思われます。

でもこれだけの状態でも花芽をちゃんとつけているわけですから、やはり自然環境の現地ですねえ。

我が国でも環境に合う地域にお住まいの方ならそう問題はなさそうですねえ。要は平地の都会に住む方々の育て方では。

_IGP3597 _IGP3598
根は比較的白い根をしており、根腐れもそうひどいとは思えないのですが、

畑から掘り上げられるときに少し乱暴に取り扱われた感じがいたします。

株そのものはそう増殖率が良い株とは思えないようです。

_IGP3599 _IGP3600
莟が見えてきておりますので、超早咲きタイプかと思われます。

そしてこの個体、見ての通り根が少ない株です。

おそらくは元々発根率の悪い遺伝子を持っているのではと考えられます。

掘り上げたときに根を株元からカットした跡もありません。

_IGP3601 _IGP3602
花芽は太くたくましい6芽株です。但、ほとんど根は根腐れ状態になっておりますのが残念。

でもそのような状態でも芽は大きく育っております。何か増殖率もよさそうです。

_IGP3605 _IGP3606
6芽株なのですが、花芽がつかなかった葉芽も2芽ついているような感じの花芽6、葉芽2の計8芽株の優良株です。

といいますのも、根もかなり白く、生きているという実感がいたします。

おそらくはと思うのですが、現地の生育地に育っているチベタヌスを採取した場合、花芽の良いところだけを輸出用に、

この株のように葉芽2株はカットして採取する現地の農家の畑で一作、二作されるのが通例ではと思われます。

_IGP3607 _IGP3608
理想的な6芽株です。根がいたんでいないところを見ると、現地生育地の採取株ではと思えます。

つまり根腐れしていないことです。花芽の覆土はそう厚くなく、日光が当たり、緑化現象を起こしています。

覆土といっても腐葉土の層かと思われます。

_IGP3609 _IGP3610
そのようなことで、箱から出して並べて見た6芽株のチベタヌスです。

現地採取業者であり、現地生産農家さんでもあるおそらくは少数民族の人々ではと思われます。

その人々にチベタヌスの生産技術といっても分からないだろうし、できないのかもしれません。

この根腐れしている現状は何気候が悪いわけではなく、

チベタヌスを育てる畑の土にはなっていないことだけは分かるのです。

_IGP3611 _IGP3612
超早咲性のチベタヌスでは。根はかなりいたんでいるようですが、少しは生きている根もあるのではと思われます。
_IGP3613 _IGP3615
花芽そのものはそこそこですが、根はかなりいたんでおります。根腐れしているので、

箱詰めされるまでに腐っている根をカットしたのではと考えられます。

_IGP3618 _IGP3620
超早咲き性の6芽株では。けれども根はご覧の通りですが、

やはり花芽をつけるというのは現地の畑では普通なのかもしれません。

_IGP3621
やはり超早咲性の6芽株ではと思います。

根は比較的良く、カットした様子もなく、おそらくは排水の良い畑の上段の方にて育てられたのではと思われます。

_IGP3623 _IGP3624
極端に根が悪い6芽株です。売れ残りましたら、弊園にて試作したい代表的な株のようです。
_IGP3627 _IGP3629
畑で定植して一作二作としている株と思われますが、元々浅植えと見え、

早くより花芽が地表を割って地面から顔を出していたかと思われます。

その莟はズングリムックリとしており、しまってできた株であることが分かります。

それにしましてもあまりほめられた根ではありませんが。

_IGP3631 _IGP3632
おそらくは増殖率ばつぐんの株かと思われます。

根が健全に育っておればより花芽の数が多かったのか、

それは分かりませんが、花芽6芽に対して葉芽があまりにも多い株です。

おそらくは割るに割れない株であって、割ったところで販売に適さない株となり、

畑で再度植えて一作二作しなければならず、輸出する株の中に入れ込んだと考えられます。

根はこの通りです。

_IGP3662 _IGP3664
4芽株も似たり寄ったりの状態です。

おそらくは自然の野生の生育地は腐葉土の層に根を張っているのではと考えられ、

一般の農地ではやはりアジアモンスーン気候であって雨の降雨量も多く、

ヨーロッパの降雨量の少ない地中海性気候との差が出ているように思えます。

_IGP3586
二芽株の根の状態の株を定植。現地養生株と思われる株です。

それを5号深ポットで弊園オリジナル培養土「クリスマスローズの土3号」で定植。

そして本年初試作の即効性の化成肥料を施肥しました。即効性だけに溶けるスピード早いことには驚かされます。

従来1B化成を使っていましたが、本年度効果が素早く出る水生植物等に試作しましたところ、

従来の1B化成を施肥するよりも効果がありました。

それにて、元々が輸出検査により根洗いが必要以上にしてあって、栽培上の根腐れとダブルのいたみですので、

回復を早期にする目的にて本年はこの肥料に変えました。

約1か月の肥効があると考え、11月に輸入された場合も含めて春3月まで1か月に1回施肥ではと考えます。

今回は少し多い目に施肥しております。

_IGP3588 _IGP3589
昨日の園主の日記でも解説しておりますが、感温性の高い特徴をもった個体は、この季節の気温の低下とともに成長を開始。パッキングの中ではんぱ「もやし状態」にて芽が動き出します。つまり早咲き性、早生ですねえ。非常に優れた状態ですが、どうしても寝かせてある株ですので、花首が曲がって入荷してきます。そのうちに何とかなるかと思いますが。 本来このような立派な芽をした株ほど、ご購入される皆様は安心されるのではと思われる二芽株です。おそらくは芽の動きが遅く、咲くのも遅いと考えられます。というよりも標準的な咲き方をするのかもしれません。
_IGP3665 _IGP3667
株の根の状態を3タイプに分類。現地の輸出用に畑で生産された株の中で、まあまあの上株に分類した株がこれに当たります。根が長いので3.5号ロングポットに定植。根が悪いからといって何も生長に害を及ぼしているわけでもなく、立派な花芽をつけています。要は日本の夏をどううまく育てていくかということではと考えられます。 花等を見ますと、左より

①早咲きタイプですが、脇芽は1芽だけで増殖率が悪いタイプ。よって地下茎を見ますと、何年も株が増えていないことが分かります。

②真ん中にある株は奥く手なのか知れませんが、花芽は小型です。ミニタイプではと思いますが、チベタヌスでは枯らされる心配か、あまり好まれないのではと思います。でも交配親としては昨今ミニタイプが主流なクリスマスローズ業界、この小型タイプも大事ではと思います。

③太い大きい花芽をしており、もっとも人気がある株です。ところがこの株、脇芽が2芽あります。つまり増殖率が良く、大株になりやすい株です。反対に株を割りにくく、現地では苦労されているのではと思います。

_IGP3668 _IGP3676
本年度輸入株の中で、特上株に分類している株です。後で分かるのですが、やはり現地養生株かと思われます。やはり根が長いので、3.5号ロングポットに定植します。 やはり花芽を見ますと、いずれも早咲タイプでしかも脇芽が一芽という増殖率の悪い性質化と思われます。但、小型タイプと大型タイプに分類されるかと考えられます。
_IGP3679 _IGP3683
今回輸入した中で最大の大株の20芽株です。

以前より解説している通り、増殖率の良い株はこのように密生した状態に育っていくかと考えられます。

根がより良い状態であれば、株を割ったのでしょうが、彫り上げたところ根が悪く、割るに割れなかったかと考えられます。

そのことが幸いかと思いますが、このような大株が送られてきたことは

マニアのみなさまにとってはラッキーではと思われます。何しろ見たことのない株が見られたのですから。

_IGP3556 _IGP3559
今回入荷しました箱は例年2芽株なのですが、本年は入荷が少し遅くなりました。

オガクズがパッキンに使われ、適当な湿り気が合っているのかもしれません。

但、見ての通り株は横向けに寝かされておりますので、感温性の高いチベタヌスほど早くに休眠から覚めて生長を始めます。

その成長をはじめた芽ほど上向きとなりますので、定植しました際には花茎が曲がった状態となります。

_IGP3560 _IGP3561
箱から出して並べたところです。 理想的な2芽株です。ご購入者の方々はこのような株を希望しておられるようです。後で分かるのですが、どうも山採り採取品ではないかと思われます。それは根がきれいだからです。
_IGP3563 _IGP3565
根のコンディションの悪い2芽株です。購入者の方々がこのような株は評価の低いチベタヌスとなります。どうしてこのような根の悪いチベタヌスになるかといいますと、現地山採り生産者が自園の畑で栽培一作或は二作するとこのような株になるのではと考えられます。 根が悪いのですが、輸送中のパッキングの中で成長を始めた早咲性のチベタヌスです。この特徴はすごいものがあります。つまり早生ですから。そして根が悪いのはやはり生育の悪いチベタヌスにとって通気性の悪い土壌条件だったことが考えられ、根が腐ってしまうことになるのでは。みなさまもガーデンハイブリッドのクリスマスローズを育てておられ、このようになったご経験がおありではと思われます。つまり通気性の悪い培養土の場合こうなっているかと考えられます。
_IGP3566 _IGP3567
大休良芽株の良い状態の2芽株の見本のような株です。 それに反してみなさまが悪い評価をされる代表のチベタヌスです。でも早咲性であったり、芽が太く大型になるようなチベタヌスもあったりします。
_IGP3568 _IGP3569
同じ二芽株であってもこの株のように多芽株もあります。

この株は遺伝的に増殖率が良い形質を持っていると考えられます。

現地の野生状態では大株になりやすい、或はなっている株かと考えられます。

_IGP3572 _IGP3574
この株は脇芽がそれぞれ各一となっている株です。根が悪いために増殖率が悪いとはいえないと考えられます。地下茎が長い割に株が貧弱なことからも分かります。 このミョウガのような芽のチベタヌス、初めて見ました。これは養生中の畑で浅植えで覆土がなかったに近い状態で覆土がなく、日光に充分当たったために緑化現象かと思われます。脇芽もやはり、あまり成長していません。やはり地上に芽を出すことを嫌っているのはどの植物でも共通しているかと考えられます。それは何かといいますと、乾燥を好むクリスマスローズさえも、生長をさまたげるほどの乾燥を嫌うからです。
_IGP3576 _IGP3578
このチベタヌスは大きく太い芽と小型でやや細い花芽のチベタヌスです。ガーデンハイブリッドで近年好まれるミニタイプ、コンパクトタイプなのですが、なぜかチベタヌスに限っていえば小芽タイプは好まれません。やはり太い芽が人気です。 長年にわたって増殖しない株の見本品のようなチベタヌスです。毎年脇芽が一つというチベタヌス、この脇芽が育って翌年花芽になります。
_IGP3579 _IGP3580
そのように考えますと、この根の悪い二芽株は仮に育ちましても株として増殖の悪いチベタヌスとなります。このような株は販売はしません。 そのようなことで、これらの二芽株が標準株として販売する株見本です。
_IGP3584
根のコンディションの悪さから現地養生株かと思われます。芽吹きが悪い脇芽一芽株ですが、バックから隠芽が芽を出しているのは養生した結果、株に力がついたと見るべきかと思われます。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.