園主のフォト日記
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
_IGP7630 _IGP7631
クモキリソウが新たに入荷しました。
_IGP7658
長生蘭、天宮殿。野生ランではないのですが、斑入りの石斛の園芸化されたものです。江戸時代に園芸化されたものだけに、古典園芸植物、伝統園芸植物といわれてきました。この天宮殿は、従来の月宮殿がさらに進み、中透芸となったものを、弊園が日本長生蘭連合会に於いて登録したものです。
_IGP7689 _IGP7703
フウラン。紀州は新宮産。おそらくは熊野山中にあったのでは。未だに見つけられていることは採り残されているものがぼつぼつあるのでは? カヤラン、三重県産。カヤランも採り尽くされてきた感がありますが、あるところにはあるようです。
_IGP7717 _IGP7736
ミヤマムギラン。紀州山中にあるようです。花芽が下のほうに伸びているのが分かります。開花もそう遠くないのでは。 ムカデラン。人気のある品種です。でも山の中にも数少なくなっているようです。
_IGP7765 _IGP7766
ムカデラン、パック詰め。画像はわかりにくいのですが、採取した裸苗の状態で入荷。それを小パックにしてお送りする状態です。 マメヅタラン、パック詰。この画像もわかりにくいのですが小パックにつめた状態です。
長生蘭・石斛も以前の人気はなくなってしまいましたが、それでも好事家は少なくありません。
_IGP4354 _IGP4355
近年は交配種も徐々に増え、デンドロビュームの原種との属間交配も見られるようになりました。 自然界には様々な変異が見られます。
_IGP4356 _IGP4357
赤花・黄花・変化花といろいろ。
_IGP4359 _IGP4361
中には、長生蘭も冬の間、葉を落とさず上手に作っておられる作品も。
_IGP4362 _IGP4364
名前を記することを忘れてしまいました。 「箱入娘」紀州産 とされていました。
まだまだあるところにはあるのですねぇ。
_IGP4366 _IGP4368
「千穂姫」とあります。 「天花」という霧点花
IMGP2413 IMGP2421
琥珀殿といわれる黄花、このような品種があったとは、、 黄花の銘品「南山の月」です。
紀州産の大人気品種であったことを覚えています。
IMGP2424 IMGP2428
対する銘品「瀞月(セイゲツ)」です。
澄んだ黄花で紀州産黄花 南山の月と双扁の黄花、人気品種でした。
やはり紀州産の黄花「紀州本紀」です。
実は本場和歌山県には紀州本紀といわれる品種は存在せず、弊園もその昔その収集に苦労したことを覚えています。
IMGP2431 IMGP2441
熊野(ゆや)と呼ばれる紀州黄花の銘品です。
歴史は古く、かなり以前より育てられていた銘品です。但、増殖率が少し悪かったのではと思われる品種です。
「黄の白糸」この品種は弊園も全く来歴不明の品種です。
この世界をいち早く開始された兵庫県の今は亡き雅草園長谷さんの売り出された品種ではと思います。
葉の糸覆輪の入る斑入りで黄花という二芸品です。
IMGP2179 IMGP2184
IMGP2187 IMGP2192
元々自然の自生地にはイワヒバにセッコクが着生している株が見られます。
その作り込みかと思われます。
201311-IMGP3412 201311-IMGP3415
京都を代表する「朱鷺」 その母品種である「安土丸」です。

珍しい品種です。

弊園が以前登録した「飛雲閣」です。

この中斑からいつの間にか

透け矢が生まれているのにはびっくりしました。

201206-IMGP2365
遅咲きの石斛、流木に着けたものを入手したのですが、

それがきれいに咲きました。

201205-IMGP1561 201205-IMGP1562
山採りのセッコクですが、

ヘゴ板付けで、よく咲いています。

韓国アツモリソウ 10年ぶりに植えました

定植しましてから、始めての植え替えをしました。

201106-IMGP9930 201106-IMGP9933
八重咲石斛竜河が咲きました。

発表された当時は八重咲が少なく人気がありました。

201102-IMGP5772
大阪の泉南へ出かけました。

石斛の八重咲を見ることができました。

その名は「鬼面児」

元は当方石斛の業者と言われた時もあったのですが・・・

IMGP9128 IMGP9129
石斛 緑鳳が咲きました。
̃y[WTOP
Copyright(C)2008 ISHIDA Seikaen All rights reserved.