園主のフォト日記
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
IMGP1668 IMGP1669
午後は野田園芸さんをお訪ねしました。やはりゴールド系のハイブリッドのいろいろには目を見張るものがあります。 ダブルゴールドがきれいに咲いています。元はシングルのゴールドに何を交配されたのか。ここまで長い道のりだったのでは。
IMGP1670 IMGP1671
アプリコット系のダブルゴールドです。 レッドゴールドのシングルです。
IMGP1672 IMGP1673
同じくアプリコット系のダブルゴールドです。 レッドゴールド系のセミダブルです。
IMGP1674 IMGP1675
野田園芸さんが力を入れておられる重弁花系のピンクダブルです。 ダブルピコティーの重弁花です。
IMGP1667 IMGP1665
東京は大雪の後、大丈夫かなぁと思いながらの訪問。日陰の所はかなり雪が残っているのでしたが、温室の中は一転して春の陽気。クリスマスローズも元気に育っていました。 ゴールド系と一目でわかる系統。現在様々な交配がなされており、どのような花が咲くかは咲いて見ないことには。
IMGP1664 IMGP1648
現在、松村園芸さんが力を入れておられるカラーリーフ系のセットです。 ちなみにこの花は「カレードスコープエメラルド」です。
IMGP1653 IMGP1657
アグチフォリウスメタリックシルバーの花です。 ステルニーネオゴールデンリーフの花です。
IMGP1659 IMGP1660
こちらは従来よりガーデンハイブリッド系であるダブルホワイトピコティー、糸ピコのきれいな株です。 こちらはウエーブのかかったダブル系のピコです。
IMGP1662 IMGP1663
真っ赤なダブルはなかなかないもの。小輪の優良花では? アプリコット系の小輪ダブルです。あるようでない花です。
IMGP1307 IMGP1310
本年の富山行きは寒波の後。北陸線は雪もなく、途中金沢で新幹線に乗り換え無事到着。それでも松浦園芸さんの温室横にはこのように雪が。 温室内にはクリスマスローズの魅了する花が見られるのでした。
IMGP1314
大温室では次々と咲き始めていました。
IMGP1313 IMGP1319
松浦園芸さんのオリジナル品種 ルミナス交配系の新花では。 やはりルミナス系統では。
IMGP1320 IMGP1321
松浦園芸さんオリジナルミルフィーユの優良花では。 こちらはルミナス系統では。
IMGP1322 IMGP1323
ルミナス系のシングルです。 吉野の桜は「一目千本」と形容されましたが、こと松浦園芸さんのクリスマスローズも同様に形容されるのでは。
IMGP8969 IMGP8974
今回入荷のチベタヌスは一芽株は主体です。輸入株の現状を見ますと良株やらそうでない株やら、色々と混ざってパッキングされています。
栽培されているのわけですから良くない株はもう一作されてはと思うのですが、これは日本人の考え方かもしれません。
芽と根のしっかりした株を販売いたします。
IMGP8986 IMGP8987
芽も良く、根も比較的良好な状態の株をスリット鉢に定植しました。従来、園内の比較的涼しいところを選んで育てておりましたので「山野草の土」で植えておりましたが、その後やはり水もたれしている様子でした。
そこで本年は弊園販売のクリスマスローズの土「山野草の土」3号で植えてみました。
IMGP8996 IMGP8998
芽が少なく、根も少ない感じの標準的なチベタヌスは3.5号ロングポットで植え付けです。
もちろん培養土はクリスマスローズの土「山野草の土」3号です。
土と土の空間が大きく、排水性、通気性は抜群ですから根はよく育つかと思われます。但し、黒のビニールポット或いはプラスチック製のスリット鉢ですから夏の間100%日光に当てないことが最大のコツであり、秘訣です。
なぜなら、熱を持ってしまい枯れてしまいます。何せ高山植物ですから。
IMGP8758 IMGP8760
この秋に植え込んだのですが、来春と思ってばかりいました開花が自然咲きで12月に咲きました。
交配親としてはかなり良い形質かと思います。
IMGP7320 IMGP7321
開封後その日に植えつけたチベタヌス。
大観展も終わりやっとリストアップです。

中々の良株でしたのでスリット鉢に植えましても中々のものです。そして弊園謹製「クリスマスローズの土・山野草の土 3号」で植え込みましたが、やはり土が良いと見た目もかなりの高級感がいたします。

6号スリット鉢のロングタイプに植え込み、後は受注を待つのみです。
IMGP7337 IMGP7328
あの根の立派な株のチベタヌスも植え込まれますと、これこの通りです。 そして7号ロングスリット鉢に植え込まれ一段とよく見えます。

お客様のところで毎年花が咲いてくれますように。

IMGP7239 IMGP7240
遠く中国奥地より掘り上げられ、我国へ来ましたチベタヌスです。 箱を開けましたところの大株のチベタヌスです。
少しひっくり返っているようにも見えますが。
IMGP7243 IMGP7246
引っ粉から出したところです。
中々良さそうなチベタヌスです。
箱から出し、並べましたところです。
IMGP7247 IMGP7248
水洗いしました株です。
かなりの良株の様子。
根もこのようにいっぱいあります。
IMGP7259 IMGP7260
この株も上々。 そしてこの根。
立派としか言いようがありません。
IMGP7020 IMGP7021
野田園芸さん御自慢のゴールドダブルです。 その株は5本立てです。
おそらくは実生初期株ではと思います。
IMGP7025 IMGP7028
こちらは本年が初花と思われる株です。
IMGP7041 IMGP7047
こちらは人気のアプリコットゴールドです。
IMGP7050 IMGP7063
これなどはピンクゴールドといわれるものでしょうか。 原種交配のような花が咲くのはやはり先祖返りでしょうか。
IMGP7070 IMGP7076
ブラックの奇花が入手できました。
弊園はもともと古典園芸植物・伝統園芸植物を専門に扱っていただけに、つい目に入ってしまいます。
IMGP7077 IMGP7080
くっきりした糸ピコゴールドです。
なかなかありません。
こちらはゴールドフラッシュのセミダブルです。
珍しい個体かと思います。
IMGP7083 IMGP7102
一番人気のワインカラーのゴールドダブルです。 あるようでこれだけのものはなかなか見られないピコティダブルです。
IMGP6659 IMGP6660
野田園芸さんといえばゴールドダブルです。
温室へ入りますとダブルダブルです。
そしてアプリコットゴールドの花です。
IMGP6661 IMGP6663
温室には色とりどりの花が咲いています。 フリルのきれいなゴールドダブルです。
IMGP6664 IMGP6666
小輪系のゴールドダブルです。 アプリコットゴールドダブルの優品です。
IMGP6669
展示に使ってありました。
IMGP6596 IMGP6592
松村園芸さん御自慢の斑入りのリビダスのセット「カラーリーフ」が新発売されています。
よく売れているとのことでした。
基本種のリビダスでしょうか。
IMGP6623 IMGP6625
IMGP6627 IMGP6629
IMGP6630 IMGP6633
IMGP6635 IMGP6636
さまざまなカラーリーフ リビダスの紹介です。
IMGP6657 IMGP6600
温室には小輪を主体とした原種系のガーデンハイブリッドが次々と咲いていました。 松村三枝子さんが力を入れておられるアロです。

香りの良い芳香性ハイブリッドです。

IMGP6601 IMGP6603
莟みですが、クレヨンか、楽しみな一品です。 紫の強い珍しいクレヨンの優品です。
IMGP6606 IMGP6609
ホワイトシングルの優品でした。 スレート系のダブルです。
IMGP6611 IMGP6612
ペインのきれいなダブルです。 東京にも大雪があったのですねえ。
IMGP6614 IMGP6615
展示にするという大株のアグチフォリウスが植えられていました。
IMGP6617 IMGP6619
ピンク系のダブルです。 お母さん御自慢のクリスマスローズの苔玉です。
花き園芸市場でよく売れているとのこと。
IMGP6621 IMGP6622
なんともいえないダブルです。 深紅というか赤黒或いはスレート系のダブル、
いい味です。
IMGP6638 IMGP6639
セミダブルのゴールド濃色でした。 小輪のリバーシブルダブルです。
IMGP6640 IMGP6641
これもリバーシブルの優品です。 イエローダブルのソフトな優品です。
IMGP6642 IMGP6645
クレヨン系の優品です。 ソフトなイエローピコティダブルです。
IMGP6646 IMGP6647
レッドダブルです。 イエローピコティです。
IMGP6650 IMGP6652
少し奇花なのか、株にまだ力が無いのか、育ててみたい一品です。 小輪のスレートレッドダブルです。
IMGP6653 IMGP6654
フラッシュのきれいな白一重咲きです。 ホワイトゴールドが咲いていました。
IMGP6655
ゴールドのピコティです。きれいでした。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.